悪徳オンラインカジノビジネス・NO-VAでタイトルをあっさり取るもそれを放棄した私が告発し、救済します

FLM(フューチャーリンクマルタ)→NO-VA(ノーヴァ)と在籍したものの、これは詐欺だと気づき辞めました。こんな人を馬鹿にした業者は野放しに出来ないと思い、告発を行っていきます。被害者の手助けになる様な啓発も行っていきます。

Divineの報酬体系(研修資料も兼ねて)

f:id:yutaherrmizuno:20210727100323j:plain

TwitterでDivineの報酬体系を暴露された方が出た為、当方のブログにも転載させていただきます。ご本人からの許可も正式に出ており、感謝しております。

 

 

法律面での説明に関してはねずみ講・悪徳マルチ・ネットワークビジネスの違いを述べています。

 

これは私もFLMの時に経験済みです。本当に自分達がアフィリエイトをやっていて、やましい事が無いのであれば、わざわざこんな説明をする訳ないなと私も思いましたね。

 

こういった講義を行っているのは、自分達やっている事を屁理屈こねて正当化する為であると分ります。以前の突撃動画も参照にして下さい。

 

antinova.hatenablog.jp

それから、2枚目の写真を見ると報酬体系が載っています。

 

報酬を取る為の条件には高い入会金が必要なのは、前にも述べた通りです。

 

antinova.hatenablog.jp

この上の報酬体系の写真を見て、もうこれはハイクラスで参入させて搾取する事が前提であるのも窺えます。

 

その体系を述べるに当たっては、以前のNO-VAの記事を土台にします。

 

antinova.hatenablog.jp

Divineはマルチまがいのビジネスである為、称号(タイトル)が存在します。

 

要するに沢山の紹介者を会員やそのチームで出せたら、報酬を沢山出しますよという制度を取ります。

 

私のうろ覚えの所もありますが、ご容赦ください。

 

ネットワークビジネスあるあるですね。

 

Divineの会員は以下の3種類です。

 

・スタンダード(無料)

 

・ミドルクラス(約12万円)

 

・ハイクラス(約24万円)

 

入りたてのハイクラスの会員は自分を1段目とすると、2段目までの収益が取れます。自分でゲームを遊んだら、その負けた額の5%が自分の利益となります。自分下の誰かの場合はそれが2%になります。

 

 Divineですと以下の通りです。

 

・プレミア

 

二人紹介でハイクラスから昇格です。ロークラス会員の場合は3人の紹介者を出さなくてはなりません。自分から数えて5段先の人の利益まで得られます。自分下から伸びる系列は3系列です。

 

この称号から世界売り上げの一部をもらえます。具体的にはDivineの世界売り上げの1%をプレミアのタイトルの保持者で山分けです。ただし、アクティブ条件と呼ばれる活動要件を毎月満たさなくてはならないのです。これは以下のリッチ・ラグジュリー・エクセレントも同じです。これを満たさなければ、称号は降格となりますし、勧誘した際の報酬も出ません。

 

どの称号でも共通ですが、直紹介で自分下に会員を付けたら、直紹介ボーナスと呼ばれる報酬が更についてきます。8%です。

 

上記のDivineのアクティブ条件とは、商材であるビクトリアゲームないしはDORA麻雀を合計で±5ユーロ分自分及び自分下の会員が遊ぶ事を意味します。

この額は現金にして±約26000円分上記のサイトで実際にお金をかけてプレーする事を意味するのです。理論上は1000円最初に入金して1か月経てでもそのお金だけでやりくり(勝っては負けての繰り返し)をすればその条件は達成。例えばその達成をすぐにするために、9000円賭けてそれを2倍にして18000円にしたとしましょう。その最初の9000円は賭けた分として引かれて9000円動いた扱いとなり、18000円になって返ってくれば更に18000円がそのギャンブル内で動いたことになり、あっさりと27000円が動いたことになります。賭けては負けてを繰り返して結果的に27000円分の負けでも同様です。

 

他にも、自分下の2系列がアクティブでなくてはならないという条件も付いてきます。単に自分と自分下の会員が一定額遊んでいれば良いわけではありません。自分下に存在する二つの系列の誰かがゲームで遊んで±5ユーロ分ゲームを動かさなくてはなりません。一つの系列の人だけがゲームで遊んでいれば良いという訳ではありません。それが下の会員に出来ないのであれば、その人たちが勧誘して参入者を出して入会金を払わせるしかありません。

 

Divineは一応、賭け麻雀のアフィリエイトです。故に、自分やその下の誰かが勝ってばかりいると自分に入ってくる報酬がゴリゴリと削られて減っていきます。

 

これはDivineの会員用ページにも書かれています。

 

・リッチ

 

3系列にプレミアがいてアクティブ条件を満たしてから、1ヶ月で自分の下に25人若しくは2ヶ月掛けて30人以上の紹介者を出すとプレミアから昇格です。ただし、2ヶ月かけて達成するには1ヶ月目で15人以上の紹介者を出す必要があります。

その上、3系列バランス良く会員を獲得しなければならず、1番会員を得られた一系列とは別に残りの2系列で合計10人以上の会員を得た上で30人以上の会員を出すことになります。

例えば、1系列で30人出して他の2系列で合計3人しか紹介者が出なかったら、その地点でリッチへの昇格は無くなります。

プレミアになった月もしくはその翌月にリッチになる事は可能です。しかし、1ヵ月か2ヵ月で一気にたくさん紹介者を出したからと言ってリッチどころかラグジュリーになる事は不可です。具体的に言うと、2021年11月にプレミアのタイトルを獲得して、更に会員を獲得してその月にリッチになる事は可能です。しかし、2021年11月にリッチのタイトルを達成したらその月はラグジュリーに上がる事は出来ず、ラグジュリーになるには2021年12月からまた新たに頑張って会員を獲得しなければならないのです。これはラグジュリーからエクセレントに昇格する時も同じです。

 

ミドルクラスでの登録の場合はリッチの称号で止まる上に、世界売り上げは無しです。

 

自分から数えて9段先の人の利益まで得られる上に、世界売り上げはプレミアの時以上に分配分が増えます。

 

この称号でもって説明会の担当者の資格が得られ、説明会を担当して尚且つリッチ持ちの会員の説明の元で紹介者を出せば、その分ボーナスが加わります。例えば、説明会担当者がMさんでその元でYさんが説明を聴いたうえでDivineに入会すれば、その分だけMさんはボーナスがもらえるのです。勿論、ラグジュリー・エクセレントの会員が説明会を担当する事も可能となります。ですが、ラグジュリーないしはエクセレントとして説明会を行ったがゆえに、そのボーナスがリッチの時より上がるというわけではないです。

 

・ラグジュリー

 

3系列にリッチがいてアクティブ条件を満たし、リッチになった次の月から2ヶ月かけて自分下に50人以上の紹介者を獲得してチーフから昇格。

 

その上、3系列バランス良く会員を獲得しなければならず、1番会員を得られた1系列とは別に残りの2系列で合計20人以上の会員を得た上で50人以上の会員を出す。

 

上のツイートのMAXとは、一番多くの会員を得られた系列の最大の新規獲得数を意味していると思われます。要するに、1系列で沢山会員を獲得しても、最高でこの人数までしか頭数には入りませんよという事です。報酬にはなっても、タイトル昇格の上では、カウントされないって事です。これはエクセレントに上がる時でも同じです。

 

自分から数えて12段目までの人の利益まで得られる上に、リッチ以上に世界売り上げがもらえます。

 

・エクセレント

 

3系列にラグジュリーがいてアクティブ条件を満たしてから、2か月かけて自分下に100人以上の紹介者を出してディレクターから昇格。

 

その上、3系列バランス良く会員を獲得しなければならず、1番会員を得られた1系列とは別に残りの2系列で合計40人以上の会員を得た上で100人以上の会員を出す。

 

自分から数えて15段目までの人の利益まで得られ、ラグジュリー以上に世界売り上げがもらえます。

 

 Divineに入りたての会員はチーフを目指しましょうと言われますし、セミナーなんかでも1か月で自分とそのチームで紹介者を二人ずつ出し、それを毎月繰り返せば月収100万円は夢じゃないと言われます。

 

それに加えて、幽霊会員・休眠会員は無視された上で、コンプレッションではもっと下の段数の人の収益も取れますね。タイトルが上がれば上がるほど当然その額も上がります。この辺もセミナーやらビジネス学習動画で話されてます。

 

ですが、自分下に一人会員がついて5000円(+α)ですから、1か月で何人も協力して12万円か24万円の支払いをする人を探し続けないといけないわけです。

 

しかも、自分下の人間がゲームで遊んで負けた分の5%が自分に返ってくるだけです。

この5%が関わっているからこそ、日本円にして約26000円分動かす事が±5ユーロ分ゲームで遊んでアクティブ条件を満たす事に繋がるのです。


1ユーロ=130円として考えますと、±5ユーロ=±650円となりますが、この「±5ユーロ」とは、要するにDivineの「ゲーム報酬」で±650円の収入の変動をさせることを指すのであって、DORA麻雀内で±650円の金額を動かすわけではないということです。
ビクトリアゲームで計26,000円の変動→NO-VAで計±650円変動=計1300円(26,000円の5%)変動=計±5ユーロ(26,000円の5%)が変動=計10ユーロ変動→ONクライアントという事で、確かに計算が合います。

この±とは、+5ユーロと-5ユーロの両方を含んでいて、勝とうが負けようがユーロが動けば変動した金額の合計に含むという事です。だからこそ、±5ユーロ変動とは合計で10ユーロの変動を意味します。


 なお、この割合はオンラインギャンブルのアフィリエイトの業界からすると非常に低い数値で、普通は30~40%程であるとのことです。

 

こちらのオンラインカジノASP紹介サイトにも載っています。

 

how-to-casino.com

 

このサイトはNO-VAを非難するもOGアフィリエイトを評価しています。後者も怪しいサイトな為、登録はなさらないでください。他にも、NO-VA関係の企業がやっているASPの登録や怪しいカジノサイトもやめましょう。それ以外のカジノサイトのASPであれば登録なさって構いません。その詳細は以下の記事に書いてあります。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

ちなみに、入会金の12万円か24万円はカジノのゲームで負けた扱いとなって上の会員同士で分配されるのです。入会金という会社の収益の一部はこんな分野への投資に使ってもっと利益を上げて社会貢献をしますという説明はどこにもないです。他の詐欺同然の業者でさえもそういった事はしています。

 

こんな仕組みを取っている地点で上層部に明らかに都合が良いのは明白ですよね笑

 

奴らについてはこれらの記事に載せています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

以前の記事では NO-VAがAEアフィリエイト→FLM→ NO-VAへ名称を変えたと述べました。

antinova.hatenablog.jp

 

ちなみにERAの報酬体系はこちらです。

 

antinova.hatenablog.jp

 

こうして見ていくと、Divineになって幾分か昇格の条件が緩和されたものと思われます。その降格が関わるチャレンジ期間なるものが存在するかどうかは分かりませんが、恐らく存在するでしょう。

 

長くなってきた為、ここで今回の記事を締め括ります。

 

メンバーシップ限定ブログも更新しております。

 

このブログの裏話にご興味のある方は、お読みになると更に面白くこのブログを読むこともできます。自分の好きなハイエクについても連載しています。

 

yutaherrmizuno.wixsite.com

 

何かありましたら、ご連絡下さい。

 

ws.formzu.net