悪徳オンラインカジノビジネス・NO-VAでタイトルをあっさり取るもそれを放棄した私が告発し、救済します

FLM(フューチャーリンクマルタ)→NO-VA(ノーヴァ)と在籍したものの、これは詐欺だと気づき辞めました。こんな人を馬鹿にした業者は野放しに出来ないと思い、告発を行っていきます。被害者の手助けになる様な啓発も行っていきます。

Divine(ディヴァイン、ディバイン)とは一体どのようなビジネスなのか(Divineアフィリエイトとは) 分析も

f:id:yutaherrmizuno:20210727100323j:plain


以前、私はDivineについての速報を出しましたね。これです。

 

antinova.hatenablog.jp

 

ですが、これではERAとごちゃ混ぜになっていてDivineの事を知る上では少々見辛いものとなっています。

 

そこで私は、上の記事からDivinneについてを抜粋し、NO-VAとはどのようなビジネスであるかを紹介した記事を倣って、Divineとはどのようなビジネスであるかを述べていきます。こちらも参照です。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 Divineとは、オンラインカジノASPアフィリエイトサービスプロバイダー)であり、その商材であるDora麻雀の広告主集め(アフィリエイター)のビジネスを行う会社です。建前上はそのゲーム広告を行うアフィリエイトで、Divineアフィリエイトとも今後は呼ばれると思います。その公式サイトについては、分析の関係で後述します。

 

アフィリエイトはインターネットにおいて商品の紹介ないしは広告とそれによる収益だけで完結します。初期費用は無料で始められます。しかしDivineは実際、それを広げる為の会員や勧誘相手から入会金を巻き上げるビジネスです。その手のもの世の中によくある代理店ビジネスで、Divineの場合は商材が1つの麻雀のサイトという訳です。その業者に高い入会金を払えば、DORA麻雀の広告主すなわち宣伝のオーナーになれます。その説明会ではdocomoの代理店ビジネスが引き合いに出されていました。連鎖販売取引の説明のド定番ですね。

 

別の言い方もしましょう。既にご存知の方もいるとは思いますが、その形態はネットワークビジネスないしはマルチ商法とも呼ばれ、会社が何か商材を抱えていてそれをそこの会員が宣伝するだけでなく、その宣伝を行う人やその商材の愛用者を口伝えで増やして派閥を形成していくという商売です。

その代表格としてアムウェイが引き合いに出されますね。その会員は自分でサプリを初めとする商品を買って愛用するだけでなく、それを他の誰かに伝えてその相手が商品の愛用者になって得点負担をしたり、その人が同じ様に勧誘をして会員を増やせば会社からの報酬という特定利益が発生します。その連鎖で会員の下に人が増えればその利益も大きくなります。ERAの場合はそれがオンライン麻雀とその広告の権利に置き換わったものと認識しても良いです。

この様にして述べると、マルチ商法は人間関係において自分以外の人間をカネにさせかねない諸刃の剣であるとも言えますし、実質的に禁止法と言われるまでに特商法で厳しく規制されるのも納得です。そのような法律と言えば、銃刀法も挙げられます。拳銃も連鎖販売取引も余程の者でない限り扱いこなせないという意味では共通です。ただ、一般的な通念や会社の営利活動・商売を特商法マルチ商法にしっかりと当てはめている感じもありますね。法律的な整備がなされていなかった頃はそれだけ社会的な脅威だった事も窺えます。この法律については、以下の記事も参照にしてください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

ここで話をDivineに戻します。勧誘を受けたり、その説明会を受けた方であれば分かると思います。DivineはIR法案でカジノの設営が決定しているから、オンラインのギャンブルにも影響が出て、自分たちの事業には追い風が吹いている、故に今すぐにでも先手を打って参入すれば物凄く大きく儲けられると言います。大事な事なので又言いますが、代理店の費用で尚且つ入会費の名目で登録料金の約10万円強か約20万円強をボッタくる悪徳業者です。

なぜなら、ゲームを本気で広めようという意思が感じられず、入会費を払う人の勧誘ありきとなっているためです。

 

その証拠に今までの商材のギャンブルサイトが黙殺され、中には閉鎖されたものもある為です。

 

閉鎖済みの商材に関しては別の記事も出しました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 Divineの前身の商材についてはこちらでご確認ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

先にもお約束した通り、Divineについて分析していきます。

 

www.divine496.com

 

これを見ると、日本語表記しかなくていかにも海外の業者であるような印象です。本当に日本人を相手にする体制がなっているかどうか不安になってきます。そのような所から、黒幕のカモフラージュを感じさせますね。

 

トップページに書いてある説明や規約の英文を見ると、普通の日本人には聞き慣れない英単語も含まれています。大学時代に英語も習った私はある程度読めますが、この私さえもこの単語は何という意味だったのだろうか、大体の意味は何となく分かるが綺麗な日本語にするには何と表現すれば良いのだろうかとなってしまいました。これは英語力があまり高くない日本人には規約何ぞ読めるはずがないですし、ここからも情報弱者を相手にした姿勢が見えてきます。私はずっと英語から離れていたので、読んでると情報処理で頭が疲れてしまいます。

 

Divineの商材紹介を見ますとDORA麻雀を扱っているのが分かります。それはどこかで聞いた事のある賭け麻雀のサイトだったようなと思いました。しかし、改めてERAとDivineの歴史を振り返りますと、DORA麻雀はそもそもの前身ことAEアフィリエイトの商材の一つだったではありませんか。

 

ハッキリと裏が取れている訳ではありませんが、DORA麻雀も結局の所、黒幕かその関係者が立ち上げたサイトでは?と思えてきます。そのギャンブルサイトもDivineというASPも名目上はベトナムに存在しますからね。ベトナム語対応になっていないのは不可解なお決まりです。

 

別のブログにもAEアフィリエイトがDORA麻雀を商材としていた事が分かります。

68affiliate.blog.fc2.com

 

「AEアフィリエイト DORA麻雀」と検索すれば色々他にも出てきますね。

 

一昔前の商材を今になってまたやってます。普通に考えたらこれはもう同じ手口で詐欺のぼったくりをやってるようなものです笑

高い入会金の請求がある事も公式サイトには載ってますね。

 

無料コースと約10万円のコースと約20万円のコースの3種類が掲載されています。前からずっと変わらないパターンです。報酬体系についてもNO-VAの時と変わらないですし、倍速の方法も横行しているでしょう。これらについては以下の記事も見て下さい。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

それから、会員規約を見て正式な会員として承認されるには身分証が必要であるとも書かれていました。しかも驚いた事にその中にはマイナンバーカードが含まれています。これはBet1st.betやSportsLabと同じで日本人を相手に商売している事を明確にしている印です。これは違法でしょう。こちらの記事も参照です。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

 他にも気になった点があります。商材紹介の箇所にはDORA麻雀の隣の枠にComing Soonの文字がある事です。

 

前にも述べた通り、DORA麻雀はAEアフィリエイトの商材の一つでもありました。そのAEのかつての商材はベラジョンです。しかし、今となってはそのカジノサイトは日本人向けのサイトでもウェブ広告で見かける程の大手となっています。当然、Divineの商材に加える事は今更無理です。AEの歴史がそれを証明しています。

 

そこで私は、かつてのAEを繰り返すかの如く何かカジノサイトを一つ商材に加えるのではと予測しています。それがハッピールークです。これも以前、私が記事にしたサイトです。

antinova.hatenablog.jp

何故なら、AEアフィリエイトの歴史と言い、ベトナムとの関わりと言い、平然とした法律違反と言い、黒幕らしいやり口を感じさせるためです。黒幕についてはこちらでまとめてます。

 

antinova.hatenablog.jp

 

なお、現在のハッピールークはどうなっているかも気になった為、自分でも改めて調べてみました。

f:id:yutaherrmizuno:20210715223040p:plain

f:id:yutaherrmizuno:20210715223101p:plain

これらのスクショからも分かる通り、日本人向けのカジノサイトではないことが分かります。日本からのアクセスでは利用できないと表示されます。これだけなら我が国の賭博罪を鑑みた措置のようにも見えますが、ベラジョンのパチモンである事がばれない様にする為の対策とも言えましょうか。私がこのブログで告発した通りです。

f:id:yutaherrmizuno:20210715223115p:plain

このスクショの下の方を見ると、Class Innovation B.V.が運営していると分かります。これはNO-VAの関連会社で、ブラックです。以前の記事も参照までに。

 

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

 なお、Twitterでハッピールークについて調べると、日本語による紹介などは殆ど見つからず、英語でHappyLukeと調べるとベトナム語の更新ばかり見つかります。しかも、公式Twitterベトナム語のみです。こちらです。

f:id:yutaherrmizuno:20210715223254p:plain

なお、ベトナムオンラインカジノの禁止国であり、これを見てベトナム人情報弱者をカモにしているなと思いました。先のベトナムとの関連性を連想させますし、いざDivineの商材とする時は「かつては日本からの利用は禁止でしたがIR法案でカジノ業界に追い風が吹いてるので、ハッピールークもその流れに乗っかろうとしています。」と言って、勧誘すると見込まれます。

 

ちなみに私は好奇心からそのアカウントをフォローしました。その結果、フォローバックもされてます(笑)

f:id:yutaherrmizuno:20210715223148p:plain

いずれにせよ、Divineと関わり合いになると面倒な事になるので、絶対に手を出さないでください。

 

以上で今回の記事を締め括ります。

 

何かありましたら、相談フォームにまでお願いします。

 

 

ws.formzu.net