悪徳オンラインカジノビジネス・NO-VAでタイトルをあっさり取るもそれを放棄した私が告発し、救済します

FLM(フューチャーリンクマルタ)→NO-VA(ノーヴァ)と在籍したものの、これは詐欺だと気づき辞めました。こんな人を馬鹿にした業者は野放しに出来ないと思い、告発を行っていきます。被害者の手助けになる様な啓発も行っていきます。

Oriental Wallet の注意喚起とERAのクーリングオフまとめ・ウォレットの考察をします

Twitterを見ると、NO-VAの時以上にクーリングオフ期間の返金作業が面倒で手数料も高額な事になっている感じです。自分で自分の身分証の撮影に加え、住所の英語表記にと普通の日本人はやらない様な事を次々課せられます。建前上は海外の業者であり、そうそう返金はさせないと言わんばかりにです。返金期間が15日で、詐欺だとわかってから1週間後では間に合わないような方法を取っているのです。

 

しかしながら、名目上は海外に拠点を置く会社で規約で日本の法律は適用されないと謳っていても、日本人を相手に悪徳商法を行っていれば我が国の行政から処分が下さます。罰を受けるのは先の業務停止処分で明らかです。私のブログにも言及しています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

スクショの情報を基に、オリエンタルウォレットへのアクセスも出来ました。こちらです。

orientalwallet.com

それではここで恒例の分析に入りたいと思います。

 

ERAの前身では幾度と無く決済の業者を変えてきました。その事については以前の記事においても言及済みです。

 

antinova.hatenablog.jp

 NO-VAの一部がERAへと移行してからも、決済の業者は変えています。しかも以前iwallet(アイウォレット)の使用は取りやめて、新たにわざわざOriental Wallet(オリエンタルウォレット)を用いるようになっています。○○ウォレットとある通り、ウェブ上で使える良くあるウォレットの類です。

 

という事は、従来の決済代行会社では警察などに目を付けられて使用停止になり、アイウォレットの口座も同じ事になると判断して、オリエンタルウォレットを用いる事にしたのでしょう。入金は日本円で日本の会社で、クーリングオフはそのウォレット経由等など、一貫して同じ口座を用いない所にも不審さを覚えますよね。

 

なお、Oriental Wallet 「オリエンタルウォレット」と検索をしてもその公式サイトは出てきません。iWalletであればグーグルで直ぐに出てくるのとは大違いです。という事は、NO-VAやERAと同じ様に検索されない様にする対策逆SEOをやっているのではと思います。オリエンタルウォレットが2020年に創設であるにも拘らずです。ツイッターではSportsLabというERAの商材の決済手段として1件だけ出たに過ぎないです。こちらです。

 

 

SportsLabについては以前記事にしています。

 

antinova.hatenablog.jp

こうして見ていくと、黒幕はERAの為だけにオリエンタルウォレットを立ち上げたのでは?と思えてきます。

 

利用規約こそ他の業者と同じ様に詳しく書いてあるものの、何せトップページには簡素で抽象的な文章しかありません。その簡素さはファストリアクションのようなかつての決済代行会社を彷彿させます。加盟店がどうこうと述べるのであれば、具体的な実績の一つや二つを挙げれば良いものをと思ってしまいます。

 

それから、手数料絡みで面倒な事を見てしまいました。この記事の冒頭のツイートの内4つ目の事ですね。90日間サービスを利用しなければ15ユーロを、口座閉鎖には10ユーロを支払わなくてはならないのです。他にも、日本国内の銀行への出金には送金額の1.5%が差し引かれ、100-50000ユーロの間でしか出金は出来ないという制限が設けられています。しかもF&Aのページで日本国内の出金という項目まで作られています。確かにアイウォレットにも休眠手数料や閉鎖手数料がありますし、この手のウォレットでは手数料が必須であると言えます。しかしながら、クーリングオフをするのにここまで手間のかかる事を課されるのは、もはや向こうの悪意さえ感じさせます。日本人向けの出金の項目までわざわざ作っているくらいである為、主に日本人を標的にしているかと思います。

 

他の箇所にも不審な点が見られます。それはエストニアの規制の下で運営を許可されているというものです。

f:id:yutaherrmizuno:20210708230201p:plain

その一方で対応言語は英語と日本語のみです。それはSportsLabの様な他の如何わしいカジノサイトと同様です。私がそれを見た時は、エストニアのライセンスがあるなら、そこの公用語のロシア語やエストニア語にも対応していれば良いものをと思ってしまいました。このオリエンタルウォレットは、日本国内の日本人向けに搾取をする為に作られたと言っても過言ではないです。 ERA関係でしか使われる事が無い点で、それを証明しています。

 

ERAもそうですが、如何わしい決済代行サービスやそれを使った各種ビジネスなどにも手を出さないようにしてください。

 

以上で今回の記事を締め括ります。

 

何かありましたら、相談フォームにまでお願いします。

ws.formzu.net