悪徳オンラインカジノビジネス・NO-VAでタイトルをあっさり取るもそれを放棄した私が告発し、救済します

FLM(フューチャーリンクマルタ)→NO-VA(ノーヴァ)と在籍したものの、これは詐欺だと気づき辞めました。こんな人を馬鹿にした業者は野放しに出来ないと思い、告発を行っていきます。被害者の手助けになる様な啓発も行っていきます。

NO-VA被害者を救います18 Dr.ヒロさんの動画を視聴しましょう ネットワークビジネスの現実を見る4 近況報告も

f:id:yutaherrmizuno:20201223213010j:plain

NO-VAに参入して不安な人・被害に遭ってお金を失った人やクーリングオフ後も現状に何かしらの不満・悩みを持っている人は未だにいるかと思います。その前身や他のマルチ商法を経験した人も然りです。そこで私は、その様な人たちの助けに少しでもなる様に記事をこれからも作成します。

 

今回はドクターヒロさんの動画を取り上げます。この方については過去の記事で取り上げています。

 

antinova.hatenablog.jp

 この頃、ヒロさんはマルチ商法のネタで更新が無いなと思っていましたが、ようやくそのネタの動画をアップしていました。

youtu.be

今回は、本人が稼げたものの辞めていった理由について語っています。その理由をランキング形式で5つ挙げていました。

 

5位は収入の限界が見えた事です。マルチ商法では自分の下に組織を作って育成すれば、どんどんそれが拡大してそれに伴い自分の収入も増加すると教わります。しかし、その人たちが安定的に会社のためにお金を使うとは限りませんし、稼げずに辞めて行ったりする場合も多いため、そうそう稼げるものではありません。よほどの者でないと人を惹きつけられない上に、組織は作れませんからね。ましてその額を継続的に稼ぐこともその額を超えて収入を上げる事も困難な世界です。それと、マルチ商法においては批判の逆風だけでなく、ニセモノも競合他社もびっくりする位に多くて会社も人も参入しては消えてを繰り返します。これでは収入に限界が見えるのも無理はありません。このネットワークビジネスの現実については、別の記事にも載せてます。

 

antinova.hatenablog.jp

NO-VAに関してもそれは同様ですし、オンラインカジノ業界にはベラジョンをはじめ競合他社で名声を勝ち得てる所もありますし、副業で何かをするにあたってもホームページ作成などの仕事もあるため、井上さんたちのようなプロデューサーになってガッツリ稼ごうというのは尚更無理があります。いい感じで月収を上げてもすぐに下がってしまう可能性も非常に高いです。この人物については以下の記事をご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

4位には出費が多いという事が挙げられます。NO-VAが特にそうですが、お金持ちアピールにハイブランドの購入をしては、色々な所を回ってしかも交通費は自費で講演をする破目になります。アムウェイのようなよくあるネットワークビジネスだと売り上げ達成とタイトルの維持を目的に商品の買いこみをすることになりますし、もっとまともな所でも本当に稼ぐとなるとそれなりの出費を毎月しなくてはなりません。NO-VAの場合、商材たるカジノサイトで遊んでアクティブ条件を満たさなければ、目的の月収は得られません。更に、タイトルを早く達成する為に、倍速の方法と称して家族名義で複数のアカウントを作らされます。その数に応じて高い入会金を支払うことになるのです。アクティブ条件についてはこの記事を参照です。

 

antinova.hatenablog.jp

無駄に出費の多そうな会員たちについてはこちらから。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

倍速の方法の実情はこちらも参照になさってください。

 

antinova.hatenablog.jp

 家族名義で支払いをやってしまった人のクーリングオフについてはこちらから。

 

antinova.hatenablog.jp

 

3位には学べる事が無くなった事を挙げています。確かに私もFLMに出会った事がきっかけで自分で気づけた事や新しい世界を学べた事はあります。結果的に自分の心の在り方や考え方が変わっていくきっかけにもなりました。自分が世話になった上の人も、あのお陰で鍛えられたと言っています。ですが、在籍していて同じ事を延々と繰り返して学んだり、セミナーで聴かされるだけで普通に教えられるようにその内容を定着させたとしてもそれ以降はもう成長しないかなと薄々思えてきました。それに、何回も聴いてるからもう良いかな、後は繰り返し言われたことを実践していくだけかなという気持ちになる事があったのもよく覚えています。その上、外からの情報を遮断せんばかりに洗脳を行って勧誘活動を延々とするわけですから、もう学ぶことはなくなって飽き飽きするのは当然です。この実情については別のページにも載せました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

2位には仲間が居なくなった事を挙げています。ビジネスを始めたばかりであれば、同期や先輩、後輩ができて楽しくワイワイできます。その様子を会員たちは自分のSNSに載せることもあります。その事は別の記事にも挙げました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

ですが、先輩会員が別のビジネスを始めたり、新しい会員が入ってもすぐに消えてしまうという事態が日常茶飯事です。私自身もそれらは目にしていて、1年もすれば会員がガラリと変わってしまいます。そのせいで拠点のオフィスには行きづらいなんて言う人もいましたし、NO-VAに変わってはじめて大久保のオフィスに行った時には全然知らない人ばかりでした。これでは、自分の派閥にたくさん仲間が居て自分下に部下が沢山いるにも拘わらず、孤独を感じるのは当然ですし、辞めたくもなります。

 

1位には洗脳が解けた事を挙げました。洗脳は他の人や組織に何か吹き込まれてから自分で自分を洗脳するとヒロさんは言っていましたが、私もFLMや他の場面でそれを経験しました。私のアップの場合は、ビジネスとは別の友達がきっかけでFLMの外の実情を見た結果、洗脳が解けて目が覚めた模様です。それから私をはじめグループの人たちに同じ事を施そうとしていました。お陰で私も半ば洗脳された状態から目が覚めました。外部からの情報を遮断して入れて公平な判断ができないように散々されてから、ふとした機会に洗脳が解けるという訳です。

この時に聴かされた事については、私も記事にしています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

ちなみに、某ディレクターは読書に関して質問に答えてましたね。f:id:yutaherrmizuno:20210524213329j:plain

f:id:yutaherrmizuno:20210524213433j:plain

この二つの画面を通して伝わる事は何かと言いますと、下の会員たちには上の人の指定する情報しか教えないという姿勢です。私がFLMにいた頃、ブックメーカーMLMの実態と真新しいことばかりを目にしてきました。それがきっかけで新たなYouTubeの動画を視聴、『金持ち父さん 貧乏父さん』の要約を聴き、本田健さんの本を買って読むこともありました。その一方、それは成功をする上で参考にすべきものであると上の人が教えているだけで、他にも自分から好奇心を持って様々な外の情報に触れて見識を広める事までは促していなかったのを思い出しました。「成功したければ読書より現場」という発言は、確かに一理ありますし信者からすれば立派な名言のように聞こえます。しかし、これは上の人の言う通りにして現場をこなし、勧誘を続けて収入になるよう会員を動かすための謳い文句にもなっています。『人を動かす』という著書を読んだ事のある本に挙げている事からも、その意図が伝わります。そうすると家族や友人といった繋がりや外部の情報が遮断されてしまい、洗脳の罠にはまります。

 

2枚目のスクショにある『隷従への道』は、私が一番感銘を受けた哲学の本でこのブログにおいても何回か取り上げています。

 

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

本人としては、自分のビジネスも「レイジュウへの道」だという事を悟られない様に、話題を避けたかったのでしょう(笑)

 

なお、デール・カーネギーの『道は開ける』に関してはこのブログでたびたび取り上げています。最初の記事を参照にして購入なさると良いですよ。

 

antinova.hatenablog.jp

 近況報告

 

以下の最近の報告に関わる事を載せます。

antinova.hatenablog.jp

 

先のホームページ発表会では入選ならずでした。原因としては内容を詰め込み過ぎた事、アニメーションを多用しすぎた事、ちょっとしたルール違反を犯してしまった事があると考えています。応援してくださった方々には感謝しています。持ち越しとなったサイトが本格的な審査に入ったら、またお知らせします。今後ともよろしくお願いします。

 

以上で今回の記事を締め括ります。何かありましたら相談フォームにまでお願いします。

ws.formzu.net