悪徳オンラインカジノビジネス・NO-VAでタイトルをあっさり取るもそれを放棄した私が告発し、救済します

FLM(フューチャーリンクマルタ)→NO-VA(ノーヴァ)と在籍したものの、これは詐欺だと気づき辞めました。こんな人を馬鹿にした業者は野放しに出来ないと思い、告発を行っていきます。被害者の手助けになる様な啓発も行っていきます。

NO-VAの歴史・FLMとの出会い

記事の更新が遅れて申し訳ございません。

 

今回は NO-VAに歴史について述べていきたいと思います。

 

もうすでにご存知の方も多いと思われますが、お付き合いください、

 

 NO-VAは元々、AEアフィリエイトという会社名でやってました。創設は2013年の4月頃。

 

このブログからもAEアフィリエイトは2013年から存在していたことが分かります。

 

ameblo.jp

 

更に正確には2013年の3月にビジネスが始まった模様です。

 

こちらのサイトから分かります。

 

club-a-trust.com

 

商材はオンラインカジノ、その拡散をしてくれる広告主(アフィリエイター)を募集するというやつです。さらに紹介者を自分下で出して、その人たちと一緒に勧誘を行って組織を作ればさらに自分もより多くの収入が得られるというものです。仕組み自体が連鎖販売取引です。コースは無料、10万円、20万円の三種類でコースに応じて待遇が違います。本社はペーパー会社で海外に登記を置いてます。

 

これは後の NO-VAに至るまで変わらないスタイルです。

 

しかし、商材たるオンラインカジノのサイトと登記上の会社の本拠地は変わっています。

 

AEアフィリエイトの場合はベラジョン・ウィリアムヒル・Dora麻雀を商材としていました。本拠地はイギリスです。

 

f:id:yutaherrmizuno:20190605223654j:plain

Dora麻雀が商材だった証拠です。

ですが、そのページにアクセスしようとしたらこんなページが出ました。

 

f:id:yutaherrmizuno:20190605224028p:plain

アクセスできません。

肝心なアフィリエイトリンクをクリックして登録できません。この事からして成果型広告(アフィリエイト)でもってゲームを広める気が無いうえに、結局は入会金をだまし取るだけの詐欺である事を証明してますよね。

 

詐欺罪の観点の記事はこちらにも載せました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

この記事を読まれた方の中にはAEの商材はベラジョンのイメージが強い方も多いと思われます。

 

実はウィリアムヒル側がAEアフィリエイトと提携を切った為、AEアフィリエイトはベラジョンのみを商材とするようになったのです。

 

f:id:yutaherrmizuno:20190605224754j:plain

 

ウィリアムヒルの項目がAEアフィリエイトの英語版の公式サイトに残っていました。

 

f:id:yutaherrmizuno:20190605225053p:plain

下にカーソルを動かすとウィリアムヒルの説明がありません。

 

あれだけ高い登録料を取らせて使える奴だけを優遇して勧誘行為を続けたり、複雑な2年返金ルールを設けたりとかしたら、そりゃ大手老舗のブックメーカーは逃げますよね笑 

 

こちらのブログでもAEアフィリエイトに関する警鐘を鳴らしています。

ameblo.jp

 

某会員のインスタからもベラジョンとの繋がりが分かります。 

 

f:id:yutaherrmizuno:20190504000214j:plain

 私が世話になった人もAEアフィリエイトの商材としてベラジョンを挙げてたのをよく覚えています。

 

さて、AEアフィリエイトはあれやこれやの手口で有料会員を集めてはこんなの詐欺だという苦情が消費者センター・カード会社・警察に来ました。

 

普通に考えれば警察の捜索が行われます。

 

ですが、それを逃れました。

 

AEアフィリエイトは突如、2016年7月にFuture Link MaltaすなわちFLMへ移行すると発表したのです。その際にはセミナーに参加してた多くのが無言でゾロゾロと去っていったのをよく覚えてると私の世話になったアップも話してましたね。

 

AEアフィリエイトとFLMはそれぞれ別の会社と言い張って来ますが、両者の相関性の証拠たる画像を載せます。

 

f:id:yutaherrmizuno:20190505004757p:plain  f:id:yutaherrmizuno:20190505004943p:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20190505005231p:plain

 

AEアフィリエイトの公式サイトでありながらFuturelinkと載っている地点で両者の相関性は明白ですね。

 

消費者センター・警察・カード会社などに苦情が蓄積されたが故にこのような措置を取ったのです。

 

更に、2014年8月以降にAEアフィリエイトに入会した人の2年保証とやらも確実に踏み倒しになったそうです。なぜなら、名目上はAEとFLMは別会社であり、全然関係ないとあっちは装っているためです。そもそもその2年保証も色々と複雑でそう簡単には返金させないようになってます。

 

因みに、AEアフィリエイトの個人アカウントにアクセスするといつまで経ってもこの画面が出ます。

 

f:id:yutaherrmizuno:20190505010540p:plain

 

 

f:id:yutaherrmizuno:20190505010608p:plain

 

ずっとこの画面が出てる地点で、AEアフィリエイトを黙殺しようとしてるのは明白です。上記の現状では、AEアフィリエイトの会員ページにもログイン出来ないですし、ベラジョンの会社の売り上げの一部も当然受け取れません。

 

ちなみに、他のサイトではAE がFLMに移行した目的が書かれてきました。

 

f:id:yutaherrmizuno:20190930013605p:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20190930013725p:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20190930013749p:plain

 

屁理屈も良いところです笑

 

f:id:yutaherrmizuno:20191010083001p:plain

 

PKF Maltaは検索してそのサイトを一見すると、真っ当なIT企業のようでしたね。

 

FLMとは大違いです。

 

一方でFLMの商材はオンラインカジノですが、そのサイトは247bet、betnowというブックメーカー、ジャンジャンという賭け麻雀です。登記上は外国人を雇ってその人をマルタの会社の社長扱い、実態は日本人がターゲットというものです。AEと似たり寄ったりですね。

 

この地点で普通のASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)では無いですし、もしマトモな会社でしたら、ベラジョンとウィリアムヒルも商材にしてるはずです。

 

それでも長々とFLMは悪徳ビジネスを続け、会員は10万人に上りました。

 

私は2017年10月20日に参入でその地点で6~7万人の会員がいたと記憶しています。

 

プライベートで私の事をご存知でしたら、私がバスケ好きである事も知っていると思います。商材のBetnowにBリーグのネタが載っているのを知ったときは非常に感銘を受けましたし、説明会の最中でも私はアドバイザーと意気投合でした。その頃の私が無知で勢いに任せていたところもありましたね。

 

そんなこともあり私はほぼ即決で参入、そこの会員さんと話をしていくうちにこんなにいい人たちとはもう二度と出会えないのではないかと思えるくらいに良い出会いをしたなとも当時は思いましたね。

 

余りの高額さに驚いていたので、妥協して当初は約10万円のコースことビジネスクラスに参入しました。

 

その時のメールがこれです。

 

f:id:yutaherrmizuno:20201117154335j:plain

その後、2018年の3月にファーストクラスに参入してグレードアップ、合計で20万円を支払いました。

 

しかし、いざFLMを調べると上記の事情から詐欺のオンパレードで不安になった事があったのも覚えています。

 

そんな私に対してアップはそんなの気にしなくていいし、会社名が変わる事なんてよくある事とさらりと流してましたね。

 

そうなんです。私はそういったやばい事情とかには片目をつぶっていたのです。説明会に動員出来て嬉しかった時もあれば、参入者が全然出なくて悩む日々もありました。それでも私がこうして活動してきたのは、Bリーグブックメーカーの収益を流したいという思いと継続は力なりという上位タイトルの保持者たちの言葉を信じた事が理由にあります。更にギャンブル業界の市場性及びネットカジノないしはブックメーカーの合法化に伴うアフィリエイト(成果報酬型広告)での収益を期待してましたね。

 

Bリーグの3部のB3リーグまでbetnowがネタにしてたを見た時は感激でしたし、自分の知り合いのチアの方などに紹介出来た時は、すごく面白そうな反応をしていて、FLMに関わって良かったという気持ちにまでなりました。

 

f:id:yutaherrmizuno:20190505005527p:plain

 

活動の合間には他のブックメーカーの日本語対応のサイトも発見、FLMって目の付け所が良いなあと感心もしましたね。今となっては恥ずかしいばかりです。

 

そうやってセミナーなりオフィスなりに顔を出して活動していましたが、2018年6月半ばに体調を崩してそれらへの出席などが出来ず事実上の休止をしてしまいました。

 

その間には自分のアップに呼ばれてFLMの内情なり経緯なりを聞かされました。

 

2018年8月15日の昼、丁度JDIグループの人たちが井上タケシさんの誕生日でてんやわんやする日です。

 

f:id:yutaherrmizuno:20191010083446p:plain

これは2019年8月15日の時のものですが、毎年こんな感じです笑 

 

毎年恒例の最上位の会員のイベントで、信者にとっては招待旅行並みの大きな催し物です。

 

この人物に関してはこちらの記事もご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

呼び出されて話を聴いた時にFLMに幻滅、そのいい加減さに気付きました。その一方で私はFLMのおかげで良い出会いなり面白い物を知ったのだから細々とbetnowのアフィリエイトでもやっていようと思い、FLMというビジネスの活動はせずに上記のアップと同じ様に別のビジネス(仮想通貨)に移りました。ちなみにアイゼンではありません。TCCことトレードコインクラブと呼ばれるものです。これも大言壮語な事を言ってブックメーカー込みのオンラインカジノまで作りましたが、結局詐欺でカジノサイトも閉鎖でした。私自身は勧誘を行わず、資産運用だけでしたが、寸借詐欺の程度の被害額で終わっています。この手の仮想通貨は9割以上が詐欺と言われていますのでご注意ください。

 

話を戻します。自分のアップに呼ばれた約2週間後です。私がFLMに参入して活動するにあたっての思いを見事に踏みにじる事態が起きました。

 

FLMはNO-VAに移動するというニュースが入り、しかもハッキングの被害にあった事を理由に商材のゲームサイトのアフィリエイトリンクまで使用停止になったのです。

 

以下がそのハッカーさんの正体です。

 

f:id:yutaherrmizuno:20190505011025p:plain

 

私はこの人と一時期やり取りをしてましたし、この時にガチでハッキングをやってた証拠まで得ています。

 

ここでは載せられないので、各自でご連絡ください。

 

 NO-VAもいずれこのような形でハッキングに遭う可能性は充分にあります。

 

さて、 FLMでこのような事が起きてからしばらく後に、NO-VAへと移動するという事が知らされました。それと同時に商材たるブックメーカーオンラインカジノのサイトまでまるっきり変更です。

 

これを受けて私はこの業者は結局、入会金を盗むだけの悪徳業者じゃないかと怒りを覚えましたね。

 

後にブックメーカーのサイトは閉鎖となっています。

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

それからよくある質問の項目に以下のものがありました。

 

f:id:yutaherrmizuno:20190930014852p:plain

 

他サイトからの移行すなわちFLMから NO-VAに移行した人には返金対応出来ないとあります。これはもう NO-VAがFLMから移動してきた証ですし、FLM末期に入会させられた人たちのクーリングオフを踏み倒そうという悪意も窺えます。

 

それを機にNO-VAの情報集めに入り、カード会社もあちこちで決済を止めてしまうくらいに消費者センターや警察に苦情が蓄積されている事・それらをいったん帳消しにするためにNO-VAに移行したことを知りました。

 

私がヤフー知恵袋でNO-VA関係の回答をした時も質問者さんから以下の様な返事を頂きました。

 

f:id:yutaherrmizuno:20191002003034p:plain

消費者センターも動けないだと!?

やはり苦情の蓄積を帳消しにする為に移行したのは確かですね。

 

これらのスクショがFLMから NO-VAに移動する時の説明の動画です。

 

f:id:yutaherrmizuno:20190505010010j:plain

 

 

f:id:yutaherrmizuno:20190505010037j:plain

 

セミナーなどで NO-VAとその会員はFLMなんて無かったことのように扱ってますが、両者の関係性を示す証拠として載せます。

 

それでも、私は自分の好きな実業家の元で活動をNO-VAで出来る事、提携先のブックメーカーとあの業者の縁を切らせようという思い、その実業家を元の実業家に戻そうという考えでしばらくはNO-VAのセミナーとオフィスに足を運ぶこともありました。情報集めも兼ねてです。

 

NO-VAのブックメーカーの運営会社ことBet1st.betの分析は以下のブログにも載ってます。

 

becausethisismylife.hatenablog.com

 

私自身もBet1st.betについては如何わしい事を以下の記事で取り上げています。

 

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

 

 ですが、あんな業者にもう二度と引きずり込まれたくないという思いもあり2019年1月中旬でもってNO-VAの活動を本当の意味で休止、現在は幽霊会員になっています。

 

FLMがNO-VAになってからは私も一人でもNO-VAで困っている人を助けようと思いヤフー知恵袋で各種相談の回答を受け付け、それを見てまだまだ相談したい人や被害にあう人がいる事を知り、このブログの立ち上げを構想しました。こんなタチの悪い輩のせいでブックメーカーまでもが日本で一切禁止、そのせいでBリーグの財源の希望の1つが無くなってしまうのはたまった物では無いという思いもあって、このサイトの記事作成に至っています。

 

2019年1月に完全休止した関係上、本当に最新の生の情報は分かりませんが、2019年2月で拠点たるオフィスが減少、NO-VAは更に縮小して会員った位はレンタルオフィスを転々しています。現在も尚被害の声が後を絶たない為、一人でも多くの人を救いたいと思い、ノーヴァ・バスターとしてこのブログの立ち上げに至っています。

 

NO-VAの黒幕に関する経歴はこちらの記事に掲載しています。

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

相談があれば以下のフォームに入力なさって結構です。

 

次回はそのNO-VAの内情と仕組みについて記事にしていきたいと思います。

 

ws.formzu.net