悪徳オンラインカジノビジネス・NO-VAでタイトルをあっさり取るもそれを放棄した私が告発し、救済します

FLM(フューチャーリンクマルタ)→NO-VA(ノーヴァ)と在籍したものの、これは詐欺だと気づき辞めました。こんな人を馬鹿にした業者は野放しに出来ないと思い、告発を行っていきます。被害者の手助けになる様な啓発も行っていきます。

最新版 NO-VAのクーリングオフ(返金方法)

NO-VAの被害は未だに後を絶たないため、クーリングオフすなわち返金に特化した記事を作成したいと思います。
 
入会金の振り込みを指定の銀行口座にしてから、長くて1週間経過した人達が、退会+返金希望となるかと思います。消費者センター・警察への相談をすると時間が掛かってしまい、返金期間外になるので返金作業を優先させましょう。特に複数の名義でアカウントを登録して振り込みをした人はそうです。
 
基本的に問い合わせを先にして、手続きに入ってます。
 
先に伝えておきますが、NO-VAの返金期間は承認日から2週間です。未承認でもクーリングオフは可能です。
承認済みのアカウントの場合は、その日を1日目として起算して14日が返金可能な期間となります。2021年6月1日に承認された人は、2021年6月14日までがクーリングオフ可能です。これを過ぎてしまうと、現状では弁護士を利用しても返金は不可能です。
 
NO-VAの個人アカウントを開いて、どの項目から返金の手続きをすればいいのか教わっていない方もいらっしゃると思います。その画面に関しては、相原さんが解説しています。不安な方はこの動画をご覧になりながら、返金の手続きを進めてはいかがでしょうか。

youtu.be

 1.基本事項

 

クーリングオフ期間な為、返金を求めて辞めますとサポート側には伝えましょう。人にもよりますが、あれやこれやで会員の返金期間が過ぎるように会社もやり取りをしています。根気よく連絡を入れて返金に応じないなら消費者センターにやり取りの証拠を提出する等と圧力をかけて連絡を入れてください。

 

それから、返金前に退会すると退会処理中の旨の画面が出て、そこに出てくるメルアド経由でサポートとやり取りをする事になります。返金後に NO-VAの退会処理は行いましょう。

 NO-VAの公式サイトにはクーリングオフの申請を出してから2週間以内に返金されます。

 

f:id:yutaherrmizuno:20191008005057p:plain

 

その返金がなされなければ再度、返金用の口座が間違っている可能性もある為、NO-VAのサポートにも問い合わせです。

 

上の動画にもある通り、NO-VAの個人アカウントから退会をする前に必ず、アカウント情報に記載されている銀行口座に、自分の銀行口座を登録するようにしましょう。この登録が終わったら、下の方に退会のボタンがあるので、それを押してください。それから、サイト側の指示に従って退会の手続きを行いましょう。

 

退会の手続きをすると、しばらくして自分のアカウントにログインできなくなります。無用な手違いで返金不可にならぬよう、銀行口座登録をまずは行ってから退会処理を行ってください。

 

誤って銀行口座の登録を行う前に退会処理を行ってしまった場合には、NO-VAのサポートにクーリングオフの旨と返金用の銀行口座を教える事になります。

 

NO-VAの退会手続きを行った状態で、その個人アカウントにログインしようとして自分のログイン名とパスワードを入力すると、そこにもNO-VAのサポートのメルアドが出ます。それ経由でのやり取りとなります。

 

2.複数アカウント購入者

 

2-1.姓が同じ家族のケース

 
問い合わせメール+戸籍謄本(全部事項記載)+銀行口座(JPY)登録者の顔つき身分証
 
複数アカウントの購入とその強要もNO-VAの常套手段となっています。参入者とは別名義でアカウントを確保して支払いを行った場合、自分と家族関係・親族関係にある証拠を提出した上で、クーリングオフをしなくてはなりません。例えば、自分の親名義でアカウントを作って高い入会金を出してから、クーリングオフをして自分の銀行口座にまとめてお金を返してもらうとします。そうしたいのであれば、自身と親が家族関係にある書類、具体的には戸籍謄本や住民票などを出さなくてはなりません。そうしないと、「銀行口座とNO-VAのアカウントの名義が一致しません。」となって返金されません。そのような書類の提出が出来ないのであれば、親の名義の銀行口座に振り込んでもらう事になります。すなわち、名義を一致させたうえでの返金が行われます。

 

2-2.姓(苗字)の違う家族を登録した場合
 
問い合わせメール+NO-VA登録者本人(家族)の、銀行口座(JPY)入力

 

両親離婚で片親の苗字が違っている場合は、自分の口座に返金がなされません。例えば、会員本人と実の母親の苗字が異なる場合は、その母親の名義の銀行口座をNO-VAのサポートに伝えなくてはなりません。

 

なお、消費者センターの人が電話しても、親の分は99%返金不可能です。

 
3.入金したが未反映(standard)
 
3-1.会員本人の名義
 
問い合わせメール+銀行口座(JPY)+本人の身分証
 
NO-VAのサポートに問い合わせ、自分の返金用の銀行口座を教えます。
本人確認書類は免許証のような顔つきでも良いですし、顔つきではないものでも構いません。
保険証や、スーパーのポイントカード、クレジットカードでも可能です。
 
3.-2.会員の家族の名義
 
問い合わせメール+銀行口座(JPY)+銀行口座登録者の身分証+戸籍謄本(全ての事項記載)
 
家族名義のアカウントでまだ未承認の場合です。会員本人の名義に返金してほしい場合は、自分の銀行口座だけでなく自分の身分証・戸籍謄本をNO-VAに提出しなくてはなりません。即ち家族関係を相手に証明しなくてはなりませんし、その為にも全ての事項を伝えなくてはなりません。
 
それができなければ、家族名義の銀行口座・家族の身分証を用意してサポートに送る事になります。
 
 
4.本人が退会ボタンを先に押した場合
 
事情説明+銀行口座+身分証(本人なら保険証でも大丈夫)
 
上の動画で説明されたような返金手続きを行う前に、退会処理を行ってしまった人の為の対処法です。NO-VAのサポートのメルアドに、クーリングオフをしたかったが間違えて先に退会してしまった事を伝えます。それから、自分の銀行口座と身分証の情報も添付します。
 
 
5.振込の際、7桁の数字の未入力ケース
問い合わせメール+本人身分証+銀行口座(JPY)
 
NO-VAのサポートにクーリングオフの適用とNOVAコードの入力漏れを伝えてください。それと同時に、自分の身分証・銀行口座の情報も相手に送りましょう。
これが家族の場合は、「2.複数アカウント購入者」「3.入金したが未反映(standard)]
の「3-2.会員の家族の名義」も参照になさってください。
 
 
因みに、退会処理及びクーリングオフをすると以下の様なメールが届き、サイトの表示がなされます。

 

f:id:yutaherrmizuno:20200529210121j:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20200529210137j:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20200529210201j:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20200529210217j:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20200529210232j:plain

 いずれも自分のお金に大きく関係する事ですので、しっかりと保存なさってください。

 

無事、返金の手続きが終わった後は以下を参照にして消費者センターや警察などにも通報を入れましょう。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

NO-VAの違法性についてはこれらをご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

相原さんに関しては、過去の記事で取り上げました。

antinova.hatenablog.jp

 

以上で返金方法の記事は締め括ります。

 

何かありましたら、相談フォームにまでお願いします。

 

NO-VAの後身についての速報 ERA(イーラ)とDivine(ディヴァイン)?

ERA(イーラ)と各検索エンジンで入力をしてもその情報は全然つかめません。

 

NO-VAやビクトリアゲームはグーグルでその公式サイトが出てきたのとは違います。

 

私自身、グーグルで「ERA イーラ」「ERA アフィリエイト」「ERA ブックメーカー」などと自分で探そうとしたのですが、全然引っ掛からないです。そのASPの公式サイトもその商材たるブックメーカーのサイトやその名称も表示されません。

 

それを扱った私のブログの記事の作成前にツイッターで検索をかけても、相原さんがその警鐘を鳴らしていた更新しか見つかりませんでした。

 

これは逆SEO対策、即ち検索で向こうの悪い情報が出て来ない様にする為の作戦が奏功していると言えます。今までもそうして調べられないようにして来ました。

 

以前のERAの考察についてはこちらをご覧ください。

antinova.hatenablog.jp

 相原さんについてはこちらで取り上げました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

SEO対策についてはこちらの記事で取り上げています。NO-VAをERAに置き換えても同じことが言えます。ERAとはどのようなビジネスかを知るという意味からも必読です。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 このような「調べても特に出て来ない」という状況では、ERAの事を何も知らない人が自分で検索しても真実を発見できず、引っかかって搾取をされる可能性が出てきます。そこで私は上のERAの記事を作成、少しでも多くの人に情報を届け見て頂けるようにノーヴァ・バスター名義のツイッターのアカウントも開設しました。

 

その結果、ツイッターからのアクセスも増えており、ERAに関する貴重な情報源としていかに多くの人に閲覧されているかが分かります。わざわざツイッターのアカウントを新たに作った甲斐があって何よりです。

 

それと、NO-VAの会員として登録をした者でも、その会員として勧誘活動やセミナー参加をしなかった者はあの新事業に登録をすることができません。私はFLM時代にその会員として動いていた実態があった為、NO-VAへと移行する時にチェーンメールが届いてその登録を行う事が出来ました。ですが、私はNO-VAの会員としての活動は平成31年(2019年)1月をもって終了した為、NO-VAからERAに移行する旨の連絡は来ませんでした。よって私はERAには登録しておりません。

 

その時のチェーンメールは以下の記事に載せました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

このようにして情報集めを行い事実を分析すると、上の人は自分たちに都合の悪い事を隠すのに必死である事が伝わります。

 

新しい商材たるブックメーカーのサイト名もグーグルで出てきませんからね。

 

何せビクトリアゲームやBet1st.betの運営会社ですら如何わしいです。

 

これらについては以下の記事を参照にしてください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 それから、ERAへの移行の前後に関して更に言うと、NO-VAではお馴染みの井上岳さんや笠井秀哉さんの姿が下の会員達のInstagramでは見当たりません。

 

以前の二人は下の人達と身近に触れ合ってビジネスを楽しんでいましたが、その様子がここ最近では無くなっていました。

 

井上さんと笠井さんについては以下の記事で詳しく述べてます。

 

antinova.hatenablog.jp

更に気になる事に、井上さんは令和3年(2021年)5月25日に自分のインスタでこんな詩を載せていました。私は彼をフォローしていないので、その提供者からの許可を得て掲載です。

f:id:yutaherrmizuno:20210610233312j:plain

これは自分のフォロワー、即ち数多くのNO-VAの会員に向けて宛てられたものと見なせます。何せ井上さんはNO-VAとその前身でのみ非常に慕われて有名な方ですからね。特に注目すべきは「再開」ですね。何故なら、これは別れを仄めかす為です。という事は、NO-VAの会員達と井上さんは一時的に離れ離れになる事を表しています。

 

前回の記事では、笠井さんが自分のSNSを消して雲隠れした事を述べました。経歴からして井上さんと笠井さんは一心同体と言っても過言ではないです。とどのつまり、井上さんも表舞台からは姿を消すとあの更新が示唆していると言えるのではないでしょうか。

 

それを裏付けると言わんばかりに、こちらのサイトのコメント欄で面白いコメントを発見しました。

mato.ma

 

特に注目したコメントをここで転載です。

 

90 .  777  2021-05-21 17:45:55 id:GJFmN3Y
NOVAの井上たけし
半年から15か月の業務停止との事。
 
これを見て遂に行政処分が下されたのかと少々驚きましたね。恐らく笠井さんも同じ目に遭っているのでしょう。そもそもの黒幕こと澤田聖二も行政処分を経験してシンガポールに逃亡して詐欺を働いているわけですから、井上さんも笠井さんも同じような事をするかもしれません。黒幕についてはこちらで記事にしています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

もう一つ、興味深い書き込みを載せます。

94 .  0619  2021-06-03 12:16:29 id:gQcVJ5A
No_vaの次はディヴァインになるらしい…
 
これが確定情報という訳ではありません。ですが、JDIとそれ以外の派閥が分離して別々のビジネスをやっていく事の印なのかもしれません。恐らく、ディヴァインもNO-VAと同じ様なオンラインカジノの詐欺でしょう。
 
ちなみにDivineとは、英語で「神聖な」という意味です澤田聖二とその取り巻きは絶対的なタブーと言わんばかりな名称です。
 
黒幕にとってはある種のリスク分散をしていると言えます。NO-VA内のリーダー陣同士は仲が悪い場合も多いですから、少しでも仲違いを避ける為にやった措置であるとも見なせます。それと、グループリーダーがレンタルオフィス代の支払いを別の新人リーダーに押し付けたという事例も聞いてます。
 
98 .  67  2021-06-08 16:27:20 id:NBlVA2U
私は先月NOVAに参入してしまいましたが、末くらいに業務停止命令が出たと言われました。それにより、今月からまた新しくなるらしいです。そして新しくなるものにアカウントを移行するには対面で会って作業しないと出来ないと言われ、今週中にオフィスに来てほしいとも言われました。私が参入した時、地方にいても出来ると言われたのでオフィスに顔を出す予定もなかったのですが、来ないと追加で登録料払わなければいけなくなると言われました。
正直もう辞めたいです。返金はやっぱり難しいですよね…?
 
消費者庁からの業務停止処分を聞かされたのでしょうか。これはNO-VAが公的な機関から目をつけられていた印です。これまた搾取の為の理由付けで上の人が上手い事話しているとしか言いようがないです。後身の業者も同じ様に活動し続け、目を付けられ続けるでしょう。
 
そんなガタガタな内情では、いい加減目を覚ます人も相次ぎますし、別のビジネスへの引き抜きやら組織崩壊が相次ぐのも納得です。その事は私も過去に取り上げてます。

 

antinova.hatenablog.jp

 私としては、黒幕諸共それこそ芋づる式で検挙され、裁かれることを願うばかりです。

 

以上で今回の記事を締め括ります。

 

何かありましたら、相談フォームにまでお願いします。ERAやディヴァインに関する最新情報を提供して下さると大変助かります。

ws.formzu.net

NO-VA会員の新たな動き(ERA)の件と勧誘の実態紹介 ツイッター開設報告も

ここ最近、NO-VAの会員達に新たな動きがありました。こんな感じで更新です。

この人はGGグループのチーフです。

f:id:yutaherrmizuno:20210606180007p:plain

 こちらはJDIグループのチーフです。

f:id:yutaherrmizuno:20210606180040p:plain

JDIやGGのやつしか見る事は出来ていませんが、新しくビジネスを始めるという趣旨の投稿をチラホラ見かけます。その2つとは別に存在する笠井さんのグループのディレクターもこの手の更新を行っていたそうです。

 

これらの人物については過去の記事を参照になさってください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

これらを見ると、どうしても既視感を覚えます。

 

分かる人には分かりますね。業者名の変更とそれに伴う組織移動です。

 

私もFLMがNO-VAに変わる時に散々見てきました。

 

その様な歴史についてはこのブログの初期に記事にしています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

今思えば、以下の投稿も何かの伏線かなと思えます。これは令和3年(2021年)5月下旬の更新です。これを見た当初、実は私自身何の事だか良く分からないがとにかく特別感を出しているという印象でした。

f:id:yutaherrmizuno:20210607211256p:plain

JGBとはNO-VAの大きな派閥の頭文字の事を指してると考えられます。

 

JはJDI(Just Do It)グループ、GはGG(Good Galaxy)グループを指します。BとはJDIでもGGでもない笠井さんのグループの事を指すと思われますが、正式名称は分かりません。

 

NO-VAの大きな派閥が合同でプロデューサーのセミナーを聴けるのはこれをもって最後だと言えます。という事は、NO-VAの各グループが分かれて何かを始める為の前触れだったとも見なせます。

 

更にそれよりも少し前の4月下旬の地点の情報提供で、笠井秀哉さんのFacebookなど SNSのアカウントが無くなっていました。それ以前に彼はそれらのアカウントを消していたのかもしれません。これを初めて聞いた時も、何故この時期に無くなったのか不思議になると同時に余りにも急すぎて少々意外に思いましたね。よくよく考えれば私自身も散々NO-VAは潰れるだの、再び業者名を変えるだの思っていたので、ある意味必然です。

 

他にも各会員がどのような更新を行っているのか見ていきたいと思います。

 

GGグループの人たちを見ましょう。

f:id:yutaherrmizuno:20210607211606j:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20210607211806p:plain

 グランドオープンも未成年・学生不可も収入アップもNO-VAとその前身の決まり文句です(笑)

他のGGの人も見ましょうか。

f:id:yutaherrmizuno:20210607212236p:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20210607212754p:plain

SNS出会いと言っている地点で何だか怪しいですね(笑)

 

その手の勧誘手法は以前の記事をご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 他のGGグループのチーフも。

f:id:yutaherrmizuno:20210607212911p:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20210607214045p:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20210607214139p:plain

 限定感を出すのも定型文ですし、上の人のコピペの感じも出ています。他の人も同じことを言っているのがチラホラ見受けられます。

ディレクターの男と別のチーフの女も更新です。

f:id:yutaherrmizuno:20210607212954p:plain

f:id:yutaherrmizuno:20210607214300p:plain

f:id:yutaherrmizuno:20210607214401p:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20210607214525p:plain

新事業と日給7万円をはじめ、コピペされて各会員同士で使い回されているのがお分かりですね。すぐ儲かった印象を与えます。

 

JDIグループの人たちも何やら新しさを強調しています。

 

f:id:yutaherrmizuno:20210607211852p:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20210607211939p:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20210607212028p:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20210607213046p:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20210607213145p:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20210607213445p:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20210607213341p:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20210607213828p:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20210607213900p:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20210607214649p:plain

 JDIの方も新しい体制になって、スタートを切るアピールをしています。

 

JDIからSDIに名称が変わったことも判明です。SはSoonの事を指すのでしょうか。表向きは変わっただけで実態はずっと変わっていないあたり、おそらくJust Do It(まさにそれをしろ)と似たような意味になるようにSoon Do Itとチーム名を微妙に変えたのでしょう。副業という最近の傾向を謳っているのも以前からよくやってます。

 

掲示板によれば、NO-VAというASPにはJDI(SDI)だけ残り、それ以外の会員はERA(イーラ)というASP即ちアフィリエイトに移行して1つのブックメーカーを商材としてNO-VAの時と同じような内容で勧誘するとの事です。今後そのSDIもまた業者名と商材を変えて何かやる可能性はありますが。ERAも高い入会金を新規の人に払わせて、より儲ける方法として複数のアカウントの購入を勧める事もやっているそうです。ただし、名義は参入する本人のみでポジションの購入は恐らく3つで約69万円となるかと思います。


NO-VAでの返金方法はこちらでも記事にしています。ERAとNO-VAとでは事情が違うようですが、大体同じかと思います。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

真っ当な所でも、MLMの会員本人のみの名義で複数のポジションを押さえた上でビジネスをやる所は他にもあります。ですが、それは任意で強要はありません。

 

私の予想が正しければ複数のポジションを取らせてより多くの入会金のぼったくりをなるべく行うのではと見ています。

 

ちょっとした実験に実際に、佐藤おりみに私も問い合わせてみました。

 

f:id:yutaherrmizuno:20210607230656p:plain

何の事業なのか問い合わせると、ブックメーカーと答えました。

 

しかし、ブックメーカーにもウィリアムヒル等のような業者が色々ありますし、アフィリエイトにもA8ネットをはじめ様々な業者があります。私自身もそうでしたが、このようにして会社名は説明会の当日になるまで教えません。それだけ事前にネットで知られては都合が悪い事の表れです。これ以上は具体的には何も教えてくれないと判断した為、やり取りはこれだけです。

 

真っ当な会社であれば、連鎖販売取引に限らず事前に会社名を教えますし私もそれを経験しています。このネットワークビジネスに関しては特商法で厳しく規制されています。この事は以前も取り上げました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

上の佐藤おりみについては相原さんも動画のネタにしていて、その勧誘の録音も載せています。

youtu.be]

 

冒頭の方の解説についてはあまり気になさらず、佐藤おりみ本人の勧誘に注目してください。色々と相手に聴き込みをして、お金が無いのならカード会社に借り入れをすれば良いと安易に勧めているではありませんか。連鎖販売取引は向き不向きがハッキリと別れる分野で儲かる見込みが低いにも拘わらず、これでは借金まみれにすぐになります。返す当てがそうそう望めないビジネスで安易に負債を抱えさせるというあくどい手口です。マルチ商法で成功する見込みが低い現実についてはこちらで記事にしました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 安易にお金を借りてはいけない事については、こちらから。

antinova.hatenablog.jp

 

上記のようにして消費者金融に行く破目になった時の対処法が、新宿109さんの動画のコメント欄にありました。f:id:yutaherrmizuno:20210607230932p:plain

何かしらのビジネスに勧誘されるなどして、消費者金融の世話になりかけたら、この方法を用いてはいかがでしょうか。

 

相原さんや新宿109さんはNO-VAを初めとする悪徳業者や悪者を糾弾し、退治する方々です。以前に私はこのブログで取り上げています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

報告

 

今更ではありますが、ノーヴァ・バスター名義で新たにツイッターのアカウントを開設しました。

 

twitter.com

 

最新の情報をいち早く取り、皆様にお伝えするという意味もありますし、少しでも多くの人が私のブログに接する機会を持てたらと思い、作成です。実際、私のブログのアクセス経路を辿るとツイッター経由も少しながら含まれます。NO-VAを糾弾する為にわざわざツイートしてくださった人にも感謝ですし、そのお陰でアクセス数も上がってます。

 

以上で今回の記事を締め括ります。

 

何かありましたら、相談フォームにまでお願いします。特にERAのブックメーカーの名前、その運営会社の情報を提供して下さると大変助かります。

ws.formzu.net

Dr.ヒロさん風に『隷従への道』を述べます 「あなたが知らず知らずに奴隷になっていく過程」

以前、『隷従への道』に書かれていた事を基に記事を作成したことがありました。

 

antinova.hatenablog.jp

 それを基にしてこの記事では、Dr.ヒロさん向けの動画用に台本を作る形で述べていきたいと思います。

 

彼については以前の記事で述べました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

ヒロさんへ 

 

もしこの記事をご覧になって面白いと思われたら、是非ご自身の動画のネタにお使いください。適宜、加筆や修正を加える事も可能です。採用の際は、一番下の問い合わせフォームにまで一方を入れていただければ幸いです。

 

是非、この音楽を聴きながらお読みください。

 

youtu.be

 

もちろん、ヒロさん本人が収録して言っている様子も想像してくださいね。

 

では、始めます。動画の題名は「あなたが知らず知らずに奴隷になっていく過程」です。

 

ヒーロー見参!ドクターヒロです!

 

あなたは日本という国で暮らしていて本当に自由であると言えますか?

 

(モザイク君登場、男性の甲高い声で修正)「は?何言ってんだよ?日本は資本主義の国だし言論の自由だってあるじゃねぇか。」

 

確かに戦後の日本は日本国憲法の規定という名の下、自由な資本主義の国であると言えます。

 

(モザイク君)「昔のソ連みたいな共産主義の国なんて今時北朝鮮くらいなもんだし、俺達には関係ないだろ?」

 

ですが、私のマルチ商法の話題をはじめとする動画からも分かる通り、人は洗脳されたり詐欺に遭ったりして、何者かに隷従していく可能性があります。そこで私は、普通の人が知らず知らずの内に奴隷になってしまっていく過程について話していきます。今回紹介するのはこれです。

f:id:yutaherrmizuno:20210223170720j:plain

 

(この本を持ちながらヒロさんが話す)

ハイエクの『隷属への道』です。本屋さんに行ってもそうそう彼の本は見かけないです。今回は前置きに著者紹介を置いたうえで、この本について話していきたいと思います。

 

目次は

0.著者紹介

1.自由を損なう計画化

2.次元の低い一つの目標を掲げる

3.統制のなりゆき

 

です。

特典パートでは私自身の偏見にはなるのですが、この本で最も重要な概念とハイエクの本音は何だったのかについて話します。

 

このチャンネルでは、詐欺や洗脳で使われる心理効果やトークスキルをすべて開示して、みなさんが世の中の搾取から身を守り人生の難易度を下げるために役立つ情報を発信しています。

 

それでは本編に入ります。「あなたが知らず知らずに奴隷になっていく過程」

 

0.著者と本の紹介(効果音とともにテロップ登場)

 

ハイエクは1899年にオーストリアのウィーンに生まれ、1992年3月23日にドイツのフライブルクで亡くなった哲学者兼経済学者です。

f:id:yutaherrmizuno:20210531213623j:plain

経済学者のイメージに


ハイエクと言いますと、大学で主に経済学や法学を学んだ人であれば「なんか聞いたことある」みたいな反応にはなるのですが、日本では一般的に知名度はそんなに高くないのかなという感じです。私は早稲田大学政治経済学部を卒業していますが、ハイエクについてはあまり詳しくは学んだことはないです。ですが、彼の学者としての領域は、経済学・法学・政治学社会学・哲学・心理学にまで及んでいてとても幅広いと言えます。私が出た早稲田大学の学部でいえば、政治経済学部・社会科学部・文学部・法学部・国際教養学部、下手したら教育学部・文化構想学部もハイエクを扱ってもおかしくないと言えます。

f:id:yutaherrmizuno:20210531114130j:plain

早大の校舎登場

慶応だったら、総合政策学部が彼を研究対象に出来るかなと思います。とにかくそれだけ色んな角度からハイエクを研究したり見ることができます。にも拘らず、彼の知名度が日本では低くて本屋さんでもなかなか見かけない、オーディブルでは1冊も彼の本を聴けないというのは何か裏があるのではと思えてくるほどです。

そんな彼の代表作がこの『隷属への道』です。何人かの訳者による翻訳が出ているくらい、ハイエクの本の代表作となっていて『隷従への道』と題名を訳している人もいます。残念ながら、彼の著作の多くが高価で絶版となっていて、そうそう簡単には入手が出来ないものとなっています。この本でさえも税抜きで1900円です。(ズーンという音がする)

この著作は第二次世界大戦真っ最中の1944年に出版されました。その6年前の1938年にナチスによる独裁から逃げるようにして、ハイエクはイギリスの市民権も獲得しており、出版当初もロンドンで教鞭を取っていました。資本主義と共産主義の対立と言いますと、第二次世界大戦の後の冷戦を思い浮かべる方が多いかと思いますが、この本が出回った当時の頃からその兆しはありました。

f:id:yutaherrmizuno:20210531190140j:plain

第2次大戦の戦争のイメージとして使う

f:id:yutaherrmizuno:20210531191943j:plain

イギリスのイメージ


そんな中で『隷従への道』はヒット、ナチス全体主義ソ連共産主義も五十歩百歩である事など歴史的な事例・当時の世間的な偏見も引き合いに出していています。そう聞くと何だか難しい内容のように思われますが、大雑把に言えば共産主義の様な統制経済の下では社会が破綻する事、その傾向は資本主義の国にも出つつある事を書いたものであり、現在にも通じる内容です。この『隷属への道』は資本主義の擁護でよく引き合いに出されます。結果的にソ連をはじめとする共産主義国家が次々と破綻していく世の中の流れもあって、ハイエクは1,974年にノーベル経済学賞の受賞もしました。本人が亡くなる1年前の1991年にはパパ・ブッシュ元大統領から勲章も貰っています。

f:id:yutaherrmizuno:20210531115327p:plain

ソ連の国旗、下に落ちていく動きを加える

 

f:id:yutaherrmizuno:20210531115717p:plain

ソ連の旗が下がった直後に登場


この本を読みたいと思われたら、概要欄から入手してください。

では、次の項目に入りたいと思います。

 

1.自由が損なわれていく

 

ニュースでこんな声を聞いた事はありませんか?

 

(モザイク君)「労働者たちの最低賃金を上げろ!コロナのせいでこんなにも我々労働者が苦しんでいるんだぞ!」

 

実際の労働組合の人たちの代表の声です。

 

これは共産主義社会主義の教祖カール・マルクスの『資本論』に書いてあったような事です。この手の人たちの言葉を借りれば、資本主義社会では合理的に金儲けをしようと資本家が労働者をこき使って安い給料で奴隷の様に働かされます。その様な苦境から自由になる為に労働者たちは団結して、資本家を倒し自らの手で自由と豊かさを手にしようではないかと言います。これが社会主義と自由が結びついて語られる瞬間です。お金があれば、多くの人が自由になれ生活に困らなくなると考えますからね。

f:id:yutaherrmizuno:20210531213003p:plain

労働組合のイメージに

 

そしてその為には、資本が特定の者達によって独占されて搾取されないよう、中央機関が全てを管理して統制し国民を全員平等に扱います。そうして人々には全く同じだけのお金が分配されていき、結果として経済的な問題も解消させるのが共産主義国家をはじめとする全体主義の方法論です。

f:id:yutaherrmizuno:20210531214846j:plain

国家政府のイメージ


ですが、ソ連を始め実際には困窮と閉塞感を生むばかりで程度の差はあれど一般国民全員が平等に貧しい状態、ごく一部の当局の特権階級のみが富を独占しました。

f:id:yutaherrmizuno:20210531214201p:plain

貧民と富豪の格差のイメージに

ですが悉くそのような国々は破綻していきました。(ここでチーンという音が鳴り、画像がグレーになる)

現在の北朝鮮も反面教師です。一つの国の中で政府が全てを計画して自由な経済活動が許されない以上、その発展にも制約が当然かかります。これでは経済が滞るばかりですし、国家の頂点たる政府が絶対視されそれに頼らざるを得ない上に、それに逆らう事は死を意味します。その一元的な計画体制では、統制による平和とそれをもたらす者が唯一無二の主権者ですから道徳もへったくれもありません。中央当局による恣意で更なる搾取が繰り広げられ、職業選択などの自由が無くなって餓死する人も続出です。本当の自由を求めて国外脱出をする人も多く出ましたね。これらは皆さんも既に学校で学んだりニュースで見たりしてご存知の方も多いかと思います。

 

ここで注意していただきたいのが、何もこのケースは先に話した共産主義国家にだけ当てはまるという事ではありません。私たちが普通に暮らしている日本にも当てはまります。日本にもマルチ商法がありますよね?あれもまさに自由を求めた結果、隷従する事になって不自由になっちゃった結果をよく表しているなと思えてきます。

 

(モザイク君)「自分のビジネスを北朝鮮と一緒にするなよ!」

 

こう言いたくなる気持ちも分かります。全てのマルチ商法が悪質と言っているわけではありませんし、マルチ撲滅と言っているわけではありません。一般的にマルチ商法の会員は、何かしらの経済的ないしは時間的な不満などにつけ込んで、労働をしなくても入ってくる権利収入を得ようなどと言って知り合いに勧誘を行いますね。多くの会社が

(モザイク君)「権利収入をモノにして自由になりましょう!その為の我々の報酬プランはこちらです!」

なんて話しますね。

f:id:yutaherrmizuno:20210531224605p:plain

マルチ商法のイメージに

そうして会員が人集めを行うと、皆で自由に楽しくやってもっと稼いで行こうという雰囲気が生まれます。悪質なグループになりますと、時にはお世話になってる人を利用してベンツのアピールをする人もいますよね。

f:id:yutaherrmizuno:20210531222834p:plain

ワイワイ楽しくやってるイメージに


しかし、それも虚飾でしかなく上の人たちの都合のいい様に働かされている奴隷の一部でしかありません。

f:id:yutaherrmizuno:20210531224243p:plain

奴隷のイメージに


上の人たちは

 

(モザイク君)「労働収入でしかない本業なんか辞めてビジネスにしっかり打ち込もうぜ!」「自己投資すればする程、自己成長もできるよ!」

 

などと言って副業で始めたはずがマルチ商法での権利収入の為に、会員は本業を辞めバイトとマルチ商法での勧誘・買い込みを延々とさせられることになり、今まで以上の貧困にあえぐ不自由な生活を強いられます。こうして上の人たちにお金が次々と集まって、その人たちが作った仕組みの下、上の人がまずそのお金の多くを取り、下の会員におこぼれ程度のお金が分配されます。

これではお金が無くなって借金が膨らむ一方ですし、人間的にも乱れていき破綻していきます。セミナーでも上のタイトルの人たちは、外の世界が見えない様に洗脳していきます。そうすると余計にのめり込んでしまい、最早霊獣に成り下がります。そうして散々搾り取られた挙句辞めていく事になり、その人の人生が終わります。この事は以前の動画も参照にしてください。

youtu.be

(この動画のリンク入りサムネイルが登場)

こうして、マルチ商法では僅かな上の人が儲かる一方、それ以外は等しく貧しいという状況が生まれます。

 

 『隷従への道』に書かれている事が日本に住む日本人にとっても他人事ではないのを理解していただければと思います。

 

次に行きます。「あなたが知らず知らずに奴隷になっていく過程」

 

2.次元の低い1つの目標を掲げる

 

先ほどはマルチ商法を例に、「あなたが知らず知らずのに奴隷になっていく過程」について述べました。そうすると、一部の人はこう反論するかもしれません。

 

(モザイク君)「変なマルチ商法とかのビジネスなんか全然やらないし、そういうのに引っかからないようにすれば良いって事でしょ?」(少々高い男の声)

 

いや、そんな事はありません。1番目の項目では労働組合の人たちの声を取り上げましたが、これは何もマルチ商法をやっていない人にも当てはまります。現在では、このような人たちの声は若者をはじめとする日本社会の貧困層の現状を物語っていますし、今のコロナ禍での不景気の時代これは多くの人にとって他人事ではありません。

f:id:yutaherrmizuno:20210603190810p:plain

貧困者の例

それから、日本国憲法の第25条には「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」とありますので、これを理由にも挙げて日本人の貧困は深刻で社会的な大問題だと言う事も出来ます。頭の悪い人を賢くする事もせずに、どんなに頭の悪い人であっても心に響くような事を主張するようになります。それを盾にして、多くの人にいくらでも訴えかける事が出来てしまう状態がもっとやばいと言えませんか?こんな感じにです。

 

(モザイク君)「日本国憲法でいう最低限度の生活すなわち皆さんが快適に生きていける社会を保障するために、私は立ち上がります!」

 

日本国民の健康で文化的な最低限度の生活の為であれば、どんな事も国がやりかねないですし、そうやって立候補して政治家をやり、その目標の為であればどんな洗脳でもやりかねないという事になります。薬と称して毒を盛る真似やコソコソと裏で変な意図を企むことだって可能です。

f:id:yutaherrmizuno:20210603191258p:plain

 

消費税を一つ上げても

 

(モザイク君)「これからは少子高齢社会です。それに備えて社会福祉に力を入れる為に消費税を導入します。」(政治家風の低めの声で)

 

何て言って制度化されて一般国民の経済にちょっとした統制を加えていたようないなかったような・・・。

 

兎に角、老若男女に誰でも心に響くような事を挙げて、それを理由にして多くの人に洗脳を仕掛けていき、国による政治運営という名の統制と計画化が始まっていきます。

 

以前、私は国が仕掛けている洗脳について動画を出していますので、そちらも参照にしていただけると幸いです。

 

youtu.be

youtu.be

 

次に行きます。「あなたが知らず知らずに奴隷になっていく過程」

 

3.統制のなりゆき

 

前の項目で述べたような国家・国民全体の為の政治と運営が行われていくとどうなっていくでしょうか。

確かに東日本大震災のような大きな非常事態の時には、統制がなされて自由な経済活動が出来なくなるのは止むを得ません。その緊急事態そのものを対処するだけでなく、元の平常な状態に戻すためには贅沢などの消費も確かに我慢しなくてはなりませんよね。

f:id:yutaherrmizuno:20210605104058j:plain

震災のイメージ

ですが、そのような緊急事態の前の平常な生活にする為の策を講じずに、ずっと統制をかけるのはありえません。これでは人々に負担がかかる一方ですし、上の人たちはそこからお金を巻き上げて得をする一方で貧困層と富裕層の格差が拡大していきます。先ほどのマルチ商法の例で言われていたような事が社会全体にまで及んでしまいます。しかも、ハイエクは当時のイギリス人に対して「現代人は政府が全ての物事の処理を行う事に対して慣れきってしまっている。」と述べていましたが、今の日本人もマスメディアによる洗脳や戦後の戦争のない平和な国勢も相まって自分たちで考えない人が多くなってしまっています。

 

(モザイク君)「いやいや、ツイッターとかのネットの書き込みを見りゃちゃんと日本人は自分たちで考えてるよ。」

 

絶対にそうでしょうかね?明治大学の国際日本学部のとある研究室によれば、日本の選挙の投票率が2021年3月の地点で約52.7%、全世界で147位と低い数値として出ています。他の詳しいデータいにいては概要欄にそのURLも載せましたので、ご覧ください。

 

www.dataranking.com

f:id:yutaherrmizuno:20210603211301p:plain

投票のイメージに。低い数値が出たらモノクロにする。チーンというお通夜の音

もし本当に日本人が自分たちの社会のことを本当に考えているのであれば、この数値はもっと高くなっているはずですし、もっと沢山の人が政治運動に参加したりして、何かしらの行動を起こすはずです。よって現代の日本人も自分たちではあまり考えずに、色んな事を国に任せっきりにしていると言えるのではないでしょうか。これでは、お金も含めてあらゆるモノや情報が一極集中していく一方です。そうやって余計に国を動かす上の人たちは自分たちの既得権益をむさぼりますし、自分たちに都合の良い法案やら政策やらが可決され、無制限な権力を行使します。これでは余計に洗脳が仕掛けられてあれやこれやの理由をつけて人々は搾取されて続け、統制する側の既得権益は大きくなり、統制される側は統制する側に自分の命運を任せる事しかできず、不自由な中で苦しむことになります。

 

今回のまとめをします。

 

今回はハイエクの『隷従への道』を基に「あなたが知らず知らずに奴隷になっていく過程」を3つ紹介しました。

 

「0.著者紹介」

 

ハイエクオーストリア出身で後にイギリスの市民権を得た学者です。彼は共産主義を初めとする統制経済を批判しました。その功績もあって冷戦下でノーベル賞を受賞、本人の主張したとおりに共産主義の国々が次々と崩壊していきました。

 

「1.自由が損なわれていく」

 

貧困という社会問題の解決を理由に、国家による国民の経済を統制すると一般国民が平等に貧困となり、搾取されます。それは資本主義社会も例外ではなく、その例としてマルチ商法が挙げられます。

 

「2.次元の低い1つの目標を掲げる」

 

誰にでも分かるようなレベルの低い事を目標に掲げて人々の心をつかんだら、そこから意図的な洗脳が始まり、統制が始まります。

 

「3.統制の成り行き」

 

国による社会全体の計画化が進むと、富裕層と貧困層の二極化が進み前者が自分たちの権力を良い事に後者を一方的に搾取して利益をむさぼります。

 

この本は資本主義社会と呼ばれる日本にも当てはまる事が書かれていますので、ぜひ概要欄のリンクからチェックして見て下さい。

 

このチャンネルでは、詐欺や洗脳で使われる心理効果やトークスキルをすべて開示して、みなさんが世の中の搾取から身を守り人生の難易度を下げるために役立つ情報を発信しています。

 

概要欄にはお勧めの動画やツイッター・Voicy・Kindleなども載せていますので、是非チェックして見て下さい。

 

お仕事の依頼はブログの問い合わせフォームからお受けしています。

 

ここまででちょっとでも興味を持っていただいた方は、高評価・チャンネル登録で応援していただけると大変励みになります。もし良ければ、この後に進む前に高評価やチャンネル登録のボタンを押してから進んで頂けると、とても嬉しいです。いつも応援していただいてる皆さん、本当にありがとうございます。

 

それでは特典パートに入っていきたいと思います。

 

今回は『隷従への道』の中から、皆さんが隷従に陥らないために重要な概念と教訓を紹介していきます。

 

それが「法の支配」です。

 

ここでいう法とは労働基準法のような法律ではありません。ハイエクは伝統や道徳・慣習に基づいた古典的な自由を重んじた学者で、その様な昔ながらの習わしを法と呼びそれによる支配を「法の支配」と呼びました。日本でいえば、皇室や神社といった伝統が正にそれです。その他にも国ごとに気候も違えば文化や生活習慣も違います。それらを尊重した上で各国やそこに住む人々の権利を侵害しないように調整をしなくてはなりません。ハイエクはそういった事を実現させる国際組織として、連邦制を挙げていました。

 

(モザイク君)「あれ?国際連合は?」

 

現在の国際連合を見ますと、ハイエクの理想からは程遠いかな?と思います。何故なら、戦後になっても世界各国での紛争は未だに発生していて、多くの貧困が根本的に解決できていないと私は考えています。

 

逆にハイエクは人間の理性への過信を忌み嫌いました。先ほどの「法の支配」を無視して合理的に物事を考えるのは合理主義であり、全体主義の国家による行き過ぎた統制に繋がる事になります。日本の学校教育においては「法の支配」と「法律」の違いをちゃんと教えていないと見受けられます。

 

それから、「法の支配」を重んじる事からハイエクは「自由放任主義」に対しても批判的でした。考えてみればその通りです。例えば現代の日本では労働基準法を無視した長時間労働が社会問題となっていますし、大企業が安い給料で従業員や中小企業をこき使うことは倫理的にも法律的にも許されていません。そのような問題について、ハイエクは人々の道徳や自由・健全な経済とその競争を維持する為にだけ政府は法律的な制度の整備を行うべきであると唱えています。

 

最後に私の見解を述べます。ハイエク自身は合理主義に対して批判的だった関係上、資本主義に対しては手放しに肯定したという訳では無かった感じです。資本主義なんて合理的に稼ぐ事が絶対的な善と見做されますから、その経済に対しては多少批判したかったのがハイエクの本音でしょう。資本主義も共産主義も合理主義経済である事には変わりが無い、とハイエクは心のどこかで思っていたのかもしれません。

 

今回のお話はこれで以上です。ここまでご視聴いただきありがとうございました。

 

それではまた次回の動画か、KindleツイッターかVoicyでお会いしましょう。

 

本編終了

 

所々で論理が飛躍したり、文面の精度が悪かったりと至らないところがあります。ご了承ください。

 

以上でこの記事を締め括ります。

 

何かありましたら、こちらの相談フォームからお願いします。

ws.formzu.net

最新版 NO-VAのクーリングオフ(返金方法)

NO-VAの被害は未だに後を絶たないため、クーリングオフすなわち返金に特化した記事を作成したいと思います。
 
入会金の振り込みを指定の銀行口座にしてから、長くて1週間経過した人達が、退会+返金希望となるかと思います。消費者センター・警察への相談をすると時間が掛かってしまい、返金期間外になるので返金作業を優先させましょう。特に複数の名義でアカウントを登録して振り込みをした人はそうです。
 
基本的に問い合わせを先にして、手続きに入ってます。
 
先に伝えておきますが、NO-VAの返金期間は承認日から2週間です。未承認でもクーリングオフは可能です。
承認済みのアカウントの場合は、その日を1日目として起算して14日が返金可能な期間となります。2021年6月1日に承認された人は、2021年6月14日までがクーリングオフ可能です。これを過ぎてしまうと、現状では弁護士を利用しても返金は不可能です。
 
NO-VAの個人アカウントを開いて、どの項目から返金の手続きをすればいいのか教わっていない方もいらっしゃると思います。その画面に関しては、相原さんが解説しています。不安な方はこの動画をご覧になりながら、返金の手続きを進めてはいかがでしょうか。

youtu.be

 1.基本事項

 

クーリングオフ期間な為、返金を求めて辞めますとサポート側には伝えましょう。人にもよりますが、あれやこれやで会員の返金期間が過ぎるように会社もやり取りをしています。根気よく連絡を入れて返金に応じないなら消費者センターにやり取りの証拠を提出する等と圧力をかけて連絡を入れてください。

 

それから、返金前に退会すると退会処理中の旨の画面が出て、そこに出てくるメルアド経由でサポートとやり取りをする事になります。返金後に NO-VAの退会処理は行いましょう。

 NO-VAの公式サイトにはクーリングオフの申請を出してから2週間以内に返金されます。

 

f:id:yutaherrmizuno:20191008005057p:plain

 

その返金がなされなければ再度、返金用の口座が間違っている可能性もある為、NO-VAのサポートにも問い合わせです。

 

上の動画にもある通り、NO-VAの個人アカウントから退会をする前に必ず、アカウント情報に記載されている銀行口座に、自分の銀行口座を登録するようにしましょう。この登録が終わったら、下の方に退会のボタンがあるので、それを押してください。それから、サイト側の指示に従って退会の手続きを行いましょう。

 

退会の手続きをすると、しばらくして自分のアカウントにログインできなくなります。無用な手違いで返金不可にならぬよう、銀行口座登録をまずは行ってから退会処理を行ってください。

 

誤って銀行口座の登録を行う前に退会処理を行ってしまった場合には、NO-VAのサポートにクーリングオフの旨と返金用の銀行口座を教える事になります。

 

NO-VAの退会手続きを行った状態で、その個人アカウントにログインしようとして自分のログイン名とパスワードを入力すると、そこにもNO-VAのサポートのメルアドが出ます。それ経由でのやり取りとなります。

 

2.複数アカウント購入者

 

2-1.姓が同じ家族のケース

 
問い合わせメール+戸籍謄本(全部事項記載)+銀行口座(JPY)登録者の顔つき身分証
 
複数アカウントの購入とその強要もNO-VAの常套手段となっています。参入者とは別名義でアカウントを確保して支払いを行った場合、自分と家族関係・親族関係にある証拠を提出した上で、クーリングオフをしなくてはなりません。例えば、自分の親名義でアカウントを作って高い入会金を出してから、クーリングオフをして自分の銀行口座にまとめてお金を返してもらうとします。そうしたいのであれば、自身と親が家族関係にある書類、具体的には戸籍謄本や住民票などを出さなくてはなりません。そうしないと、「銀行口座とNO-VAのアカウントの名義が一致しません。」となって返金されません。そのような書類の提出が出来ないのであれば、親の名義の銀行口座に振り込んでもらう事になります。すなわち、名義を一致させたうえでの返金が行われます。

 

2-2.姓(苗字)の違う家族を登録した場合
 
問い合わせメール+NO-VA登録者本人(家族)の、銀行口座(JPY)入力

 

両親離婚で片親の苗字が違っている場合は、自分の口座に返金がなされません。例えば、会員本人と実の母親の苗字が異なる場合は、その母親の名義の銀行口座をNO-VAのサポートに伝えなくてはなりません。

 

なお、消費者センターの人が電話しても、親の分は99%返金不可能です。

 
3.入金したが未反映(standard)
 
3-1.会員本人の名義
 
問い合わせメール+銀行口座(JPY)+本人の身分証
 
NO-VAのサポートに問い合わせ、自分の返金用の銀行口座を教えます。
本人確認書類は免許証のような顔つきでも良いですし、顔つきではないものでも構いません。
保険証や、スーパーのポイントカード、クレジットカードでも可能です。
 
3.-2.会員の家族の名義
 
問い合わせメール+銀行口座(JPY)+銀行口座登録者の身分証+戸籍謄本(全ての事項記載)
 
家族名義のアカウントでまだ未承認の場合です。会員本人の名義に返金してほしい場合は、自分の銀行口座だけでなく自分の身分証・戸籍謄本をNO-VAに提出しなくてはなりません。即ち家族関係を相手に証明しなくてはなりませんし、その為にも全ての事項を伝えなくてはなりません。
 
それができなければ、家族名義の銀行口座・家族の身分証を用意してサポートに送る事になります。
 
 
4.本人が退会ボタンを先に押した場合
 
事情説明+銀行口座+身分証(本人なら保険証でも大丈夫)
 
上の動画で説明されたような返金手続きを行う前に、退会処理を行ってしまった人の為の対処法です。NO-VAのサポートのメルアドに、クーリングオフをしたかったが間違えて先に退会してしまった事を伝えます。それから、自分の銀行口座と身分証の情報も添付します。
 
 
5.振込の際、7桁の数字の未入力ケース
問い合わせメール+本人身分証+銀行口座(JPY)
 
NO-VAのサポートにクーリングオフの適用とNOVAコードの入力漏れを伝えてください。それと同時に、自分の身分証・銀行口座の情報も相手に送りましょう。
これが家族の場合は、「2.複数アカウント購入者」「3.入金したが未反映(standard)]
の「3-2.会員の家族の名義」も参照になさってください。
 
 
因みに、退会処理及びクーリングオフをすると以下の様なメールが届き、サイトの表示がなされます。

 

f:id:yutaherrmizuno:20200529210121j:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20200529210137j:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20200529210201j:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20200529210217j:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20200529210232j:plain

 いずれも自分のお金に大きく関係する事ですので、しっかりと保存なさってください。

 

無事、返金の手続きが終わった後は以下を参照にして消費者センターや警察などにも通報を入れましょう。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

NO-VAの違法性についてはこれらをご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

相原さんに関しては、過去の記事で取り上げました。

antinova.hatenablog.jp

 

以上で返金方法の記事は締め括ります。

 

何かありましたら、相談フォームにまでお願いします。

 

NO-VA被害者を救います18 Dr.ヒロさんの動画を視聴しましょう ネットワークビジネスの現実を見る4 近況報告も

f:id:yutaherrmizuno:20201223213010j:plain

NO-VAに参入して不安な人・被害に遭ってお金を失った人やクーリングオフ後も現状に何かしらの不満・悩みを持っている人は未だにいるかと思います。その前身や他のマルチ商法を経験した人も然りです。そこで私は、その様な人たちの助けに少しでもなる様に記事をこれからも作成します。

 

今回はドクターヒロさんの動画を取り上げます。この方については過去の記事で取り上げています。

 

antinova.hatenablog.jp

 この頃、ヒロさんはマルチ商法のネタで更新が無いなと思っていましたが、ようやくそのネタの動画をアップしていました。

youtu.be

今回は、本人が稼げたものの辞めていった理由について語っています。その理由をランキング形式で5つ挙げていました。

 

5位は収入の限界が見えた事です。マルチ商法では自分の下に組織を作って育成すれば、どんどんそれが拡大してそれに伴い自分の収入も増加すると教わります。しかし、その人たちが安定的に会社のためにお金を使うとは限りませんし、稼げずに辞めて行ったりする場合も多いため、そうそう稼げるものではありません。よほどの者でないと人を惹きつけられない上に、組織は作れませんからね。ましてその額を継続的に稼ぐこともその額を超えて収入を上げる事も困難な世界です。それと、マルチ商法においては批判の逆風だけでなく、ニセモノも競合他社もびっくりする位に多くて会社も人も参入しては消えてを繰り返します。これでは収入に限界が見えるのも無理はありません。このネットワークビジネスの現実については、別の記事にも載せてます。

 

antinova.hatenablog.jp

NO-VAに関してもそれは同様ですし、オンラインカジノ業界にはベラジョンをはじめ競合他社で名声を勝ち得てる所もありますし、副業で何かをするにあたってもホームページ作成などの仕事もあるため、井上さんたちのようなプロデューサーになってガッツリ稼ごうというのは尚更無理があります。いい感じで月収を上げてもすぐに下がってしまう可能性も非常に高いです。この人物については以下の記事をご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

4位には出費が多いという事が挙げられます。NO-VAが特にそうですが、お金持ちアピールにハイブランドの購入をしては、色々な所を回ってしかも交通費は自費で講演をする破目になります。アムウェイのようなよくあるネットワークビジネスだと売り上げ達成とタイトルの維持を目的に商品の買いこみをすることになりますし、もっとまともな所でも本当に稼ぐとなるとそれなりの出費を毎月しなくてはなりません。NO-VAの場合、商材たるカジノサイトで遊んでアクティブ条件を満たさなければ、目的の月収は得られません。更に、タイトルを早く達成する為に、倍速の方法と称して家族名義で複数のアカウントを作らされます。その数に応じて高い入会金を支払うことになるのです。アクティブ条件についてはこの記事を参照です。

 

antinova.hatenablog.jp

無駄に出費の多そうな会員たちについてはこちらから。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

倍速の方法の実情はこちらも参照になさってください。

 

antinova.hatenablog.jp

 家族名義で支払いをやってしまった人のクーリングオフについてはこちらから。

 

antinova.hatenablog.jp

 

3位には学べる事が無くなった事を挙げています。確かに私もFLMに出会った事がきっかけで自分で気づけた事や新しい世界を学べた事はあります。結果的に自分の心の在り方や考え方が変わっていくきっかけにもなりました。自分が世話になった上の人も、あのお陰で鍛えられたと言っています。ですが、在籍していて同じ事を延々と繰り返して学んだり、セミナーで聴かされるだけで普通に教えられるようにその内容を定着させたとしてもそれ以降はもう成長しないかなと薄々思えてきました。それに、何回も聴いてるからもう良いかな、後は繰り返し言われたことを実践していくだけかなという気持ちになる事があったのもよく覚えています。その上、外からの情報を遮断せんばかりに洗脳を行って勧誘活動を延々とするわけですから、もう学ぶことはなくなって飽き飽きするのは当然です。この実情については別のページにも載せました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

2位には仲間が居なくなった事を挙げています。ビジネスを始めたばかりであれば、同期や先輩、後輩ができて楽しくワイワイできます。その様子を会員たちは自分のSNSに載せることもあります。その事は別の記事にも挙げました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

ですが、先輩会員が別のビジネスを始めたり、新しい会員が入ってもすぐに消えてしまうという事態が日常茶飯事です。私自身もそれらは目にしていて、1年もすれば会員がガラリと変わってしまいます。そのせいで拠点のオフィスには行きづらいなんて言う人もいましたし、NO-VAに変わってはじめて大久保のオフィスに行った時には全然知らない人ばかりでした。これでは、自分の派閥にたくさん仲間が居て自分下に部下が沢山いるにも拘わらず、孤独を感じるのは当然ですし、辞めたくもなります。

 

1位には洗脳が解けた事を挙げました。洗脳は他の人や組織に何か吹き込まれてから自分で自分を洗脳するとヒロさんは言っていましたが、私もFLMや他の場面でそれを経験しました。私のアップの場合は、ビジネスとは別の友達がきっかけでFLMの外の実情を見た結果、洗脳が解けて目が覚めた模様です。それから私をはじめグループの人たちに同じ事を施そうとしていました。お陰で私も半ば洗脳された状態から目が覚めました。外部からの情報を遮断して入れて公平な判断ができないように散々されてから、ふとした機会に洗脳が解けるという訳です。

この時に聴かされた事については、私も記事にしています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

ちなみに、某ディレクターは読書に関して質問に答えてましたね。f:id:yutaherrmizuno:20210524213329j:plain

f:id:yutaherrmizuno:20210524213433j:plain

この二つの画面を通して伝わる事は何かと言いますと、下の会員たちには上の人の指定する情報しか教えないという姿勢です。私がFLMにいた頃、ブックメーカーMLMの実態と真新しいことばかりを目にしてきました。それがきっかけで新たなYouTubeの動画を視聴、『金持ち父さん 貧乏父さん』の要約を聴き、本田健さんの本を買って読むこともありました。その一方、それは成功をする上で参考にすべきものであると上の人が教えているだけで、他にも自分から好奇心を持って様々な外の情報に触れて見識を広める事までは促していなかったのを思い出しました。「成功したければ読書より現場」という発言は、確かに一理ありますし信者からすれば立派な名言のように聞こえます。しかし、これは上の人の言う通りにして現場をこなし、勧誘を続けて収入になるよう会員を動かすための謳い文句にもなっています。『人を動かす』という著書を読んだ事のある本に挙げている事からも、その意図が伝わります。そうすると家族や友人といった繋がりや外部の情報が遮断されてしまい、洗脳の罠にはまります。

 

なお、デール・カーネギーの『道は開ける』に関してはこのブログでたびたび取り上げています。最初の記事を参照にして購入なさると良いですよ。

 

antinova.hatenablog.jp

 近況報告

 

以下の最近の報告に関わる事を載せます。

antinova.hatenablog.jp

 

先のホームページ発表会では入選ならずでした。原因としては内容を詰め込み過ぎた事、アニメーションを多用しすぎた事、ちょっとしたルール違反を犯してしまった事があると考えています。応援してくださった方々には感謝しています。持ち越しとなったサイトが本格的な審査に入ったら、またお知らせします。今後ともよろしくお願いします。

 

以上で今回の記事を締め括ります。何かありましたら相談フォームにまでお願いします。

ws.formzu.net

祝 5月3日にアクセス数が10万超えました&NO-VA糾弾の勇士を取り上げます4 元お笑い志望の現役会員の寒いギャグと突撃 

f:id:yutaherrmizuno:20210506161505p:plain

令和3年(2021年)5月3日でもって総アクセス数が10万を超えました。多くの人に自分の記事を読んで頂けていて、お役に立てている事には感激ですし、感謝しております。自分でブログを読み返すためのアクセスもこの数値には含まれていますが、それは私自身が読み返したくなる位に読み応えのある記事が含まれている為で、見直して改善したくなる程でもあると自負しています。それから、お陰様でブログの記事が90本を超える結果となりました。今後ともよろしくお願いします。

 

よりにもよって5月3日という憲法記念日に10万アクセス記念日になるとは私にとっては非常に皮肉な事です。何せ私は帝国憲法こそが明治から現在に至るまで今なお有効な憲法であり、日本国憲法憲法としては無効で講和条約的な緊急法でしかないという考えである為です。ここでは敢えて日本国憲法の正当性と帝国憲法の正統性については述べません。ゆくゆくはその事についても掘り下げます。

 

さて、こうして再び10万アクセスが来た事を振り返ると、NO-VAは本当にしぶといと辟易します。未だにマッチングアプリやインスタグラム、TikTokでの勧誘が続いていますからね。

 

振り返りの記事はこちらから。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 勧誘の実態はこちらをご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

しかも、NO-VAを糾弾する動画はその現役会員が一々通報して運営側に削除させ、そのせいで相原さんたちの動画がアカウントごと停止される事態となりました。都合の悪い事実は悉くもみ消すあたり、悪に染まった連中はどこにでもいて同じ様な傾向を有しているものだと呆れるばかりです。試しに皆さんもNO-VAの現役会員たちのインスタのストーリーを転載してTikTokでそれを糾弾なり皮肉ったりしてみて下さい。すると、直ぐに削除されます。相原さんたちについてはこちらをご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

今年のゴールデンウィークにもNO-VAネタで相原さんと新宿109さんがYouTubeで動画の更新をしていました。まずは相原さんの方から。相原さんはここ最近、TikTokでヒットした動画をYouTubeに載せています。NO-VAのおかしさやいかがわしさをYouTubeでも糾弾しているわけです。まずは元お笑い志望のNO-VAの現役チーフから。

youtu.be

この人物はNO-VAの人物紹介の記事でも名前だけは載せてます。こちらですね。

 上の動画の座席の最前列には井上岳さんの後ろ姿も出ています。この人も以下の記事で詳しく紹介しています。

antinova.hatenablog.jp

 この動画はTikTokでは再生回数の多さと言い、コメントの多さと言い衝撃的でしたし、見ている人たちの多くがNO-VAを批判的に見ていて、そこがいかに狂った環境であったかを思い知らされたのはよく覚えています。改めてアカウント停止が悔やまれます。ですが、YouTubeという媒体でもそれらは十二分に伝わるかと思います。この程度でお笑い志望だったのかと思うと、白けてきますし逆に笑えます。再生回数がTikTokで多くなるのもある意味納得です(笑)。一番前で見ていた井上さんは動きからして無表情の様でしたが、心の中では面白くない痛い奴と思っているのかもしれません。

一発ギャグ集の後にはチーフ同士での語り合いの場で白川あさとが話をしている場面も見られます。チーフ(旧シルバー)でもこの程度では、私もチーフ(旧シルバー)以上になったところで大した人物にはなれず恥をかくなどして痛い目に遭っていただろうなと感じましたね。内容もそんなに面白くないです。それに加えて、白川を祝う誕生パーティの模様も収録されていました。クラブやサークルの様な学生ノリの楽しさでハメていくという実態もこの動画から分かると思います。その起源のクラブイッツについてはこちらからご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

それから、人が既に溢れかえっていて競争が激しい業界、生活費を稼げる確率が1割程度かそれ以下の業界は避けるよう『道は開ける』では述べられていました。単なる自分の熱意と志向だけで痛い目に遭ってしまった人たちにも言及されていて、現在のネットワークビジネス業界や芸能界、オンラインカジノ業界にも当てはまるとも感じますね。何せ人も企業も飽和状態ですからね。この著作については以前、こちらで取り上げました。

 

antinova.hatenablog.jp

ネットワークビジネス業界の厳しい現実についてはこちらを参照です。

antinova.hatenablog.jp

 オンラインカジノ業界の疑問についてはこちらで取り上げています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 上の動画のあさとさんも、本人のお笑い適性の無さもあって一発ギャグの連発も空回りばかりで終わっています。私の大学にもかつてお笑いサークルがありましたが、そこの元部員が見てもこれでは大学のお笑い系の催しでも見事にウケないと酷評されるでしょう(笑)。下手なお笑いの学生以下の実力です。生まれ変わってもこういうNO-VAのようなマルチ商法の会員はやりたいのか、自分の子供にもそれを勧められるのか、本当に楽しそうに助言をするのか現役会員たちの表情や声色に注目してみて下さい。

 

続いて今度は新宿109さんの動画の紹介をします。再び相原さんと一緒に突撃をしています。前回と同じ場所に行っています。以前の突撃はこちらから。

antinova.hatenablog.jp

 最近の突撃はこちらです。

youtu.be

youtu.be

 

傍からいれば単なる嫌がらせにしか見えないかもしれません。ですがこうして皮肉を呈する事で、NO-VAに入会して活動すると痛い目に遭って恥をかく事を示すには良い行動であると思いました。個人的にはより大胆に突撃して実地でのセミナー会場を搔き乱してほしいものです。東京都でしたら、23区内特に新宿区とそこから比較的近い会場でセミナーを今もやっているかと思います。秋葉原や新橋・新宿・四谷でその手の講演会に参加したのが懐かしいです。

 

以上で今回の記事を締め括ります。何かありましたら相談フォームにまでお願いします。

ws.formzu.net

 

NO-VA被害者を救います17 Dr.ヒロさんの動画を視聴しましょう 悩みとそれに関する注意 神さまとのおしゃべりから

f:id:yutaherrmizuno:20201223213010j:plain

NO-VAに入会するにあたっては、入ろうか止めておこうか迷った人も多いと思います。私も説明会を聴いている最中やクーリングオフ期間にそのような気持ちになりました。以前の記事においても悩みに関するものを取り上げた事もありました。

 

antinova.hatenablog.jp

 ですが、悩む事につけ込んでクロージングをして高い入会金を払わせるという手口を取ってるのがNO-VAです。これは特商法にも違反しています。

クロージングの様子は新宿109さんが動画のネタにしています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 さて、今回は別の視点から悩みについて記事にしていきます、ドクターヒロさんの動画を元に作成します。

youtu.be

この動画では「神さまとのおしゃべり」という本の内容について話されています。

 

今回注目する点は、悩み何てどうでもいいという事です。某ディレクターも悩みに関してこんな更新をしていました笑f:id:yutaherrmizuno:20210429224314p:plain

 確かに一理あると思いますが、自分たちの私利私欲の為に動くようにする手段であることには注意です。

 

さて、『神さまとのおしゃべり』に話を戻しますと、何かと何かで悩んでいる時というのは、実はどっちでも良いという事を意味しています。この著作にも昼食にはラーメンが良いかカレーが良いか迷っている地点で実はどっちでも良いという事が述べられています。言われてみれば納得ですし、私自身も何を買おうかと迷っていた時を振り返ると、確かに買っても買わなくても良いや、どれでも良いやと無意識であれ意識的であれ思えていたなと思います。ヒロさんの場合は、何かしらの基準を決めた上で飲食店のものを購入すると話していましたし、迷っている時間やその時のエネルギーの浪費はもったいないなと思いました。

ですが、ここに私は罠もあると思っています。どちらに選択しようか悩んでいる事は、どっちでも良いという事の裏返しである事を逆手に取って、現役の会員たちがNO-VAへの参入を促しかねないという事です。チーフやディレクターたちが「神さまとのおしゃべり」を読んだり、ドクターヒロさんの上記の動画を見て、そこで述べられた事を利用して、ぼったくりをやりかねないのです。私が現役だった時も、1割が即決、1割が即拒否、8割が参入しようかどうか迷うとかつてお世話になった方から教わりましたし、各種ビジネスセミナーでも言われました。この手のセミナーについては以前記事にしています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 迷っている人へのクロージングとしては、「今がチャンスだから早く入ると決めないと」「こうして迷っていても何も変わらないよ」などと言ってくるのです。上記の動画で言われていた事、すなわち「どちらかの選択肢で迷っている事はどちらでも良いという事の裏返し」である点を会員たちは無意識の内に突いていると思いました。それなら無理矢理にでも参入させて払わせて自分たちの利益にしてしまおうと言わんばかりにです。

そのような状況下で心ある新規の人達はふと我に帰って、NO-VAの事を調べる事になります。すると、NO-VAが如何に悪徳であるかを知る事になります。一方の現役会員たちはネットを調べるな、ネットで非常に叩かれているのは我々NO-VAが非常に好調である為だ等と言って誤魔化してきます。ですが、NO-VAに残ろうかどうか悩んでいる人向けに、改めてNO-VAはダメという事を復習も兼ねてここでまとめます。

 

Q1.NO-VAは稼げるのか?

 

99.9%の確率で稼げません。そもそもマルチ商法自体、稼げる者はごく僅かです。NO-VAが稼げない証拠を示す記事はここに例示します。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

本当に稼げているかどうかを正直に答えさせて問い詰める為の質問集はこちらです。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

 Q2.退会とクーリングオフのやり方は?

 

こちらの記事を参照になさってください。

 

antinova.hatenablog.jp

私が現役の時も、クーリングオフの事は教える一方でそのやり方を会員が確か教えてなかったです。真っ当な所では、そのやり方も分かり易く教えていますし、その点を紙媒体の概要書面で強調しています。これを読んでも理解できなかった場合は、相談フォームからご案内します。

 

Q3.NO-VAを辞めてこのブログでNO-VAを糾弾している理由は?

 

FLMがNO-VAに移行してカジノサイトも全く新しいものにすると聞いて、この業者は自分たちの商材で世の中に貢献する気はないのか!?ただのぼったくりだろと怒りを覚えたためです。この気持ちに関しては最初期の記事を参照です。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 Q4.NO-VAは違法ですか?

 

違法です。特商法景品表示法・賭博罪・詐欺罪と刑事事件になりかねない法律違反です。こちらの記事を参照です。Facebookなどの宣伝媒体では、その誇大広告が見受けられますからね。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 NO-VAが特商法に違反していると声高に唱える勇士もこの記事でまた紹介します。

 

antinova.hatenablog.jp

 

以上で今回の記事を締め括ります。

 

何かありましたら、相談フォームにまでお願いします。

 

ws.formzu.net

牧裕晃にまつわるビジネスについて調べました リンクスライズリミテッド 自分の近況報告も

f:id:yutaherrmizuno:20191009205422p:plain

 

インスタグラムやTiktokマッチングアプリを見れば、NO-VAとその会員は未だに活動している事が分かります。その中には逮捕された人も出ています。その者については以前取り上げました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

この牧裕晃は、平成30年(2018年)に逮捕されたのですが、奴の経歴を調べると色々なネットワークビジネスや投資に携わっているという情報が出ました。あくまでもそれは2ちゃんねる掲示板からの出典ですが、数々のビジネスを渡り歩いてお金を詐取していたのか?と呆れてモノが言えなくなります。犯罪者の中でも凶悪性が高い部類です。中には特商法に基づいて真っ当にやろうとしている業者もありますが。

 

特に驚いたのが、リンクスライズリミテッドの代表者をやっていたという事ですね。


Twitterの書き込みにもありました。

f:id:yutaherrmizuno:20210429225528j:plain

f:id:yutaherrmizuno:20210429225553j:plain

f:id:yutaherrmizuno:20210429225623j:plain

これは後のリンクスライズ→トレードプラスへと名称を変えて詐欺を行う投資系のマルチ商法の業者です。相原さんがその業者の被害に遭い、それを機にTikTokを一時期賑わせた記憶も新しいですね。彼については以前の記事でも取り上げたので、そちらを参照になさってください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

相原さん本人もトレードプラスとは、どのような業者であるかについて動画にしています。

youtu.be

ここで、現在のトレードプラスはどのような投資の商材でビジネスを行っているのかを述べます。私自身、その業者についてはあまり詳しくないため、拙い説明になってしまうのはご容赦ください。トレードプラスはバイナリーの信号を商品として扱っているそうです。バイナリーとは為替取引(FX)の一種で、円や米国ドルなど2つの通貨の組み合わせを選んで、その為替の指標が目標の価格より上か下かを予想)、そのペアの通貨を購入してお金を稼ぐ手法です。例えば、日本円とユーロの組み合わせを買い、その為替指標を130円に設定した後その額よりも下回ると予想、それが的中したら自分の利益になります。外れたら勿論損します。

トレードプラスはその様な予想を自動で行ってくれるシグナル、すなわち信号となる為替情報を教えてくれる業者です。しかしながら、そのような投資で稼いでいく上では、会費を支払わなくてはならず入会金として40万円のコースか20万円のコースかを選んでアカウントの開設をする事になります。2つのコースに高い入会金と賭博系マルチのNO-VAと同じ様な事をしています。しかもトレードプラスも勧誘活動ばかり会員はさせられているではありませんか。トレードプラスについて調べても短期間で2回も業者名を変える所が怪しい、その前身のリンクスライズでも被害の声が相次いでいる事、この投資や配信シグナルのお陰で稼げて助かったという声は全然聞きません。それから、その手の投資系の事業をやるのであれば責任者が投資助言業の資格を持っていなくてはなりません。名目上は海外の業者で、しかもその資格を有していると証明する日本在住の者が全然いないあたり、我が国の法律で裁かれぬよう脱法行為を行っているとしか言いようが無いです。NO-VAと同類です。

更に、トレードプラスの現役会員のインスタもNO-VAの会員と傾向が似ていて、自由に過ごして稼げているように見せつけるという手法を取っていると聞きます。その投資詐欺の元々の代表が今のNO-VAの歴代会員な為、似たような所も出て来るのは当然なのかもしれません。しかも、その運営側のメルアドの@より前はsupportとなっているそうです。ただ、NO-VA以上にトレードプラスの方が凶悪性は高いようで、現在では自分たちの業者名を勧誘の時には明かさないどころか、投資ビジネスの実態についてもまともに話さないそうです。バイナリーという言葉では詐欺と疑われやすい為か、資産運用の名目でお金を投資するよう促し、ビットコインで送金させるそうです。バイナリー美女のアカウントが他の人からお金をだまし取るという手法は昔はやってましたからね。それと、ビットコインでの決済は仮想通貨の詐欺案件ではよくある方法です。そのような卑劣な手口については相原さんが注意喚起しています。

youtu.be

 

このようにしてトレードプラスをざっと調べて考察すると、牧裕晃は澤田聖二を意識してこの詐欺ビジネスを立ち上げて儲けようとしたのかなと思います。もしくは前者がAEを辞めた後も後者と関わっていて、後者はトレードプラスの黒幕もやっているのではという疑惑も出てきます。その説が正しいのであれば、なぜ牧裕晃はAEアフェリエイトを辞めたのかという事になりますが、澤田は別のカジノサイトでも詐取をしているという考察も既に行いましたからね。こちらの記事参照です。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 澤田聖二についてはこちらでまとめてます。

 

antinova.hatenablog.jp

 

こうして記事を作成していると、澤田聖二の悪のカリスマぶりを改めて思い知らされますし、その影響を強く受けた者とは関わってはいけない事がよく分かります。それと同時に、トレードプラスという業者を通して、ギャンブルには手を出してはいけない事、その予想屋に任せたら一財産を失いかねない事も改めて学べます。この事は『道は開ける』にも載ってました。

 

追伸(近況報告)

 

令和3年(2021年)4月26日からまたホームページコンテストが始まりました。

ranranranking.com

私は「お魚おもしろ研究所」というサイトでエントリーしています。投票期間は5月3日まで、結果発表は5月10日です。もしよろしければ応援お願いします。今後も自力で更生していく過程を載せていきますので、楽しみにしていて下さい。

 

以上で今回の記事を締め括ります。何かありましたら、相談フォームに入れて下さい。

 

ws.formzu.net

 

NO-VA被害者を救います16 『最高の休息法』その2 動作瞑想 『道は開ける』その1のある種の実践

f:id:yutaherrmizuno:20210413222010j:plain

この本に関して記事にするのは2回目となります。1回目は以下の記事で取り上げました。

 

antinova.hatenablog.jp

 『道は開ける』では休息の大切さを取り上げていました。このお陰で休息もしっかりとらなくてはという気持ちになり、体を休める事も少しずつ意識するようにもなっています。それに加えて、Dr.ヒロさんの動画を見てその実践に力を入れて精神的にも肉体的にも休息しなくてはと思い立つようになり、その動画を視聴して毎朝2分間の瞑想を行うようにしています。更に私はオーディブル版の『最高の休息法』(小説形式)をダウンロードして徐々にではあるものの、その著作で言われている事を採り入れています。その結果、脳がすっきりした状態で起床する事もありました。

ただ私は雑念が人一倍多く、未だに過去の過ちやら未来への不安やらに悩まされやすいと感じています。普段ぶつけない所に足をぶつけたり、転びそうになる事もありました。そこで自分の脳はまだ理想的な程に休めていないと痛感し、『最高の休息法』(CDブック版)の本も思わず購入しました。これには実戦用の解説ナレーション付きCDが付録にあります。上記のオーディブルとこのCD付きの本を持っていれば、紙媒体の小説版『最高の休息法』は買う必要が無いかなと思います。小説版もCDブック版も同じ様な内容が書かれている為です。その中身が物語形式で述べられているか、一般的な自己啓発の本と同じ様に叙述的に物事の解説がなされているかの違いです。前者を用いて物語とちょっとした解説を耳で読み、後者でその方法論と解説を目で読みそれを踏まえて付録のCDを聴きながら実践していけば、脳の休息を充分に取れるようになります。私自身、まだまだ更生中でそれを完全に体得しているわけではありませんが、日常的に取り入れてこなせるようになりつつあります。

 

今回の記事では、日常的な行為の中で瞑想を採り入れる術について取り上げたいと思います。瞑想と言いますと、目を閉じてじっとしている様子を思い浮かべがちですが、それをやらなくとも出来る方法もあります。

それは動作瞑想です。何かしらの動きにラベルを貼って、ちょっとした動作に名称を頭の中で付けていくというものです。この著作では服を着るなど日常生活を初めとする様々な動きに注意を向けて実践する方法が述べられています。その瞑想法の中で特に一番やり易いのは歩行瞑想です。従来の瞑想とは全然違う為想像がつきませんが、歩行も日常的な所作にも筋肉などの複雑な連動で起きていて、その感覚に注意を向けます。腕が動く事に焦点を当てても良いですし膝に注目するのも良いです。どこに注目するのかは皆さんの自由です。私が一番おすすめする実践法は歩く度に右左もしくは左右とラベリングする事です。何故なら、歩く事は日常的な行為であり、仕事に行くにしても休みの日に何か家や外で作業するにしても歩行は多くの人が行います。仕事前や仕事中・仕事帰りにそれを行っていけば隙間時間に瞑想を手軽に行えます。歩いていて左右と心の中で意識していてもふと雑念が浮かんだり、左と右を間違えてしまったらその都度ラベリングのやり直しを行い、同じ様に歩いていきます。

そのような時間の活用は歩行以外にも適用させて構いません。私はそのお陰で心を前よりも落ち着かせたり、脳を休めやすくなりました。それにより嫌な事を思い出したり、考える暇が無くなるのです。これは『道は開ける』にもあった「1度に物事を1つずつ」という原則の実践にもなり、不安や悩みの解消にもなっています。人は同時に2つ以上の事を考えられないのですから、ラベリングにより余計な考えが押し出されていくわけです。その結果、意識的であれ無意識であれ私の仕事の効率が上げられました。実際、上司に自分の仕事ぶりが褒められました事もあります。「1度に物事を1つずつ」という原則についてはこちらで記事にしています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

NO-VAの人達はそのような行動をする余裕がありますか?自分だけでなく自分のグループ全体でそのような事が出来ているかどうかですよ?もし、その実行が出来ないのであれば、NO-VAを辞めてバイト先や派遣先・日常生活でも良いので動作瞑想を採り入れて、生活の質を上げて更生し自分を高めなくてはなりません。購入はこちらから出来ます。

 

https://amzn.to/3tmtR8s

 

https://amzn.to/3x88yKb

 

以上で今回の記事を締め括ります。何かありましたら、相談フォームにまでお願いします。

ws.formzu.net

『夢があるから走ってゆける』を読みました 黒幕こと澤田聖二のクラブイッツ時代を詳しく述べます

NO-VAの黒幕が澤田聖二である事は前にも述べた通りです。

 

antinova.hatenablog.jp

 その後にも澤田に関しての記事は取り上げました。

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

NO-VAの関係者として澤田聖二が表に出る事は全然ありません。自分で調べたり、上の人達からの口コミで聞き出すなどして奴がそもそもの創設者である事を知るしかないです。しかも厄介な事にそれを示す客観的かつ決定的な証拠を掴むのも困難となっています。登記上は別の者をNO-VAやその前身の代表に立てて、澤田はあたかも無関係であるかのように装い、シンガポールのどこかに雲隠れしていますからね。それを良い事にNO-VAとは別のカジノサイトの運営もやって豪遊しているのではないか、と私は推測しています。こちらについては以下の記事で考察しました。

 

antinova.hatenablog.jp

 さて、今回は澤田聖二の『夢があるから走ってゆける』を読んだ感想や、そこから分かった事をネタにしていきたいと思います。

 

f:id:yutaherrmizuno:20210331100640j:plain

以前の私の記事にも合った通り、矢張り澤田は先見の明があったと言わざるを得ないです。それから、澤田に関する経歴も詳しく分かりました。このページには、その本を読まなければ知りえない情報を載せます。さすがに全文をそのまま転載する訳にはいきませんが、この本は絶版であるため、載せ過ぎても本人や出版社側からは恐らく訴えられないでしょう。

 

この本は全部で120ページ程度、3つの章と付録から成立しています。第1章は澤田聖二の生い立ちと経歴及びクラブイッツ成立までの裏側の過程、第2章はクラブイッツの発展、第3章は西暦21世紀に向けた構想、付録はクラブイッツの報酬及び決済の体系が書かれています。その澤田聖二の顔写真はこの本に載っていますが、敢えてここでは載せません。どうしても奴の顔を知りたいという方が居ましたら、問い合わせフォームに澤田聖二の顔写真希望の旨をお伝えください。

 

前の記事にも述べた通り澤田は練馬区出身で、昭和41年(1966年)生まれです。今でこそ練馬は練馬駅を初めとして新宿程ではないものの都会の色合いがあります。都内のベッドタウンの様な感じです。ですが、彼が生まれた育った練馬はどこか田舎っぽい所があったそうです。時代を感じさせますね。なお、澤田本人は少年時代から先見性やある種のカリスマ性を持ち合わせていたそうです。NO-VA上層部を惹きつける独特の力は昔からあったという事でしょう。

澤田の学歴は高校中退から高卒認定と大学受験を経て明治学院大学中退です。同大学は港区白金台キャンパスを抱え、奴もそこに通っていました。その時に港区の都会ぶりや高額所得者の豪遊ぶりに彼は驚かされたそうです。当時の澤田は更に高級クラブでもバイトをしていて、その時に中卒でドンペリを平気で空けてた22歳の男と出会って衝撃を受けたそうです。それと同じ時期に澤田の姉からネットワークビジネスの勧誘を受けて明治学院大を21歳で中退、三つの連鎖販売取引の会社を渡り歩いて成果を出しました。

その後平成6年に(1994年)一旦ネットワークビジネスの業界を去り、実業家をやってました。日焼けサロンや宝石類などの販売を行って財を成します。その時に株式会社プレスティージが設立され、自身の事業展開の為に運営されていました。しかしながら、何か欲求不満を当時感じていたらしく、1998年の夏にネットワークビジネスの業界に戻り、かの悪名高い「クラブイッツ」を立ち上げます。運営会社は前述の株式会社プレスティージです。ご存知の方もいると思われますが、それは「イッツドリンク」と呼ばれる健康食品類のソフトドリンクのみを商材としていました。それが本にも載っていたので、ここにも載せます。そのカラー写真をお持ちの方は、ぜひ相談フォームにも情報提供をお願いします。

 

f:id:yutaherrmizuno:20210331100733j:plain

 f:id:yutaherrmizuno:20210331100757j:plain

 この飲み物は理学博士や医学顧問の監修も相まって権威性が保証されているかのように語られています。薬機法にギリギリ引っかからない様に述べている感じです。しかしながら、その売り込み方や成分とその良さには大いに問題があった事は過去の記事やそこに載っている掲示板等を見ればよく分かります。百歩譲ってイッツドリンクが人体に良い物であっても、結局のところ儲けるという成果主義が先走って製品とその愛用でもって社会貢献し、それによって喜んでもらい口伝えで拡散していく事が出来ていないと思います。売り方には問題はあったが、商品自体の質は良いという評判を聞いた事もありませんし、ネットにも書き込まれていません。連鎖販売取引の本来のあり方から離れていると言えましょう。現在のNO-VAとその点では同類です。それから、イッツ=Its=International Trendy Serviceという意味である事も『夢があるから走ってゆける』で分かりますね。無駄に英語表現を使うなどしていかにも斬新な雰囲気を醸し出そうとしている所も、NO-VAと共通です。

他にも、平成以降のバブル崩壊による経済不安がこの本には書かれていて、勉強を頑張って単にいい大学を出ていい会社に就職をするのではダメという事も書かれていました。それから、消費税の増税少子高齢化など現在の日本社会とも重なる諸問題についても言及していて、時代を見据える力には舌を巻いてしまいます。そのような苦境を乗り越えるビジネス形態こそがネットワークビジネスであるとも書かれていました。それは年齢・経歴に関係なく誰でも出来て夢を実現できる商売である事、それを遊びの如く楽しめるという意味でクラブ性がある事、人との関わりやコミュニケーションで助け居合える仕組みである事が書かれていました。この様な記述から、集団で群れてビジネスごっこをする事に楽しさを覚えさせてハメていくというNO-VAの洗脳手口の原型も見ましたね。その様子は他の記事もご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

それから、クラブイッツはバイナリーという2系列の組織図の形態をとっていて、それがいかに弱者にやさしいかも載っています。ですが、実際のネットワークビジネス業界で成功を収める事は非常に厳しいです。この事は以前の記事で述べました。

 

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

 その他にも、クラブイッツの会社の社会的信用についても述べられていました。前にも述べた通り、澤田自身は実業家もやっていて成果を出した人です。その時の信用を築いた事もあり、新宿アイランドタワーにクラブイッツの事務所を構えてられるほど人望があり、各業界からの後ろ盾も築けていたようです。新宿以外にも大阪と福岡の一等地のビルにも事務所があったとの事です。他にもIT面で当時最先端の機器も導入していて、KDDIとの連携を引き合いにして権威付けを行っていました。これはもう、事業家時代にものにした社会的信用を悪用して金儲けに走ったとしか言いようが無いですね。このような盤石な土台を元にしてクラブイッツが発展を遂げ、2001年4月10日の地点で会員数は9万人を超えていたそうです。その勢いを元にいかに先行きのある会社であるかが述べられていました。ですが、詐欺同然のネットワークビジネスなどではよくある手法ですし、実際にクラブイッツはその数年後に無くなっています。

 

それから、クラブイッツの大規模なイベントについても載っていました。渋谷公会堂など大きな会場を借りての開催で、それだけ財力や信用が澤田には合ったを窺わせます。英語表現と日本語の両方の表現で毎回毎回テーマが違っていて、会場の演出も壮大なものとなっていました。これだけ大きな催し物をやっているとさぞかしすごい所なのかなと洗脳の効果が抜群だったと思わずにはいられないです。その手のやり口については以下の記事も参照になさってください。

 

antinova.hatenablog.jp

 他のネットワークビジネスの大規模イベントも参考までに載せます。

youtu.be

この動画について話しますと、イベントの映像や会員った位の言動からしてどことなくカルトじみた狂気を感じさせます。製品の良さでもって拡散と貢献をしていくという本来のあり方からかけ離れている実態がよく分かります。クラブイッツの催しや勧誘もその様なものだったのかなと思いましたね。

 

既にご存知の方もい居るとは思いますが、ニューウェイズは会員の度重なる悪口により業務停止命令を受けてからモデーアに会社名を変え、更にその中のワンダーランドと呼ばれる派閥が追放されて別の悪徳ビジネスを行っています。現在では事業化集団 環境という通称で知られています。どんなに質の良い製品を扱っていようとも、直ぐにニセモノが出て会員たちはカネに目が眩んでしまうあたり、マルチ商法は余程の者・会社・商材でない限り扱いこなせない事を思い知らされます。

 

さて、クラブイッツのイベントに話を戻します。その中でも特に驚かされたのが以下の写真です。

f:id:yutaherrmizuno:20210331100826j:plain

 これはクラブイッツ1周年記念のイベントで、第3回目のコンベンションの時の写真です。人差し指で上を指している手のイラストが載っているではありませんか。これを見てJDIグループのあのお馴染みの手のサインを思い出しましたね。神社の前で常に右肩上がりのゲン担ぎをするあのポーズです。尤も、クラブイッツの方はオンリーワンの象徴でしたが。

一応、ここにも参考までに載せましょう。

f:id:yutaherrmizuno:20210412182833j:plain

GGグループも同じような風習がある事もココで載せます。

f:id:yutaherrmizuno:20210412183033p:plain

傍から見たら澤田聖二が黒幕である事なんぞ単なるうわさで本当かどうか分からない事であると言えます。澤田本人はそうして誤魔化すと思います。ですが、こうして奴の本を見てイベント時の写真などにも気を使うと、クラブイッツからNO-VAに至るまで澤田聖二は同じ手口でお金を騙し取っているとも言えます。やはりNO-VAとその前身の会員同士の口コミには真実性がある物事も少なからずありますね。ネットワークビジネスという形式を用いて口コミで商品を拡散していくと、真実が伝わり易いという利点がある事は聞いた事がありますし、その事も一理あるのかなとも思いましたね。

 

最後のネタになりますが、2000年4月9日の第4回のコンベンションで自分の父・母・娘に敬意を抱いている事を壇上で話していたそうです。澤田の娘は当時3歳で、彼女は現在24~25歳となりますがどこで何をしているのかは不明です。もしかしたら、彼女の下には弟や妹がいる可能性もあります。彼女の本名も載ってましたが、ここでは敢えて載せません。

 

こうして本を読んで考察をしていくと、全体的には言葉巧みにクラブイッツの素晴らしさやその展望性が述べられ、ある種のカリスマ性は澤田にある事がよく分かります。たとえNO-VAが無くなったとしても、澤田を摘発しない限り奴は巧妙に詐欺を続けると言えましょう。

 

以上でこの記事を締め括ります。何かありましたら相談フォームにまでお願いします。ネットには載せられない様な事もお伝え出来ます。

ws.formzu.net

NO-VA被害者を救います15 『道は開ける』その11 「批判への対処法」 突撃時の内部情報も

f:id:yutaherrmizuno:20210114113945j:plain

毎度おなじみの『道は開ける』です。

 今回も『道は開ける』の中に書いてあった事を元に記事を作成していきたいと思います。この本に関しては以前の記事で取り上げましたので、こちらをご覧になり購入をなさってください。

 

antinova.hatenablog.jp

 さて、今回はその中の「批判への対処法」を取り上げたいと思います。このブログで散々取り上げた通り、NO-VAも悪徳マルチに分類されますし、調べれば沢山批判が出てきます。それらに関して現役の会員達は別のビジネスに誘導する為の戦略、自分たちが儲かっているからそれだけ批判されている等と言ってごまかします。有名人が叩かれているのと同じとも話しています。この様な逆風に関して、NO-VA信者からすれば不当な批判になるかと思います。

何か成果を上げたり目だったりすれば、それだけ他人から注目されている事にもなります。その批判によって、卑しい人間は下劣な満足感を味わいます。これは裏を返せば結果を出した人に対する賛辞でもあります。不当に叩かれて嫌になるかどうかは人次第です。

確かに私もFLMに参入してお金に関する知識を付けるなどして成長したと思う事はあります。私が世話になった人もあのお陰で鍛えられたから今こうして仕事で来ているとも言っています。実際、派閥単位で多くの人を勧誘して大きな組織を作れた人、ズルもあるとはいえ僅かに稼げている人が居ます。この者達については以下の記事をご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 ですが、不当な批判だけを受け流すべきであって、正当な批判はちゃんと受け入れなくてはならないのです。人間は褒められる事はすんなりと受け入れ、批判に対してはしっかりと検討もせずに勝手に憤ってしまいがちです。私もそのような感情に流されがちですし、人間なら誰しもそうなります。人間の理性は完璧ではないですし、間違った判断をしてしまいます。悪く言われたとしても自分を正当化せずに、真っ当な批判は受け入れ、それを直すようにしたりそこから学んでいく様にしましょう。それから、誰かから批判される前に自らを批判してそれを直すようにするのです。自分は絶対的に正しいと思ってしまうと、理性万能主義に陥り左翼思想に染まってしまいます。保守と左翼の思想の比較に関しては以前の記事にも少々述べました。

 

antinova.hatenablog.jp

 私自身も自分の考えは常に正しい、周りが絶対に間違っていると思い込んでしまう事がありました。ですが、他者からの批判もなるべく受け入れるようにして、自分自身を改善し結果的に良い方向に向かった事もあります。私の事を強く非難し、激怒してきた人もいました。その経験を当時の私は不快に思っていました。こうして振り返ればあれがあるから現在の自分があると思えるようにもなり、今となっては感謝しているくらいです。仮に私を拒否し糾弾してきたその人が情けをかけて声をかけてきたら、「あの時はありがとうございます。全然憎んではいませんし、そのお陰で今の私があります。」と話すつもりです。

しかしながら、NO-VAの会員たちは上の人たちの言う事は絶対的に正しいものと思い込み、すっかり洗脳されています。本人たちも真っ当な批判や疑問に対してはまともに答えられていません。これを如実に示す動画や記事は以下に挙げます。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

youtu.be

おとりで潜入の男性の方は、わざと不安そうになって検討しているフリをしていました。それに対して長々と女性会員たちは説得を続けて駄々をこねています。数少ない自分の報酬が掛かっているわけですから、必死になっています。ですが説得も空虚で論理性を欠き、ボロも出ています。会社の事についてもグダグダな回答しかできていないです。私も現役の会員でそういう潜入をされたら、そうなっていたでしょう。この時の突撃に関して、改めて新宿109さんは動画にしているので、そちらも併せてご覧ください。

youtu.be

 

youtu.be

 

これらの動画は以前ライブ配信YouTubeに流されていた時のものですが、オフィスの内情やこの動画の為の編集もあり、これはこれで面白い物となっています。特にNO-VAになってからの説明会の録画は貴重ですね。FLM時代の説明会の動画はYouTubeに載せられていましたが、NO-VAに変わってからはアップされていませんでした。これにより、FLMもNO-VAもやっている事は同じである事が証明できたとも言えます。説明会の担当者はNO-VAに出会ってこんなに自分が変わったと言っていますが、これは以前からずっと続けられている言い草であり、セミナーでも同じ事が話されます。それをあたかも無条件に良いと下の会員は見なしています。

 

この様にしてみると、悪しき宗教とは現在生きている者(教祖)などを絶対視してそれを崇める事であると言えます。これでは自分や上司の言動に疑問を持てなくなり、外からの批判をろくに受け付けなくなりますし、その検討もしようとしません。NO-VAの洗脳が続いて損失を被る人が次々出るのも納得です。関わってはいけない事もよく分かりますね。

 

以上でこの記事を締め括ります。

 

何かありましたら、相談フォームにお願いします。

 

ws.formzu.net

NO-VA被害者を救います14 『道は開ける』その10 「休息を正しく取る」・『最高の休息法』その1 Dr.ヒロさんの動画を視聴しましょう

f:id:yutaherrmizuno:20210114113945j:plain

毎度おなじみの『道は開ける』です。

この著作に関連した記事も10本目になりました。この本に関しては以前の記事でご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

今回は休息について取り上げたいと思います。休みを取らなければ、仕事の効率性が落ちるのは周知のとおりです。疲れている状態ですと、不安に陥りやすく悩みの種を増やしかねません。その結果として、健康を害したり詐欺に遭いやすくなったりします。更に言ってしまえば、他の人を不快にさせかねません。私もそれらを非常に痛感していますね。

 

では、NO-VAの会員たちは休息を取れていますでしょうか。私はろくに取れていないと思います。何故なら、連日の様に勧誘活動をしたりゲームをやってはお金持ってるアピールをしたり、他の会員達と行動を共にして楽しいアピールをしている為です。下の人達に指導をしたりプレゼンを打ったりしてグループ発展やその維持をしなきゃいけない人も中にはいますし、まともに稼げないにも拘らず借金でお金をドンドン浪費、NO-VAだけではやっていけないが故にバイトもしなくてはなりません。これではストレスもたまって心も体も脳も休まりません。それを思わせる事は過去に記事にしました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 そんな精神的にも肉体的にも不衛生な所から抜け出して、真っ当な方法で生きる道を歩んだ後には、正しく休息を取らなければなりません。そうしなかったが故に短命に終わった作曲家としてメンデルスゾーンを以前挙げました。

 

antinova.hatenablog.jp

 では、正しい休息とは何でしょうか。それは筋肉に呼び掛けて休みを取る事です。無理に休めようと精神的に強張ってはいけませんが、「休もう」と呼びかけると自然と休まり、寛いだ状態になります。それと目の筋肉や神経が全身のエネルギーの内の2.5割を使っていて、目から休める事で休息を効率よく取れます。それと同時に顔の筋肉もリラックスしましょう。

 

ですが、単に筋肉や神経を休ませるだけでは不十分である事を最近思い知らされました。体という肉体的な疲れだけでなく、脳という精神的な疲れを取らなければ本当に休まる事は無いと知ったのです。

 

 それが、ドクターヒロさんの脳の休ませ方に関して動画です。

youtu.be

脳を休ませなければ、体を休めてもちゃんと休まる事は無く、能率が悪くなってしまいます。私もそのせいで仕事で失敗する等痛い思いをしました。日常的な行動をする時に自動操縦の状態に陥り、いつでも雑念が浮かぶ状態になっていたのです。道理で体を休めたり十分に睡眠をとっていても何だか休まらない気分になっていたわけです。そういった経験もあり、私は思い切ってオーディブルで『最高の休息法』をダウンロードしました。令和2年の12月に『道は開ける』をダウンロードして無料期間中に直ぐ退会していたのですが、3か月間の半額セール(1か月750円)もあって、自分を変えなくてはと時間のある時に聴くようにしています。この本の内容をまだ全部把握しきれていない時は、ヒロさんの上の動画で言われている事を実践しています。お金の問題もあって有料会員になれない人もそうすると良いでしょう。個人的にはヒロさん指導の瞑想がツボにはまりました。たったの2分間で今現在に集中出来ましたし、脳も休まりました。

それと、脳の疲れは過去と未来から生まれると言われていました。私も同じです。当然、NO-VA会員にも非常に当てはまりますし、耳が痛い話です。何せ本職に不満を抱いてNO-VAに入って本業を辞めるも、稼げずにバイトと掛け持ちの生活で以前より困窮、収入向上などの理想を抱くもそれが見えない・実現しないという苦境に立たされます。この様な人が大多数なはずです。他のマルチ商法やビジネスにも当てはまると思います。精神的にも肉体的にもまともに休めない環境からは離れるべきです。そうした後の復帰方法はこちらを参照になさってください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

 それから、生活習慣の見直しについても考えさせられました。実際、私はベッドでスマホを見る習慣があり、寝る事以外の物事をしていました。その結果、脳がきちんと休めずストレスをためる事に繋がっていたのかなと痛感したほどです。そこで私はベッドでは寝る為の場所にするよう努めています。すると、前よりかは眠り易くなり生活習慣が改善されつつあります。四六時中スマホをいじっては他の人と楽しんで上辺だけの楽しい生活を抜けて、脳を休めてケアする事を採り入れてはいかがでしょうか。

私自身はまだ、学びたてであり少しだけ取り入れたにすぎませんが、オーディブルとヒロさんの動画を合わせて脳の疲労を正しく取って生活の質を向上させようとしている最中です。

 

以上でこの記事を締め括ります。

 

何かありましたら、相談フォームにまでお願いします。

 

ws.formzu.net

NO-VA被害者を救います13 Dr.ヒロさんの動画を視聴しましょう ネットワークビジネスの現実を見る2

 

f:id:yutaherrmizuno:20201223213010j:plain

参入者が少ないとはいえNO-VAの被害者は未だに出ています。それに伴い、被害者一人当たりの金額も増加し、NO-VAがダメなら別のビジネスにという事で失敗した人も出ています。それは別のMLMでも同じです。そこで私は再びDr.ヒロさんの動画を用いて記事を作成したいと思います。彼については以下の記事で紹介しています。

 

antinova.hatenablog.jp

今回はネットワークビジネスの現実を見るというテーマで作成します。前にも書いた記事の姉妹編ですね。

 

antinova.hatenablog.jp

 

まずはこちらから。この動画では、ネットワークの現実を見る上ではどのような勧誘をしていて、どのように返答をしていくのかを紹介しています。

youtu.be

 ヒロさん自身、トップリーダーとしてマルチ商法のマニュアルを作っていた時、どのような反論を会員が行い、その対象はどうすれば良いのか話しています。

法律的に問題ないのかという事に関して言えば、ねずみ講こと無限連鎖講は違法で連鎖販売取引は合法という言い方ではド素人だと言っています。反論はダメという事です。そこで、ねずみ講だと思って違法性ではないかと確かに心配だったが、聴いてみたら合法だったなどと一旦共感を入れて同じ立場で主張するという方法で話しています。他にも、ねずみ講の定義をするよう要求させ、マルチ商法も会社内の社員の構造と変わらないと思わせます。ソクラテス的な「無知の知」を自覚させて、そこからビジネスへと持っていきます。ですが、説明のし過ぎもセミナー導入に繋げられない為ダメとの事で、法律的にも問題ないから聞いてみるよう促します。

その様な主張に対しては先回りしてビジネスには興味ないと言うべきだとヒロさんは主張しています。私もそのようにして断った事がありますし、そうする事で回避できました。それでも会員の一貫性や熱意の影響で話だけは聞いてやろうと思った事はありますが。

合法か否かではなく、一般社会の人からどう見られるかで判断するという事で対応すべきとヒロさんは言っています。連鎖販売取引は権利収入を餌にニセモノがすぐに横行する商売ですから、特商法で厳しく規制されるのは当然の成り行きです。人間関係をカネに変えて人を踏み台にするという見方も不可では無いのですから、世間的には良い様に思われないのもやむを得ないです。それでもなお、ネットワークビジネスという形式でやっていける会社というのは余程良い製品を扱っていて、会員の品行方正も余程いい人でないと無理があるという事です。どうしてもやるのであれば、その様な人に付いて行きましょう。

私はどのくらい稼げているのかという答えに対しては月に数万円で、後はどんどん増えていきそうと答えていたのをよく覚えています。ですが、嘘では無く更にぼかして順調だしこのまま行くともっと稼げてそうと答えるようマニュアルを作成していたそうです。そのような会員の主張に対しては明細などを見せて本当に稼げているのか確認させるのが大事との事です。私もFLM時代はその様な明細を見せる立場じゃなかったですし、自分よりも上の人もいくら稼いだのかの証拠は見せていません。他のビジネス特に投資系ですと稼いだ証拠を見せる事はありますが、それが持続する見込みの無い確率が高いので注意しましょう。

youtu.be

この動画では、マルチ商法でのセミナーの裏側を紹介したものとなっています。勿論、NO-VAにも該当です。たとえ上のタイトルを取ったとしても交通費も宿泊費も自分が負担しなければならず、ギャラはゼロである事を冒頭で言っていました。これらの事自体が驚きですし、上の称号を取ってもブラック労働になってしまうのかと感じさせられます。しかも、普通の上位タイトルの人には手当の福利厚生が無いという事を考えると、会社勤めのありがたみが如何に分かるかと思います。感謝の心については以下の記事で取り上げました。

antinova.hatenablog.jp

 そのような厳しいマルチ商法の事情の中で、NO-VAにおいて特例で優遇されている人には怒りを覚える一方、その人たちは特権を与える人が居なくなったら何も残らないのかなと思えてきました。その人たちに関しては以下の記事で取り上げています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 その次に、事業・新規会員向けの説明会について説明されていました。会員がそれなりに集まっている業者ですと、何回も聴いて自分たちのビジネスや商材・仕組みを覚える為に既存の会員が聴講します。新規の人はなるべく前で聴く事が多いです。私も、FLMや別の団体で年齢層が高めのセミナーにも参加しました。NO-VAも新たな会員へのトレーニングがなっていないとこの動画を見て感じましたね。スキルアップセミナーに関しても私はFLMやNO-VAの時に受けましたし、どうすれば会員を獲得できるのかや考え方を教えます。ですが、今振り返ると時間を割いてまで有益かどうかと言われると疑問です。この動画を見てその事情が分かりましたし、大した収入の無い講師の話を聴いていてもそこまで得にならない事が思い知らされます。ただ、私は人工知能やコロナの兼ね合いで、貴重な経済としてマルチ商法はある程度の意味があるとは言えます。権利収入であるか労働収入であるかは別として、その収入が一定額ある事は悪い事では無いと私は思います。実際、本業を持ちながら副業として連鎖販売取引をやっていてそれで収入を得ている人も見ています。その人は自分は特別ですごいというアピールをして発信をしているという感じではありません。

1日セミナーはNO-VAにも似たようなものがありましたね。以前の記事にも書きました。

antinova.hatenablog.jp

 それは午後の13時ごろから17時ごろまでが開催時間だった為、半日セミナーと言った方が適切ですが。別の会社ですと、文字通り1日中セミナーを開催していたり、合宿という形式で数日行う所もあります。リーダー陣はこの大規模なセミナーの為にチケットを売り込んでいたのをよく覚えています。他の人を誘うようにも促されましたね。大規模セミナーの時の連帯感と壮大さは私も忘れられませんし、今振り返ると洗脳して私利私欲の為に動かす為の一環だったのかなと思います。

ここでNO-VAの半日セミナーに話を戻します。NO-VAでも事業・新規会員向けの説明会がまずは行われ、その次に勧誘のやり方が説明されていました。その後には古参の上位タイトル保持者の講演が行われました。1日セミナーであることを理由に特別素晴らしい事は話されません。どの講師もすべて正しい事を話していると思い込んでいただけに、ヒロさんの話す裏側を聴いて改めて冷めましたね。

他にも表彰式や目標宣言について話されていました。前者に関しては、私自身もセミナーで実際に見ていますし、こんなにタイトルを達成しているのかと羨ましく思う事もありましたし、あの人たちは皆すごいと私は思っていました。ですが、実際にはあまり稼げてない人ばかりで大したことが無いのは前にも述べた通りです。タイトルを持っているだけでみんなが絶対的にすごいと思っていた自分が恥ずかしくなる余りです。後者に関しても色々な人が手を挙げて目立とうとしていたのをよく覚えています。声に出す事で自分の目標を明確にしたり、達成させやすくなると言って運営側も煽ります。そうして目立った会員たちは興奮して話をして会場がお盛り上がります。私も手を挙げて何か言おうとしていましたが、何も言えずに終わってよかったです。今振り返ると異様でした。話が長過ぎかどうかやその内容や質についてもあまり考える事はありませんでした。薄々同じような話でメモを繰り返し取る必要があるのかとほんの少しだけ思った事があったにも拘らずです。

アフターに関しても派閥ごとにまとまって行った事はあります。私はバスケ観戦の関係でアフターに参加しない事の方が多かったですが、同じFLMの会員と親睦を深める目的で何回か行きましたね。そのお陰で未だにやり取りをしている人は何人かいます。ですが、下手な話の講師が自分の言ってた事の上書きをしてたのはウケました笑 初耳ですし、案外ハッタリだけなのかなと思いましたね。私は井上さんや笠井さんとアフターで一緒になった事がありますし。今思い起こせばそこまですごいオーラは出ていないかなと思いましたね。演出と雰囲気だけで見事に洗脳が出来るとは恐ろしいばかりです。

参考までにマルチ商法セミナーの再現動画です。

 

youtu.be

ヒロさんだけでなく、別のマルチ商法の元成功者さんもお話をしています。司会はヒロさんの現在の奥さんです。ただし、マルチ商法の現役だった頃の心境を思い出しながら話しているので、現在の本音とは違う事には注意です。NO-VAにも十分当てはまりますし、ある種の有益さは感じられてもお金を払ってまで受ける価値はあるのか?という感じですね。本やインターネットの啓発系のやつにも普通に書いてあるようなことばかりが言われているに過ぎないです。「1日を全力で生きる事」は『道は開ける』にも似たようなことが書かれていました。この著作についてはこちらをご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

内容的には、貯金はせずにブランディングに投資をしていくという姿勢には特に驚きましたね。これではあっという間にお金がドンドン無くなっていきますし、搾取の泥沼にはまってしまいます。そこから更にアポを取って勧誘活動を行っていき、どのようにしてやっていくべきか・逆風で批判されてしまった時の対処法などグループやその運営方法の指南も話されています。私もそんな感じでやってたなと薄っすらと思い出しました。私は一人も参入させられなかったので、組織作りに関しての話は無縁なものでした。その上、借金をしてまで不労所得を得る為にこのビジネスをやるべきだという声にも懐かしいと同時に改めて驚きましたね。これこそNO-VAを初めとする悪徳マルチとそれらを取り締まる為の特商法なのかなと思えてきました。幸い、私のグループでは参入費以外の借金や消費者金融の利用は強要していなかったので、本当にそこは良心的でしたしお世話になった人にはその点でも感謝しています。

 

NO-VAをはじめとするマルチ商法セミナーはそこまでお得なものではなく、高い?チケット代に見合った価値ほどではない事がお分かりになったかと思います。

 

以上で今回の記事を締め括ります。

 

何かありましたら、相談フォームにまでお願いします。

ws.formzu.net

NO-VA被害者を救います12 『道は開ける』その9 音楽家の例を自分で挙げてみた

 

f:id:yutaherrmizuno:20210114113945j:plain

毎度おなじみ『道は開ける』です

何だかんだでオーディブル版の『道は開ける』も13週目となったこの頃です。この著書については以下の記事で取り上げていますので、ぜひご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 さて、今回は音楽家の例を挙げて自分でちょっとした続編を作ってみようかと思います。デール・カーネギー自身、『道は開ける』の中でクラシック音楽の人物を引き合いに出していました。そこで私もそれに倣って何人かの音楽家を挙げていきます。私がクラシック音楽に嗜みがあるのは以前にもチラッと述べました。ホームページ作成コンテストのテーマにワーグナーという作曲家を選び、それが入選した事はこちらをご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 『道は開ける』に倣って音楽家の例を挙げる為、その著書に文体を合わせます。古谷徹さんが朗読しているのを想像なさってください。そうすればスイスイと読めるかと思います。

 

満ち足りた人生を送るという意味ではシューベルトも良い例だろう。かの歌曲「魔王」「野ばら」「鱒(ます)」で有名なあの作曲家である。シューベルトも貧しかった。それ故に年に数回しか風呂に入らず、口臭も酷いという有様だった。当然、女からモテるわけがない。だが、男からは人気者で貧しい者同士でシューベルトにお金を出して支援した事もあった。結果、シューベルトは仲間内では非常に支持され、少人数で演奏する音楽に関してはお手の物となり、ドイツ語の歌曲に至っては約600曲もの作品を残したのである。その上、シューベルトには金銭欲が無く人柄も良かったため、貧しいながらも仲間に恵まれ、好きな音楽を作ったり演奏したりして本人は満ち足りた人生を送れていたと言えよう。自分らしく生きて音楽を作り、それで周囲の仲間を喜ばせられたのだから。ただ、シューベルトチフスが原因で31歳という若さで1828年にこの世を去ってしまったのだが。

要するに経済的には決して恵まれていなくとも、自分の好きな事・やりたい事が出来てそれなりに満足出来ればそれで良いという例をシューベルトは示していると言える。自分の持たざる事を嘆かず、持っているものを活かして自分らしく生きていければ問題ないのだ。それと同時に彼は、ただ単に現状に満足をするだけでなく窮乏から抜けようと努力をしなければ、短命で終わってしまうという反面教師でもある。シューベルトに関しては音楽の才能があってもそれを売り込むだけの力が無かったのもあって、貧困に喘いでしまったのだが。

同じロマン派のメンデルスゾーンの事もここで挙げてみよう。あの「結婚行進曲」やピアノソロの無言歌で有名なあの作曲家である。シューベルトとは対照的に、由緒ある生まれで皆が思い浮かべる富裕層の実例であった。シューベルトに限らず大体の作曲家は平民出身であったが、彼の家系は金融業で成功を成し自前の劇場もオーケストラも抱えていた程の特権階級的な富豪である。メンデルスゾーン本人も教育には何不自由しなかったし、バリバリ働いてバッハ振興や指揮棒の正式な採用など音楽業界において多大な貢献をしている。皆が知っているあのバッハが世界的にも有名で誰もが知っている偉大な音楽家であると認知され、今日も良く演奏されているのはまさしくメンデルスゾーンのお陰だ。ハンサムで道徳的な品行方正も良かったし、女性にもモテた。結婚もして4人の子供にも恵まれた。その家系も未だに続いている。

だが、彼はユダヤ人であった。それ故に他の作曲家とは違って差別を受けた経験もあり、自分の幸福と富を失うのではないかという恐怖に付きまとわれていたのだ。下手に新しい事に挑戦して失敗し、そこから這い上がるという選択肢を選べなかったのである。その為、音楽的には時代の潮流に逆らって自分の感情を素直に出さず、洒落た色気のある心地よい音楽を作ろうとしたのであった。ワーグナーの様な代表的なロマン派の音楽を比較すれば瞭然であろう。更に言えば、メンデルスゾーンは非常に多忙であった。この事自体は悪い事ではないが、彼の場合は休むことに罪悪感を持ち、ろくに休息を取らなかった。その結果、自分の姉の後を追うかのように1847年に38歳という若さでこの世を去ったのだ。本人自身はより良い名声を求めていた上に死の直前に「ひどく疲れた」と言っていた。メンデルスゾーンが世間的には比較的良い様に評価されていたにも拘らずだ。

世の中には超多忙で寝る暇が無い人もいる。そういった人が皆、短命に終わる訳では無い。メンデルスゾーンの場合は不安への対処も休息もろくに出来ず、それらが命取りになった例であると言えよう。どんなに世間体が良くて裕福であっても、心が満たされなければ意味が無いのだ。

 

多忙にすることが不安解消になる事はこちらで述べました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

自分の持つものに着目する事については、こちらの記事を参照になさってください。

 

antinova.hatenablog.jp

 不安解消に関してはこちらをご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

これにて今回の記事を締め括ります。また音楽家を例にして記事を作成する事もあるかもしれません。

 

何かありましたら相談フォームにまでお願いします。

ws.formzu.net

『隷従への道』を読んだらNO-VAもレイジュウへの道まっしぐらだった件

f:id:yutaherrmizuno:20210223170720j:plain

今回は保守思想とその界隈で重宝されるフリードリヒ・ハイエクの著作を取り上げます。ハイエクは1899年にオーストリアのウィーンに生まれ、1992年3月23日にドイツのフライブルクで亡くなった哲学者兼経済学者です。彼は古典的な自由を重んじ、共産主義などの国家による行き過ぎた統制や理性万能主義を忌み嫌いました。その最たる著作が『隷従への道』です。何人かの訳者による翻訳が出ているくらい、ハイエクの本の代表作となっています。残念ながら、彼の著作の多くが高価で絶版となっていて、そうそう簡単には入手が出来ないものとなっています。保守系の哲学者の本は日本の学校教育では軽視されがちであることを象徴しているとも言えます。その事については、以下の記事にも言及しました。

 

antinova.hatenablog.jp

この記事では『隷従への道』を取り上げます。この著作は第二次大戦真っ最中の1944年に出版されました。大雑把に言えば共産主義の様な統制経済の下では社会が破綻する事を書いたものであり、資本主義と共産主義の対立が出ていた当時の頃から現在に至るまで通じる内容です。古典的な自由主義がいかに人間社会で重要であるかが分かります。この著作は資本主義の擁護でよく引き合いに出されます。結果的に共産主義国家が次々と破綻していく世の中の流れもあって、ハイエクノーベル経済学賞の受賞もしました。ですが彼自身は合理主義に対して批判的だった関係上、資本主義に対しては手放しに肯定したという訳では無かった感じです。資本主義なんて合理的に稼ぐ事が絶対的な善と見做されますから、その経済に対しては多少批判したかったのがハイエクの本音でしょう。資本主義も共産主義も合理主義経済である事には変わりが無い、とハイエクは心のどこかで思っていたのかもしれません。こちらから私が持っている翻訳版の『隷従への道』を入手できます。この版では『隷属への道』と訳されていますが、ここでは敢えて『隷従への道』と表現します。その理由は後で述べます。

さて、『隷従への道』の詳しい内容に入りたいと思います。このページではNO-VAに通じるものがあると直感的に思った文章を取り上げたいと思います。著作権の関係上、全文を転載する訳にはいきません。ご了承ください。

 

この本においては社会主義が自由と結びついた事が述べられました。マルクスの『資本論』に書いてあった様な事(これは私のうろ覚え混じりですが)や左翼的な人の意見を述べますと、資本主義社会では合理的に金儲けをしようと資本家が労働者をこき使って安い給料で奴隷の様に働かされます。その様な苦境から自由になる為に労働者たちは団結して、資本家を倒し自らの手で自由と豊かさを手にしようではないかと言います。洗脳ですね。その為には、資本が特定の者達によって独占されて搾取されないよう、中央機関が全てを管理して統制し人民が全員平等に扱います。結果として経済的な問題もそれでもって解消させるのが共産主義国家の方法論です。

ですが、ソ連を始め実際には困窮と閉塞感を生むばかりで程度の差はあれど一般国民全員が平等に貧しい状態、ごく一部の当局の特権階級のみが富を独占し悉く破綻していきました。現在の北朝鮮も反面教師です。ずっと自由に経済活動が出来ない以上は、その発展も滞るばかりですし、国家の頂点たる政府が絶対視されそれに頼らざるを得ない上に、それに逆らう事は死を意味しますからね。その一元的な計画体制では、統制による平和とそれをもたらす者が唯一無二の主権者ですから道徳もへったくれもありません。生き延びる為に、当局にゴマすりをするものも出てきます。中央当局による恣意で更なる搾取が繰り広げられ、職業選択などの自由が無くなって餓死者も続出です。本当の自由を求めて国外脱出をする人も多く出ましたね。

 

NO-VAを北朝鮮と一緒にするなと信者は言うかと思います。ここまで自分で見聞きした事実に基づいて述べていきましょう。NO-VAの会員は何かしらの経済的ないしは時間的な不満などにつけ込んで、権利収入を得ようなどと言って一般人に勧誘を行いますね。今までの記事で散々言ってきたとおりです。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 そうして会員集めを行うと、皆で自由に楽しくやってもっと稼いで行こうという雰囲気が生まれます。ですが、それも虚飾でしかなく上層部の都合のいい様に働かされている奴隷の一部でしかありません。副業で始めたはずがNO-VAでの成功の為に、本業を辞める事になってバイトとNO-VAの勧誘を延々とさせられることになり、前職以上の貧しい生活を強いられます。そのような苦しい生活を暴露した投稿は過去にも載せました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

何としてでもお金を得ようとする為に外の人間に対しては嘘のアピールを行って、人間的にも乱れていき破綻していきます。チーフやディレクターといった上の人達は自分の給料の為にあれやこれやとセミナーを行い、外の世界が見えない様に洗脳していきます。そうすると増々NO-VAという狭い枠組みにのめり込んでしまい、道徳もへったくれも無い金儲けしか考えられない集団が出来ます。しかしながら、現実を見ると稼げているのは黒幕と奴に贔屓されている上の会員だけで、その稼げていると言われている人も上の人から特例報酬を貰うなどして優遇されているではありませんか。それらの実態は以下の記事でも紹介しました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

NO-VAの入会金は一先ず頂点たる澤田聖二に集中し、全てが奴の裁量で運営されています。澤田に気に入られた者が富を独占し、それ以外は全員平等に貧困にあえいでいます。これぞまさしく隷従への道ですし、会員たちはもはや霊獣に成り下がっています。これが「レイジュウへの道」と表現した理由です。その為には男も女も上に媚びを売っていますし、結果として何としてでも自分は稼ぐという意識が働いて仲間内でいがみ合いが発生です。女の場合は体も売るというのですから、恐ろしいばかりです。霊獣に成り果てた会員たちの実態は別の記事にも載せてますし、NO-VA突撃の勇士たちも自分のアカウントで紹介しています。併せてご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 このような有様では、元プロデューサーでさえもNO-VAないしはその前身を抜け出したくなるのも納得です。要は、NO-VAはソ連北朝鮮)顔負けの独裁組織であると言えます。破綻寸前の状態ですよね。資本主義及び共産主義がどちらも合理主義経済であり如何に人間社会の弊害となっているかがこれにて証明出来ました。

 

以上でこの記事を締め括ります。

 

何かありましたら、こちらの相談フォームからお願いします。

ws.formzu.net