悪徳オンラインカジノビジネス・NO-VAでタイトルをあっさり取るもそれを放棄した私が告発し、救済します

FLM(フューチャーリンクマルタ)→NO-VA(ノーヴァ)と在籍したものの、これは詐欺だと気づき辞めました。こんな人を馬鹿にした業者は野放しに出来ないと思い、告発を行っていきます。被害者の手助けになる様な啓発も行っていきます。

NO-VAの内情と仕組み 詐欺罪・特定商取引法編 返金方法付き

再び例のコピペを例に出したいと思います。

 

詐欺、特定商取引法違反、脱税です。 

 

ネットカジノをやるだけで月に〇〇万円手に入る、カジノ法案が通ったから合法などという虚偽の説明をし、その日に契約させてしまうやり方です。 

 

■対処方法 

 

知り合いに警察官や弁護士がいたらすぐに相談しましょう。 

 

カード決済した場合はカード会社に違法行為、詐欺行為を伝えましょう。 

 

マスコミにもこの詐欺集団のことをできるだけ情報を流しましょう。あからさまに日本人向けのネットカジノは間違いなく違法です。 

 

カジノ法案が通って勘違いしているこの詐欺集団を捕まえてもらいましょう。 

 

入会して数カ月経過していても返金をさせましょう。 

詐欺行為、特定商取引違反について被害届を出すと伝えましょう。 

 

この文章をコピペして警察の担当者に渡しましょう。 

 

解説をここで入れます。

 

詐欺に関しては詐欺罪が成立しますね。

 

以下の宣伝はAE時代のものですが、こんな謳い文句でセミナーの案内がありました。

 

f:id:yutaherrmizuno:20200207101838p:plain

 

f:id:yutaherrmizuno:20200207101900p:plain

100%バレない、確実に1ヶ月で36000円以上を稼げると言うだけなら良くある誇大広告ではあります。しかし、ネットカジノ業界の我が国での展望性とも併せて、その様に言って入会金20万円を徴収しておきながら実際は勧誘ありきで一人紹介者を出せても5000円しか取れない等ろくに稼げない人が殆どであります。この地点でお金を騙しとっていると言えます。よって詐欺罪が成立します。

 

アフィリエイト報酬がネットカジノで賭けて負けた額の5%であると謳われているにも拘らず、負けたお金扱いの入会金20万円を支払って自分下に一人の紹介者を出した時、その報酬が5000円しか無いのはおかしな事です。前の記事にも書いた通り、本来でしたら20万円×0.05=1万円ですよね。その点でも詐欺と言えます。

 

その上、アフィリエイト・広告と言いながら、肝心な商品たるネットカジノのサイトの宣伝よりも高額の有料会員集めばかりを行っています。これでは我々が思い浮かべるアフィリエイト、具体的にはカジノサイトを宣伝してそれを色んな人に遊んでもらって収益を得るという商売を行っていない事になります。AEアフィリエイト・FLMでの商材が黙殺されていて、それを宣伝する気配もないのですから、結局アフィリエイトをしていません。その意味でも詐欺ですよね。

 

以下のサイトでも注意喚起を出すほどです。

 

www.japan-affiliate.org

 

 

BetnowもBet1st.betも閉鎖になっているので、この地点でNO-VAは商材たるサイトを世間に広める意向が無い事を意味しています。この意味でも詐欺です。

 

こちらの記事にも載せましたので、ご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

他にも、FLM時代のセミナーでは商材を広める広告主を集めてから有料会員の募集を停止、その後に本格的に自分たちのサイトを宣伝してみんなで収益を得ていくと今の某チーフに言われました。説明会では、ギャンブル業界の展望が大きいから利益は得られるなどと話されました。ですが、AEアフィリエイトのアカウントが停止でベラジョンの売り上げの一部が会員に入りません。FLMについても事実上は黙殺されていて商材のカジノサイトを広めようという気配が一切ありません。よって、向こうは自分たちの商材サイトを広めて会員たちが儲かる様に施しをしていないという事になります。この事からも、会員や説明会の受講者相手に詐欺を働いている事になります。詐欺罪成立の要件は「相手の財産を自己の利益の為に嘘を付いてだまし取る事」です。しかしながら、それは立証が難しく、検挙しづらいのが現状です。

 

それから、特定商取引法違反とはその法律の連鎖販売取引に違反しているという指摘ですね。

 

連鎖販売取引に関しては初期費用こと登録料を徴収する商売を行うに当たっては書面を交付しなくてはならない、段数には限度を儲けなくてはならない、誇大広告と効果・効能の宣伝の禁止などの規定があります。

 

それに従って事業を行っているのであれば問題はありませんし、何も落ち度はありません。ましてや会社名を変える必要性もありません。アムウェイニュースキンが良い例です。

連鎖販売取引で経営をするも思うように収益を出せずに結局廃業となった会社も、規定された法律に則って行ったという意味では無問題です。何故なら普通の会社は10年もすれば9割は潰れている為ですし、経営者の手腕がそこまで無かった事の印です。保守系の言論人の小名木善行さんがその具体例です。

 

ですが、ここ6年で二度も会社名・拠点の国・商材のサイトを丸々変えるのはあり得ないです。NO-VAの歴史は以下の記事にも書いてあります。AEアフィリエイトのアカウント停止の証拠も載せてます。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 ちなみに、NO-VAでスタートアップの講義を聴講した時でも特定商取引法連鎖販売取引について確かに言及されていました。

 

 NO-VAの言い分は以下の通りです。

 

オンラインカジノという商材があり、現にそのサイトで遊べるという意味で商品の実態がある。故にネズミ講すなわち無限連鎖講には当たらない

・その拡散をする上での段数は15段までと限度を設けている。

・ NO-VAは、Googleのように日本に法人を置いてないが故に、書面交付の義務は課されない。

 

上から1番目の言い分ですが、これは連鎖販売取引の項目を以ってしても言い逃れは出来ません。何故なら、連鎖販売取引をするにあたっては商材に見合った値段での販売が義務付けられている為です。 NO-VAの場合は入会金10万円ないしは20万円に相当する商材が無い上に、オンラインカジノブックメーカーは万人が沢山賭けて遊ぶ義務を課すものではありません。各ネットカジノ サイトは責任あるギャンブルないしは健全なギャンブルをするようサイト内で呼びかけてる位です。

故に、 NO-VAはマルチまがいの悪徳商法を行なっていると言えましょう。

マルチ紛いはネズミ講と同じお金の連鎖と見なされ、摘発されます。

ネズミ講は法律的には無限連鎖講と言い、上位の会員が一方的に利益を上げる仕組みの悪徳商法です。商品などの実態が無いにも関わらず、お金を出せば後でそれが増額されて返って来るなどと言って騙し取ります。その点もFLM時代の講義で習いましたし、その具体例としてバブル期のエビの養殖場への投資話が上がってたのをよく覚えています。

 

他にも不実告知を訴える書き込みもありました。

 

それに関しては別の記事にも載せてます。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 なお、NO-VAは消費者センター・警察・カード会社への苦情と蓄積とそれに伴うカード決済停止の増加ゆえに、ファストリアクションという株式会社に入会金の収納代行を任せるようになりました。結局、その決済会社の利用もやめて別の会社を利用しています。その詳細は以下の記事にまとめました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

ファストリアクション株式会社は2019年創設とありますが、創設者の経歴などの詳細な情報が無い為、如何わしいですよね笑

 

現在では、その会社がリンク切れとなっています。苦情の蓄積が相次いだ為に無かった事にしているのでしょう。

 

www.fast-reaction.co.jp

 

以上の事情からNO-VAでカード決済を行った被害者は、返金期間を過ぎた後でも消費者センターに相談を入れる事で返金がされます。返金がなされるかどうかは人によりけりとなりますが、返金成功の事例もあります。AEないしはFLM時代に登録した人も対象です。

 

LINEでも更新した文章をこのブログにも転載です。多少、私がこの文脈に沿うように直しています。

 

今もなお返済などで困ってる方とかいますし、現状やってみて稼ぎにくいシステムって痛感した方もいらっしゃると思います。私もその一人です。
一人でも多く救いたいので拡散歓迎です!

 

最後まで読まれてください🙇🏻‍♂️✨


【AE.FLM.NOVAの返金の問い合わせが多いし対応間に合わないので記載します】

 

クレジットカードが完全ストップ
NO-VAは完璧な詐欺と消費者センター側が断定されました。

 

クレジットカード参入者
・分割の人またはリボのみの書面対応
・一括は厳しいかも。ダメ元で行ってカード会社、消費者センターで全額いけるかも

 

プリペードカード参入者
・プリペードの使った番号を入力
・海外の口座?サイト?電話番号や住所も分からない履歴があれば分かれば追跡が出来る
(期間が長い人ほどその時払った番号が必要)

⚫️NOVA決済の代行会社BKFLの電話番号が分からないし記載無し消費者センターも直接交渉出来ない‼️
この時点でもうアウトなんです。
繰り返し述べますが、NO-VAの公式サイトを見ても、住所・連絡先・メルアド・電話番号の無い地点で怪しすぎですよね。住所と連絡先は英語版でなら見れますが、メルアド・電話番号は会員じゃないと見れません。
FLMの時以上にその点では悪質になってます。
本性を晒しましたね。

 

これらの件は以下の様に記事にまとめました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

消費者センター後の話
期限過ぎても

 

AEアフィリエイトの参入者は
AEサポートセンターに

 

FLMアフィリエイトの参入者は
FLMのサポートセンターに

 

NOVAアフィリエイトの参入者は
NOVAのサポートセンターに

 

この時点で悪徳ビジネス
サイト見ても電話番号の記載がない時点でアウトとの事
必要な物
・時系列の内容細かく参入した時の状況流れ
・クレジットカード
・印鑑(シャチハタNG)
・封筒A4(三つ折りにする)

 

ダメ元でも消費者センターに行くべき。相談をするときは自分の地元の窓口で行いましょう。
2月参入の人が参入直後でクーリングオフをされた方の情報ですが
消費者側が調べたらNOVAの返金のクーリングオフのサイトが出て来た!
21日間のクーリングオフ期間を過ぎてから退会したら返金出来ないと言われてますが
21日後のクーリングオフ可能です‼️‼️‼️‼️

 

🔴法律だと特定商取引法40条と通則法11条に引っかかるそうです。
海外の会社などが日本人相手に日本で営業する場合、日本の法律に沿ってやらないといけないそうです😅💦(笑)
スタートアップの講義では、日本法人をNO-VAは置いてないから書面交付は不要と教わりました。
結局、我が国の法律に従わないといけないんです。
今回のようなケースは本来書面が必要ですが発行していないこと。上記の日本のルールに沿っていないこと‼️‼️‼️‼️‼️
この2つが違反としてクーリングオフを主張できるそうです🙌🏻
何故なら
「書面がないでしょ?」って
消費者センターが話してきた
それが法律違反ですとの事。
私も昔はよく情報弱者だったので騙されてましたね。ブックメーカーオンラインカジノも全く知りませんでした。
マルチに似かよわせたやり方がNOVA

 

今までは書面交付が不実施だった事の証拠をここに載せます。無かった事にはさせませんよ。

 

f:id:yutaherrmizuno:20200109234539p:plain

 

重要なため、再び言います。

入会金の10万、20万円相当の商材が無いゆえに NO-VAはマルチ紛いですね。
騙されないでください。
勉強と知識をつけましょう!
情報弱者がカモられるので💦
説明会の場所で約20万、約10万の決済した。
でも、今の段階で決済したオフィスがなくなった時点で詐欺らしいですし
消費者センターいわく。
これで返金の可能性が上がります
カードによっては対応出来ない所もある。
私も池袋・新宿御苑・大久保でやってました。
ですが、池袋・大久保オフィスは今存在してないです。
それでもやり続ける方は頑張ってください。
一生稼ぎにくいシステムで何年も勧誘活動を続けられてください。
警察がマークしてるのは事実
やられる前にNOVAから名前は変わるし
オフィスも移転したりすると思います。

実際、大久保オフィスが閉鎖して大塚オフィスに移転しました。

 

インスタのコメント周りで
「インスタグラマーになりませんか?」
って言う勧誘行為でオンラインカジノの話は詐欺です。
インスタグラマーの内容じゃないから!わら
一般人でインスタグラマー詐欺が出回ってるらしいです!
これで勧誘された方は訴えましょう!

この不実告知は特商法連鎖販売取引の項目に違反です。

 

f:id:yutaherrmizuno:20190515214223j:plain

 

インスタグラマーとは名ばかりで、実態はインスタのアカウントを使ってウソのキラキラアピールを通してお金持ちのフリをしてるだけ、入会金を支払う情報弱者を集めるだけですからね。

 

ちなみに、2020年1月10日からNO-VAで書面交付がやっと行われるようになりました。ご注意ください。この件は以下の記事に載せています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

特商法の解説に関しては相原さんも取り上げていました。

youtu.be

この方は、別の記事でも取り上げています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

次回は賭博関係の法律からNO-VAの違法性を考察していきたいと思います。

 

この記事の続編はこちらから。

 

 

antinova.hatenablog.jp

上から下まで嘘を吐くNO-VAの会員たちの実態も載せました。

antinova.hatenablog.jp

 

クーリングオフを過ぎてしまった人や、クーリングオフしたけどNO-VA以外で副収入が欲しい人はこちらの記事もご覧ください。

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

ws.formzu.net

 

NO-VA被害者を救います15 『道は開ける』その11 「批判への対処法」 突撃時の内部情報も

f:id:yutaherrmizuno:20210114113945j:plain

毎度おなじみの『道は開ける』です。

 今回も『道は開ける』の中に書いてあった事を元に記事を作成していきたいと思います。この本に関しては以前の記事で取り上げましたので、こちらをご覧になり購入をなさってください。

 

antinova.hatenablog.jp

 さて、今回はその中の「批判への対処法」を取り上げたいと思います。このブログで散々取り上げた通り、NO-VAも悪徳マルチに分類されますし、調べれば沢山批判が出てきます。それらに関して現役の会員達は別のビジネスに誘導する為の戦略、自分たちが儲かっているからそれだけ批判されている等と言ってごまかします。有名人が叩かれているのと同じとも話しています。この様な逆風に関して、NO-VA信者からすれば不当な批判になるかと思います。

何か成果を上げたり目だったりすれば、それだけ他人から注目されている事にもなります。その批判によって、卑しい人間は下劣な満足感を味わいます。これは裏を返せば結果を出した人に対する賛辞でもあります。不当に叩かれて嫌になるかどうかは人次第です。

確かに私もFLMに参入してお金に関する知識を付けるなどして成長したと思う事はあります。私が世話になった人もあのお陰で鍛えられたから今こうして仕事で来ているとも言っています。実際、派閥単位で多くの人を勧誘して大きな組織を作れた人、ズルもあるとはいえ僅かに稼げている人が居ます。この者達については以下の記事をご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 ですが、不当な批判だけを受け流すべきであって、正当な批判はちゃんと受け入れなくてはならないのです。人間は褒められる事はすんなりと受け入れ、批判に対してはしっかりと検討もせずに勝手に憤ってしまいがちです。私もそのような感情に流されがちですし、人間なら誰しもそうなります。人間の理性は完璧ではないですし、間違った判断をしてしまいます。悪く言われたとしても自分を正当化せずに、真っ当な批判は受け入れ、それを直すようにしたりそこから学んでいく様にしましょう。それから、誰かから批判される前に自らを批判してそれを直すようにするのです。自分は絶対的に正しいと思ってしまうと、理性万能主義に陥り左翼思想に染まってしまいます。保守と左翼の思想の比較に関しては以前の記事にも少々述べました。

 

antinova.hatenablog.jp

 私自身も自分の考えは常に正しい、周りが絶対に間違っていると思い込んでしまう事がありました。ですが、他者からの批判もなるべく受け入れるようにして、自分自身を改善し結果的に良い方向に向かった事もあります。私の事を強く非難し、激怒してきた人もいました。その経験を当時の私は不快に思っていました。こうして振り返ればあれがあるから現在の自分があると思えるようにもなり、今となっては感謝しているくらいです。仮に私を拒否し糾弾してきたその人が情けをかけて声をかけてきたら、「あの時はありがとうございます。全然憎んではいませんし、そのお陰で今の私があります。」と話すつもりです。

しかしながら、NO-VAの会員たちは上の人たちの言う事は絶対的に正しいものと思い込み、すっかり洗脳されています。本人たちも真っ当な批判や疑問に対してはまともに答えられていません。これを如実に示す動画や記事は以下に挙げます。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

youtu.be

おとりで潜入の男性の方は、わざと不安そうになって検討しているフリをしていました。それに対して長々と女性会員たちは説得を続けて駄々をこねています。数少ない自分の報酬が掛かっているわけですから、必死になっています。ですが説得も空虚で論理性を欠き、ボロも出ています。会社の事についてもグダグダな回答しかできていないです。私も現役の会員でそういう潜入をされたら、そうなっていたでしょう。この時の突撃に関して、改めて新宿109さんは動画にしているので、そちらも併せてご覧ください。

youtu.be

 

youtu.be

 

これらの動画は以前ライブ配信YouTubeに流されていた時のものですが、オフィスの内情やこの動画の為の編集もあり、これはこれで面白い物となっています。特にNO-VAになってからの説明会の録画は貴重ですね。FLM時代の説明会の動画はYouTubeに載せられていましたが、NO-VAに変わってからはアップされていませんでした。これにより、FLMもNO-VAもやっている事は同じである事が証明できたとも言えます。説明会の担当者はNO-VAに出会ってこんなに自分が変わったと言っていますが、これは以前からずっと続けられている言い草であり、セミナーでも同じ事が話されます。それをあたかも無条件に良いと下の会員は見なしています。

 

この様にしてみると、悪しき宗教とは現在生きている者(教祖)などを絶対視してそれを崇める事であると言えます。これでは自分や上司の言動に疑問を持てなくなり、外からの批判をろくに受け付けなくなりますし、その検討もしようとしません。NO-VAの洗脳が続いて損失を被る人が次々出るのも納得です。関わってはいけない事もよく分かりますね。

 

以上でこの記事を締め括ります。

 

何かありましたら、相談フォームにお願いします。

 

ws.formzu.net

NO-VA被害者を救います14 『道は開ける』その10 「休息を正しく取る」Dr.ヒロさんの動画を視聴しましょう

f:id:yutaherrmizuno:20210114113945j:plain

毎度おなじみの『道は開ける』です。

この著作に関連した記事も10本目になりました。この本に関しては以前の記事でご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

今回は休息について取り上げたいと思います。休みを取らなければ、仕事の効率性が落ちるのは周知のとおりです。疲れている状態ですと、不安に陥りやすく悩みの種を増やしかねません。その結果として、健康を害したり詐欺に遭いやすくなったりします。更に言ってしまえば、他の人を不快にさせかねません。私もそれを非常に痛感していますね。

 

では、NO-VAの会員たちは休息を取れていますでしょうか。私はろくに取れていないと思います。何故なら、連日の様に勧誘活動をしたりゲームをやってはお金持ってるアピールをしたり、他の会員達と行動を共にして楽しいアピールをしている為です。下の人達に指導をしたりプレゼンを打ったりしてグループ発展やその維持をしなきゃいけない人も中にはいますし、まともに稼げないにも拘らず借金でお金をドンドン浪費、NO-VAだけではやっていけないが故にバイトもしなくてはなりません。これではストレスもたまって心も体も脳も休まりません。それを思わせる事は過去に記事にしました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 そんな精神的にも肉体的にも不衛生な所から抜け出して、真っ当な方法で生きる道を歩んだ後には、正しく休息を取らなければなりません。そうしなかったが故に短命に終わった作曲家としてメンデルスゾーンを以前挙げました。

 

antinova.hatenablog.jp

 では、正しい休息とは何でしょうか。それは筋肉に呼び掛けて休みを取る事です。無理に休めようと精神的に強張ってはいけませんが、「休もう」と呼びかけると自然と休まり、寛いだ状態になります。それと目の筋肉や神経が全身のエネルギーの内の2.5割を使っていて、目から休める事で休息を効率よく取れます。それと同時に顔の筋肉もリラックスしましょう。

 

ですが、単に筋肉や神経を休ませるだけでは不十分である事を最近思い知らされました。体という肉体的な疲れだけでなく、脳という精神的な疲れを取らなければ本当に休まる事は無いと知ったのです。

 

 それが、ドクターヒロさんの脳の休ませ方に関して動画です。

youtu.be

脳を休ませなければ、体を休めてもちゃんと休まる事は無く、能率が悪くなってしまいます。私もそのせいで仕事で失敗する等痛い思いをしました。日常的な行動をする時に自動操縦の状態に陥り、いつでも雑念が浮かぶ状態になっていたのです。道理で体を休めたり十分に睡眠をとっていても何だか休まらない気分になっていたわけです。そういった経験もあり、私は思い切ってオーディブルで『最高の休息法』をダウンロードしました。令和2年の12月に『道は開ける』をダウンロードして無料期間中に直ぐ退会していたのですが、3か月間の半額セール(’1か月750円)もあって、自分を変えなくてはと時間のある時に聴くようにしています。この本の内容をまだ全部把握しきれていない時は、ヒロさんの上の動画で言われている事を実践しています。お金の問題もあって有料会員になれない人もそうすると良いでしょう。個人的にはヒロさん指導の瞑想がツボにはまりました。たったの2分間で今現在に集中出来ましたし、脳も休まりました。

それと、脳の疲れは過去と未来から生まれると言われていました。私も同じです。当然、NO-VA会員にも非常に当てはまりますし、耳が痛い話です。何せ本職に不満を抱いてNO-VAに入って本業を辞めるも、稼げずにバイトと掛け持ちの生活で以前より困窮、収入向上などの理想を抱くもそれが見えない・実現しないという苦境に立たされます。この様な人が大多数なはずです。精神的にも肉体的にもまともに休めない環境からは離れるべきです。そうした後の復帰方法はこちらを参照になさってください。

 

antinova.hatenablog.jp

 それから、生活習慣の見直しについても考えさせられました。実際、私はベッドでスマホを見る習慣があり、寝る事以外の物事をしていました。その結果、脳がきちんと休めずストレスをためる事に繋がっていたのかなと痛感したほどです。そこで私はベッドでは寝る為の場所にするよう努めています。すると、前よりかは眠り易くなり生活習慣が改善されつつあります。四六時中スマホをいじっては他の人と楽しんで上辺だけの楽しい生活を抜けて、脳を休めてケアする事を採り入れてはいかがでしょうか。

私自身はまだ、学びたてであり少しだけ取り入れたにすぎませんが、オーディブルとヒロさんの動画を合わせて脳の疲労を正しく取って生活を向上させようとしている最中です。

 

以上でこの記事を締め括ります。

 

何かありましたら、相談フォームにまでお願いします。

 

ws.formzu.net

NO-VA被害者を救います13 Dr.ヒロさんの動画を視聴しましょう ネットワークビジネスの現実を見る2

 

f:id:yutaherrmizuno:20201223213010j:plain

参入者が少ないとはいえNO-VAの被害者は未だに出ています。それに伴い、被害者一人当たりの金額も増加し、NO-VAがダメなら別のビジネスにという事で失敗した人も出ています。それは別のMLMでも同じです。そこで私は再びDr.ヒロさんの動画を用いて記事を作成したいと思います。彼については以下の記事で紹介しています。

 

antinova.hatenablog.jp

今回はネットワークビジネスの現実を見るというテーマで作成します。前にも書いた記事の姉妹編ですね。

 

antinova.hatenablog.jp

 

まずはこちらから。この動画では、ネットワークの現実を見る上ではどのような勧誘をしていて、どのように返答をしていくのかを紹介しています。

youtu.be

 ヒロさん自身、トップリーダーとしてマルチ商法のマニュアルを作っていた時、どのような反論を会員が行い、その対象はどうすれば良いのか話しています。

法律的に問題ないのかという事に関して言えば、ねずみ講こと無限連鎖講は違法で連鎖販売取引は合法という言い方ではド素人だと言っています。反論はダメという事です。そこで、ねずみ講だと思って違法性ではないかと確かに心配だったが、聴いてみたら合法だったなどと一旦共感を入れて同じ立場で主張するという方法で話しています。他にも、ねずみ講の定義をするよう要求させ、マルチ商法も会社内の社員の構造と変わらないと思わせます。ソクラテス的な「無知の知」を自覚させて、そこからビジネスへと持っていきます。ですが、説明のし過ぎもセミナー導入に繋げられない為ダメとの事で、法律的にも問題ないから聞いてみるよう促します。

その様な主張に対しては先回りしてビジネスには興味ないと言うべきだとヒロさんは主張しています。私もそのようにして断った事がありますし、そうする事で回避できました。それでも会員の一貫性や熱意の影響で話だけは聞いてやろうと思った事はありますが。

合法か否かではなく、一般社会の人からどう見られるかで判断するという事で対応すべきとヒロさんは言っています。連鎖販売取引は権利収入を餌にニセモノがすぐに横行する商売ですから、特商法で厳しく規制されるのは当然の成り行きです。人間関係をカネに変えて人を踏み台にするという見方も不可では無いのですから、世間的には良い様に思われないのもやむを得ないです。それでもなお、ネットワークビジネスという形式でやっていける会社というのは余程良い製品を扱っていて、会員の品行方正も余程いい人でないと無理があるという事です。どうしてもやるのであれば、その様な人に付いて行きましょう。

私はどのくらい稼げているのかという答えに対しては月に数万円で、後はどんどん増えていきそうと答えていたのをよく覚えています。ですが、嘘では無く更にぼかして順調だしこのまま行くともっと稼げてそうと答えるようマニュアルを作成していたそうです。そのような会員の主張に対しては明細などを見せて本当に稼げているのか確認させるのが大事との事です。私もFLM時代はその様な明細を見せる立場じゃなかったですし、自分よりも上の人もいくら稼いだのかの証拠は見せていません。他のビジネス特に投資系ですと稼いだ証拠を見せる事はありますが、それが持続する見込みの無い確率が高いので注意しましょう。

youtu.be

この動画では、マルチ商法でのセミナーの裏側を紹介したものとなっています。勿論、NO-VAにも該当です。たとえ上のタイトルを取ったとしても交通費も宿泊費も自分が負担しなければならず、ギャラはゼロである事を冒頭で言っていました。これらの事自体が驚きですし、上の称号を取ってもブラック労働になってしまうのかと感じさせられます。しかも、普通の上位タイトルの人には手当の福利厚生が無いという事を考えると、会社勤めのありがたみが如何に分かるかと思います。感謝の心については以下の記事で取り上げました。

antinova.hatenablog.jp

 そのような厳しいマルチ商法の事情の中で、NO-VAにおいて特例で優遇されている人には怒りを覚える一方、その人たちは特権を与える人が居なくなったら何も残らないのかなと思えてきました。その人たちに関しては以下の記事で取り上げています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 その次に、事業・新規会員向けの説明会について説明されていました。会員がそれなりに集まっている業者ですと、何回も聴いて自分たちのビジネスや商材・仕組みを覚える為に既存の会員が聴講します。新規の人はなるべく前で聴く事が多いです。私も、FLMや別の団体で年齢層が高めのセミナーにも参加しました。NO-VAも新たな会員へのトレーニングがなっていないとこの動画を見て感じましたね。スキルアップセミナーに関しても私はFLMやNO-VAの時に受けましたし、どうすれば会員を獲得できるのかや考え方を教えます。ですが、今振り返ると時間を割いてまで有益かどうかと言われると疑問です。この動画を見てその事情が分かりましたし、大した収入の無い講師の話を聴いていてもそこまで得にならない事が思い知らされます。ただ、私は人工知能やコロナの兼ね合いで、貴重な経済としてマルチ商法はある程度の意味があるとは言えます。権利収入であるか労働収入であるかは別として、その収入が一定額ある事は悪い事では無いと私は思います。実際、本業を持ちながら副業として連鎖販売取引をやっていてそれで収入を得ている人も見ています。その人は自分は特別ですごいというアピールをして発信をしているという感じではありません。

1日セミナーはNO-VAにも似たようなものがありましたね。以前の記事にも書きました。

antinova.hatenablog.jp

 それは午後の13時ごろから17時ごろまでが開催時間だった為、半日セミナーと言った方が適切ですが。別の会社ですと、文字通り1日中セミナーを開催していたり、合宿という形式で数日行う所もあります。リーダー陣はこの大規模なセミナーの為にチケットを売り込んでいたのをよく覚えています。他の人を誘うようにも促されましたね。大規模セミナーの時の連帯感と壮大さは私も忘れられませんし、今振り返ると洗脳して私利私欲の為に動かす為の一環だったのかなと思います。

ここでNO-VAの半日セミナーに話を戻します。NO-VAでも事業・新規会員向けの説明会がまずは行われ、その次に勧誘のやり方が説明されていました。その後には古参の上位タイトル保持者の講演が行われました。1日セミナーであることを理由に特別素晴らしい事は話されません。どの講師もすべて正しい事を話していると思い込んでいただけに、ヒロさんの話す裏側を聴いて改めて冷めましたね。

他にも表彰式や目標宣言について話されていました。前者に関しては、私自身もセミナーで実際に見ていますし、こんなにタイトルを達成しているのかと羨ましく思う事もありましたし、あの人たちは皆すごいと私は思っていました。ですが、実際にはあまり稼げてない人ばかりで大したことが無いのは前にも述べた通りです。タイトルを持っているだけでみんなが絶対的にすごいと思っていた自分が恥ずかしくなる余りです。後者に関しても色々な人が手を挙げて目立とうとしていたのをよく覚えています。声に出す事で自分の目標を明確にしたり、達成させやすくなると言って運営側も煽ります。そうして目立った会員たちは興奮して話をして会場がお盛り上がります。私も手を挙げて何か言おうとしていましたが、何も言えずに終わってよかったです。今振り返ると異様でした。話が長過ぎかどうかやその内容や質についてもあまり考える事はありませんでした。薄々同じような話でメモを繰り返し取る必要があるのかとほんの少しだけ思った事があったにも拘らずです。

アフターに関しても派閥ごとにまとまって行った事はあります。私はバスケ観戦の関係でアフターに参加しない事の方が多かったですが、同じFLMの会員と親睦を深める目的で何回か行きましたね。そのお陰で未だにやり取りをしている人は何人かいます。ですが、下手な話の講師が自分の言ってた事の上書きをしてたのはウケました笑 初耳ですし、案外ハッタリだけなのかなと思いましたね。私は井上さんや笠井さんとアフターで一緒になった事がありますし。今思い起こせばそこまですごいオーラは出ていないかなと思いましたね。演出と雰囲気だけで見事に洗脳が出来るとは恐ろしいばかりです。

参考までにマルチ商法セミナーの再現動画です。

 

youtu.be

ヒロさんだけでなく、別のマルチ商法の元成功者さんもお話をしています。司会はヒロさんの現在の奥さんです。ただし、マルチ商法の現役だった頃の心境を思い出しながら話しているので、現在の本音とは違う事には注意です。NO-VAにも十分当てはまりますし、ある種の有益さは感じられてもお金を払ってまで受ける価値はあるのか?という感じですね。本やインターネットの啓発系のやつにも普通に書いてあるようなことばかりが言われているに過ぎないです。「1日を全力で生きる事」は『道は開ける』にも似たようなことが書かれていました。この著作についてはこちらをご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

内容的には、貯金はせずにブランディングに投資をしていくという姿勢には特に驚きましたね。これではあっという間にお金がドンドン無くなっていきますし、搾取の泥沼にはまってしまいます。そこから更にアポを取って勧誘活動を行っていき、どのようにしてやっていくべきか・逆風で批判されてしまった時の対処法などグループやその運営方法の指南も話されています。私もそんな感じでやってたなと薄っすらと思い出しました。私は一人も参入させられなかったので、組織作りに関しての話は無縁なものでした。その上、借金をしてまで不労所得を得る為にこのビジネスをやるべきだという声にも懐かしいと同時に改めて驚きましたね。これこそNO-VAを初めとする悪徳マルチとそれらを取り締まる為の特商法なのかなと思えてきました。幸い、私のグループでは参入費以外の借金や消費者金融の利用は強要していなかったので、本当にそこは良心的でしたしお世話になった人にはその点でも感謝しています。

 

NO-VAをはじめとするマルチ商法セミナーはそこまでお得なものではなく、高い?チケット代に見合った価値ほどではない事がお分かりになったかと思います。

 

以上で今回の記事を締め括ります。

 

何かありましたら、相談フォームにまでお願いします。

ws.formzu.net

NO-VA被害者を救います12 『道は開ける』その9 音楽家の例を自分で挙げてみた

 

f:id:yutaherrmizuno:20210114113945j:plain

毎度おなじみ『道は開ける』です

何だかんだでオーディブル版の『道は開ける』も13週目となったこの頃です。この著書については以下の記事で取り上げていますので、ぜひご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 さて、今回は音楽家の例を挙げて自分でちょっとした続編を作ってみようかと思います。デール・カーネギー自身、『道は開ける』の中でクラシック音楽の人物を引き合いに出していました。そこで私もそれに倣って何人かの音楽家を挙げていきます。私がクラシック音楽に嗜みがあるのは以前にもチラッと述べました。ホームページ作成コンテストのテーマにワーグナーという作曲家を選び、それが入選した事はこちらをご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 『道は開ける』に倣って音楽家の例を挙げる為、その著書に文体を合わせます。古谷徹さんが朗読しているのを想像なさってください。そうすればスイスイと読めるかと思います。

 

満ち足りた人生を送るという意味ではシューベルトも良い例だろう。かの歌曲「魔王」「野ばら」「鱒(ます)」で有名なあの作曲家である。シューベルトも貧しかった。それ故に年に数回しか風呂に入らず、口臭も酷いという有様だった。当然、女からモテるわけがない。だが、男からは人気者で貧しい者同士でシューベルトにお金を出して支援した事もあった。結果、シューベルトは仲間内では非常に支持され、少人数で演奏する音楽に関してはお手の物となり、ドイツ語の歌曲に至っては約600曲もの作品を残したのである。その上、シューベルトには金銭欲が無く人柄も良かったため、貧しいながらも仲間に恵まれ、好きな音楽を作ったり演奏したりして本人は満ち足りた人生を送れていたと言えよう。自分らしく生きて音楽を作り、それで周囲の仲間を喜ばせられたのだから。ただ、シューベルトチフスが原因で31歳という若さで1828年にこの世を去ってしまったのだが。

要するに経済的には決して恵まれていなくとも、自分の好きな事・やりたい事が出来てそれなりに満足出来ればそれで良いという例をシューベルトは示していると言える。自分の持たざる事を嘆かず、持っているものを活かして自分らしく生きていければ問題ないのだ。それと同時に彼は、ただ単に現状に満足をするだけでなく窮乏から抜けようと努力をしなければ、短命で終わってしまうという反面教師でもある。シューベルトに関しては音楽の才能があってもそれを売り込むだけの力が無かったのもあって、貧困に喘いでしまったのだが。

同じロマン派のメンデルスゾーンの事もここで挙げてみよう。あの「結婚行進曲」やピアノソロの無言歌で有名なあの作曲家である。シューベルトとは対照的に、由緒ある生まれで皆が思い浮かべる富裕層の実例であった。シューベルトに限らず大体の作曲家は平民出身であったが、彼の家系は金融業で成功を成し自前の劇場もオーケストラも抱えていた程の特権階級的な富豪である。メンデルスゾーン本人も教育には何不自由しなかったし、バリバリ働いてバッハ振興や指揮棒の正式な採用など音楽業界において多大な貢献をしている。皆が知っているあのバッハが世界的にも有名で誰もが知っている偉大な音楽家であると認知され、今日も良く演奏されているのはまさしくメンデルスゾーンのお陰だ。ハンサムで道徳的な品行方正も良かったし、女性にもモテた。結婚もして4人の子供にも恵まれた。その家系も未だに続いている。

だが、彼はユダヤ人であった。それ故に他の作曲家とは違って差別を受けた経験もあり、自分の幸福と富を失うのではないかという恐怖に付きまとわれていたのだ。下手に新しい事に挑戦して失敗し、そこから這い上がるという選択肢を選べなかったのである。その為、音楽的には時代の潮流に逆らって自分の感情を素直に出さず、洒落た色気のある心地よい音楽を作ろうとしたのであった。ワーグナーの様な代表的なロマン派の音楽を比較すれば瞭然であろう。更に言えば、メンデルスゾーンは非常に多忙であった。この事自体は悪い事ではないが、彼の場合は休むことに罪悪感を持ち、ろくに休息を取らなかった。その結果、自分の姉の後を追うかのように1847年に38歳という若さでこの世を去ったのだ。本人自身はより良い名声を求めていた上に死の直前に「ひどく疲れた」と言っていた。メンデルスゾーンが世間的には比較的良い様に評価されていたにも拘らずだ。

世の中には超多忙で寝る暇が無い人もいる。そういった人が皆、短命に終わる訳では無い。メンデルスゾーンの場合は不安への対処も休息もろくに出来ず、それらが命取りになった例であると言えよう。どんなに世間体が良くて裕福であっても、心が満たされなければ意味が無いのだ。

 

多忙にすることが不安解消になる事はこちらで述べました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

自分の持つものに着目する事については、こちらの記事を参照になさってください。

 

antinova.hatenablog.jp

 不安解消に関してはこちらをご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

これにて今回の記事を締め括ります。また音楽家を例にして記事を作成する事もあるかもしれません。

 

何かありましたら相談フォームにまでお願いします。

ws.formzu.net

『隷従への道』を読んだらNO-VAもレイジュウへの道まっしぐらだった件

f:id:yutaherrmizuno:20210223170720j:plain

今回は保守思想とその界隈で重宝されるフリードリヒ・ハイエクの著作を取り上げます。ハイエクは1899年にオーストリアのウィーンに生まれ、1992年3月23日にドイツのフライブルクで亡くなった哲学者兼経済学者です。彼は古典的な自由を重んじ、共産主義などの国家による行き過ぎた統制や理性万能主義を忌み嫌いました。その最たる著作が『隷従への道』です。何人かの訳者による翻訳が出ているくらい、ハイエクの本の代表作となっています。残念ながら、彼の著作の多くが高価で絶版となっていて、そうそう簡単には入手が出来ないものとなっています。保守系の哲学者の本は日本の学校教育では軽視されがちであることを象徴しているとも言えます。その事については、以下の記事にも言及しました。

 

antinova.hatenablog.jp

この記事では『隷従への道』を取り上げます。この著作は第二次大戦真っ最中の1944年に出版されました。大雑把に言えば共産主義の様な統制経済の下では社会が破綻する事を書いたものであり、資本主義と共産主義の対立が出ていた当時の頃から現在に至るまで通じる内容です。古典的な自由主義がいかに人間社会で重要であるかが分かります。この著作は資本主義の擁護でよく引き合いに出されます。結果的に共産主義国家が次々と破綻していく世の中の流れもあって、ハイエクノーベル経済学賞の受賞もしました。ですが彼自身は合理主義に対して批判的だった関係上、資本主義に対しては手放しに肯定したという訳では無かった感じです。資本主義なんて合理的に稼ぐ事が絶対的な善と見做されますから、その経済に対しては多少批判したかったのがハイエクの本音でしょう。資本主義も共産主義も合理主義経済である事には変わりが無い、とハイエクは心のどこかで思っていたのかもしれません。こちらから私が持っている翻訳版の『隷従への道』を入手できます。この版では『隷属への道』と訳されていますが、ここでは敢えて『隷従への道』と表現します。その理由は後で述べます。

さて、『隷従への道』の詳しい内容に入りたいと思います。このページではNO-VAに通じるものがあると直感的に思った文章を取り上げたいと思います。著作権の関係上、全文を転載する訳にはいきません。ご了承ください。

 

この本においては社会主義が自由と結びついた事が述べられました。マルクスの『資本論』に書いてあった様な事(これは私のうろ覚え混じりですが)や左翼的な人の意見を述べますと、資本主義社会では合理的に金儲けをしようと資本家が労働者をこき使って安い給料で奴隷の様に働かされます。その様な苦境から自由になる為に労働者たちは団結して、資本家を倒し自らの手で自由と豊かさを手にしようではないかと言います。洗脳ですね。その為には、資本が特定の者達によって独占されて搾取されないよう、中央機関が全てを管理して統制し人民が全員平等に扱います。結果として経済的な問題もそれでもって解消させるのが共産主義国家の方法論です。

ですが、ソ連を始め実際には困窮と閉塞感を生むばかりで程度の差はあれど一般国民全員が平等に貧しい状態、ごく一部の当局の特権階級のみが富を独占し悉く破綻していきました。現在の北朝鮮も反面教師です。ずっと自由に経済活動が出来ない以上は、その発展も滞るばかりですし、国家の頂点たる政府が絶対視されそれに頼らざるを得ない上に、それに逆らう事は死を意味しますからね。その一元的な計画体制では、統制による平和とそれをもたらす者が唯一無二の主権者ですから道徳もへったくれもありません。生き延びる為に、当局にゴマすりをするものも出てきます。中央当局による恣意で更なる搾取が繰り広げられ、職業選択などの自由が無くなって餓死者も続出です。本当の自由を求めて国外脱出をする人も多く出ましたね。

 

NO-VAを北朝鮮と一緒にするなと信者は言うかと思います。ここまで自分で見聞きした事実に基づいて述べていきましょう。NO-VAの会員は何かしらの経済的ないしは時間的な不満などにつけ込んで、権利収入を得ようなどと言って一般人に勧誘を行いますね。今までの記事で散々言ってきたとおりです。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 そうして会員集めを行うと、皆で自由に楽しくやってもっと稼いで行こうという雰囲気が生まれます。ですが、それも虚飾でしかなく上層部の都合のいい様に働かされている奴隷の一部でしかありません。副業で始めたはずがNO-VAでの成功の為に、本業を辞める事になってバイトとNO-VAの勧誘を延々とさせられることになり、前職以上の貧しい生活を強いられます。そのような苦しい生活を暴露した投稿は過去にも載せました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

何としてでもお金を得ようとする為に外の人間に対しては嘘のアピールを行って、人間的にも乱れていき破綻していきます。チーフやディレクターといった上の人達は自分の給料の為にあれやこれやとセミナーを行い、外の世界が見えない様に洗脳していきます。そうすると増々NO-VAという狭い枠組みにのめり込んでしまい、道徳もへったくれも無い金儲けしか考えられない集団が出来ます。しかしながら、現実を見ると稼げているのは黒幕と奴に贔屓されている上の会員だけで、その稼げていると言われている人も上の人から特例報酬を貰うなどして優遇されているではありませんか。それらの実態は以下の記事でも紹介しました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

NO-VAの入会金は一先ず頂点たる澤田聖二に集中し、全てが奴の裁量で運営されています。澤田に気に入られた者が富を独占し、それ以外は全員平等に貧困にあえいでいます。これぞまさしく隷従への道ですし、会員たちはもはや霊獣に成り下がっています。これが「レイジュウへの道」と表現した理由です。その為には男も女も上に媚びを売っていますし、結果として何としてでも自分は稼ぐという意識が働いて仲間内でいがみ合いが発生です。女の場合は体も売るというのですから、恐ろしいばかりです。霊獣に成り果てた会員たちの実態は別の記事にも載せてますし、NO-VA突撃の勇士たちも自分のアカウントで紹介しています。併せてご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 このような有様では、元プロデューサーでさえもNO-VAないしはその前身を抜け出したくなるのも納得です。要は、NO-VAはソ連北朝鮮)顔負けの独裁組織であると言えます。破綻寸前の状態ですよね。資本主義及び共産主義がどちらも合理主義経済であり如何に人間社会の弊害となっているかがこれにて証明出来ました。

 

以上でこの記事を締め括ります。

 

何かありましたら、こちらの相談フォームからお願いします。

ws.formzu.net

NO-VA被害者を救います11 『道は開ける』その8  自分の持つものに着目し、感謝する

f:id:yutaherrmizuno:20210114113945j:plain

毎度おなじみの『道は開ける』です。

今回も『道は開ける』を記事にします。この著書については以下の記事で最初に取り上げましたので、まだ読まれていない方はこちらをお読みになってはいかがでしょうか。

 

antinova.hatenablog.jp

 さて、今回は『道は開ける』の中から「自分の持っている者に着目する」を取り上げます。よくよく考えれば普通の人は様々なものや恵みを享受できていると言えます。目が見える事、耳が聞こえる事、普通に手足がある事など数多の事が備わっています。正規雇用として普通に仕事ができる事も当然挙げられるでしょう。ですが、その様な事に関してどうしても人間は感謝を忘れがちですし、自分の持っていないものを嘆きがちです。お金が足りない、時間が無いなど愚痴ってしまいます。

では、そのお金を得る為に自分の臓器や体の一部を差し出す事は出来るのでしょうか?そんな事は通常、出来るはずが無いですよね。世の中にはそれを平然とやってのける国も存在します。その様な状況下に我々は置きたくないですし、そんな所に居なくて良かったと思いますね。そうです、何か辛い事があったら今ある自分の恵みに注目すべきなのです。私自身も人間関係をぶち壊しにするのではないか、人を傷つけるのではないか、自分の財産を失ってしまうのではないか、盲目になってしまうのではないか等々多くの事で苦しむ事もありますし、不安にとらわれます。ですが、その不安も段々と消え失せるようになり自分の持っている物事に執着するからこそ、それらがある事に感謝を覚えます。それらが自分の良い所でもあると目を向けられます。自分らしく生きる事にもつながっていきますし、天の神々の恵みがそうさせている事を考えると、悩みが馬鹿らしくなってきます。その様な宗教的な視野を持つべき事は以前の記事にも載せました。

 

antinova.hatenablog.jp

今自分が持っている物事だけでも解決しない場合は、自分の不安や悩みを分析して解決させるなり、それらを思い出さないように努めましょう。この事は、別の記事にも載せました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

以上の事柄の実践により、自分の悩みや不安は解消され搾取や詐欺を働く者に対して隙を与えなくなります。

 

それから、感謝という事に関係して我が国の文化にも触れます。日本という国には神道があり、その中で大切にすべきは祖先祭祀すなわち先祖への感謝とその伝統への敬意・八百万の神々であると「健全かつ宗教的な視野を持つ」の記事で述べました。その為には、神社の文化について現地で見聞きするだけでなく、日本神話にも慣れ親しむ必要があります。JDIグループの人は花園神社を初め各地で自分たちのビジネスが発展して儲かるようお参りに行きますが、上層部からして私利私欲に塗れていて、品行方正も良くない為これでは罰が当たります。上位会員に関してはこちらをご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 日本神話と言えば、『日本書紀』や『古事記』でヤマトタケルノミコト日本武尊)をはじめ、日本人に馴染み深い名前の神が登場します。にも拘らず、一般的な学校教育、特に義務教育では非科学的である事等を理由に教えません。流石に日本神話を現実に存在した歴史として真に受ける事は出来ません。ですが、それらも我が国のれっきとした文化であり我々の根源です。各国の神話が実際の歴史の投影であり、それぞれの国の文化や歴史の一部であることを考えると、我々も我が国の神話を正しく学ばなくてはなりません。こちらに『古事記』『日本書紀』の現代語訳のブログを載せます。

nihonsinwa.com

以上でこの記事を締め括ります。

 

何かありましたら、相談フォームにまでお願いします。

 

ws.formzu.net

祝80本目 澤田聖二の本を買いました 近況報告も

令和3年(2021年)2月27日をもってこのブログは2周年を迎える事になりました。

 

振り返りは以下の記事ですでにしました。

 

antinova.hatenablog.jp

 ですが、そこで述べ忘れていたことをここで述べます。立ち上げ当初は勿論、アクセスなんて全然来ません。仲間内のLINEのタイムラインで拡散しあってアクセスを伸ばしました。その結果、ずっと疎遠だった女性のグループリーダーの伝手でこのブログに相談を寄せた方がいて、非常にうれしくなったのをよく覚えています。その元リーダーさんとはたまにやり取りをする仲となっています。更にその人の派閥にいた人のお陰で真っ当な連鎖販売取引の会社も知る事になり、その事に関しても感謝しています。

 

さて、最近になって重大な事を知りました。それは澤田聖二についてです。現在の私は、NO-VA壊滅を目指して情報共有を進めています。

そうやって情報を収集したり、提供したりしていく内に他の方のお陰で澤田聖二の顔写真を入手しました。肖像権の侵害やらで文句を言われないようにするために敢えてここでは載せません。噂に聞いていた通りカリスマ性があってオシャレそうな風貌をです。といっても、それはクラブイッツをやっていた20年前の頃の写真ですが。奴は『夢があるから走って行ける』という本をその時に出していて、それに載っていたと聞いてつい最近アマゾンの中古で衝動買いしてしまいました。何故なら、澤田に関する重大な情報も記載されていると勘づいた為です。そのプレビューの写真にはちゃんと澤田の顔写真も載っていましたし、奴の経歴もちらりと記載されていました。それによれば、澤田は練馬区出身との事です。既に被害届を出すなどして情報提供を終えた人もこの情報も後日伝えて損は無いと思います。何なら練馬警察署にも伝えても良いかもしれません。澤田の親が今も存命で、その親族や関係者が練馬区に住んでいる可能性もある為です。

澤田聖二に関しては過去にこのブログで取り上げましたので、その記事も併せてご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 『夢がるから走って行ける』は今、絶版で中古で購入するしかありません。

 

最後に私の近況報告を致します。

 

以前の記事ではホームページ作成コンテストに再びエントリーした事を話しましたね。

antinova.hatenablog.jp

残念ながら三番のルシファー・リトレーンは次回に持ち越しとなってしまいました。ですが4番の噴霧器の方は無事、審査の対象となり難航した審査の末に入選しました。

f:id:yutaherrmizuno:20210227094748p:plain

みずぴょんが私ノーヴァ・バスターの事です。

 私の為に今まで応援してくださった事には深く感謝しております。これにより私は新たな道を切り開けます。

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

何かありましたら、相談フォームにまでお願いします。澤田聖二の顔写真もそこ経由で提供できます。

ws.formzu.net

 

NO-VA被害者を救います10 相原さん・Dr.ヒロさんの動画を視聴しましょう ネットワークビジネスの現実を見る1

f:id:yutaherrmizuno:20201223213010j:plain

コロナウイルスの影響で、前にも増してニセモノのマルチ商法が横行しているのはご存知かと思います。相原さんやKENZOさんの突撃動画にもそれは表れています。彼らについては以前の記事にも取り上げましたので、そちらもご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 コロナの影響でマルチ商法がどうなるのかについてDr.ヒロさんは語っていました。

 

youtu.be

ヒロさんもおっしゃる通り、コロナの影響で家にいる時間が増えたり、副業を考えている人も多く出ています。それに乗じて連絡を取り、単に心配するだけでなく何かしらのお得情報を与えて親しませて、不安を聴いてあげるという手法を用いています。コロナ以前の私もFLMにいた頃、その様にして誘導する事を教わりました。そうして関係性を築いた上で、説明会へと誘導していくのです。

マルチ商法のオンライン化も実際に進み、生講義を受けずともZOOMを使ってセミナーの受講も解禁されています。私も別の会社でその類のセミナーを受けた事があります。尤もFLMこと現NO-VAは2017年の地点でZOOM配信の説明会・講義が実施されていましたが。これは日本全国の人間を勧誘の対象とする為の処置でした。ですが、前にも増してNO-VAもオンラインでの活動に力を入れ、この情勢に乗じた勧誘を行っているのは事実です。この事は別の記事にも載せました。

 

antinova.hatenablog.jp

 それから、コロナの中で実地で人を集めるところもあります。NO-VAのグループにもそういう所はありますね。コロナウイルス自体が詐欺で茶番だいう声には私もある程度は賛同できます。「一定の警戒はしつつ過敏にはならず」という姿勢が正しいです。しかし、それを良い事に洗脳の機会を作り、私利私欲の為に人を動かそうとしているので、気を付けて下さい。更に、不安を煽りまくって入会金を払わせようとしている人も一定数出る可能性もあります。引き抜きをかける人に関しても同様です。私もFLM→NO-VAと在籍していて、仮想通貨や他のネットワークビジネスに組織移動をした人を見てきました。私もその一人です。その事は別の記事で言及しています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

相原さんも緊急事態宣言中のマルチ商法の勧誘に関して注意喚起していました。

youtu.be

緊急事態を利用してカネもうけをしようとする輩への警鐘です。どのような傾向があるのかも解説していました。マルチ商法自体を全否定する訳ではありませんが、相手側から業者名などを聞き出す必要はあるかなと思います。

youtu.be

この動画ではマルチ商法あるあるのキーワードを取り上げています。これに限らず色々な言葉がありますが、NO-VAに特に当てはまるかなと思いました。

 

彼に関しては以前の記事にも載せてます。

 

antinova.hatenablog.jp

 

youtu.be

この動画では、マイク・カキハラさんの『ネットワークビジネス 9つの罠』を元にヒロさんが解説しています。NO-VAにも当てはまります。

マルチ商法がいかに難しく、罠だらけであるかをヒロさんが語っています。それは登録そのものが公平なだけで、元々成果や伝手のある人とでは全然違います。NO-VAもそれは同じでしたし、FLM時代には元々バーの経営者をやっていた会員と私とでは全然違うと痛感した事もあります。

見込み客に関しても自ら情報を求める等積極的な傾向をしている者でなくてはならないと話しています。単に情報弱者の若者を狙っている様では、搾取をしているだけにすぎないです。NO-VAがまさにそれです。

ネットワークビジネスは口コミで商品を広げると言われます。ですが、実際はそれを売り込む必要がある為セールスとなりますし、顧客と説明会の担当者の橋渡しをする人も重要となりますし、情報も直ぐに今では調べられてしまいます。私自身、その役割をしっかりと果たせず、稼げませんでした。

会社の売り上げやその報酬の還元率に関しても、一定の成果を上げないと報酬は無いですし、最上級の称号でなければ収入は沢山得られません。その様な者はごく僅かですし、連鎖販売取引ではない一般的な会社とも共通です。要するに、ネットワークビジネスをやっても実際は、普通の会社員と変わらない事が少なからずあるのです。

早く参加すれば、確かに有利な立場に立てます。ですが、本人の実力が無ければ稼ぐ事は出来ませんし、身の丈に合わない収入が入っても確かに害でしかないです。宝くじで大当たりをした人の多数が破産するなどして悲惨な目に遭う話と同じです。

上のタイトルを持っているアップライン自身も、間違ったやり方や考え方を持っている事がよくあり、真実は隠しています。私もFLM時代にそれを思い知らされました。

最後には見込み客を引き付ける為には、売り込みをするのではなく何か価値を提供していける相談役になる事を提案していました。その為には自分で勉強をして知識を付け、相談されるのを待つ事が大切だと言われていましたし、丁重に人と接する事を挙げていました、そこからも人となりが出るという訳ですね。

 

 なお、このカキハラさんもその業界を熟知していて成果を収めた方でもあります。その様な人がネットワークビジネスに関する罠を取り上げているくらいですから、それだけ要注意な形態であるとも言えます。

 何と以下の動画では、Dr.ヒロさんがマイク・カキハラさんと対談しています。

youtu.be

前者以上に後者の方が経験豊富で成果も出しているとはいえ、マルチ商法の成功者同士が対談するという珍しい企画です。この対談では、ヒロさんが今まで培ってきた会話やセールスといった経験が十二分に活かされていて、非常にコミュニケーションが上手である事が分かります。マルチ商法で成果を収める為には、会員本人に相当な能力を有していなければならない事・会社自体がしっかりとしていて落ち度が無い事・商材も真っ当なホンモノでなくてはならない事も分かりますね。

 

最初に米国の連鎖販売取引について話していました。ネットワークビジネスは1930年代のアメリカでビタミン会社が始めましたからね。その本場でさえも、マルチ商法は世間的に冷ややかに見られがちである事やその業界が消えかけている事をカキハラさんは話していました。これらの事自体が私も意外に思いましたし、これではマルチ商法撲滅と言われても仕方ないのかなと思えてきましたね。権利収入の名の元、利益をむさぼろうとする輩が多い事もその一因でしょう。トランプ元大統領もネットワークビジネスをやると言ったら、聴衆から批判されたそうです。

 

続いて、MLMではそうそう簡単には自由にならない事を二人は話していました。実際の所、上層部以外はセミナーやら勧誘やらで労働を行っていますからね。何も仕事をしなくても遊んでいるだけで自動的に収入が入るのはごく僅かです。マルチ商法で労働から脱出して権利収入だけで生活するなんて基本的には幻想でしかない事も分かります。労働収入も権利収入も重んじるのが真っ当な生き方なわけです。

 

その後には、勝機のありそうなMLM企業について話していました。格安SIMや健康食品など流行りの分野の商材について語り合っています。日本でも同じです。経営陣という視点でまともかどうかを見るべきと話しています。日本がどこにあるのか正確に分かっていないような人がアメリカには居て、そんな人が日本でネットワークビジネスの商売をやろうとしているとも話していました。その事自体も驚きでしたが笑えてきますね。そうなると、海外に本拠地を置いている業者には無暗に近づいてはいけないとも言えます。何せ我が国の事情を無視しているか、やましい理由で海外に拠点があるか、日本の事を何も知らないかの何れかに当てはまるのですから。NO-VAは当然二番目の理由で海外に会社があります。その事は、過去の記事にも載せてます。

 

antinova.hatenablog.jp

MLMでも競合他社が溢れかえっている事も話していましたが、消費者になってくれそうな見込み客が多い事や感情を動かす事も大切であるともカキハラさんは言っていました。連鎖販売取引における自由競争も営業の観点と経営の観点とでは見方が違う事、前者は真新しさで売り込み、後者は見込み客が多いかどうかで判断するという違いも理解できます。となると、ただの末端の会員が儲けるのはそうそう簡単では無く、経営者の目線ではそこそこ儲けがあればそれでいいという事になるのかなと私は思いましたね。これはオンラインカジノ業界やそのアフィリエイトにも言えるのかなと思っています。そう考えるとNO-VAの誇大宣伝の悪質さもひしひしと感じました。

 

その次には投資系のビジネスについて話していました。ビジネス経験に詳しいカキハラさんでさえも投資はニセモノばかりでホンモノは見た事無いと話していましたね。仮想通貨とかの投資で一儲けは困難過ぎる事を改めて思い知らされます。更に驚いたのは、投資のねずみ講のテンプレがいとも簡単にネットで入手できる事ですね。これはもう法律の落とし穴を利用しているとしか言いようが無いですし、投資ビジネスに関しては国際的にも規制がなされるべきだと感じました。

 

ネットワークビジネスをやる理由が大切であると最後にカキハラさんは語っていました。その際にはストーリー性で訴えるべきである事、目標意識を持つ事、気持ちだけでなく技術も必要な事を話していましたね。MLM以外にも稼ぐ選択肢は今日あるので尚更です。

 

以上でこの記事を締め括ります。

 

何かありましたら、相談フォームにまでお願いします。

 

ws.formzu.net

 

NO-VA糾弾の勇士を取り上げます3 大きめのセミナー・一軒家の説明会に突撃しました

 

NO-VA糾弾の勇士がまた突撃しました。

 
今度はNO-VAのセミナーと説明会です。
 
まずはZOOMでのセミナーから。

youtu.be

 この動画は、現役会員から入手したURLにアクセスして相原さんがセミナーを聴講するというものです。その会場は大阪で、JDIでもGGでもない人達がやっていました。全然知らないチーフの名前があったものの、大山淑美がディレクターの講師として名前が出ていたので、笠井さんの方面の主催である事が分かりました。そのURLに関しては希少性があると思います。何故なら、ウェブ上での被害報告はJDIやGGグループからのものが多い為です。井上タケシの派閥は人口集中の首都圏で活動していて、彼と関係の無い系列の人達は首都圏での活動をしない関係上、そうなるのでしょう。奴らの様な上の人たちは別の記事にも言及しています。

 

antinova.hatenablog.jp

 さて、内容に関しては思った通りさほど濃いものではなく、帰り際に聴いていてそこまで為になるものでも無く、繰り返して聴く程ではないと思いました。音が小さくて聴き取りづらかったというのもありますけどね。結局、潜入して聴いている事がバレて相原さんは締め出されました。FLMの時も説明会の動画が流出したので、これ以上漏れるのはまずいとも判断したのもあると思います。その勧誘動画がこちらです。今のGGグループのやつです。

youtu.be

 AEの勧誘説明会もほんの一部だけYouTubeにあがっていました。

youtu.be

 

これらは説明会の全編動画ではありませんが、NO-VAでもどのような事が言われているのか想像つくと思います。

 

それから、AEアフィリエイト時代のセミナーや表彰式の動画もYouTubeに載っていたので、ここに載せます。佐々木啓太という元トップリーダーの動画です。この人はネットビジネスで名を成してるそうです。

youtu.be

 

youtu.be

タイトル名や使う媒体などAE→FLM→NO-VAへと経るにつれて変遷した感はあると思います。ですが、基本的な路線は相変わらずですし、NO-VAの大きなセミナーが聴けずともその内容も察しがつきますね。その類のセミナーに関しては以前の記事でも述べました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

その様な比較的規模の大きいセミナーに、KENZOさんが突撃する事もありました。彼についてはこの記事を参照になさってください。 

antinova.hatenablog.jp

 令和3年(2021年)2月に日本橋で行われたBBS(Basic Business Seminar)の行列に向かって、KENZOさんは違法勧誘は止めろと糾弾しています。その時は残念ながら相原さんは不在でした。セミナーは当然チケットを持ってる人でないと入れないため、その時の録画・録音はありません。前編はこれです。

youtu.be

 こちらの動画では、事前に入手したセミナーの開催情報を元に現場に向かっています。その結果、行列を見つける事が出来ました。私もセミナー聴講の為に日本橋へと向かった事があります。その他にも秋葉原・西新宿・四谷で開催されていたセミナーにも足を運んだ覚えがあります。今後の開催情報の参考になりますかね。

更に具体的な内容に踏み込みますと、普通のアシスタント以下の人達は新宿109さんを無視しています。ですが、上の人達やNO-VAの組織自体に危機感を覚えた人たちは危機感を覚えて誘導したり、KENZOさんたちに集団で撮影して迫っています。威圧的なやり口ですし、これは勧誘の説明会でも行われていると考えるとゾッとします。

youtu.be

後編になっても相変わらず会員達は新宿109さんたちに迫っていますし、相原さんの代わりにKENZOさんは一人で煽っています。相原さんの方が煽りは適任ですが、いざ特商法という法律的な所を問い質すと会員たちは黙ってしまいます。違法性の核心を突かれてしまったからでしょう。

それから、上の会員は業務妨害をされたと感じて警察を呼びました。駆け付けた警官はNO-VAについてはあまり良く知らず、通報があり呼ばれた・故に状況を把握しようと公平に物事を見ようとしていた感じでした。個人的には運が悪かった事もあるのかなと思っています。この動画を見ていて、詐欺罪は物的な証拠が残らない為立証が難しい事・警官の一人一人の力量と経験による対応の違い・公安との連携の大切さを私は思い知りました。運も関わる事から糾弾する側も事前の準備を入念に行わなければ大変な事になる点も感じ取れます。単に違法なマルチ商法セミナーが行われていると叫ぶだけではダメだと痛感です。消費者庁の職員や警官も事前にセミナー情報を把握して、睨みを利かせなくてはならないかなとも思いましたね。

 

youtu.be

 

それから、相原さんと新宿109さんは新大久保にある一軒家の拠点にも突撃していました。まさに説明会をその家の中で行っていたのです。その際には囮の人も一人混ぜた上で糾弾をしていました。その後には警察も介入してその場が騒然となりましたが、学生相手に勧誘をしてその親が割り込んだ時もその動画の様な状況となっていた事でしょう。以前にも新宿で突撃があったので、その時の記事はこちらをご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 話題を今回の動画に戻します。相原さんとKENZOさんのお二人は紙媒体の書面交付が無いなど特商法違反である事を主に糾弾しています。その後しばらくして警察の方々も来ています。残念ながらKENZOさんたちは警察の方針もあり勧誘現場に入れませんでしたが、外にいる警官に事情を話しています。日本橋での警察の人と比べると対応は良い感じになっています。

更に驚いた事に、がさ入れの入ったあの一軒家のご近所さんがKENZOさんのインタビューに答えていました。そのおば様によれば、夜の騒音やごみのマナーの悪さなどで迷惑していたそうです。その方は、警察にも被害届を出した事や物音からして違法なマルチ商法をやっていると推測していた事も話しています。その人は近所の他の方にも事情を話し、警察まで来た異常事態の詳しい理由を話していましたね。近隣の人や警察・業者の関係者が連携する事の大切さ、それが如何に奏功するかを思い知らされます。この件からも連鎖販売取引をどこかでやると、周りの人は薄々察するものです。違法な業者を抑える為にも特商法で「公衆の出入りの無い所での勧誘は禁止」という条項が設けられるのも納得です。この法律を初めとして、法律面ではこちらをご覧ください。

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

品行方正の悪い会員たちについてはこちらで取り上げています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

囮を使って潜入した時の動画がこちらです。 

youtu.be

 公衆の出入りの無い所での勧誘行為・困惑させるようなやり口は禁止など特商法の規定に違反しているのが良く分かると思います。説明会や会員の説得を聴いても会社の実態がつかめませんね。それから私が現役の時も、「今考えてばっかりで迷ってても何も変わらないよ」言ってクロージングするよう教わった事を思い出しましたね。昔から変わっていないです。

 

ちなみに私が知っている他のMLMでは、拠点たる事務所内で勧誘の説明会を行う時は、事前にネットワークビジネスの説明会をやる事を告げ、説明会中は公衆の出入りが出来るように会場のドアは開け放しています。更にオフィスビル内のテナントを借りて営業をしている関係上、警備員を初めとして第3者が介入しようと思えば介入できるよう取り計らっています。他にも第三者の目に付くよう、公民館のホールなど一般人が足を運んで団体名が明示される所でも開催されます。団体名が自分たちの会社概要についても説明されますし、書面も交付されます。

それから、複数の人物の名義でアカウントを取らせて払わせる事態も横行しているとKENZOさんは話していました。真っ当な所では、名義貸し・名義借りで会員を増やしたり収益を上げる事・消費者金融などでお金を借りさせて商品をたくさん買わせることは禁止しています。現状のマルチ商法ではそのような所が多く、特商法という厳しい規制の中でも正攻法でやっている業者は少数なのが現状です。NO-VAに限らず、この手の違法な業者には関わらないようにしましょう。

 

以上で今回の記事を締め括ります、何かありましたら相談フォームにまでお願いします。

 

ws.formzu.net

NO-VA被害者を救います9 『道は開ける』その7 健全かつ宗教的な視野を持つ

f:id:yutaherrmizuno:20210114113945j:plain

毎度おなじみの『道は開ける』です。この著作に関しては、以下の記事で紹介済みですので、そちらも併せてご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 今回はその中から、健全な宗教の視野は人を救う事について取り上げます。宗教と言われますと、何か変な意味で用いられることもありますね。オウム真理教の様な危ないカルト宗教を連想させることもあります。マルチ商法にもそれはよくある事ですし、一神教の神のような者とその経典が絶対視されます。NO-VAの場合は上層部とその人達のいっている事がそれにあたります。奴らについては以下の記事をご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 それから、NO-VAの催し物でもカルト宗教の様なヤバさは醸し出ています。それらに関しては過去の記事や相原さんのTikTokをご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 ですが、デール・カーネギーの言う宗教とは健全で普遍性があるものです。それは祈りによって心が救われるという事です。それは皆さんが思い浮かべる通り、神に対して自分の願望を打ち明ける事もそれにあたります。寺院におけるお参りがその実践ですね。要するに、祈りは人間の本能であり古典的な慣習であると言えるのです。では、そのような信仰によってどのような効果が生まれるのでしょうか。

それは、心の中のモヤモヤを解消できるからではないでしょうか。神ないしは天に思いを委ねる事によって自分の心を癒す事が出来ます。それから、祈りは何も他の人に明かす必要が無い事である為、思い切って自分の悩みを具体的に神へ明かす事も可能です。そうする事によって、自分の苦悩を言葉に出来て精神的な負担が軽減するという行いに繋がります。すると、悩むあまりに自分の事しか考えられない状況から抜け出し、悩みなどの負の感情を追い払えます。その結果、自分の人生に望みが生まれて肯定的になれるのです。こうして考えると、伝統的で本能に適う保守思想はいかに有益であるかも私自身、思い知らされますしその理念に触れて良かったと思っています。こうして考察すると、デール・カーネギー保守主義者の思想も持ち合わせていたのかなと思っています。

 

ここからは保守思想という言葉を説明するために、少々深くて難解になる思想の話をしていきます。

 

なお、このような人間の理知を超えたものに対して敬意を払い、伝統国家・本能を重んじる思想を保守思想と言います。学校の社会科で習った代表的な人物を挙げると、アダム・スミスが挙げられます。逆に、今を生きる人間の理性を万能と見做し、伝統国家や本能を軽視してそれらに害をなす思想を革新思想すなわち左翼思想と言います。代表例はルソー・デカルトフロイトです。我が国の学校教育では訳ありで前者が軽視されがちで、後者の事ばかりが教えられています。ですがとりわけ大切なのは前者であり、後者はソ連をはじめとして歴史的に見ても弊害となっています。実は私、大学時代には空いた時間で両者の思想を自分で学び、各思想家の本を読み漁る事もありました。学校の授業でもそれと関連した授業を受けましたし、保守思想と左翼思想を読み比べています。保守思想と言われるとどうしても右翼やらネトウヨやらを連想させますが、真っ当に生きるという本能に適った思想です。今後もその思想についてはこのブログにて取り上げる予定です。

一方、フロイトは上記の様な宗教的な観念を一切否定して、本能を抑制すべきであると言っています。そう考えると、左翼思想は人間の本能には敵わないものであり、理性ばかりが肥えてはいけないと言えます。左翼的な不健全なカルト宗教が否定されるべきですが、保守的で健全な宗教や宗教的なものは重んじられるべきです。日本人の場合は、神道こそ第一に重視すべき信仰です。ただし、経典や創始者・唯一絶対の神が存在しないため、厳密には宗教ではありません。神道で大切にすべきなのは祖先祭祀すなわち先祖とその伝統への敬意・八百万の神々なのです。

 

皆さんも何か困った時には、自分の悩みや願いを神々に明かし救いを求めるべきではないでしょうか。

 

こういった宗教的で哲学的な深い思想は決して簡単なものではありませんが、そうやって自分で探求をする事で人間的に陶冶する事が出来ると思います。こちらのブログもおすすめです。

ameblo.jp

 

以上で今回の記事を締め括ります。何かありましたら、相談フォームにまでお願いします。

ws.formzu.net

NO-VA被害者を救います8  『道は開ける』その6 悩みの種をより解決させる方法

f:id:yutaherrmizuno:20210114113945j:plain

 何回もしつこくなりますが、また『道は開ける』で記事を作りたいと思います。

 

その著作は、以前の記事にも取り上げていますので是非ご一読ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

今回は以前の記事の「不安解消の3つの過程」と似通たものとなりますが、更に様々な種類の悩みを解消させる方法の紹介です。単に最悪の状況を受け入れて、その逆境を乗り越えようと最善を尽くそうにも解決しきれません。そこで悩みに関係して4つの行程を踏みます。時折、NO-VAの被害者を例え話にして述べます。他のビジネスやその被害にも通じるものがあるかと思いますので、ぜひお読みください。

 

1.悩みとそれにまつわる事項を確認

2.それらの解析と検討

3.解決策とその時期を最終決定

4.その策を行動にする

 

それぞれを解説していきます。

 

1.悩みとそれにまつわる事項を確認

 

まず自分が何に対して悩んでいるのかを正確に把握しなくてはなりません。そうしなければ何を講じても空回りしてしまいます。そこで紙に書くなり、パソコンやスマホで文字化させるなりで、客観的に見つめられるようにする必要がります。それだけでなく、誰かの為に情報を集めていると仮定した上で、自分が目を背けたくなるような事をも把握するようにしましょう。実際、自分が悩んでいればその影響は他の人に悪い意味で及ぼしますし、いずれ嫌な事にも直面しなくてはならないのですから。

NO-VAの会員がお金の事で悩みを抱えているのであれば、収入が低くて悩んでいる事やそれと関わる日常的な不安を素直に書きだしましょう。借金がどれくらいあるのか・バイトやビジネスで稼ぎがどれくらいなのか・どのような日常生活を送っているのか・元々の理想は何で、それと現状とではどのくらい乖離しているか等です。

 

2.それらの解析と検討

 

ただ単に悩みが何なのか分かっていて、対処をしようにもそれを詳しく分かっていなければ意味がありません。悩みの原因は何か、それに対してどのような対処ができるのかを検討します。

NO-VAの現役会員であれば、借金が増えてしまった・しかし勧誘活動とバイトに追われてばかりで稼げないという現実と向き合う事になるでしょう。そうです、NO-VAにいても理想通りに稼ぐ事は出来ないと気づくはずです。そこで思い切ってこんな行動を起こすでしょう。

 

NO-VAはいずれ辞める

 

再就職する

 

別の真っ当なビジネスや副業に取り組む

 

他にも色々な案が出て来るかと思います。NO-VAをやっていて、今まで去って行った人たちの真似をして、その人たちに相談を入れるのも良いと思います。ただし、

 

3.解決策とその時期を最終決定

 

上記の様に分析と策の検討を行ったら、解決策を決定します。と言っても、いきなりそれを実行に移すわけにはいきません。それをいつやるのか、しっかりと検討しましょう。

 

NO-VAを辞めるのであれば、バイトやビジネス活動の合間を縫って時間を作り、どの住まいに引っ越すのかも考えなくてはなりません。場合によっては再就職をして本業を持ち、それと並行して副業を行う事にもなるでしょう。復帰をする為の参考にこちらの記事をご覧になり。ドクターヒロさんの動画も視聴なさって下さい。

 

antinova.hatenablog.jp

 

4.その策を行動にする

 

行動に移す時期が来て、いざそれを行ったら途中で止めたり引き返したりしてはいけません。全力で最善を尽くしましょう。

 そうすると新たな疑念が生じてしまい、余計に悩みます。すると再び隙がある状態になり、別の詐欺のカモになりかねません。それでもダメであれば、再び1番に戻ってやり直しです。

 

以上でこの記事を締めくくります。

 

何かありましたら相談フォームにお願いします。

ws.formzu.net

NO-VA 被害者を救います7 Dr.ヒロさんの動画を視聴しましょう『道は開ける』その5 言葉の力

f:id:yutaherrmizuno:20210212104542p:plain

NO-VAの会員にもこうして格言を載せる人はいます。この人の様なNO-VAの上の人は、こちらを参照になさってください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

ドクターヒロさんもマルチ商法では分かり易い言葉が使われる事があるとも言っています。別の記事にてこの動画の解説を私なりに入れますので、これもお楽しみになさってください。

youtu.be

MLMでは上の人達が自分下の会員を洗脳し私利私欲で動かす為に、分かり易い言葉を用いて感動させる手段を講じているとの事です。NO-VAもその一つです。その理由は以下の記事を例に挙げますが、散々このブログで申し上げた通りです。

 

antinova.hatenablog.jp

 

これは何か良い言葉を口にしたり、考えたりする事は精神的な治療効果があると考えられる為です。言霊の事でもありますね。『道は開ける』にもそのような事は言及されていました。この著書については以下の記事にも載せています。こちらから経由してこの本を入手なさってはいかがでしょうか。

 

antinova.hatenablog.jp

 そこで私も自分の中で特に印象に残った一節を紹介します。上の動画でヒロさんが言っていた通り、使い方さえ間違っていなければ秀逸な格言はマルチ商法にもあると言っていました。その事と『道が開ける』に倣って、今後は機会がある毎に記事にする事も視野に入れていますので、今後ともお付き合いください。最初のスクショの様にNO-VAの上位会員たちの発言とその文脈では明らかに胡散臭い意味合いとなりがちですが、これらに対抗するという意味を込めて載せていきます。なお、著作権の関係上歌詞に関しては全部そのまま転載する事は出来ません。ご了承ください。

 

では、今回は特に印象的な5選を紹介していきたいと思います。

 

まず一つ目。

 

安良城紅(現BENI Daniels)のGOALから「弱い自分を責めるよりなりたい自分描いてみる」

 

 この曲は元々、アイシールドという少年ジャンプの漫画が原作のアニメのエンディングテーマでした。2005年から2008年までアニメでは放送され、漫画版の連載は2002年から2009年まで行われていたとの事です。しかもイタリアやドイツの様にアメフトなんてやって無さそうな国でも出版や放送までされていたそうです。

 

話題をGOALの歌詞に戻します。この歌詞は全体的に言えば、自分らしく懸命に生きて目的達成を果たすのが趣旨となっています。その中でも1番のAメロ冒頭の「弱い自分を責めるよりなりたい自分描いてみる」が響きます。なぜかと言いますと、これは自分らしく生きる事を簡潔に表現した思考法である為です。私自身、弱い自分を責めてばかりで長い事辛い思いをする事もありました。この曲の歌詞を思い出せず、無駄な時間を使ってしまったと思う事もありましたし、FLM時代以降もそうでした。ですが、『道は開ける』と出会ってその内容を実践すると思い立った時、ふとこの歌詞も思い出せたのです。この本にも自分らしく生きる事の大切さが書かれていましたからね。

こちらからGOALを収録したアルバムを購入なさってください。

amzn.to

 

続いて二つ目。

 

鈴木結女(すずきゆめ)の「輝きは君の中に」から「ジグザグ迷い続けても振り返ればきらめいてる」

 

この曲は元々、忍空という少年ジャンプの漫画が原作のアニメのオープニングテーマでした。漫画版は1993年から1995年まで連載されて一旦休止、2005年にそれが再開されて2011年に完結です。アニメ版は1995年から1996年に放送されていました。私もリアルタイムで見ていたのですが、おぼろげに主役の風助やその声優の松本梨香さん(アニメポケモンのサトシ役で有名ですね)、主題歌とアニメの風景の傾向を覚えていただけでした。その後、衛星放送で再放送を全部見ました。漫画版とアニメ版とでは物語やその設定がだいぶ違いますが風助を始めとする主力の登場人物たちが冒険をして、忍空という武術を使って敵と闘います。忍空の「忍」とは忍術を、「空」とは空手を意味していて、この二つが融合した武術の事を指します。この漫画かアニメをご覧になった人であれば、NARUTOを連想する人もいると思います。何故なら、前者は後者に直接影響を与えている為です。

 

さて曲の歌詞に話題を戻します。全体的な内容としては人生哲学に満ちていて、どれも深い意味のある格言が入っていると思いました。

その中でも特に響いたのが2番のサビの「ジグザグ迷い続けても振り返ればきらめいてる」です。なぜかと言いますと、私自身がこれまでの人生の中で多くの迷いと経験を経て今現在に至っている為です。こうして振り返ると、社会人になる前には色々な夢を抱えたり、何になりたいのか悩んだりしたものでした。様々な挑戦をしたり行動したりもしましたが、失敗も数多くあります。FLMもその一つです。しかしながら、今こうして考えるとそうして回り道をした結果、今の自分が形成され基軸が定まったのかなと思えるようになっています。人生山あり谷ありとはこの事だとしみじみ感じます。

話をこの曲の別の箇所にも焦点を当てます。サビの後半部分の内容は、聞く耳を持たなくなった相手への思いを吐露しているかのようなものとなっています。1995年と言えばオウム真理教によるテロが衝撃となった年であり、その記憶や洗脳が鮮やかなのもあってその様な内容になったのかなと思えてきます。NO-VAを初めとする悪徳マルチへの会員にも当てはまります。

 こちらに収録されているアルバムを購入なさってはいかがでしょうか。

amzn.to

 

続いて3つ目。「思考は現実化する」

 

これはナポレオン・ヒルの本の著名にもあります。私自身その本を読んだことはありませんが、頭の中で思い浮かんだことが何だかんだで現実化しているとつくづく思います。科学的にもそれは証明されているそうです、嫌な事を考えたり、人を怒らせてしまうのではないか等悪い事を考えてしまい、私はその通りになってしまった事もあります。その一方で、『心配事の9割は起こらない』という著作もあり、『道は開ける』にもその旨のページはあります。しかし、これは裏を返せば心配事の1割は現実化してしまう事、その意味でも「思考は現実化する」という言葉は至言であると考えています。

これに関しても、私の経験談を挙げます。自分は大学入試で合格する・収入を上げる等と肯定的で割と現実的な事を考えていました。その結果その通りになりましたし、今振り返ると「思考は現実化する」ものだとを実感しています。ウェブサイト編集とその勉強で本格的に稼ぐと大学時代に考えた結果、今日になってその通りになりつつあります。詳しくは以下の記事にしています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

「思考は現実化する」とは、良い意味でも悪い意味でも当てはまります。『道は開ける』にも似たような事が書かれていました。

そういうとNO-VA信者やその被害者、その他諸々の人の中にはそのような事を言う人がいるかもしれません。「思考が現実化するんなら、オレはとっくのとっくにタワマンに住んでいて月収100万になってるよ。」と。それは身の丈に合わなすぎる幻想を抱いているか単に「○○したい」と考えているからではないでしょうか。前者の場合は、うずまきナルトの様に忍術が使えるようになっている自分を想像しているのと同じです。後者の場合は「○○したい」と考えているだけでは、○○したいと考えている自分を想像しているだけで、○○している自分そのものを思い描いている事にはならないです。タワマン住みたいと考えているだけでは、タワマンに住んでいる自分が思い浮かびませんよね?本気でタワマンに住みたいのであれば、タワマンに住んで快適にしている自分の姿をまず想像します。すると、それを実現させようと調査を行ったりその為の努力を自ずと行うようにするはずです。

「思考は現実化する」とは、良くも悪くも深い格言なのです。

この本はアマゾンでも手に入るので、購入なさってはいかがでしょうか。

amzn.to

続いて4つ目 ドクターヒロ「調子が良い時の1万人より調子が悪い時の一人」

 

この言葉は以前の記事にも取り上げました。こちらです。

 

antinova.hatenablog.jp

人間関係において普遍的な事を語っているかなとも思います。スピリチュアル的に言えばソウルメイトの大切さという事ですかね。私はかつて人間関係で悩み、人付き合いが上手くいかない事もありました。人付き合いは決して上手い方では無く、様々な人と接して世の中で生きて、渡り合う事にかけては苦労していました。ですが、中学時代に少数ながら支持者ができましたし、そんな私も大学時代には色々な人と接して知り合いとなり広い世界を見る事もありました。NO-VAの達が自分のグループの様々な人と交流して広く浅く人付き合いをする感じです。ですが、今までで知り合った人の中で、現在もやり取りをする知人・友人は少数で一桁です。その人たちに迷惑をかけてしまったと悔やむ事もある一方、今もなお私の事を比較的良く思ってくれる人たちには感謝しています。

知り合いが沢山いても煩わしくなるだけです。本当に親しい人と接して、支え合う事が出来ればそれで良いと思っています。ドクターヒロさんも孤独に悩まされていた時、自分の信者の女性がいて救われ、その人と結婚しました。私は決して人脈が広くなく、支持者が決して多くない為、「調子が悪い時の一人」の方がずっとありがたいというヒロさんの言葉も非常に共感できます。

 

最後に5つ目です。石原慎一の「救急戦隊ゴーゴーファイブ」から「一つの命を救うのは無限の未来を救う事」

 

この曲は昔の戦隊シリーズの「救急戦隊ゴーゴーファイブ」のオープニングテーマでした。年代は1999年から2000年です。歌詞の内容はもちろん、その戦隊ヒーローが有事に人々を救う事です。ですが、「一つの命を救うのは無限の未来を救う事」という一節自体が非常に感動的な表現です。何故なら、そのお陰で救われた人だけでなく、その人と関わる多くの人とその未来が作られる為です。そう考えると、警察や消防士の様にとても大きな意義のある言葉だと思います。私自身も何か辛い事があったり、嫌な事を思い出した時にはこの歌詞の一節を思い出し、自分自身がNO-VAバスターとして多くの人の命を救い続けている事・更にそこから多くの未来を救い続けている事を思い起こしています。こちらから購入が出来ます。他にも石原さんは色々な特撮ソングを歌っています。

amzn.to

 

こうして考察すると、NO-VAに限らず悪徳マルチのせいで社会的意義のある人々の本業を辞めさせて、それにのめり込ませる連中は到底許される事ではありません。

 

そのような人が出ないようにするためにも、社会悪に直接立ち向かう人たちは本当にありがたい存在です。実際、NO-VAの上位会員に面と向かって突撃する人も出ています。その人たちはこちらの記事を参照になさってください。

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

この記事をご覧になっている方も、私のやり方を一つの例として自分で良いと思った格言や何らかの一節をノートやスマホに残して、何かあった時に思い出したり見られるようにするのはいかがでしょうか。

マルチ商法にのめり込んだ若しくはその現役の人は、その商売で上にいた人の言葉ではなく、それ以前やMLMの外での格言を思い出してはいかがでしょうか。ビジネスの外の世界にも目を向けるという意味でもです。

 

以上でこの記事を締めくくります。何かありましたら相談フォームにまでお願いします。

ws.formzu.net

NO-VA糾弾の勇士を取り上げます2 また警察が来ました 自分の近況報告も

NO-VAもボロボロとなり、集客がまともに出来なくなっていった事は以前の記事で申し上げた通りです。更にオフィスを同じ場所でずっと構える事さえもできなくなって、レンタルスペースや民泊・シェアハウスで転々と活動する事態となっています。更にYouTubeでは、その悪行を公然と糾弾する人たちも現れています。その人たちについては、以前取り上げましたので、以下の記事もご覧ください。散々悪事を働いて搾取をしたのですから、当然の成り行きです。

antinova.hatenablog.jp

 この人たちは今もNO-VAに限らず様々な詐欺や反社会的な事をする者達を成敗しようと情報集めを行ったり、突撃したりしています。最近になって新たな動画を新宿109さんは載せています。その中には詐欺撲滅系TikTokerの相原さんも写っています。

youtu.be

これは前編で情報提供に基づき拠点に突撃するやつです。一つ目は誰もいなかった状態でした。危険を察して逃げ出そうとしていたのかもしれません。二つ目に関しては、別の外国人が住んでいて、NO-VAの人達はもう既に出て行ってしまいました。その建物の大家さんは中華系の外国人で、男女の若者が多く出入りしていた事・令和3年(2021年)1月末に出ていった事を証言していました。NO-VAの人達の特徴をその人は語っていた上に、詐欺は許さないと言っていたので大家さんにも通報を入れる事は一定の効果があるかもしれません。

それから、現役の会員に相原さんたちが突撃する事もありました。相手にしてはいけないと無視を決め込んでいましたね。

youtu.be

後編でいよいよ本格的に会員相手への突撃です。相原さんは過激に攻めていっていますが、そこのところをなだめて冷静に対応して摘発へと誘導しているのがKENZOさんです。他のNO-VA会員も彼ら相手には戦々恐々ですし、まともに現地でのセミナーも出来ないでしょう。私も見ていて痛快だったと思った一方、身の毛がよだちました。何故なら、私もかつてはオフィスに出入りして活動していた一人であり、あの時突撃されていたらどうなっていただろうと思うと、怖くなった為です。さて、突撃された当人たちは困惑していてぐうの音も出ていないです。更に、後の方になってAE時代の古参会員の島村祐介も登場ではありませんか。しかも奴の腹が出ていると指摘されました。こういう上の人が比較的若いにも拘らず、肥満でお腹が出ているという事は食事の質や習慣があまり良くなくて、お粗末である事を物語っています。この人物は以下の記事にもちらりと載せてます。

 

antinova.hatenablog.jp

 それから、令和3年(2021年)2月14日にBBS(Basic Business Seminar)が開催されると聞きました。その単価は2000円と今までで見て来た中で一番高くなっています。会員が減ってしまった事もあって、元手を取るにはそうしないとダメになってしまったのでしょう。私が現役の会員だった時は500円か1000円でした。他の人に言われてみれば、内容的にはどれも大したことが無く、本を読んだりネットでブログや動画を見たりすれば直ぐに見つかる事ばかりです。要するに自力で学んで取り入れれば良いだけの事ばかりで、チケット代を払ってまで聴けば良いという物では無いです。それでいて、何枚も買わせて他の人と一緒に行きましょうと煽るのですから、タチが悪いです。私もそういう経験あります。その手のセミナーに関しては別の記事にも載せてますので、ぜひご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

話が急に変わりますが、今月にまたホームページ制作コンテストに参加しました。

 

番号は3番と4番です。ネタの構想の関係で投票開始日にお知らせできませんでした。しかもその期限は令和3年(2021年)2月15日までとなってますが、ぜひ応援お願いします。誤字脱字はご愛嬌でお願いします。こちらのサイトにアクセスなさってください。

ranranranking.com

3番のルシファー・リトレーンに関してはNO-VA会員の救済措置の一つとしても役立つかと思います。その解説も後に行うかもしれません。

 

以上でこの記事を締めくくります。

 

何かありましたら、相談フォームにまでお願いします。

 

ws.formzu.net

NO-VA被害者を救います6 Dr.ヒロさんの動画を視聴しましょう 『道は開ける』その4 お金の不安

 

f:id:yutaherrmizuno:20210114113945j:plain

毎度おなじみの『道は開ける』です。

令和2年(2020年)12月から私は『道は開ける』のオーディブルを毎日聴いています。これだけでは飽き足らず、単行本を購入して読み役に立つ箇所にはラインマーカーで線を引いたほどです。更にこうしてNO-VAの被害者や悩みを抱えている人の助けは出来ないかと探ってブログにしています。この本との出会いはこちらの記事をご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 さて、今回はお金の悩みに関するネタを扱っていきたいと思います。

 

ドクターヒロさんの動画の特典パートにもありました。こちらの動画の事です。またまた出ましたね。

youtu.be

この中には、「ギャンブルには手を出すな」という項目があります。賭博を商材に扱っているNO-VAの会員たちにとっては耳が痛すぎる話ですね(笑)

私自身もFXやパチンコの勝率について聞いた事があり、それらは1割の人間が買って後の9割が負けているからこそ成立している事を聞いた事はあります。オーディブルの『道は開ける』では、株取引や競馬、スロットなど様々な賭け事の勝率やその裏側についても語られていました。それを聴いてどのギャンブルも所詮勝つ見込みはそんなものかと思ってしまいましたね。予想業者をアテにしたら一財産を失ってしまうと聴いて、その種のネット広告も思い出しました。

f:id:yutaherrmizuno:20210325173039p:plain

勿論、こんなモノに私は手を出してはいませんし、皆さんもこの種のツールにカネを注ぎ込んではいけません。本当に一財産を失います。

私もFLMの現役会員だった頃は、アップのやり方を教わってルーレットをやってお金を増やす事がありましたが、物の見事に消し飛んでしまった思い出があります。非常に痛かったですし、もうカジノで遊ぶのは懲り懲りです。やるとしたらブックメーカーをちょっとした気晴らしにちまちまやる位が丁度良いと思いましたね。

個人的には現場型カジノの解禁はして欲しくないと思うようにもなりましたし、精々ブックメーカーだけで十分かなとも思いましたね。その代わり、投げ銭の制度と融合してブックメーカーで負けたお金はその運営会社とスポーツ業界が得るという形にしてほしいのです。具体的に言えば、1000円お金を出して負けたとしてもそのお金の一部はスポーツ選手や勝利チームや戦績の良いチームに分配されますといった風にです。そうすれば単に賭博で負けても恨みっこは無いですし、totoと同じ感覚で出来て単なる搾取にはならないです。

今までのNO-VAの会員たちを見ても、ほんの一時勝っても後で負けてお金が無くなったり、出金トラブルで困ったりしてるんじゃないのかと疑問になっています。その点については、以下の記事も参照になさってください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

それから、最近話題の仮想通貨も所詮はある種の賭博に過ぎませんし、まして本物かどうか如何わしいやつには手を出さないようにしてください。ドクターヒロさんも投資詐欺ドッキリという形式で啓発しています。

 

youtu.be

この動画では、仮想通貨を売り込み言葉巧みにだまし取ろうとしている様子が映っています。他の詐欺師がこうして言いくるめようとしているのも目に浮かびますね。

 

 それから、もう一つ私が着目すべき事として「ローン会社には飛びつくな」という戒めがあります。ローンと言いますと本当に色々な物があり、住宅ローンに医療ローンに消費者金融やクレジットのキャッシングと枚挙にいとまがありません。メールやネットの広告の一例としてこちらも挙げます。

f:id:yutaherrmizuno:20210209233741p:plain

大手企業からのローンの案内です。

 

f:id:yutaherrmizuno:20210210101001p:plain

f:id:yutaherrmizuno:20210210101040p:plain

f:id:yutaherrmizuno:20210210101136p:plain

利息キャッシュバック等と言って消費者の僥倖心を駆り立てます。他の会社でもリボ払いが便利などと言って広告を出したり、公式サイトで宣伝したりします。毎月返済額が一緒のリボ払いがいかにも便利であるかのように宣伝されます。

ですが、もちろんこれは資本主義経済という合理主義経済の罠です。そういう会社は所詮自分たちが出来る限り儲かる様に一般大衆へと仕掛けているのですから、易々と乗っかってはいけません。この合法的で経済的な搾取は別の記事でも考察する予定です。

『道は開ける』では、その誘惑に煽られて少額借りたはずが、いつの間にか返す額が膨れ上がってしまい返せずに次々と自分の財産が差し押さえられてしまい、会社との雇用契約が解除された者を挙げていました。この事例は数多くあったとも言われ、現代の日本においてもコロナ禍などで困っている人にも少なからず当てはまると思います。今後その様な人は出て来るでしょう。

その原因には明示されていない手数料が原因に挙げられます。上のメールの下の方にも微妙に手数料について書かれているだけです。何の気無しにリボ払いで大金を借り、返しては借り手を繰り返した挙句いつまでも返せない借り手が思い浮かびます。実際、カード会社からリボ払いのキャッシング(ショッピング枠)を利用すると、年率で18%の利子が付きます。これは消費者金融も同じです。それはどれくらい返す額が残ってるかによって返すべき総額が決まり、毎月均等に分割払いされる金額、その内どれ位が事務手数料の額になるのかも決定されます。その額は「(借金の残額×年率)÷12=1ヶ月の手数料」という式で出るのが一般的です。負債の残高次第で元金と手数料の割合が異なります。借金の残高が多ければ利子の割合が多くなり、元金の割合が少なくなります。1ヶ月に何円返すかによってもその割合は変わってきます。

具体的な某カード会社の事例と額を引き合いに出して話します。そこで50万円をキャッシングで借りて月々○○円のコースで返済と設定しますと、1年で返すべき総額(残っている借金の額)に応じて、分割で毎月返済する額及びその中の事務手数料が決まります。上記の○○の数字が最大の額で設定されていたとしても、負債の残高が多い時にその半分は事務手数料で持っていかれてしまいます。残りの借金が減れば、利子の割合も少なくなりますが。具体的な額を挙げますと毎月15000円を返していても負債が多ければ利子だけで7500円も持っていかれています。コースによっては10000円が利子で消えてしまいます。逆に借金が減っていて多めに元金を返す設定にしていれば、利子が3000円だけで済む事もあります。

更にきつい事を言うと、毎月均等に返済してもショッピング枠やキャッシング枠を使ってしまったら、返済すべき元金の額はいつまで経っても減らない事になり、延々と返済に追われる生活となってしまいます。1年目で50万円を借りて順調に返しているつもりであっても、いつの間にか返すべき額は膨れ上がってしまうのです。2年目に到達するまでの間にまた借り直したら、返すべき総額が再び50万円となってしまい、アリ地獄の罠の様に抜け出せなくなります。リボルビングとは、「何かが回っている」という意味ですが、これが借金の文脈となりますと「借金で首が回らない」ということわざ通りの表現となります。

それなら、1回だけ借りてのんびり返済するとかの対処をすればいいと思われるかもしれません。ですが、上記の仕組みの関係上50万円をキャッシングで借りてしまうと、正攻法の返済で3~4年かかってしまい、総額で返す額も利子だけで20万円に上ってしまうそうです。そこで司法書士にお願いして債務の任意整理を行っても分割払いが可能とは言え、その人達に支払う事務手数料などで10万~12万円かかってしまいます。更にそれを行っている間は、カード利用の借り入れに制限がかかり、お金を借りたりできなくなります。

この様にして、安易なリボ払いでいかに損をしてしまうかがよく分かりますね。そのような事情も考慮せずにすぐさまリボ払いの借金を進める人たちは本当にタチが悪いとしか言いようが無いです。MLMやビジネスでそれを勧める人が居たら、避けるべきですね。もちろん、NO-VAの会員にも当てはまりますし、彼らが借金まみれになってしまう実情もよく分かります。

 

これらの事から、『道は開ける』では返す当てがあるうちにローンは借りる事、何も担保が無い時はローン会社には飛びつかずに一先ず銀行に相談を入れる事を勧めています。当然、キャッシングの枠が増額になったからと言って浮かれてはいけません。

 

f:id:yutaherrmizuno:20210222200034j:plain

このようにして急に借りる事のできる借金の増額が、ハガキで通知されます。キャッシングのリボ払いで順調に返せていたり、収入が増えればそれだけ社会的な信用も大きくなり借りることのできる額も増加します。ですが、これはカード会社側が会員をカモにしているとも解釈出来ます。クレカやローンで借入できる額は、人の信用度や財力的な器を推し測る為の指標に過ぎないと思いましょう。矢鱈と利用して良いものではありません。

 

合法的なお金の分野でさえこの有様ですから、無利子の日本政府の貸与なども簡単に飛びついてはいけません。ましてSNSなどで色々乗っかっている着金案件などという物も絶対に利用してはいけません。法的に怪しいその類の案件は私もいやという程探せば見かけますし、元FLM(現NO-VA)の界隈やそれ以外の所でも見かけました。

 

f:id:yutaherrmizuno:20210210174438j:plain

こんな感じで私は見た事があります。

 

この手の案件は99.9%違法であり、これに手を染めると警察の世話になるのは確実で最悪の場合は逮捕されます。上のスクショを例にとりますと、病気を罹っていない若しくは美容外科手術をやらないにも拘らず、嘘の診断書の発行などをやる事になります。他にそれをローン会社などに見せて資金調達をすると金融機関を相手に詐欺を働く事になり、詐欺罪となります。持続化給付金の詐欺も同じです。詐欺罪の定義はこちらを参照になさってください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

何かしらの着金案件を紹介したり、それでもって資産形成やらビジネスをやらせようとさせる所は自分の身を滅ぼす事になります。素直に手を出さずに通報を入れた方が良いです。万が一、手を染めてしまったり既にやってしまったのであれば警察に相談して自首などをすべきです。バレなきゃいいって訳では無いです。いずれ金融機関などが不審に思い、暴かれる事になります。新宿109さんもその手の業者に突撃した事がありました。

youtu.be

彼らに関しては私も別の記事で紹介しています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

NO-VA を去った者・それが潰れた故に別の活動をする元会員や現役会員で、そのような事をやっている者がいたら、断るなり警察に相談なりすべきです。

 

それから、NO-VAが摘発されたら芋づる式で元会員やその後の行く末も含め、多くの事が明るみに出ると思います。

 

公安や司法もお手上げになってしまうでしょう。

 

以上でこの記事を締めくくります。

 

何かありましたら、相談フォームにまでお願いします。

 

ws.formzu.net

NO-VA被害者を救います5 Dr.ヒロさんの動画を視聴しましょう 『道は開ける』その3 不安解消の3つの過程

f:id:yutaherrmizuno:20210114113945j:plain

毎度おなじみの『道は開ける』です。

 今回も『道は開ける』をネタとした更新に行きたいと思います。

 

まだこの本を購入なさっていない方は、こちらの記事をご覧になって買ってください。オーディブルの朗読でも構いません。価格以上の価値はあります。

 

antinova.hatenablog.jp

 

この記事では、悩みを解決する為の手順について述べていきたいと思います。これはドクターヒロさんも自身の動画で述べていました。不安を消す3ステップについての事です。

youtu.be

NO-VAをやっていても悩みを抱えたまま、余計に悩みを抱えてしまったという人もいるかと思います。そのような方向けに私なりの解説も入れます。

 

NO-VA会員に訪れ得る最悪の場合とは、それはNO-VAの破綻です。何故なら、その業者は今後何十年も続く会社であるとは思えないためです。その事は、別の記事にも載せましたので、ぜひお読みください。今は仲間がいて楽しくても、長い目で見た時や現在の経済状況などで身近な不安を感じた時は、NO-VA絡みの最悪の事態と向き合いましょう。これらの記事は、その第1歩だと思ってください。

antinova.hatenablog.jp

 今となってはオンラインカジノの広告はSNSなどでチラホラ見かけます。NO-VAの商材では無く、その競合他社のサイトです。たとえNO-VAがビクトリアゲームの拡散に入ったとしても、そのようなサイトとの競争に負けて収益が得られずに潰れてしまう事も十分にあり得ます。結局無くなってしまったネットカジノサイトも私は見てきましたし、探せば色々と出てきます。その事例はこちらの記事にも載せてます。

 

antinova.hatenablog.jp

 他にも、ビクトリアゲームの運営会社も問題ありで出金トラブルを起こす可能性もあります。こうなれば、増々NO-VAの権利収入も怪しくなってきます。この運営会社の問題については以下のページに掲載しています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 以上の様に、NO-VAの最悪の事態は現実味があります。極端な話をすると、上層部の人達が次々と逮捕される事も十分に考えられます。警察の捜査が入った事は、別の記事にも掲載したのでぜひご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 NO-VA会員に訪れる最悪の事態は、他にも稼げずに借金まみれでまともに生活できなくなり、辞めざるを得ない事も挙げられますね。これに関しては、思い切ってNO-VAは稼げないと諦めて脱会しましょう。そうして辞めた人は数多くいます。

 

以上が最悪の事態は何なのかを直視して、それをいざという時は受け入れる決断をするという過程です。これらが不安を消す2ステップです。

 

NO-VAに入ったはいいが稼げずに借金まみれで崩壊、しかも精神的にも肉体的にも経済的にも人脈的にも悲惨な状況であるという事を認めるのです。検挙されようとされまいと行き詰っている状態である事を受け入れます。

 

最悪の事態を受け入れる事が出来れば、少しでもその逆境を改善するよう努めましょう。焦りは禁物です。これが3つ目のステップですが、上記の1つ目と2つ目を無視していきなり3つ目に取り掛かろうとすると、空回りしてしまい増々事態を悪化させかねません。私もその経験がありますし、今となっては不安に押しつぶされたが故に、余計に状況を悪化させてしまったのかなと痛感しています。

 

NO-VAでは稼げないし、時間も労力もお金も浪費していてもう耐えられないと思いNO-VAは辞めました。そうしたら、ドクターヒロさんが仰っていたような再起の方法を参考にして事態を好転させるようにしましょう。こちらの記事でまとめていますし、本人の動画も是非視聴なさって下さい。

 

antinova.hatenablog.jp

 真っ当にどこかで勤務していた方が自由だという事に気付いた人は、再就職をするという選択も十分に考えられます。歴代会員で元チーフが会社勤めに戻ったという事例も聞いています。転職関係については私の方でも紹介が出来ますので、その時は相談フォームにお知らせください。MLM経験者でその窓口をやっている人はいます。

 

就職などをしてもなお、お金の不安が残るのであれば仮想通貨の投資など変なビジネスには手を出さずに真っ当に稼げる副業を考えましょう。ダブルワークでも良いですし、こちらの記事も参考になさってください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

以上で今回の記事を締めくくります。

 

何かありましたら、相談フォームにまでお願いします。

 

ws.formzu.net