悪徳オンラインカジノビジネス・NO-VAでタイトルをあっさり取るもそれを放棄した私が告発し、救済します

FLM(フューチャーリンクマルタ)→NO-VA(ノーヴァ)と在籍したものの、これは詐欺だと気づき辞めました。こんな人を馬鹿にした業者は野放しに出来ないと思い、告発を行っていきます。被害者の手助けになる様な啓発も行っていきます。

中田敦彦さん風にNO-VAを述べます「悪徳オンラインギャンブル」

今回は今までとは趣向が違う内容で更新したいと思います。

 

今まではDr.ヒロさんが出してきた動画を基に自分で注釈を付け、NO-VAやその後身の被害者の為に何か啓発をする記事を出してきました。その始まりはこれです。

 

antinova.hatenablog.jp

他にもヒロさんの動画内で紹介された本の内、特に役立つと思ったものは自分で買って新たな記事を作成することもありました。それらの記事の中で個人的に一番気に入っているのはこれです。

 

antinova.hatenablog.jp

最近では、Dr.ヒロさんが本を新たに出版しました。それは紙媒体でもKindleでも入手可能です。その内容はこちらの動画に載せています。本人が購入しない人も自分の本に書かれている事を知ってもらえる様に配慮している為です。

 

www.youtube.com

それにも拘らず彼の本がアマゾンでベストセラーになり、オーディブルでの配信も決まりました。それは令和3年(2021年)8月20日に販売開始です。実は私、動画を見るだけで本に記載された事を学べる事、購入は不要というヒロさんの言葉から上の動画だけにしようと思ってました。ヒット作に興味がありでオーディブルのコインが残っていた事もあり、その購入の予約をしています。

 

さらに驚いた事に、あのお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦さんがヒロさんの本を自分のYouTubeチャンネルで取り上げているではありませんか。こちらです。

youtu.be

youtu.be

 

単なる注釈には留まらない面白さがあり、より詳しく本の事を述べていました。中田さん本人の持ち味や経験談もしっかりと活かされていて、聴きごたえがあります。

 

その動画に私は感銘を受け、自分でもその台本は出来ないものかと思う様になりました。それに加えて、100本目には何か大きな特別編とも呼べるネタを出せないかと検討していました。結果的には行政処分ネタがその記念になりましたが。こちらです。

 

antinova.hatenablog.jp

 

そこで私は、今までの経験や知見・ブログを駆使してERAやDivineを糾弾し、注意喚起する為の内容を中田敦彦YouTube大学の形に仕立てにして述べていきます。

 

中田さん本人による講義中の様子を思い浮かべながら読んで頂ければ幸いです。ただ、私の力では本人のギャグセンスを完全に再現できない為、そこはご愛嬌でお願いします。

 

中田敦彦さんやその関係者の方々へ

 

もしこのブログの内容を採用されるのであれば、一度相談フォームにご連絡を下さい。

 

中田さん自身の見解を盛り込むなど修正や改変をなさって構いません。

 

それでは、始めます。

 

 どうも!中田敦彦です!今日も早速参りましょう!エクストリーム現代社会!悪徳オンラインギャンブル詐欺編!(パチパチと拍手)アイアール(IR)!

 

ホワイトボード題名:悪徳オンラインギャンブル詐欺

SNS

・  インスタグラム

札束

遊びが仕事

・  マッチングアプリ

広告業

アフィリエイト

(実態)

  • ほとんど稼げてない

稼げてるフリ

上の人だけ儲かる

  • 日本人しか相手にしない

建前上は海外の業者

発起者が海外に住んでいる

(法律)

マルチ商法特商法

厳しい規制

法律違反

・  オンラインカジノ(賭博罪)

胴元と利用者

各国のオンラインカジノ

(歴史)

・  度々変更

会社名も商材も変わる

組織図まで上書き

・  苦情蓄積

消費者庁・警察に相談

マスメディアも話題

さあ、やって参りました。IRといえばカジノ、カジノと言えばこの私にとってはシンガポール!実際、私もシンガポール住まいですからね。シンガポールと言えばマリーナベイサンズ!(左下にマリーナベイサンズの写真)

f:id:yutaherrmizuno:20210621232022j:plain

そのマリーナベイサンズにはですねー、政府公認のでっかいカジノのお店が地下にあります!更にそんな公式カジノはもう一つ、セントーサ島にもあります!

f:id:yutaherrmizuno:20210621232446j:plain

カジノのイメージに

フォーマルなスーツを着たディーラーのお兄さんやお姉さんが沢山いて、内装も豪華でギラギラしているあのカジノですよ!カラカラカラカラとルーレットを回してはポチポチスロットに明け暮れてる訳ですよ!まあ、豪勢にカネを使う贅沢な娯楽、それがランドカジノ!

 

え?そんなの一般庶民には無縁?コロナだからカジノなんてやってる人いないだろ?

 

そんなことは無い!カジノは時間や人の入場制限を設けて再開してますし、今の日本でも着々とIR法案が進められてカジノを作る動きがまだありますよ!気になる方はググったりツイッターで検索して見て下さい!

 

それにカジノはマリーナベイサンズのあれみたいな現場型のやつだけじゃないよ!ネットでもカジノが遊べるんだよ!

 

CMや広告見ましたか?橋本マナミさんと松井珠理奈さんがカジノ系アプリで遊んでるんですよ!見るからにゴージャス!

www.youtube.com

このミスティーノFREE、任意で課金も出来ますけど無料で気軽にできちゃう!で、それを楽しくやってるんだから興味をそりゃそそられる事。

それよりもずっと昔にね、マリオパーティ3というねゲームにもルーレット系ゲームありましたよ。(下にルーレット系のゲーム「ヘイホールーレット」の映像を登場させる)懐かしいねぇ!クルクル回してガーン!ハズレ!!

youtu.be

って事は、日本人の心の中には無意識にカジノのイメージが定着していて何かしらの投影があるわけですよ。挙げたらキリがないくらい!それに輪をかけてですね、IR法案と来たもんだ!神奈川県や千葉県の知事のカジノの賛否が話題になってますし、そもそもパチンコ店に競馬と色んなギャンブルが日本にはある!その日本のギャンブル市場、どんくらいか知ってますか?

 

何と24兆円!気軽に競馬に行って好きな馬に賭けてる人やパチンコ行って遊んでる人も一杯いる訳ですからそりゃあまあ、でかいですよ!コロナの前の府中競馬場を思い浮かべて下さい!人がぎっしり!ギャンブル業界が儲かってること儲かってること!

 

その市場性からかのIR法案で日本のリゾート地にカジノを作ろうじゃないか!って話が出てきたんですよ!

 

で、今回のテーマに直結した話をここでしますよ!

 

そういうね、カジノがどうこう、コロナで収入が下がった、副業が叫ばれるこのご時世に乗じて詐欺をやってる輩が多数出没!他にも色々いますけど皆さんも気を付けてくださいね!

 

じゃ、そういう人ってどんな手口で騙そうとしているのかですよ。

 

まずはSNSFacebook、LINE、InstagramTwitterと色んな媒体でやってるんですよ!手口はこう!

 

まずは札束!これは自分の景気が良くてお金があって余裕!ってかっこつけてるんですよ!こんなに金があるんだぜ~って言わんばかりのアピール!以前の動画ではですね「人を動かすヤバい話し方」って本を紹介しましたけど、そうやってね印象付けようとしているんですよ!

 

これでお金のない人やお金に不安のある人はね、興味を示しちゃうわけですよ。この人は一見すると自分と同じ普通の人に見えて実はすごいのか!って惹きつけられる。それと一緒にオーダースーツにルイヴィトンのハイブランド!金あんなーって思わせるんだよ!それに加えてゲームで遊んでお金が稼げた!普通に働いてるより日給多い!

 

そういう人は色んな所に友達申請やフォローをやりまくって沢山の人に見せつけて集客してるんだよ!

今時はFacebookでのそうした集客は出来なくなってて、そう言うことはLINEやInstagramでやってるみたいですよ。Facebookは規制を強化していて、無差別にフレンド申請を送ろうものならエラーが出て制限掛かっちゃいますよ。色んな詐欺ビジネスがねそうして友達を増やしてくとね、そうしてDMと称して勧誘の文面を送りまくる!普通なら知らない人となんて関わらないんですけど、タイムラインや更新を見て楽しそうだとか自分より稼げてそうだなんて思わせて来るんだわ。

 

「遊びが仕事!仕事が遊び!」こんな感じで楽しそーなアピールしているんですよ!大勢で集まってカラオケにフットサルにパーティ?みんなでネットのスロットゲームにカジノのライブ配信?今はスマホ一台で日給7万円だって?それやってて「ああ、楽しそうで良いなぁ」ってなる人も一定数出ちゃうんです。確かにね「仕事がきつい」「給料が低い」「残業長い」「上司むかつく」「ストレスたまる」なんて気持ちも分からなくはないよ。それに便乗するかのように「大企業の副業解禁!」「老後2000万円問題!」みたいな宣伝をして煽る事煽る事。さっき言ったカジノの時事問題や橋本さんのカジノゲームも引き合いにして、ブラックジャックにルーレットとネットのカジノで遊んでる所やビジネスをそっから持ち出すんだわ。

 

でもね、そんな世の中甘くないでしょぉ?こっちだって確かにお笑いやってるからある意味ある意味遊んでるように見えますよ。「武勇伝、武勇伝!武勇伝、デンデデンデン!カッキーン!」なんて昔は子供とかがモノマネの遊びでやってましたよ!

うち等はたた単にお笑いをやってるんじゃない。その裏には入念なリハーサルにネタの仕込み、地道な努力があるんだわ。そこ勘違いしちゃいけない。プロである以上、仕事は真剣にやり、遊びの如くそれを楽しまなきゃいけないって事なの!決して遊び半分で仕事出来て、ただただ普通に遊んでりゃそれが仕事になるってわけじゃないの!楽をして稼ぐ事と、好きな事をして楽しく稼ぐ事は全く違うんだよ!自分に合ったやり方で自分らしく世の中の人に喜びと笑みを与えてね、社会貢献する事が信用に繋がり稼げるようになっていくんだよ!そっちの努力をしなきゃ!

 

それから、こんな勧誘はマッチングアプリなんかでもやってる事やってる事!まさにやってんね、やってんねぇ!ペアーズさんとかね、マッチングアプリは世の中色々ありますよ!本来なら、純粋に出会いを求めて自分に合った彼氏彼女を探して、果ては結婚相手になるかもしれない人を見つける為にそういうアプリはあるの!でも中には怪しい理由でやってる輩もいるんだわ。でね、そういう人たちって自分達のビジネスをオブラートに包んでこういうんだよ。「私、ゲーム広告のお仕事してるの!」とか「アフィリエイトやってるよ!」とか言って勧誘するんだわ。じゃあさあ?広告業界の人達って一々ネットでマッチングアプリ使ってポチポチビジネスやってるんですか?世の中のモノやサービスが売れるようになるためにはどうすれば良いのか寝る間も惜しんで会議やったり、現場の仕事こなしたりしてハードな事こなしてお金貰ってるんですよ。マッチングアプリをやってる自称広告業の人はそれ分かります?広告業界舐めないでください?

 

あと、アフィリエイト。それを聞くとネット上の広告を思い浮かべますよね?あの人達はネットでゲームとか何かしらの宣伝をして稼ぐから、自分達の事をアフィリエイトだとか広告のお仕事とかいうの。でもね、何かを売りたい・買ってもらいたい・利用して役に立ってもらいたいって思ってるからこそ、ああしてネット上に広告を出して、そうして宣伝に役立った人に対して支払われる成果型の広告報酬の事をアフィリエイトって言うの!その初期費用は掛からない!

 

え?本気でアフィリエイトやってる人はカネ掛けてやってるって?確かにもっと効率良く宣伝する為にドメインを買ったりお金払ってセミナーに出向く事はしますよ!だけどー、もしお金を使うんなら、その使い道がちゃんと説明できるようになってるはずなんですよ。馬鹿みたいに訳の分からない所に大金積ませるなんて事は少なくともしないですよ!こういうぼったくりがマッチングアプリで横行している広告の仕事・アフィリエイトの実際のところなのですよ!

 

何せ、誘われた相手に釣られて楽しく簡単にゲーム広告やらアフィリエイトやらの説明を聞こうと期待してたら、あらビックリ!オンラインのギャンブルの拡散をするって名目のマルチ商法の説明会に誘導されてたんですから!最近だとズームでの説明もあるんですけど、東京や大阪みたいに人が多く住む都市圏だとオフィスと称する狭い場所に連れて行かれて、支払いをさせられちゃいますよ!

 その入会金が70万円!場合によっては家族名義の分の入会金の出費もさせられちゃう!お金が無い人には消費者金融で借り入れるのも平気で勧めるというね!何て恐ろしいやり方するんだ!

 

マッチングアプリパパ活を利用している方、この手の業者には気を付けて下さいね。

 

おいおい、そんな奴ら何で野放しになってんだよ!法律違反じゃないのかよ!?って思った方いますよね?そうそう、この手の連中は平気で日本の法律守ってないのよ。

 

まずは特定商取引法。略して特商法っていう法律ね。事業者の悪質な勧誘や取引を防いで消費者の利益を守る為の法律なのよ。エステなんかでも自分達の売り上げ目標を達成させるためにあれやこれやとね、お客さんに営業をかけて高いお金払わせてサービスを受けさせようとするんだわ。だからね、こういう消費者トラブルを防ぐために色んなルールが作られていったわけ。ネットなんか見ても団体名をきちんと明かして、所在地や連絡先・決済の事とか取引に関する重要事項もちゃんと載せてってやってるでしょ?それは消費者トラブルを防いで、利用する人を不快にさせないようにする為の法令順守なの!マルチ商法ことネットワークビジネスでもそういう規制がしっかりとなされているのよ!

 

とりわけ俗称マルチ正式名称・連鎖販売取引はそんな制約が厳しい!誇大広告をしちゃだめ、公衆の出入りが無い所で勧誘はしちゃだめ、顧客を困惑させるような勧誘はしちゃだめ、事前にマルチ商法である事と業者名を伝えなきゃダメ、その商材を伝えないとダメ、特定負担と特定利益が伴う事を伝えないとダメ、不実告知も事実不告知もやっちゃだめ、紙媒体の契約書面と概要書面をこうしないとダメ、クーリングオフ制度を20日間設けなきゃダメ、クーリングオフの妨害をしちゃだめ、ダメダメダメと続いてる地点で実質的に禁止法と言われる位に厳しい制約が設けられてる!消費者庁の「特定商取引法ガイド」の公式サイトに詳しく書いてありますよ!(概要欄には特商法ガイドの公式サイトのURL連鎖販売取引|特定商取引法ガイド (caa.go.jp)を掲載)

 

じゃあ何でここまで雁字搦めになってて、マルチ商法に良いイメージが世間的には無いのかっていうと、マルチ商法の歴史を紐解かなきゃいけませんね。

 

そもそも、マルチ商法アメリカが本場でビタミン会社が戦前に始めたのが起源なの。英語だとマルチレベルマーケティング、略してMLMの発端がそれ。だからね、アムウェイニュースキンのようにネットワークビジネスの業界には人の美容やら栄養やらに役立つようなサプリメントだったり、食品だったり、コスメ用品を扱っている所が溢れかえってるんだよね!日本では1970年にアメリカのホリデイマジックって会社が上陸したの。これが日本におけるネットワークビジネスの始まり。だけど、その頃はそういうビジネスの法律的な規制が全然無かったから、あっという間に社会問題になったの。人脈を利用してそっから他人にお金を使わせて、自分がお金を得ようとするってわけだし、周囲の会員の圧力や人間関係で断れなかったり、不労所得 別の言い方すれば権利収入を得て労働から解放されなきゃ、自分もそうなろう!って煽られてる状態なもんだから、勧誘もきつくなる事!さっきのエステと一緒!

そこから法律の整備が進んでね、「訪問販売等に関する法律」の中にネットワークビジネスの規制が盛り込まれたの。あのノコノコと人の家にやって来て、売りつける訪販と同じ位押しつけがましいって事。その時に連鎖販売取引って正式名称が出来たわけ。2000年には特定商取引法に入ってるけどね。

 

で、マルチ商法はどういう風にして報酬が入る仕組みなのかおさらいすると、人を勧誘して自分で販売網たるグループを作るの。自分を頂点にピラミッドが下に形成されて組織が出来ていくの。それだけだったら、普通の会社と同じだね!上に社長さんが居て、その下に部長さんが何人かいて、更にその下に課長が何人か居て、その下には係長、その下には主任、その下に平社員と続いてるよね!だから、『金持ち父さん貧乏父さん』では経営者や投資家・事業主の意識を育てる為にネットワークビジネスが推奨されてる訳!前に俺、この本の動画出してるからそっちも見てね!それを良い事にね、マルチ商法ではよくこの本を読みなさいと勧められるんだわ!俺に言わせりゃいい迷惑だよ!だって『金持ち父さん貧乏父さん』がネットワークビジネスを勧めるのは、あくまでもESBIの内の経営者・投資家の立ち位置を初歩的かつ実践的に試す為の手段!その結果として自分が働かなくても収入が入ってくる仕組み、要するに不労所得を得ることなんです!マルチ商法を推進する事が目的じゃないですよ!

 

それからね、ネットワークビジネスの報酬のプランの構造だけを見ると、ねずみ講みたいに見えちゃう!そう、マルチ商法ねずみ講の区別がちゃんと付けられてない人もいる!

 

じゃあ、マルチ商法ねずみ講ってどう違うの?マルチ商法は何か商品やサービスがあってそれを売る人が口コミで拡散して、その為のグループを形成して儲けるから合法なの。ねずみ講マルチ商法と同じ様な構造をしてるけど、お金が回っているだけで上の人だけが下の人からお金を出資させて儲かってるだけだから違法なの。無限連鎖講の防止に関する法律にはこう書いてあります。

 

「この法律において「無限連鎖講」とは、金品(財産権を表彰する証券又は証書を含む。以下この条において同じ。)を出えんする加入者が無限に増加するものであるとして、先に加入した者が先順位者、以下これに連鎖して段階的に二以上の倍率をもつて増加する後続の加入者がそれぞれの段階に応じた後順位者となり、順次先順位者が後順位者の出えんする金品から自己の出えんした金品の価額又は数量を上回る価額又は数量の金品を受領することを内容とする金品の配当組織をいう。」

 

投資話でも「今投資すれば後でこんなに儲かって自分に配当が得られるから、出資すると良いよ!他の人にも勧めればその分だけあなたの儲けも増えますよ!」何て言って、実態が無いマネーゲームも昔からの投資詐欺あるあるなんですよ!よく仮想通貨の投資ビジネスがあって、それはポンジスキームだの詐欺だの言われてるじゃない?あれだって立派なねずみ講ですよ!

有名な弁護士さんに言わせれば、お金が回っている基本的に違法だけど特定の場合を満たした場合にのみ合法、後者は 絶対違法。って事はマルチ商法って実質禁止法なのよね。他の例を例えに挙げると、銃刀法なんかもそう。だって普通の人は拳銃持っちゃいけないけど、警察や自衛隊みたいに仕事で必要って時に銃は持てるでじゃん?法律にもそう書いてあるのよ。かと言って、実際の無闇矢鱈とお巡りさんは発砲はしないでしょ?天才バカボンに出てくるあの警察官がバンバンバン!って上に撃ちまっくてるけど、実際の街中の交番の人がそんな事してたらドン引きだよね!?そう、それだけ銃は扱いが難しいから規制も強いって事。

要するに、ネットワークビジネスはピストル並みに扱いにくいからその分厳しい制約がされてて、訪問販売みたいに押しつけがましいビジネスになりやすい業界なんだよね!

 

最近だと格安スマホに共済と色んなジャンルのMLMのビジネスが出てきてる。そんな中でオンラインで出来るギャンブルのマルチ商法が問題となっているんですよ。

だけどね、禁止事項を解説していくと、よくよく考えたら当たり前の事ばっかり。

 

まずは不実告知。読んで字の如く、事実では無い事を告げて知らせる行為を行う事です。さっきマッチングアプリで怪しい業者はネット上では「ゲーム広告」「アフィリエイト」と称して、実際にはマルチ商法の勧誘を説明会で勧める!聴き手からしたら「何だよ!言ってた事と実際にやろうとしている事全然違うじゃん!」って話ですよ。要するに嘘ついて勧誘しちゃダメって事!なのに平気でマルチ商法の事を隠して当日になってそれがやっと分かるっていうズルい手口を使う!

 

特商法の内容を読めば分かるんですけど、本来であれば自分たちがどういう業者で何を商材としているネットワークビジネスなのかを予め言っておかなきゃいけないんですよ。要するに特定負担と特定利益が伴う事を事前に言う!そうするとみんな逃げちゃうから、さっき言ったみたいに自分たちがマルチ商法やってる事を隠して勧誘を行ってる人ばっかりとなってます。そもそも、バイトでも就活でも転職でも事前に働く会社がどういう会社で給料はどん位なのかパソコンで調べたり、フリーペーパーの求人を見て知ろうとするでしょ?それが正式に規定されてる!

 

それからね、ネットワークビジネスでは公衆の出入りのない所で勧誘するのは禁止されてます。これは「自分たちはここでマルチ商法の勧誘をやってます!」って意思表示を公にしなきゃいけないって事。またドクターヒロさんのあの本では勧誘場所の飲食店について言ったましたけど、こういう事です。でも実際は、オフィスと称する場所に人を連れてって、マンションやアパートの一室やテナントやらレンタルオフィスの密閉空間で説明会を開いてる所、多いです。これは何が何でも誘った人に支払いをさせて権利収入を得なきゃってなってるからです。

でもね、どんな会社もオフィスや建物を借りて経営をするんなら、ちゃんと自分達の会社名の入ったロゴとかを入り口や建物のどこかに掲げるでしょ?マルチ商法の勧誘だとそういうのが無くなるから、それを普通の会社と同じ様にやりましょうって事。中にはね、マルチ商法の事務所で説明会をやってる所はありますけど、その際には会場のドアを開けっ放しにして密閉空間にならないようにしてます。他にも公民館で説明会をやる時には、入り口の利用者の一覧に業者の名前が載ってます。

 

それとね、その説明会をする時も誇張をしちゃいけません。自分のビジネスを話す上の人達ってよく自分の所の商品や報酬プランはこんなに凄くて儲かるの!って見栄張るんですよ!サプリメントの宣伝なんかを例にしたらうちの製品でがん治るよ!億万長者もあっという間になれるよ!なんて大げさに言っちゃう!マルチ商法の製品で効果効能を言ったら、薬機法違反です!誇張禁止で特商法違反にもなるけど、それをネットの書き込みでやったら、誇大広告で景品表示法にも違反!

 

他にもね、困惑させるような方法で勧誘を行っちゃだめって規定もあります。集団圧力ってあるじゃないですか?これはある種のいじめですよね?それなんかまさに困惑させる方法ですし、マルチ商法はこれが本当に横行してて社会問題になってるんですよ!何も知らされずに説明会に参加させられて、しまいには既に会員になってる人たちの圧力で泣く泣く会員になっちゃったってケース良くあります。今回問題の悪徳オンラインギャンブルでは、それを仄めかす潜入動画がYouTubeでアップされていましたよ。場所は公衆の出入りが全くない普通のお家でね、自発的な意志で参入するか否かは決められない、助けを求める事もできない、困惑しまくりな状況でした。これだから、特商法連鎖販売取引は厳しく規制されても無理はないなと思いましたよ。

 

それからね、契約をする時や説明会を開くときには紙媒体の概要書面と契約書面を交付しなくてはいけないと決まっているんですよ。普通の会社だってね、バイトだろうと正社員だろうと派遣社員だろうと紙の契約書を交わして記入したり、規約を読んだりするじゃないですか。就活だって受けたい会社の事を知るためにパンフレットを受け取るでしょう?そういう一般常識の徹底をしましょうっていうのが、紙の書面の交付です。これにはちゃんとクーリングオフの方法だって載ってます。でも、今回オレが話題にしてるオンラインギャンブルの業者はそういう事やってません。これじゃあね、訳も分からず登録させられてしかもお金を払わされてる状態ですよ。こんな事もマルチ商法では日常茶飯事!これじゃあ書面の電子化どころじゃない社会問題ですよ。しかも、クーリングオフのやり方をまともに教えないの。これは消費者が考え直してやっぱりやめとこうってなった時に、返金してもらう為の制度なの。さっき言ったエステや訪問販売でもクーリングオフがあって、じっくり頭を冷やしてみてやっぱりキャンセルしよってなった時に消費者を守る為の制度なのね。アマゾンプライムやネットフリックスだって無料のお試し期間を用意した上でお金を払ってでも利用したいって人は利用させて、そうじゃない人はそこでさようならってやってるでしょ?それと同じ事をマルチ商法でもやりましょうって事です。

そういう決まりが法律に載ってるのに、ああいうオンラインギャンブルの業者とかはクーリングオフをさせないようにしちゃいます。しかも、普通は20日なのにそれより短い15日って事もあるの。退会して返金したかったら、一度オフィスに来ないとダメだよってちょっと脅しっぽく言います。で、いざその話を聞きに来たら「何で辞めちゃうの?」「1度決断したんだからちゃんと一緒にやろう。」「ネットの書き込み何て、誰が書いてるのか分かんないんだから信じちゃだめだよ」とか言って返金しない様に説得するんですよ。これも立派な法律違反!

 

最後に事実不告知。これは実際のビジネスについて重要な事を教えないのは法律違反って事。普通の雇用契約だってね、辞めたい時は数か月前に人事に言いましょうとか社員の担当者が告げるじゃん?ネットワークビジネスだと自分のお金が凄く重要だから報酬を得るに当たっては最低限何をしなきゃいけないとか、クーリングオフはこの方法でやりますよって教えなきゃいけないんです。でも、さっきも言った通り悪徳業者はその方法を告げない。これ困るでしょ?実際、そういう業者が中にはありますし、勧誘してもお金をかけないと収入得られませんって事すら言わない。ビジネスに入る前と入ったととで話が違うじゃんって事!もうね、これだけ酷い業者が今も出てきちゃってるから、特商法マルチ商法は厳しく規制されるんですよ!オンラインギャンブルの業者なんかまさにその筆頭!行政処分されるのも納得!この話についてはもうちょっと後でお話ししますね。

 

次は刑法についてお話をします。何でかって言うと、こんな風に疑問になる人出てくるからです。「あれ?ネットでカジノとかのギャンブルやったら捕まるんじゃないの?」って。そこで刑法の賭博罪について話していきたいと思います。賭博罪はですね、国が認めたギャンブル以外は違法と規定しているんです。だって変な団体だったり個人が好き勝手に賭け事なんかやってたら明らかにお金のトラブルが起きるでしょ?ただでさえパチンコやら競馬やらにハマりすぎて借金抱えて、それがねお金の貸し借りのトラブルになったり、破産したり酷い時には殺人事件にまで発展しちゃうんですから。まして反社会的な人たちがやるルーレットとかの闇カジノは絶対にやっちゃいけない。そういったお金は麻薬とかに変わっていきます。そりゃ、賭博は犯罪としなきゃいけないよね。でもね、この賭博罪は運営側も遊ぶ側も両方に違法性があって初めて成り立つんです。よく考えて。そもそも違法なギャンブルの運営者を取り締まらないで、遊んでる人ばっかり取り締まったってしょうがないですし、根本的な解決にはならないでしょ?そこで法律の抜け穴になるのがオンラインカジノ

 

日本だとオンラインカジノそのものを取り締まる為の法律即ちネットカジノには違法性もありませんし、それを合法と認める法律もありません。よってグレーゾーンなんですよ。(三ツ矢雄二のような口調でもよし)

それを理由にして日本にはオンラインカジノをやってる人がチラホラいます。何せ、海外の法律に従って真っ当に運営されているオンラインカジノを日本人がやっていると、運営側は合法、遊び手は違法という事になって、日本の賭博罪はきっちり適用できないんですから!かと言って日本の法律に従って運営側の海外のオンラインカジノ、例えばイギリスの運営会社を取り締まろうものなら、「うちは自分の国の法律で合法的にやってるのに他所モンが何言ってるんだよ!」ってなります。これじゃあ運営側を取り締まれっこない。それを端的に表した事件がありました。2016年に海外のオンラインカジノで遊んでた人が捕まった事件です。その人は自分がネットカジノで遊んでる所をIDと一緒に載せちゃって、それが警察に見られて逮捕になったの。でも、いざ裁判になったら不起訴になりました。それもあって、ネットの広告を見るとオンラインカジノの広告まで見かけるようになってますし、そういうサイトを紹介する所も多いです。じゃあ海外のやつだったら何でもかんでもグレーゾーンかって言うとそうじゃない。あくまでも決済も運営も海外の業者がやっていたら、違法でも合法でもないって事です。仮に建前上は外国に会社があって実際には日本人が普通の日本人相手に運営してます、じゃ違法。裁判でも有罪判決が出てます。それと、海外のカジノサイトを使って普通の日本人が日本国内で代わりに決済を代行していたら、これも違法。検挙されてます。弁護士の間でもオンラインカジノの違法性については見解が分かれてて、完全に違法だって言う人もいれば、違法ではないって言う人もいるのね。それもあって、あの件は不起訴になったんですよ。かと言って日本政府としてもIR法案で現場型のカジノの計画をしているからオンラインカジノを完全に違法としたら、じゃあカジノ作るの止めろよってなっちゃう。

 

って事はオンラインカジノ自体やましい事情があって成立してるエンターテインメントなんです。そういう事情も利用してね、儲ける為の初期費用とかの名目でオンラインギャンブルのマルチ商法の詐欺ビジネスを若者相手にやって搾取している輩がいるって言いたいの。気を付けて下さいね。

 

ここまで聞いてると「じゃあ、あっちゃんの住んでるシンガポールオンラインカジノも合法なんですか?あんだけ大きなカジノを現場でやってんだったら、ネットのカジノだって認められてるんじゃないんですか?」って。

 

ところがどっこい。シンガポールはネットカジノが違法なんですよ。他にも韓国とかがオンラインカジノが違法となっていて、たとえ海外の会社が運営していても違法と定められているんです。じゃあ私が試しにね、ベラジョンさんとかの大手カジノサイトにアクセスすると、「あなたの地域では利用できません。」って表示が出るんだわ。ってことは、運営側やそこの会社の国籍も見とかないと、知らず知らずの内に運営側も違法なサイトを使っちゃう事になるんですよ。

 

じゃあ、あの問題のオンラインカジノの業者はどうなっているのかというと、結論から言えば完全に違法です。

 

まず先に挙げた特商法に違反。さっき言った事が横行しまくり。5人がかりで取り囲んで無理やり決済させてね、たっかい入会金を払わせてばっかり。で、嫌な思いをしたり時間が経って我に返っておかしいって気づいて返金しなきゃってなる人も多い。そうなると現役の会員達の報酬が無くなっちゃうから当然稼げないし、グループも作れない。しかも、報酬の仕組み自体にも問題があって、お金をたくさん自分で使ったり他の人を苦労して勧誘して払わせても、そんなにお金が自分には入らない。最近のやつだと、還元率が上がったけど、どうしても高いお金を相手が出さなきゃ稼げない。

そもそもね、勧誘してお金を払わせるマルチ商法自体がね世間的に見て冷たいから自分からやろうって思う人もそんな多くない。説明会じゃ稼ぎやすい仕組みだの自分達のビジネスには追い風が吹いてるだの言うけど、マルチ商法自体がアムウェイさんだのニュースキンさんだの競合他社がもう沢山あるし、格安スマホのように世間の人の日常生活にもっと合ってる会社だってあるから、オンラインでギャンブルをやろうって言ったって負けますよ!まして競馬とかパチンコとかみたいにギャンブルが他にもある訳だからね尚更稼げない!それとね、ギャンブルで一儲けって考え自体甘い!だってパチンコや競馬でも負けてる人が沢山いて初めて成立するんですから。色んな人がギャンブルで勝ってばっかりいたら、運営会社が損失ばっかりで潰れちゃうでしょ?だからね、オンラインカジノのゲームで稼いでイェーイ!ってなってる人をインスタとかで見つけたら、関わらないで下さい。

 

それとね、オンラインカジノの広告を行う為の初期費用って名目で高いお金を払ってそれを今のうちに仕掛けていけば、後で本格的な拡散を行って稼ぐ事になるよって説明会で言われてました。でも、実態は楽しくやって稼げているふりをしているだけ。実際には稼げてないからグッチとかのハイブランドを買ったり、不定期で高級な飲食店に行ってお金持ちを装ってんの。インスタなんかで公開アカウントをフォローして、稼げてるのかなって思ったら集客のセミナーやら、マインドのセミナーやらアップしてる。これじゃあ「何だよ、金持ちアピールは嘘じゃん!」ってなるよね!他にも、オフィスと称した場所もね、普通の家だったりアパートだったり、如何にも安そうな狭くてボロい事務所を立て構えてる。さっき言ったドクターヒロさんの本の紹介動画にもあったミスマッチと同じだね。

セミナーに関してもありきたりな事ばっかりで、ネットや本を見ればすぐに見つかる様な事ばっかりですよ。でもね、上の人達は上手い事言って洗脳を仕掛けていって、自分達の都合の良いように動かすんですよ。で、ビジネスに集中させるために下の人に正社員とかの本業を辞めさせてバイトとかの非正規雇用にして、上の人の奴隷にしちゃう。こうなると上の人達の養分になっちゃうんですよ。実際、Twitterとかのネットでの書き込み見るとそう言って軽蔑する人もいます。これじゃあ社会問題になるわなるわ。そんな中においても、勧誘が上手い人は上のタイトルに昇格して、説明会も担当できるようになります。そうなったらそうなったで酷い搾取が待ってます。下の低いタイトルの人だったり後輩からしたら、上のタイトルの人達はもっと稼げてるのかなぁ?って思いますよね?高そうなスーツに高級な料理を自分以上に食べてんのかなぁって。でも、実際は同じ服を着てばっかりだし、カップ麺を普段から食べてます。実態知ったら幻滅ね。中には稼いでる感をアピールするためにクレジットカードやら消費者金融やらを利用しまくったせいでお金返せなくなって催促の電話とかも掛かって来て、えらい事になってるんですよ。それに追い打ちをかけるかのようにね、上の人達は「自分に矢印を向けろ!」「お前の努力が足りない!」「とにかく自分の脳を洗って洗脳されに行け!それを下の人達にも教えるんだ!そうすれば最高タイトルに上がれる!」何て言ってくるんです。これって最早、世間のブラック企業以上にヤバいですよ。

それからオフィスと称する場所にいるとお金の貸し借りのトラブルに置き引きと会員との間で問題が起きちゃう!もはやスラム街!

 

じゃあ、結局稼げてる人は本当にいるのかよ?って疑問になりますよね?ほんの僅かな上の人だけが稼げてます。これが厄介。そもそもあの高い入会金は全額、ひとまずオンラインギャンブルを立ち上げた大ボスに集中します。あのお金が、ビジネスのシステムに従っておこぼれ程度に下の人に分配して、それから上の人に分配していってとやってます。でもね、そのボスは自分の気に入りや特に役に立ってる人には特別な報酬を与えているの。で、上の人の中で優れてる人にひいきをして、稼げているかのようにアピールするためのお膳立てをしてる。さっきも言った高級なお店で飲み食いしてるだけじゃなくて、タワーマンションに住ませてるんだわ。しかも高級な外車にも乗れて、オーダースーツも沢山購入させてる!これを下の人が見ちゃうとね、自分も頑張ればこの人みたいに豪華な生活ができるんだーって洗脳される!そういう事があるから、トップ層以外の会員達は上を目指そうと蹴落としあいもするわ、上の人にゴマすりするわでドロドロ。しかも、上の男は自分のグループの女も食っちゃうわけだから、悪い意味で欲望の塊の奴ばっかり。他にも上の人の中には最高タイトルに上がる為に、自分で他の人の名義を使って入会金も払って沢山の人を参入できたかのように見せる事もやってます。これもきっかけとなって、複数の名義でアカウントの購入もさせて素早くグループの形成もさせる事、させる事!しかもマルチ商法の事を良く知ってる人や良識と経験のある大人がそんな野暮なビジネス何てする訳ないから、社会経験の乏しい若い人が騙されて、親と他の親族の名義でアカウントを作らされて、その分の高いお金も払わされるんですよ!それがさっき言った日給7万円の正体でもあり、上のタイトルの正体!これじゃあ苦情も来るよね!

 

ここでこう思わない?「海外の会社がやってるから、外国人を相手にゲームをやってもらえば良いんじゃない?」って。結論から言えば、日本人しか相手にしません。もし本当に外国人を相手にするんだったら、そういう事をセミナーでも言いますし、その為の英語の授業だってやってるはずです。でも実際は英語なんて教えてないですし、日本語でしか対応してないです。建前上は公式サイトに英語版で、中身はずさんでネイティブからしたらちゃんちゃらおかしい。普通は弁護士とかにそういう公式サイトの法的な確認はしてもらいますけど、それをやってない素人の作文であることがバレバレ。規約には海外の業者で法的な紛争は外国の裁判所がやると言っても、結局は日本人の情報弱者しか相手にしないんですよ。これじゃあ日本人が日本人を相手にしているのに等しいよね。

 

そうなんです。そもそもの発起人は日本に住んでなくて、海外に住んでるの!しかもシンガポール!さっきも言った通り、シンガポールはオンラインギャンブルが完全違法!ってことは運営側も遊ぶ側も違法!しかもこの黒幕の男は平成の時代からネットワークビジネスやってて、問題起こしたの!よくある日用品やら食品やらもやったし、IT系のマルチもやりました。しまいには行政処分も食らって連鎖販売取引も出来なくなったんです。で、日本の法律で罰を受けない様に逃げてったんですよ。さっきも言ったように、自分の都合に合わせて下の人にお金を分配した後は、全部黒幕の取り分!複数のオンラインギャンブルを立ち上げて、儲かってるんだわ。噂によれば、投資系の詐欺ビジネスまでやっててそこからも金儲けしてるって話もある!でも、海外にいるせいで日本にいる上の会員に行政処分を下せても、親玉の摘発には残念ながら至っていないんですよ。

 

じゃあ、なんて言うオンラインギャンブルのマルチ商法をやっているのか気になりますか?それはNO-VA(ノーバ)というものです。大手のマスコミでもちらっと取り上げられまし、消費者庁の公式サイトにも出ています。処分を受けたのは大阪の男一人と新宿の男一人とありますね。こうして見ると、特商法の8つの項目に違反していると載ってます。前に言った事ですね。特にひどいのは、自分でお金を賭けてギャンブルサイトで遊ばないと勧誘とかの報酬が得られないのを事前に言わない。これ自分の給料と関わるんだから最初に言えよってなりますよね?重大な事実不告知ですよ。

 

それとネットには昔からその手のビジネスってあったみたいです。でも、消費者庁や警察の捜査を避ける為に度々ビジネスの名前も商材のギャンブルサイトも変えていたんです。最初は2013年に大手のギャンブルサイトを商材としていました。そのゲームの拡散するアフィリエイトをする人集めです。検索されても引っ掛かって悪く言われない様にでも、さっきも言ったように法律に違反した事を繰り返すもんだから、警察にも消費者センターにも苦情が溜まる事溜まる事。そんな悪評がネットにも書き込まれて非難されるもんだから、大手の提携先も逃げましたよ。

 

そんな経緯でじゃあ何であの時取り締まれなかったんだよって突っ込みたくなるよね?それを避ける為に2016年の夏に会社名と商材のカジノサイトを変えました。建前上は変更前と変更後は別々の会社として存在してますが、中の人の構成は前と一緒。要は摘発逃れをする為に組織移動したって事。何で会社変えただけでそういう事が出来ちゃうの?って思う人いますよね?これは警察や消費者庁の仕組みがあるから。どういうことかって言うとね、警察に被害届が出たり全国の消費者センターや消費者庁に相談が来たら、それがポイントとして溜まるの。その関係で拠点のオフィスだったり、飲食店も転々とする。その数が溜まって来たら、本格的に公的な機関が調査に乗り出す。それを見計らって上の人達は裏でコソコソ動いて移行の準備をしてる。で、セミナーでは新事業とか言って新しくビジネスをやります!みんながもっと稼げるような所です!って言って誤魔化す。それも詐欺ビジネスやマルチ商法あるあるなんですよ。だから、そういう事が起きると、セミナー中にぞろぞろ去っていく人が続出。さっきも言ったような実態も相まって、そうやって色んな人をとっかえひっかえして上の人は儲けてるんです。しかもそうやって人が去っていくもんだから、組織図にポカポカと穴も空く事空く事。その整理をする為に、人と人の紐付けまで変更されちゃう!全然違うグループの人が急に一緒になっちゃったり、自分でせっかく勧誘して組織作ったのにそれが他の人のモノになっちゃったりもしてる。普通の会員からしたらなんでなの!ってなる。それはね、上の人たちが儲かりやすいように組織図を変更してるからなんですよ。他にも特定の人を贔屓して昇格させるなんて事もあった。これじゃあビジネスじゃ無くて、独裁国家だよね!上の人の都合に合わせて何でもかんでも変わっちゃうんだから。

で、あのオンラインギャンブルの歴史の話に戻すと、2016年夏から2018年の9月まで2番目のの名前でやってたんですって。その時があのビジネスのピークだったらしくてFacebookTwitterInstagram、出会い系アプリでの勧誘が激しかったそうですよ。他にもクラブでナンパなんかもしてたらしいです。不特定多数相手に何通もDM送ったり、友達申請したりフォローもやりまる。その結果、若い人が多くいながらも、30代以上の人の会員も続々入りました。そりゃあすぐに苦情がまた蓄積ですよ。そうなると、上の人達は同じ手口でまた会社も商材のカジノサイトも変更。

 

これがあのNO-VAです。でも、変更前の会社名で嫌な目に遭った人達の証言と糾弾がネットにも書き込まれて、口コミでも広まって、3番目の会社名での集客力は激減しました。ネットでの悪徳ビジネスが横行したもんだから、さっきも言った通り当然インスタとかのSNSも制限が掛かってますね。あなたも実際にやってみてください?インスタで一気に短時間で色んなアカウントをフォローすると制限掛かりますよ。Facebookの友達申請も同じですよ。その結果、社会経験のない若者ばかりが食い物になって参入者が減っちゃって少しでも稼げるように新しく入る人には、複数のアカウントの購入でお金を取るようになったんですよ。しかも、前はクレジットカードの決済で高い入会金を払わせることも出来たんですが、そのカード決済も出来なくなりました。もっともね、しょっちゅう決済の会社もよく変わってたんですけどね。そこからも怪しすぎませんか?それじゃあ、カード会社にも苦情や抗弁所が相次いでそこの人も不審になって決済停止にしますよ。それで消費者金融やらクレカのキャッシングやらでお金を払わせて借金を抱えさせてまで、上手い事説得して参入させるんです。これじゃあ消費者庁も事態を重く見るわ見るわ。そんな中で、そういった悪さをする輩をとっちめようとする人たちが出てきました。その人たちの勇猛果敢な突撃と潜入がね、TikTokYouTubeで暴かれて多くの一般の人とたちに知れ渡るようになったんですよ。そう言った大胆な行動が消費者庁にも認められて、さっき言ったNO-VAの行政処分が下されました。

 

でも、上の人達も単なる馬鹿じゃないから知らない間に手を打ってました。2021年今年の6月に新しい事業を始めると言ってまた会社を変えてやってます。しかも黒幕もNO-VAはグループ単位・個人単位で仲悪いの知ってるし、突撃とかのリスクを分散させるために二つの会社に分けて活動させてます。商材も会社名も別々です。で、さっきも言った通り何回も会社名を変えて同じ事をして、何も知らない若者を狙ってる訳ですから、元会員たちの告発がまた続いてます。そのビジネスに巻き込まれた人たちを救うための活動もあるみたいです。

 

こうして見ると、いかに詐欺ビジネスの連中がずる賢いのか丸わかり。

 

私も仕事とか色んな話が来てますけど、すぐに自分で判断しないでよくよく考えてやってます。そして毎日自分でも勉強してます。

 

そして今回の動画で最後に言いたい事があります。ビジネスの話が来たら自分で調べたり考えたり、外の世界を見たり目上の人達の賢い人達の話を聴くようにしてください。そしてお金は外から勝手に湧いてきたり、いとも簡単に儲かる様なものではありません。稼ぐ事や贅沢をして満足することはお金の目的ではありません。社会的な貢献をして人々を喜ばせた結果、信用が自分の身についてお金がもらえるようになり、人から信頼されます。それと、上の人のセミナーだけでは本当の学びは得られません。もしね、この動画で話したオンラインギャンブルの会員の人が居たり、その被害に遭ったもしくは遭いかけた人が視聴者の中にいましたら、ぜひとも私のチャンネル登録をしてもっと広い世界を見て学んでいきましょう。お金のリテラシーをもっと身に着けたり、正しい考え方をするようにして世のため人の為になる様な人物になってください!ではまた!

 

ここで中田敦彦さん風にNO-VAを述べるのは終了です。

 

私自身、中田さんのセンスやパターンを完全にはコピーしきれていませんし、長々とした台本を作るだけの力量はまだまだです。そのため、所々で見苦しいな何か表現や文章が変だなと思われるところもあるかと思います。それらの面はご愛嬌でお願いします。

 

以上で今回の記事を締め括ります。

 

何かありましたら、相談フォームにまでお願いします。

 

ws.formzu.net

被害者を救います19 Mr.Kさんの動画を視聴しましょう3 成功者と呼ばれる者達の裏側を知る

やと言われるf:id:yutaherrmizuno:20201223213010j:plain

久しぶりにYouTuberの動画を用いた啓発記事を出していきます。

 

その様なものを最後に出したのは令和3年(2021年)5月24日が最後で、NO-VAがERAとDivineに分かれて再始動する直前でした。

antinova.hatenablog.jp

4か月近くも載せていなかったのは、主にERAやDivineのネタの更新を優先させていた上にメンバーシップ限定ブログの仕込みもやっていた為でした。

 

しかし、それらのネタの更新もある程度落ち着き、啓発系の動画の紹介を載せられるようになりました。今回はこちらです。

 

www.youtube.com

 

Mr.Kさんに関しては以前の記事で取り上げています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

この記事で取り上げる動画を見るとどうしても既視感を覚えますね。何故なら、NO-VAとその後身のERA及びDivineにも言える事である為です。

 

これらのビジネスにおいても、若者だけでしかいないけどこんなにビジネスやってる人が一杯、若いのにこんなに稼げてるなんてすごい!という印象を与えています。

 

そういった裏をMr.Kさんは解説していて、成功者と呼ばれる人たちの裏には見栄えをよくして稼げるように見せる為の仕掛け人がいると言っています。

 

これはもうERAやDivine、NO-VAにおける最高タイトルの人達や彼らの演出をしている黒幕を正に言い当てていると思いましたね。彼らについては既に以下の記事で述べました。

 

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

 

なおこの様にして、上の人があたかも沢山稼げていて豪勢な生活をしている演出は他にも多くあると言っています。これについては、ERAがあからさまにやっていました。何故なら、ERAへ移行した途端に3人の会員が最高タイトルに昇格した為です。こちらです。

 

antinova.hatenablog.jp

 

そうして仕掛けてお金持ちの如く見せつけるのは、実際詐欺ビジネス・詐欺まがいのマルチ商法情報商材にあるあるだと思いますし、キリが無いです。かつて私もちょこっと取り上げた事業化集団 環境も同類です。この記事においてです。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

イロアスと言う勉強系の情報商材MLMにおいても、似た事例が見受けられます。

 

何故ならその上層部の沢原ひろしが、一人の会員としてインタビューに答えている為です。

 

その告発に関連したFacebookの更新を見かけました。ここにも載せます。

 f:id:yutaherrmizuno:20210920212842p:plain

 

 f:id:yutaherrmizuno:20210920212909p:plain

このビジネスは、白石達也を頂点として日本の教育に革命をもたらして稼ぐ事に特化すると謳っています。奴は資本主義社会において一人一人が豊かになり、戦後の洗脳から目覚めて経済的な自由を勝ち得ようではないかと言わんばかりにFacebookなどで広告を出して、景品表示法違反などの不法行為を行っています。

 

上の沢原ひろしも、ビジネスの見栄えの良さを演出する為の広告塔の一人に過ぎません。

 

要するに、ERAやDivineでトップに立ち悠々自適で富裕層にいられるのは、そもそもの発起人のひいきと建前でしかないと言いたいんですよ。自分が利益をむさぼって搾取するのに都合の良い仕組みでしかないです。

 

という事は、上に立っている人達は、その立場に相応しいだけの人間力も人格も伴っていない可能性が高いです。本当にこの人はお金持ちと言えるだろうかという言動もしています。

 

何故なら実際、私がFLM時代に新宿のファミレスでミーティングを行っていた時、別の席で井上タケシさんが前里拓斗さんや島村祐介さんと一緒にお喋りをして何か話していたのを見かけた事がある為です。当時は「え?こんな所に井上さん?あんなに稼いでいる人がファミレス?」と一瞬目を疑いました。今振り返ると、タワマンなどの豪遊は見掛け倒しに過ぎず中身や思考法のレベルは一般人以下で、黒幕なしではまともに生きていけないのが現実なのかなと思いましたね。

 

井上さんに限らず、バットさんが名古屋でセミナーをやっていた時、突撃されてビビっていました。こちらの動画です。

youtu.be

 

精神力がそこまで強くない人も、裏の人間の采配ですごい人物であるかのように見せつけられている訳です。とっとと元の実業家に戻って真っ当な事業をやって欲しいです。

 

メンバーシップ限定ブログも更新しております。

 

このブログの裏話にご興味のある方は、お読みになると更に面白くこのブログを読むこともできます。自分の好きなハイエクについても連載していますし、自分のプライベートや現役時代のエピソードの詳しい話もしていく予定です。

 

yutaherrmizuno.wixsite.com

 

以上で今回の記事を締め括ります。

 

何かありましたら、ご連絡下さい。

 

ws.formzu.net

Divineの研修資料2 今後の宣伝方法の予想も兼ねて

f:id:yutaherrmizuno:20210727100323j:plain

前回の報酬体系に引き続き、このツイートに載っていた写真を用いて記事を作成していきたいと思います。

 

後半2枚の写真を見ますと、何やら色々な説明書きの講義が書かれていますね。

 

広告の仕事とは、広く告げる事と書いてますが(アポ)とも書いてます。これは勧誘して支払いをさせるよう指南する一環であり、別の画像を見ても麻雀の遊び方の方法を教えて楽しそうにする方法を指示する様子はありませんでした。これはFLMやNO-VAの時から変わっていません。

 

それから内容×概要〇という書き込みもあります。

 

要するに、ゲーム広告と言って楽しそうにやっていると言うのは可能であるが、マルチ商法や賭け麻雀と言った具体的な中身を言うなという事です。

 

私の時も、オンラインカジノやFLMといった言葉は出すなと習った覚えがあります。

 

他にも人脈整理と称した自分の知り合いを一覧に書く作業についても指導していました。

 

そのプリントについては私も以前、載せてます。

 

antinova.hatenablog.jp

 

そうして記入を勧めたら、関係度の深さも上の人に教えます。

 

よく会っている位に関係が深ければA関係、割と最近連絡とったり会ったりすればB関係、あんまり連絡が無いもしくは長い事連絡してない場合はC関係となります。

 

それぞれの知り合い関係に応じて、アクトレすなわちアクショントレーニングを行います。自分が勧誘する時に相手が何かしらのある一定の反応をした時、どのようにして受け答えをしていけばいいのかの訓練を上の人や同じグループの人と組んで行います。

 

そうして勧誘に対する耐性を作り、上手い具合に参入させるよう洗脳していきます。

 

その次には、説明会に新規の人を動員してその当日に登録をさせます。

 

後で色々と調べられて逃げられるのを防ぐ為です。

 

その次にはFT(ファーストトレーニング)とST(セカンドトレーニング)という研修を2日間で受け、グループリーダーとミーティング(MTG)を行います。

 

最後の写真には説明会前後に関して書かれています。

 

それには説明会の時の人間関係が左上に書かれています。これはマルチ商法あるあるの図式です。

 

その下には1.前日連絡と2.リサーチと3.T-UPと載っています。最初の「前日連絡」は勧誘者本人が相手に説明化の連絡を行います。これは直前になって取り消されるのを防ぐための措置です。次の「リサーチ」は勧誘相手の年齢や職業などの特徴を事前にリーダーに教える事を意味します。3番目のT-UPとは、説明会を担当してくれるリーダーが何者でビジネスによってどう良い方向へと変わったかなど、その人を勧誘者が持ち上げる事を意味します。

 

右上の説明会中はどのような姿勢で一緒に新規の人と受けるかが書かれていて、真ん中に新規の人を座らせるよう指示しています。新しく入るであろう人が見やすいようする為の作戦です。

 

右下の説明会後では、1割が直ぐに入る・8割が不安・残り1割が断るという事を説明しています。これは大規模なセミナーでも言われる事です。

 

さらにその下には8割の不安になる人に対する対処法を指南する書き込みがあります。

 

これは勧誘する人が新規の人にどのような態度を示し、参入しようと言うべきなのかの指導です。

 

これらの書き込みを見ても、前身と全く同じであると言えます。当ブログの以前の記事にも載せた通りです。

 

antinova.hatenablog.jp

 

こうして見ると、ずっと同じやり口で搾取をしている事が分かります。

 

それから、Divineは前にも述べた通り賭け麻雀が商材のビジネスです。

 

antinova.hatenablog.jp

そこで私は、麻雀絡みの人物を用いて勧誘を行うのではないかと予想しています。

 

こちらです。

 

twitter.com

 

NMBだけでなく、他の芸能人も宣伝の出汁にすると思っています。

 

twitter.com

 

この中田さんは麻雀のプロでテレビにも出演、自ら麻雀カフェも経営しています。

 

という事は「麻雀何て誰も興味ないように見えて、実は流行に乗ってるんだよ!」と自分達の宣伝に彼女たちを勝手に使う事が想定されます。

 

ERAというNO-VAの前身の一つがすでにそれをやっていますし、NO-VAでも同じ事例がありました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

万が一、私の危惧していた事が起きたら各芸能事務所やインフルエンサーにも伝えて、奴らの悪事も暴くようお願いして下さい。

 

メンバーシップ限定ブログも更新しております。

 

このブログの裏話にご興味のある方は、お読みになると更に面白くこのブログを読むこともできます。自分の好きなハイエクについても連載しています。

 

yutaherrmizuno.wixsite.com

 

以上で今回の記事を締め括ります。

 

何かありましたら、ご連絡ください。

 

ws.formzu.net

Divineの報酬体系(研修資料も兼ねて)

f:id:yutaherrmizuno:20210727100323j:plain

TwitterでDivineの報酬体系を暴露された方が出た為、当方のブログにも転載させていただきます。ご本人からの許可も正式に出ており、感謝しております。

 

 

法律面での説明に関してはねずみ講・悪徳マルチ・ネットワークビジネスの違いを述べています。

 

これは私もFLMの時に経験済みです。本当に自分達がアフィリエイトをやっていて、やましい事が無いのであれば、わざわざこんな説明をする訳ないなと私も思いましたね。

 

こういった講義を行っているのは、自分達やっている事を屁理屈こねて正当化する為であると分ります。以前の突撃動画も参照にして下さい。

 

antinova.hatenablog.jp

それから、2枚目の写真を見ると報酬体系が載っています。

 

報酬を取る為の条件には高い入会金が必要なのは、前にも述べた通りです。

 

antinova.hatenablog.jp

この上の報酬体系の写真を見て、もうこれはハイクラスで参入させて搾取する事が前提であるのも窺えます。

 

その体系を述べるに当たっては、以前のNO-VAの記事を土台にします。

 

antinova.hatenablog.jp

Divineはマルチまがいのビジネスである為、称号(タイトル)が存在します。

 

要するに沢山の紹介者を会員やそのチームで出せたら、報酬を沢山出しますよという制度を取ります。

 

私のうろ覚えの所もありますが、ご容赦ください。

 

ネットワークビジネスあるあるですね。

 

Divineの会員は以下の3種類です。

 

・スタンダード(無料)

 

・ミドルクラス(約12万円)

 

・ハイクラス(約24万円)

 

入りたてのハイクラスの会員は自分を1段目とすると、2段目までの収益が取れます。自分でゲームを遊んだら、その負けた額の5%が自分の利益となります。自分下の誰かの場合はそれが2%になります。

 

 Divineですと以下の通りです。

 

・プレミア

 

二人紹介でハイクラスから昇格です。ロークラス会員の場合は3人の紹介者を出さなくてはなりません。自分から数えて5段先の人の利益まで得られます。自分下から伸びる系列は3系列です。

 

この称号から世界売り上げの一部をもらえます。具体的にはDivineの世界売り上げの1%をプレミアのタイトルの保持者で山分けです。ただし、アクティブ条件と呼ばれる活動要件を毎月満たさなくてはならないのです。これは以下のリッチ・ラグジュリー・エクセレントも同じです。これを満たさなければ、称号は降格となりますし、勧誘した際の報酬も出ません。

 

どの称号でも共通ですが、直紹介で自分下に会員を付けたら、直紹介ボーナスと呼ばれる報酬が更についてきます。8%です。

 

上記のDivineのアクティブ条件とは、商材であるビクトリアゲームないしはDORA麻雀を合計で±5ユーロ分自分及び自分下の会員が遊ぶ事を意味します。

この額は現金にして±約26000円分上記のサイトで実際にお金をかけてプレーする事を意味するのです。理論上は1000円最初に入金して1か月経てでもそのお金だけでやりくり(勝っては負けての繰り返し)をすればその条件は達成。例えばその達成をすぐにするために、9000円賭けてそれを2倍にして18000円にしたとしましょう。その最初の9000円は賭けた分として引かれて9000円動いた扱いとなり、18000円になって返ってくれば更に18000円がそのギャンブル内で動いたことになり、あっさりと27000円が動いたことになります。賭けては負けてを繰り返して結果的に27000円分の負けでも同様です。

 

他にも、自分下の2系列がアクティブでなくてはならないという条件も付いてきます。単に自分と自分下の会員が一定額遊んでいれば良いわけではありません。自分下に存在する二つの系列の誰かがゲームで遊んで±5ユーロ分ゲームを動かさなくてはなりません。一つの系列の人だけがゲームで遊んでいれば良いという訳ではありません。それが下の会員に出来ないのであれば、その人たちが勧誘して参入者を出して入会金を払わせるしかありません。

 

Divineは一応、賭け麻雀のアフィリエイトです。故に、自分やその下の誰かが勝ってばかりいると自分に入ってくる報酬がゴリゴリと削られて減っていきます。

 

これはDivineの会員用ページにも書かれています。

 

・リッチ

 

3系列にプレミアがいてアクティブ条件を満たしてから、1ヶ月で自分の下に25人若しくは2ヶ月掛けて30人以上の紹介者を出すとプレミアから昇格です。ただし、2ヶ月かけて達成するには1ヶ月目で15人以上の紹介者を出す必要があります。

その上、3系列バランス良く会員を獲得しなければならず、1番会員を得られた一系列とは別に残りの2系列で合計10人以上の会員を得た上で30人以上の会員を出すことになります。

例えば、1系列で30人出して他の2系列で合計3人しか紹介者が出なかったら、その地点でリッチへの昇格は無くなります。

プレミアになった月もしくはその翌月にリッチになる事は可能です。しかし、1ヵ月か2ヵ月で一気にたくさん紹介者を出したからと言ってリッチどころかラグジュリーになる事は不可です。具体的に言うと、2021年11月にプレミアのタイトルを獲得して、更に会員を獲得してその月にリッチになる事は可能です。しかし、2021年11月にリッチのタイトルを達成したらその月はラグジュリーに上がる事は出来ず、ラグジュリーになるには2021年12月からまた新たに頑張って会員を獲得しなければならないのです。これはラグジュリーからエクセレントに昇格する時も同じです。

 

ミドルクラスでの登録の場合はリッチの称号で止まる上に、世界売り上げは無しです。

 

自分から数えて9段先の人の利益まで得られる上に、世界売り上げはプレミアの時以上に分配分が増えます。

 

この称号でもって説明会の担当者の資格が得られ、説明会を担当して尚且つリッチ持ちの会員の説明の元で紹介者を出せば、その分ボーナスが加わります。例えば、説明会担当者がMさんでその元でYさんが説明を聴いたうえでDivineに入会すれば、その分だけMさんはボーナスがもらえるのです。勿論、ラグジュリー・エクセレントの会員が説明会を担当する事も可能となります。ですが、ラグジュリーないしはエクセレントとして説明会を行ったがゆえに、そのボーナスがリッチの時より上がるというわけではないです。

 

・ラグジュリー

 

3系列にリッチがいてアクティブ条件を満たし、リッチになった次の月から2ヶ月かけて自分下に50人以上の紹介者を獲得してチーフから昇格。

 

その上、3系列バランス良く会員を獲得しなければならず、1番会員を得られた1系列とは別に残りの2系列で合計20人以上の会員を得た上で50人以上の会員を出す。

 

上のツイートのMAXとは、一番多くの会員を得られた系列の最大の新規獲得数を意味していると思われます。要するに、1系列で沢山会員を獲得しても、最高でこの人数までしか頭数には入りませんよという事です。報酬にはなっても、タイトル昇格の上では、カウントされないって事です。これはエクセレントに上がる時でも同じです。

 

自分から数えて12段目までの人の利益まで得られる上に、リッチ以上に世界売り上げがもらえます。

 

・エクセレント

 

3系列にラグジュリーがいてアクティブ条件を満たしてから、2か月かけて自分下に100人以上の紹介者を出してディレクターから昇格。

 

その上、3系列バランス良く会員を獲得しなければならず、1番会員を得られた1系列とは別に残りの2系列で合計40人以上の会員を得た上で100人以上の会員を出す。

 

自分から数えて15段目までの人の利益まで得られ、ラグジュリー以上に世界売り上げがもらえます。

 

 Divineに入りたての会員はチーフを目指しましょうと言われますし、セミナーなんかでも1か月で自分とそのチームで紹介者を二人ずつ出し、それを毎月繰り返せば月収100万円は夢じゃないと言われます。

 

それに加えて、幽霊会員・休眠会員は無視された上で、コンプレッションではもっと下の段数の人の収益も取れますね。タイトルが上がれば上がるほど当然その額も上がります。この辺もセミナーやらビジネス学習動画で話されてます。

 

ですが、自分下に一人会員がついて5000円(+α)ですから、1か月で何人も協力して12万円か24万円の支払いをする人を探し続けないといけないわけです。

 

しかも、自分下の人間がゲームで遊んで負けた分の5%が自分に返ってくるだけです。

この5%が関わっているからこそ、日本円にして約26000円分動かす事が±5ユーロ分ゲームで遊んでアクティブ条件を満たす事に繋がるのです。


1ユーロ=130円として考えますと、±5ユーロ=±650円となりますが、この「±5ユーロ」とは、要するにDivineの「ゲーム報酬」で±650円の収入の変動をさせることを指すのであって、DORA麻雀内で±650円の金額を動かすわけではないということです。
ビクトリアゲームで計26,000円の変動→NO-VAで計±650円変動=計1300円(26,000円の5%)変動=計±5ユーロ(26,000円の5%)が変動=計10ユーロ変動→ONクライアントという事で、確かに計算が合います。

この±とは、+5ユーロと-5ユーロの両方を含んでいて、勝とうが負けようがユーロが動けば変動した金額の合計に含むという事です。だからこそ、±5ユーロ変動とは合計で10ユーロの変動を意味します。


 なお、この割合はオンラインギャンブルのアフィリエイトの業界からすると非常に低い数値で、普通は30~40%程であるとのことです。

 

こちらのオンラインカジノASP紹介サイトにも載っています。

 

how-to-casino.com

 

このサイトはNO-VAを非難するもOGアフィリエイトを評価しています。後者も怪しいサイトな為、登録はなさらないでください。他にも、NO-VA関係の企業がやっているASPの登録や怪しいカジノサイトもやめましょう。それ以外のカジノサイトのASPであれば登録なさって構いません。その詳細は以下の記事に書いてあります。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

ちなみに、入会金の12万円か24万円はカジノのゲームで負けた扱いとなって上の会員同士で分配されるのです。入会金という会社の収益の一部はこんな分野への投資に使ってもっと利益を上げて社会貢献をしますという説明はどこにもないです。他の詐欺同然の業者でさえもそういった事はしています。

 

こんな仕組みを取っている地点で上層部に明らかに都合が良いのは明白ですよね笑

 

奴らについてはこれらの記事に載せています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

以前の記事では NO-VAがAEアフィリエイト→FLM→ NO-VAへ名称を変えたと述べました。

antinova.hatenablog.jp

 

ちなみにERAの報酬体系はこちらです。

 

antinova.hatenablog.jp

 

こうして見ていくと、Divineになって幾分か昇格の条件が緩和されたものと思われます。その降格が関わるチャレンジ期間なるものが存在するかどうかは分かりませんが、恐らく存在するでしょう。

 

長くなってきた為、ここで今回の記事を締め括ります。

 

メンバーシップ限定ブログも更新しております。

 

このブログの裏話にご興味のある方は、お読みになると更に面白くこのブログを読むこともできます。自分の好きなハイエクについても連載しています。

 

yutaherrmizuno.wixsite.com

 

何かありましたら、ご連絡下さい。

 

ws.formzu.net

NO-VAの行政処分を風化させません2 Dポンさんの動画を視聴しましょう ERAの内情暴露も

f:id:yutaherrmizuno:20210831094926j:plain

最近になって、ERAの告発動画がまたYouTubeにアップされていました。

 

こちらです。

 

www.youtube.com

これがNO-VAに行政処分が下ったことに関する動画です。

 

内部事情について令和3年(2021年)6月時点で36歳の方が話しています。

 

きっかけはFacebookでの知らない人の友達申請とその承認、その投稿での興味付けからNO-VAに入ったと話しています。

 

現在のFacebookは奔放に友達申請を送れずインタビューを受けてた方は1年半もやってた為、FLM後期からNO-VA初期(2018年から2019年)に活動していたと言えます。

 

私もFLMに参入する前に体感している為、既視感を覚えます。

 

それにしてもDM100件で10件の成約とか効率悪すぎですが、案外すごいです(笑)

 

それと4人支払いの契約をして、後でクーリングオフしたせいで稼げなかったのも言ってました。そのせいで稼げなかったのは私と同じです(笑)

 

稼げてるアピール・海外の業者故に書面無し・マルチ商法の話はしない等の内情は私のブログでも述べてきた通りです。

 

負けた額が無ければ、会員に利益が出ないのも当たりです。

 

これらの実態はこちらの記事を参照にしてください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

入会金が無ければNO-VAが動かず、その立ち上げ時もERAのグランドオープンの時も全く同じ謳い文句でやっていたとも話されていますね。

 

内情が全然変わっていない証拠となっています。

 

ERAのオープン時についてはこちらも参照にして下さい。

 

antinova.hatenablog.jp

辞めた理由では稼げない事や法律違反に気づき、別のビジネスで自分の天性を見つけて稼げるようになったと言っています。

 

自分らしく持ち味を発揮する分野は人それぞれであり、真っ当な所でやるべきであるという教訓が得られますね。

 

www.youtube.com

別の方へのインタビューの動画です。

 

2020年6月NO-VAの中期ごろに参入したとの事です。

 

ERAとDivineに分かれて同じ事をしているのはこのブログでも述べた通りです。

 

antinova.hatenablog.jp

 

ここではERA関係の内容となっています。

 

毎月のランニングコストは掛からないとの事ですが、実際は報酬を受け取るのにゲームで遊ばねばならない仕組みです。NO-VAの時でもそうでしたからね。ERAの報酬体系もこちらを参照です。勧誘した際の報酬の仕組みも同じくです。

 

antinova.hatenablog.jp

 

それと、NO-VAから移行を済ませた者は初期費用が掛からず、新規の者には実質約70万円の支払いを強要するのも今まで述べた取り上げた通りですし、マッチングアプリやDm送信等NO-VAの時と実態は全然変わらないです。

 

antinova.hatenablog.jp

行政処分についても当初は隠蔽していて、消費者庁への苦情が多くなった故に新事業に移行すると言う話をトップリーダーがしていた事も暴露していました。

 

これはマルチ商法あるあるの行政処分逃れで、黒幕もやってます(笑)こちらも参照です。

 

antinova.hatenablog.jp

 

女性会員のアカウント停止や男性による代行集客も既視感あります(笑)

 

同じグループの女性の会員の顔で男の会員が集客をするのも、私は経験済みですね。

 

マッチングアプリやその際のテンプレ類の資料もこちらをご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

アクティブ条件の事実不告知についても、参入の窓口を狭めない様にする為に説明会の段階では言わない事にしているとの暴露がありました。

 

実に滑稽です。

 

ERAもNO-VAと同類の搾取ビジネスである為、関わらないようにしてください。

 

メンバーシップ限定ブログも更新しております。

 

このブログの裏話にご興味のある方は、お読みになると更に面白くこのブログを読むこともできます。自分の好きなハイエクについても連載しています。

 

yutaherrmizuno.wixsite.com

 

以上で今回の記事を締め括ります。

 

何かありましたら、相談フォームにお願いします。

 

ws.formzu.net

ERA・Divineの会員達に提案です Mr.Kさんの動画を視聴しましょう2

f:id:yutaherrmizuno:20201223213010j:plain


ERAとDivineによる違法行為が未だに続いています。

 

それらへの突撃でも糾弾があったのは今までに述べた通りです。

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

 

ですが、そんなERAとDivineの現役会員に対して提案が出てきました。

 

こちらです。

 

www.youtube.com

 

このMr.Kさんについては別の記事で取り上げました。

 

antinova.hatenablog.jp

動画を聴いた感想から言いますと、これは良い皮肉です(笑)

 

それと同時に黒幕の悪徳さも改めて感じさせます。

 

何せどう考えても実現不可能な事を言ってのけているのですから(笑)

 

分かりやすく言うと、Mr.Kさんと一緒にオンラインのギャンブルで遊ぶ為のサークルやるというを提案していますね。

 

まずYoutubeをMr.Kさんと一緒にやるという主張をまずしているのですが、その前に行政処分に関わる問題を述べています。アフィリエイトと言い張っている、概要書面が無い、稼げるかどうかは怪しいにも拘らず稼げると言い張るなどです。以前の記事にも言及した通りです。

 

antinova.hatenablog.jp

そこで損をすると言うリスクを前提の上で、オンラインカジノや麻雀のゲーム実況を提案しています。ギャンブル何ぞ損をする人が前提の娯楽ですからね。その時に楽しそうにワイワイやっている所を映せば人が増えて、日常生活を頑張っていくサークルに出来るのでは?というものです。それがネット上でウケて広告収入になれば、それを収益にする事が出来るとも言っています。そうした肯定的で面白い面を売りにしていけば、カジノサイトからの正式な宣伝の申し出もあり得ます。その結果として、色々なカジノサイトを紹介するポータルサイトの様な組織が出来上がり、これこそ本当のアフィリエイトの収入になると思います。連鎖販売取引の形式を採用していいかは微妙ですが、会員に対してそのお金の一定の分配なんてのも面白いかもしれません。

 

なお、ERAやその前身の人達がそうやってワイワイやっていたのは私も取り上げています。

 

antinova.hatenablog.jp

それと、どうしても入会金を取るのであればその用途を予め提示し、それに見合ったサービスを提供したりするなどの契約条件を出して双方の合意で行うべきであると思います。実際、報酬体系だけでなく支払った費用の使い道をきちんと提示している所もあります。収入と支出の財務面についても開示できるようにすべきですね。

 

そうしてお金について学んだり、オンラインギャンブルを楽しんだりするちょっとしたサークルやスクールとしてやっていけば、私も大方問題無いと考えます。私自身の考えもまだまだ拙いかもしれませんが。

 

そうした事をせずに高い入会金をぼったくり、勧誘ありきで平然と他の人に高額な搾取を繰り広げるのは深刻な社会問題です。

 

いい加減見限って、会員同士でお金を出し合って真っ当な事にお金を使うべきであると思いました。

 

メンバーシップ限定ブログも更新しております。

 

このブログの裏話にご興味のある方は、お読みになると更に面白くこのブログを読むこともできます。

 

yutaherrmizuno.wixsite.com

 

以上で今回の記事を締め括ります。

 

何かありましたら、ご連絡下さい。

 

ws.formzu.net

 

 

 

糾弾の勇士を取り上げます7 Divineの拠点に突撃がありました

f:id:yutaherrmizuno:20210727100323j:plain

未だにDivine関係のメールが私にも届いていますし、それを非難する声もツイッター上で上がっています。

 

そんな中、糾弾の勇士の一人・新宿109さんがDivineの拠点に突撃しました。

 

彼については過去にも取り上げています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

今回の突撃動画はこれです。

 

www.youtube.com

 

突撃の当日、説明会らしき勧誘が行われていた模様です。

 

何の変哲もない所でマルチ商法の勧誘が行われているとなると、既存の会員達は好き放題圧力をかけて無理やり支払いをさせる事も平然と横行してしまいます。

 

これを見て、「公衆の出入りのない場所での勧誘は禁止」という特商法連鎖販売取引の規定の必要性を感じさせてしまいます。この法律はこちらから。

 

antinova.hatenablog.jp

なお、「公衆のない場所での勧誘の禁止」の単純な文面以外の意味合いは、「第三者の目の付かない所・介入できない所での勧誘行為を行ってはいけない。」という事でしょう。

 

カフェをはじめとする飲食店以外での勧誘を行いたいのであれば、公民館などで業者名を何かしらの形で示す(セミナーの開催一覧で主催者名=業者名の表示にする)事になります。どうしても会社の事務所でマルチ商法の説明会を行いたいのであれば、その部屋のドアは閉めずに第三者が入れるようにしなくてはいけません。これらは私が今までに見てきた真っ当な業者の事例です。

 

それから、Divineの人なのかと言うという問いに対しては、正直に答える者もいました。

 

ですが、いざマルチ商法アフィリエイトの定義の様な核心的な部分や、会員達の実際の行いに対して問い詰められるとグダグダな返答をしていて、明らかにやましい事情を隠している様子ですね。

 

それと、警察も後に登場していてAEアフィリエイトの時からの古参のリーダー格もKENZOさんの質問に対してもまともに答えられていませんでした。

 

上から下まで特定のマニュアルのコピペで対策しか出来ておらず、いざ想定外で言われてマズい事を突かれると逃げ腰になり、何とかその場で誤魔化して濁そうとする会員の実態が表れています。違法性を咎められて摘発されるのをいかにも恐れていました。

 

私も元会員で勧誘活動をしていた事もあり、人の事は言えないのですがどうしようもない人達の集まりです。社会の戦力外通告者と呼ばれるのがお似合いです。

 

関わってはいけない人達の実情を垣間見えたのではないでしょうか。

 

以上で今回の突撃ネタの記事を締め括ります。

 

yutaherrmizuno.wixsite.com

こちらのメンバーシップ限定のブログも随時更新しています。

 

当ブログの各記事の裏話や公開投稿では言えない話・ハイエクの連載を主に書き記しています。

 

もし仮にその登録をして下されば、ちょっとした特典として優先的にブログのネタを更新していきます。例えば、この人の動画について取り上げてほしいと仰れば、その動画を記事にしていきます。お小遣い稼ぎのちょっとした知恵についてでも良いですよニヤ

 

当ブログの執筆者の私を単純に応援するという目的の投げ銭感覚での登録も歓迎です。

 

令和3年(2021年)の12月3日まで月額500円で購読可能です。

 

何かありましたら、相談フォームにまでお願いします。

 

ws.formzu.net

NO-VAの行政処分を風化させません1 Mr.Kさんの動画を視聴しましょう1

f:id:yutaherrmizuno:20201223213010j:plain

令和3年(2021年)6月23日にNO-VAに対して正式に行政処分が発表されました。

 

こちらでも述べた通りです。

 

antinova.hatenablog.jp

ですが、それを見越したかの如くNO-VAの会員達は別の業者名で同じ事をやっています。

 

それがERAとDivineである事は前にも述べた通りです。

 

ERAの概要と登場人物はこちらから。

 

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

 

Divineに関してはこちら。

 

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

しかしながら、それらの業者が未だに問題となっていて私にもそうした相談が来ています。

 

それに加え、私のツイッターにもERA・Divine・NO-VAを糾弾するアカウントのフォローが相次いでいます。

 

それだけ奴らが悪徳である事が認知され、許されない事をしているかを物語っている印であると言えます。NO-VAの時以上に非難や返金・退会が相次ぎ盛り上がっていますね。

 

過去の突撃・糾弾動画でもその悪行が晒され、参入させても直ぐにクーリングオフという事態もNO-VAの時以上に多いと言えましょうか。その様な動画は私も取り上げました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

それでもなお、ERAとDivineに参入者が相次ぎ結果的にクーリングオフ期間外となって搾取される人も一定数出ています。

 

そこで私は、入ったばかりの人が直ぐにERAとDivineが同じ前身のNO-VAだった事を知られる様に、その行政処分を風化させない様にする為にこの動画を取り上げたいと思います。

youtu.be

この人は元マルチ商法トップセールスを経験し、最高タイトルにまで上り詰めMLMの会社の役員も務めた程の方です。他の動画を取り上げた際にもお伝えする予定ですが、この人は上の立場であったにも拘わらず、その地位を辞めて今は中部地方で営業の仕事をしています。現在では、連鎖販売取引の業界の健全化を目指し、それに関わる悪質営業や詐欺の撲滅・被害者などへの各種人脈サポートを行っています。

 

さて、動画の内容に話を戻しますとまず最初に産経新聞のネットニュースの文面をMr.Kさんは読み上げています。

 

この辺に関しては私も前に述べた通りですね。相当な被害を生んでいたのは、前身のFLMやAEでも同じです。

 

続いてMr.KさんがNO-VA関係の体験談を話しています。本人はマッチングアプリで平成30年(2018年)の12月ごろに勧誘を受けたとの事です。時期的にはNO-VAの初期ですね。

 

今までにこのブログにおいても述べていた様な不実告知・誘い文句が次々と言われています。Mr.Kさんは上位タイトルを取っただけあって、芯の通った言い方をしていて内容的にも声のトーンも聴き取りやすく、分かりやすいです。

 

特にダメだろと思ったのは、兎に角説明会に来ないと内容は教えられないという謳い文句でしたね。私も同じ事をしていたので、人の事は言えませんが。

 

この動画では特商法違反のオンパレードでクリーンさを感じない・法的に納得のいく説明が無いと指摘されていましたが、本当にその通りです。Mr.Kさん自身、別のビジネスでマッチングアプリで勧誘をやっていて、業界の経験や見識も付けている訳ですから、理詰めで考えれば当然の反応です。その後説明会の担当者にブロックされているとの事です。都合が悪い奴は徹底的に切り捨てる、これでは人としての繋がりをあのビジネスでは作れるはずがありません(笑)

 

それから、アリックスの幹部会員がクオリアを立ち上げて同様のビジネスを展開しているにも言及していました。それと関連してNO-VAも裏で前から同じ事を画策していたのではとも推測していましたが、当ブログで何回も主張してきたとおりです。

 

更に、ビジネス・会社の上層部の立場にいると消費者庁への苦情はどれだけ蓄積されていて、あとどの位溜まったら処分になるのかが分かるとも暴露していました。

 

井上さんや笠井さんも黒幕からの助言を通して状況を知り、事前に色々と画策をして手を打ってきたのでしょうね。彼ら上層部についてはこちらを参照になさってください。

 

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

なお、行政処分を逃れる為に会社名を変える若しくは新たに立ち上げる事は業界では良くあるとも話していました。

 

情報商材の業界にもそういう経歴を持つところがありますし、事業化集団 環境はモデーアからの除名で今の様な組織が出来ていますからね。尤も、奴らのせいでモデーアは前の会社名を名乗っていた頃に行政処分を食らっていますが。

 

youtu.be

 

1つ目の進路として最初は業務停止を誤魔化して新事業をやっているのではと、Mr.Kさんは述べていました。そうして成立した会社に関して、「新事業だから君たちは上位層にいて稼ぐ上では優位だよ!」と言っても、そもそもの理念が無い会社に居ても何も得しない事も話していましたね。そうした新事業と言う名の宣伝の実態はこちらに載せました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

確かに仰る通りですし、私自身FLMからNO-VAに移って他の新規の人より上の立場で有利でしたが、それ故に大きな得をした事はありませんし、実力が無ければ稼ぐ事は無理です。

 

2つ目の「高単価なビジネスに移る」進路でも言いましたが、それは別のビジネスに移っても同じ事だとも言っています。そもそもマルチ商法自体、向き不向きがハッキリするものである故、会員の能力が無い限りどんなに商材や会社が良くても稼ぐのは不可能です。

 

ERAでは高単価な入会金で勧誘を行わせ稼がせるようにしていました。その意味では、これも当たりであると言えます。

 

オンラインギャンブルとは関係のない全く別のビジネスに中間層のリーダーたちは移動するのでは、とMr.Kさんは予測していましたがこれも当たりです。私はあんまり詳しくないのですが、格安SIMや仮想通貨のビジネスに組織ごと移籍した会員がいたのはインスタでも見ています。仮想通貨をはじめ他にも更にヤバそうなものがあり、他にも組織崩壊で色々と散らばってるみたいですし、あのアリックスに移動した者もいました。高単価のビジネスに移動した例ですね。

 

格安SIMなどに関して言えば3つ目の「真っ当なビジネスに移動する」という動きと一緒です。これは比較的ローリスクローリターンの業者のものです。私もその手のビジネスについて知っています。ですが、肝心な商材を生かす事もせずにダラダラとやっていても時間とお金をゴリゴリと無駄にしていく事になり、集客がなっていなければ意味がないと思い知らされます。

 

本当に自分に合ったもの、活かせるものでなくてはならない事を改めて感じます。

 

4つ目の進路としては「ビジネスには一切関わらない」というものです。

 

私の周りにも、金輪際ネットワークとかの変なビジネス等はやらないと決め込んでいる人もいます。ですが、Mr.Kさんの言う通り、再び連鎖販売取引を行う人もいました。

 

黒幕も一旦、ネットワークビジネスを辞めてまた立ち上げてる位ですもんね。この件は本人の著書に載ってました。

 

antinova.hatenablog.jp

ただ、再びマルチ商法をやるに当たっては、以前のビジネスではどこがダメでどう改善すべきかを見つめなければいけないかも言及しています。

 

そのお陰で別のビジネスで成果を出せた人も一定数いると言えます。

 

私はMLMで上手くやる素質は無い為、もう新しい業者には手を出しません。

 

最後には会員がNO-VAに残る事も述べていましたが、それは無いと思います。何故なら、行政処分の食らった悪質な業者である事が公になりましたし、ネットカジノも他に色々な所で遊べる為です。これについてはかつてのアップも疑問視していました。過去に載せてます。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

youtu.be

この動画は稼がるか否かではなく、法令を守っているかどうかの見極めをすべきであると啓発しています。

 

実際には、法律違反の業者が多いと言っていて、しっかりと需要がある所に目を向けるべきすなわちマーケティングに力を入れるべきであると言及していました。

 

その後にマルチ商法の会社に関して2つの分類をしています。

 

利権重視と顧客重視の2つです。

 

前者の場合は、合法性と権利収入・優位性を強調しています。

 

行政処分を食らったら、報酬が無くなるから困ると言うものです。

 

私もFLMやNO-VAをやっていた時を振り返って、これらをひしひしと感じます。ERAやDivineの現役会員たちの言動も然りです。

 

後者の場合は、法令順守と会員による商材の愛用を重視する傾向にあります。

 

その様な社会貢献が出来なくなるが故に法令順守を行い、行政処分にならない様にビジネスを行います。後者の会社も私は見ていますし、そうしたマニュアル関係も用意されてます。

 

ちなみに、両者は言っている事が同じで行動面で違ってくると話していましたね。

 

その上で、利権重視の業者はの如く合法性・自由・時勢を強調、顧客重視の会社は第三機関にも相談窓口を設けていると述べていました。前者はヤバい裏事情を隠すかの如くそれらの大前提を主張しています。後者の場合は弁護士を付けているだけでなく、利用者や会社とは別の第三者にも介入を許しています。

 

これは良い判断基準であると納得しましたし、別のビジネスについて相談があった時にはそうして対応すればいいのかと思いました。

 

以上で今回の記事を締め括ります。

 

何かありましたら、ご連絡下さい。

ws.formzu.net

宣言通りメンバーシップ限定ブログを立ち上げました

f:id:yutaherrmizuno:20210903154105j:plain

宣言通り、メンバーシップ限定のブログを立ち上げました。

 

yutaherrmizuno.wixsite.com

 

こちらで予告をした通りです。

 

antinova.hatenablog.jp

 

新しい有料会員限定のブログは、この公開投稿やTwitterでは話せない様な内容にしております。自分の主義信条の話も深堀りするかもしれません。かと言って過激さに走って個人情報をその中で明かすような真似は致しませんので、そこはご安心下さい。

 

なお、令和3年9月3日から12月3日までの限定で月額500円であのメンバーシップブログの記事を全て見られるようにします。

 

その限定期間を過ぎた場合は、月額1000円に値上げする予定です。何故なら、自分のブログの内容が充実するに当たって、宝たる情報に関しても多くなる為です。


有料会員のみのブログに関して新たな記事が出来上がりましたら、適宜Twitterやメインのこのブログでもお知らせする事があります。ご了承ください。

 

では、何故このような試みをする事になったのかと言いますと、KENZOさんらYouTuberの影響もあります。彼については以前に取り上げた通りです。

 

antinova.hatenablog.jp

比較的人気のあるYouTuberは本当に親しんでくれる人向けに特別なサービスを提供していますし、私もそういう定期購入の様な制度を導入してはどうだと言うご助言を頂いた事がありました。その一人が、FLM時代にお世話になった人です。

 

そこで私は

 

・読み物として本当に面白いと思う人

 

・資料的な価値あるブログとしてより深く知りたい人

 

・私自身の信念に賛同し、その探求を共にする人

 

のに対して、深い話をメンバーシップ限定のブログも更新していく所存です。

 

実際、私のツイッターにフォローする人も増え、この公開ブログの読者になて下さった方にも何かしらの特別なサービスを提供しなくてはと思いました。

 

勿論、無料で見られるこの公開ブログでも更新は行いますよ。

 

他にも私の経歴や、別のビジネスや元会員について、自分の好きな人・思想家のお話なんかもするつもりです。

 

もっと掘り下げて話してほしい、もしくはこれは載せない方が良いというご意見がありましたら何でもおっしゃって構いません。

 

なお、本当に深く知り私に付いて来る人にしか見せないという性質上、新たなブログについては検索エンジンには引っ掛かる様にはしません。

 

それから、メンバーシップの方にもちょっとした特典があります。

 

当ブログや私のツイッターで取り上げてほしい事がありましたら、メンバーシップの方を優先してネタにします。例えば、このグループリーダーを公開処刑してほしい、この動画を記事にしてほしいと仰れば、それを優先的に実行します。

 

実際、私は現在のERAやDivineに関してどれからブログに載せようかと迷っている最中です。こんだけ情報が得られて、色々と出回っていてネタになりそうなモノが多いと、当方としても迷うくらいです。

 

そこで私は、ちょっとした基準としてメンバーシップの方を優先する方針にしました。

 

いつまでの更新が無いなと思われましたら、催促・連絡をなさって構いません。

 

私に対するちょっとした寄付感覚で購読なさっても良いです。今はOFUSEやYouTubeのスーパーチャットの様な投げ銭サービスなんてのもありますし。

 

仮に購読者がゼロだったとしても、どうしても自分で残したい記録用に運用はしますね(笑)

 

以上で、今回の記事を締め括ります。

 

何かありましたら。ご連絡をお願いします。

ws.formzu.net

糾弾の勇士を取り上げます6 Royさんの動画を視聴しましょう

ここ暫くは、Divineの公式サイト対訳に力を入れていた関係もあり、ERAを直接批判した記事は取り上げていませんでした。

 

そこで私はERAについてまた取り上げたいと思います。

 

f:id:yutaherrmizuno:20210831094926j:plain

 

今回はERAの被害に遭いかけた方を載せます。

 

その人はRoyさんで、YouTubeにおいてERAの告発を行っています。

 

早速ですが、まずはこの動画から。

 

www.youtube.com

 

この動画でも言われていると通り、ERAはブックメーカーを商材として連鎖販売取引の形式でビジネスを展開しています。この事については、私も以前に述べましたので、そちらも参考になさって下さい。

antinova.hatenablog.jp

 

この人が仰る通り、ERAに勧誘されて支払いを行ってしまった人はアホですし、情けない人です。何故なら、似た様なビジネス即ち前身のNO-VAが行政処分を食らっていて、同じ事をしている為です。もっとも、NO-VA・FLM・AEで騙された人にも当てはまりますし、私もその一人です。

 

法律的に大丈夫なのか?という事をしっかりと調べたり、見識のある人に聞いたりすれば、辞める決断に至ります。実際にそうしてクーリングオフをした人もいました。

 

それから、アムウェイの方が真っ当にマルチ商法をやっているとも言っていましたね。私もそれは同感ですし、FLMがNO-VAに移行したのを知ってそれに怒りを覚えた際、アムウェイを見直すようにもなりました。案外真っ当に製品の販売をしている業者ではと思える次元です。何せ、移行と同時に今までの商材を黙殺して、同じ様な勧誘ありきのビジネスを行っていますからね。商材に誠意が無いですしそれを広める意向が無い事の証左です。

 

ERAの前身の歴史はこちらから。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 当時の私の怒りについては最初に述べました。

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

法律上マルチ商法扱いされないようにしているのは、海外に業者の登記を置いている事から窺えます。

 

それから、詐欺同然である事も指摘していました。実際、稼げると言っておきながら理想通りに稼げているのはごく僅かな者だけです。その為、準詐欺で詐欺とは言い切れないのも一理あると言えます。

 

ですが、拡散すると言っておきながらその為の事業計画の無さと言い、前身の商材の閉鎖と言い、結局人から搾取をしているだけであると言えます。

 

それらについては以前述べました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

 

 ERAで稼げているごく僅かな人たちはこちらから。

antinova.hatenablog.jp

 それから、マルチレベルアフィリエイトについても話していました。

 

確かにアフィリエイトでも多段階方式で紹介者を出せば、もっと報酬が増えるし紹介者出せないならそれでも収益が出るものもあります。リードメールと言う今となってはオワコンのネットビジネスにありましたね。初期費用は不要です。

 

ですが、人を勧誘して入会金という特定負担をさせて組織図を大きくしてから権利収入を得られるという様式を用いている地点で、マルチ商法をやっているとしか言い様が無いです。しかも現役の会員は海外の業者で海外の法律が適用されるから、日本の法律は適用されない、我が国の特商法は適用されないと言っています。ですが、日本国内で日本人を主に相手に勧誘している以上、日本の法律が適用されます。だからこそ、NO-VAが行政処分を食らったではありませんか。こちらです。

 

antinova.hatenablog.jp

 名目上、海外の業者にしている地点でやましい事情があるのは当然ですし、オンラインカジノ自体が微妙な立ち位置にあります。それは賭博関係の法律の記事でも述べました。

 

antinova.hatenablog.jp

それに加え、ERAは北朝鮮同然とも言っていましたが、私もハイエクの著作を交えて似た様な指摘をしています。こちらを参照にして下さい。

 

antinova.hatenablog.jp

 

NO-VAの事についても現役のERAの会員が話していました。これはもう、ERAの者たちの多くがNO-VAから移行した事すなわちERAとNO-VAの関連性が証明しているようなものです(笑)しかもNO-VAの商材たるカジノサイト何てどうでもいい、要するに勧誘で稼げればそれで良いという思想の元、詐欺ビジネスをやっているも同然ではないでしょうか。

 

それを風刺した動画もあります。

 

youtu.be

 

ERAとその前身あるあるですね(笑)

 

私がお世話になった人も、自分達は会社勤めが無理な社会不適合者の集まりで他とは違うもんね等とプライドを高そうにしていたのを思い出しました。ですが、バイトを掛け持ちでやってる労働者が大多数です(笑)

 

公的な機関や職員がいずれ警告を出してERAが潰れてしまう事、元会員の経歴に問題が出てしまうのも当たりです(笑)

 

以上で今回の記事を締め括ります。

 

何かありましたら、ご連絡をお願いします。

 

ws.formzu.net

Divineの公式サイトの日本語訳を載せます12 プライバシーポリシー編3・キャンセルポリシー

1f:id:yutaherrmizuno:20210727100323j:plain

前から話しているように、Divineの公式サイトには正規の日本語訳のページがありません。ERAやそれらの前身には日本語版の項目があったにも拘わらずです。

www.divine496.com


私自身、このサイトを見ていて英文自体は難しすぎではないものの、日本語に翻訳するなど情報処理で頭が疲れてしまいました。被害者の方はもっと困惑していたかと思います。

 

今回も私は日本語に自力で翻訳してDivineに関する情報開示に役立てればと思い、公式サイトの対訳記事を作成です。簡素ながらも自分の解説も入れる関係で、いくつかの記事に分割します。「これ位分かるし」という英文の箇所もあるかと思う方も「自動翻訳を使えば良いだろ」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、ご容赦ください。何故なら、自力で訳す事によりDivineの公式サイトの文面がNO-VAのものと同様にいかに不可解な程に抽象的でいい加減かが明らかになり、現状では少しでも自然な日本語訳をするには生身の人による翻訳の方が分かりやすい為です。誤訳があれば、修正するよう仰ってください。

 

今までの対訳はこちらです。

 

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

 

今回もプライバシーポリシーのページの残りとキャンセルポリシーの翻訳を行います。なお、その項目はトップページを下までスクロールしなければその項目にたどり着けません。しかもそのトップページ自体がランディングページの形式となっていて、上の項目をクリックしてもその説明文にしか移動できません。要するに、肝心な約款類は簡単に見られないようになっています。ここにも悪徳業者としての一面が垣間見えます。

 

今回で対訳記事は最後になります。

 

それでは始めます。

 

Exclusion of Offers「申請の否認」

 

No offer of any services or products is made on the Site. The Site does not constitute an offer for any products or services provided by Divine or any of its sunsidiaries or affiliates.「どんなサービスや製品についての提供は当サイト上で行われません。当サイトはディヴァイン並びにどんな子会社ないしはアフィリエイトによるどんな製品やサービスへの提供を構成しません」

 

ちょっとこれは何が言いたいのか分からないですね。規約文や法律英語に詳しい方に任せないといけない次元です。それが分かったら、改良を入れます。

 

All products and services offered by Divine's subsidiaries or affiliates are listed on the websites of specific entitles of the Divine group (hereinafter referred to as "Local Site").「ディヴァインの子会社ないしはアフィリエイトにより提供される全ての製品とサービスはディヴァイングループの特定の題名のウェブサイトに掲載されています(ここでは”ローカルサイト”と以後言及されます)。」

 

entitleは題名系の名詞かなと予測できるかと思いますが、正確な意味については学んだ事がありませんでした。ですが、entitleは「~に題をつける、~に権利を与える」という動詞で、名詞用法はありませんでした。この他動詞は英検2級レベルで、名詞にするとentitlementです。つまり、英文法をここでは間違えています。便宜上作っただけな側面ですね(笑)これまた意味不明です。今回は文章の趣旨を何とか読み取って、苦し紛れに訳しました。

 

It is possible to access the Local Site from the Site.「当サイトからローカルサイトへはアクセス可能です。」

 

Change of Site「サイトの変更」

 

The information, materials, and content provided on the pages of the Site are subject to change at any time without notce.「当サイトのページ上で供給される情報・素材・内容は通知なくいつでも変更されることを前提とします。」

 

be subject to は「~に属する系」でsubjectは漢字一文字で「主」と表せるのは分かりました。ですが。法律英語の専門家やサイトに訊いて、この様な約になりました。普通の英語では「何々を受けやすい」という意味にもなるとの事です。

 

The Company may make these changes by updating and posting the Membership Agreement and Privacy Policy without notice.「弊社は会員規約及びプライバシーポリシーを通知無くアップデートと投稿する事によりこれらの変更を行います。」

 

向こうの都合で急に規約が変更になるという事ですね。要注意です。

 

続いてキャンセルポリシーに移ります。これでDivineの対訳は最後です。

 

www.divine496.com

 

Cancellation Policy「取り消し方針」

 

Cancellation Policy「取り消し方針」

 

After registering as a paid member of Divine (hereinafter referred to as the "Company"), you may cancel the paid member registration  (hereinafter referred to as the "Contract") by completeing the member cancellation procedure prescribed by the Company within 20 days from the approval date of the paid member.「ディヴァインの有料会員に登録後(ここでは「弊社」と以後記載)、有料会員の承認日から20日以内に弊社により規定した会員取り消し手順を完了させる事により、有料会員の登録を取り消せます(ここでは以後「規約」と記載)。」

 

皆さん、大事なクーリングオフ規定が出ましたね。

 

If more than 20 days have passed since the paid member was approved, you may request withdrawal from the member by informing the Company's Support of the cancellation request. However, whatever reasons,no refunds will be made.「有料会員が承認されてから20日以上経った場合、弊社のサポートに取り消し請求を知らせる事で会員から退会できます。ですが、いかなる理由であれ、返金はなされません。」

 

特商法に違反した勧誘であれば、本来なら無期限に返金を求められます。しかしながら、現状では返金困難となっています。この法律については以下の記事でも述べました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

How to get a refund「返金方法」

 

In order to process your refund, please apply for the withdrawal from the Withdrawal page on your account of the Site.「返金を進める為には、当サイトのアカウント上の退会ページから退会申請をお願いします。」

 

The refund method depends on the payment method, so please confirm the details of each.「返金方法は支払い方法によります、その為それぞれの商材を確認して下さい。」

 

現状では現金振り込み一択ですけどね(笑)要するに、支払ったら、その明細は残してねと言いたのでしょう。

 

Once the Company has received your withdrawal request, you will receive an email from us about the reception of your application, so please make sure of your email setting to receive the email before submitting your application.「一度退会の申請を弊社が受領した際、我々から申請の受領に関する電子メールを受信します。その為、申請を出す前に電子メールの受け取り設定の確認をお願いします。」

 

これまた読みにくい素人の作文だと感じました(笑)

 

メールの受信の設定をしてるかどうか確認しろと言うであれば、confirm whether you can receive the emailが適切かなと思いました。私の英作文が間違っていたら、ごめんなさい。

 

The email you receive from the Company will be the proof, so please keep it until the refund procedure is complete.「弊社から受信する電子メールは証拠です、その為返金手続きが完了するまでそれを残して下さい。」

 

The Company is unable to make a refund if your withdrawal request is not completed due to incomplete communication or any other problem, so please make sure everything is in order.「仮に不備あるコミュニケーションあるいはその他問題により退会請求が完了しない場合、弊社は返金を行えません。その為、全て万全な事を確認して下さい。」

 

For the details, please check the Withdrawal page on the Site.

 

「詳細を知るには、当サイト上の退会ページをご確認下さい。」

 

これにて約款類の対訳は終了です。

 

こうして見ると、連鎖販売業でとりわけ大事な会社の沿革・事業規模・責任者の名前が載っていない事に加えて、取り消し手順をきちんと載せない・教えない・強調もしない辺り、業者としていかにいい加減かが分かりますね。

 

以上で今回の記事を終了します。

 

何かありましたら、ご連絡ください。

 

ws.formzu.net

 

祝123本目記念 ここ最近の注目記事5本と+αを選びました&新サービスの予告

f:id:yutaherrmizuno:20210830212603j:plain
とうとう123本目になりました。そこで私は改めて当ブログを振り返りたいと思います。

 

以前にそういう事はしたんだからもうしなくて良いだろ、と思われた方もいるかもしれません。こちらの記事ですね。

 

antinova.hatenablog.jp

 ですが、記事が123本目というある種の節目になった事、NO-VAの行政処分でERAとDivineが派生したことに伴い、よく見られている記事(注目)の傾向も変わり当ブログを運営するに当たってもっと見てほしい記事にも変化が出ました。

 

その為、改めて振り返りを行いたいと思います。

 

まずはこの記事から。

 

 

antinova.hatenablog.jp

 ERAやDivineに勧誘されてしまった人は、それらに関してすぐさまネットで調べるかと思います。その際に検索エンジンで上位に出たサイトや画像検索で真っ先にこれが出てきたからこそ、アクセスの相次ぎやすい一つになっているのだと思います。

 

ただ、この頃はERAやDivineについての情報が乏しく、掲示板等での書き込みに依存せざるを得ないのが実情でした。故に断片的で過去の事例を引き合いにしていて、内容面での充実度は低いと言えます。しかしながら、それでもなおアクセスが相次いでいるという事は、被害者の方々にとっては貴重な情報源となっていて、良い入口になっているのかなと思っています。本当にありがとうございます。

 

続いてはこちらです。

antinova.hatenablog.jp

 ERAとDivineとでは前者の方がリーダーの数も拠点も多く、一人頭の被害額も大きくて返金が面倒です。その為ERAとは何なのかについて調べる人が多い、すなわちその被害者の多くそのダメージも大きい傾向があり、このページが注目記事の上位5本に入るという形で出ているのかなと思いました。

 

この記事では、ERAの概要について載せておりその考察も行った内容となっています。これを機にERAが完全に違法であり、辞めるキッカケになる事を知って頂ければ幸いです。

 

3本目はこちらです。

 

antinova.hatenablog.jp

 

ERAの方が被害者の数が多い事については前に述べました。それに伴いERAにはどのようなリーダーがいて、主力の者はどのような経歴なのかを知ろうとする人も多いかと思います。それから、説明会やセミナーを担当した人が真っ当な人物かどうかを検索した結果、この記事にたどり着いたという方も少なからずいるでしょう。だからこそ、この記事へのアクセスも最近の注目記事の上位に入っていると考えられます。

他に主力のリーダーが居て、晒してほしいというお声がありましたらそうします。

 

4本目はこれです。

 

antinova.hatenablog.jp

 

Divine関係のみの内容の記事の中で、上位に入るのはこれだけで上記のERA関係のみのページと比べて順位が下です。これはDivineというビジネスがオンラインの賭け麻雀であり、需要も興味も持てず参入には至らない、その上拠点もリーダーもERAより少なくて尚且つオフィスの点在地域が狭い事の表れあると言えます。麻雀何て誰も興味なければ重要も無いんだからビジネスとして成り立たないだろとインスタで指摘する人もいましたね。

 

それでもなお、このDivineの記事にアクセスが来ているという事は、それだけDivineのリーダー陣が信用に値するのか気になって調べる人も少なからずいる印と言えます。

 

5本目はこれです。

 

antinova.hatenablog.jp

 

これもまた、速報系の内容です。ERAとDivineの情報がまだ表沙汰に余りなっていない時に何とか搔き集めた情報を僅かながらに載せた記事です。

 

こんなのでもアクセスが集中しているのは、それだけERAやDivineに関してちゃんと知りたい、不安だという被害者の気持ちがあると言えます。

 

以上でここ最近の注目記事を5つ取り上げました。

 

続いて個人的にもっと見てほしいと思った記事を3つ取り上げます。

 

まずはこちらから。

 

antinova.hatenablog.jp

 言わずもがな記念すべき記事です。何せ私にとっては公的な処分がNO-VAに下る事を望んでいたのですから。

 

その背景には私だけでなく、多くの人達の協力や糾弾があっての行政処分があると思っています。他の方々の協力にも非常に感謝しています。それから、ERAやDivineの件でも同じ様に間接的であれ直接的であれ協力を行い、ゆくゆくは黒幕の摘発に集団訴訟による返金が出来ればと思っています。

 

NO-VAの行政処分を風化させず、それがERAやDivineと繋がっている事を示す為にもこの記事を選びました。

 

続いてはこちら。

 

antinova.hatenablog.jp

ERAやDivineに限らず、詐欺の搾取だけで終わってしまう案件が溢れかえっていますし、クーリングオフの返金が終わった後でもお金の不安が解消されない人もいるかと思います。

 

そこで私は、この記事を作成して皆様のお役に立てるよう啓発を行いました。

 

違法性アリのやつは勿論、合法的な者の中にも搾取はある事に気を付けてほしいという意味も込めてこの記事を選びました。

 

3つ目はこれです。

 

antinova.hatenablog.jp

 NO-VAでは行政処分がなされ、それが各種マスメディアでも報告されました。ですが、具体的な有名人(インフルエンサー)が自ら取り上げて、ERAやDivineを問題視する発信が行われた事例はまだないです。事業化集団 環境に関しては青汁王子がその注意喚起をしています。

 

youtu.be

 

そこで私は似た様な注意喚起が有名人によって行われる事を願い、このような台本を中田敦彦さんのYouTube大学仕立てに作成しました。ご本人がこれを基に動画を作成して、未来の若者達が詐欺や搾取の被害に遭わない様になればと思っています。

 

最後に新しいサービスの予告を行います。

 

このブログの購読者は現在の所11名だけですが、応援表明の声も頂いています。

 

そこで私はそのようにして私を支持している方々向けに有料のメンバーシップのブログも構想しています。その中では各記事に関する裏話やこのブログでは公表できない様な事、自分ならではのもっと深い研究・分析・読み物としての面白さを追求した内容にする予定です。

 

こんな私でもよろしければ付いて来て下さい。「は?お前は読者を金儲けの道具にするのか?」と思われた方は、見なくて結構です。そんなこと言ったら、KENZOさんをはじめとするYouTuberなどのプロの方々に失礼です。

 

当方も単なるボランティアだけでは限界があると感じていましたし、返金サポートをやっている人の中にも今後は有料にする予定と表明している書き込みをツイッターで見ています。

 

自分がどう思われるのか少々心配になる事もありましたが、仮に誰も見る人が居なくてもそれはそれで良いと思っています。ほぼ自分しか見ない様な学問の対訳文を地道に載せるのもありかなとも考えています。訳分からないけど、こいつ面白い事もやっているから応援したくなるという気持ちで見ていただいても構いません(笑)

 

以上で今回の記念の振り返りを終わります。

 

何かありましたら、以下のフォームからご連絡ください。

 

ws.formzu.net

Divineの公式サイトの日本語訳を載せます11 プライバシーポリシー編2

1f:id:yutaherrmizuno:20210727100323j:plain

前から話しているように、Divineの公式サイトには正規の日本語訳のページがありません。ERAやそれらの前身には日本語版の項目があったにも拘わらずです。

www.divine496.com


私自身、このサイトを見ていて英文自体は難しすぎではないものの、日本語に翻訳するなど情報処理で頭が疲れてしまいました。被害者の方はもっと困惑していたかと思います。

 

今回も私は日本語に自力で翻訳してDivineに関する情報開示に役立てればと思い、公式サイトの対訳記事を作成です。簡素ながらも自分の解説も入れる関係で、いくつかの記事に分割します。「これ位分かるし」という英文の箇所もあるかと思う方も「自動翻訳を使えば良いだろ」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、ご容赦ください。何故なら、自力で訳す事によりDivineの公式サイトの文面がNO-VAのものと同様にいかに不可解な程に抽象的でいい加減かが明らかになり、現状では少しでも自然な日本語訳をするには生身の人による翻訳の方が分かりやすい為です。誤訳があれば、修正するよう仰ってください。

 

今までの対訳はこちらです。

 

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

 

今回もプライバシーポリシーのページを翻訳します。なお、その項目はトップページを下までスクロールしなければその項目にたどり着けません。しかもそのトップページ自体がランディングページの形式となっていて、上の項目をクリックしてもその説明文にしか移動できません。要するに、肝心な約款類は簡単に見られないようになっています。ここにも悪徳業者としての一面が垣間見えます。

 

それでは始めます。

 

 Third Party Websites「第三者のウェブサイト」

 

Websites provided and managed by third parties are not covered by this Privacy policy described here. Please check the privacy policy of the third party website for information on the handling of personal information.「第三者により提供され管理されるウェブサイトはここで記述されたこのプライバシーポリシーは適用されません。個人情報の取り扱いに関する情報を求めるには第三者のプライバシーポリシーを確認して下さい。」

The Company does not have any control over the privacy policies of third party websites.「弊社は第三者のウェブサイトのプライバシーポリシーについていかなる権限を有しません。」

 

Governing Law「管轄法」

 

The use of the Site is governed by the laws of Socialist Republic of Vietnam. Any dispute arising out of or in connection with the Agreement and Privacy Policy  shall be settled by the legal courts of Socialist Republic of Vietnam.「当サイトの利用はベトナム社会主義民共和国の法律により管轄されます。当規約及びプライバシーポリシーの範囲外あるいは範囲内で起きたどんな紛争もベトナム社会主義民共和国の法廷により解決されます。」

 

disputeは「訴訟」という名詞であると習ったような気がします。ですが、「論争」など争い系の動詞ないしは名詞で英検2級レベルでした。英検2級に合格した当方としてはちょっと恥ずかしいです。漢字一文字で「争」と表しましょうか。

 

settleは何かが落ち着く系、落ち着かせる系である事は覚えていました。そこから派生して色々な意味を持ち、ここではdisputeがある事から「解決する」という訳となります。漢字一文字で表すと「着」と表せましょうか。

 

Trademarks「商標」

 

Certain names, graphics, logos, icons, designs, terms, titles and phrases used on the Site are trade names or registered trademarkes owned by Divine or third parties and are used under licence by Divine and its sunsidiaries or affiliates.「当サイトにて使用されている特定の名称・図表・ロゴ・アイコン・デザイン・文言・題名・文面は商標名もしくはディヴァインないしは第三者によって所有される登録済みの商標であり、ディヴァイン及びその子会社ないしはアフィリエイトによる了承の元利用されます。」

 

On the most of the Site, prior to use, these trademarks are clearly marked with Divine's prorietary Ⓡ, TM, or other similar symbols.「当サイトの大部分に関して利用に先立ち、これらの商標はディヴァイン所有のⓇ、TM、その他同様の記号で明確に記されています。」

 

The display of trademarks on the pages of the Site does not imply that any licence has been granted to any person.「当サイトのページに関する商標の表示は、どんな人間に対しても承諾が保障される事を示唆しません。」

 

Unauthorized downloading, retransmission, reproduction or modification of trademarks and content violate statute or case law, trademark law, or copyright law, and may result in legal action.「商標と内容の無許可のダウンロード・再送信・複製あるいは改変は法令あるいは判例法・商標法・著作権法を侵害し、法的措置になります。」

 

statuteの後にはorじゃなくて,(コンマ)じゃないんですか?法律系の熟語が続いてるじゃないですか。こんなの中学生レベルの指摘ですよ(笑)

 

Disclaimer of Warranties「保障の免責」

 

The Site and information, materials and content contained on the Site are provided "as is" without warranty of any kind, either express or implied , including but not limited to, the implied warranties of merchantability and fitness for a particular purpose, satisfactory quality and non-infringement.「当サイト上に含まれるサイト及び情報・素材・内容はどんな種類の保障、表現も示唆され含まれるが限定されないものも、すなわち特定の目的や通常の質と侵害しない事への市場性と適合性の保障が無く「そのまま」供給されます。」

 

これは翻訳に苦戦しましたね。ネイティブの人はこんな表現するのか?って疑いたくなるほどです。

 

"as is"の訳に特に戸惑いましたが、Let it beが「それがあるようにさせる」すなわち「ありのままで」と表現される事から連想して、「そのまま」と訳しました。

 

そもそも「どんな保障も」と表現したいのならany kind of warrantiesと表すはずではないでしょうか?a kind of catで「一種の猫」と訳しますからね。

 

warranty of any kindの言い換えがthe implied warrantiesとそれに続く語句群になっていると思います。that is「即ち」という副詞句が無いと分り辛いです。

 

merchantabilityは「市場性」を意味するレベルの高い英単語です。merchantから商業系の単語である事までは推測できましたが。

 

fitnessと言うと、運動系の施設やらを思い浮かべますが、そもそもの意味は「何かが合っている系」で、漢字一文字で「合」と置き換えられましょうか。着る物が自分にフィットするという言い方もしますからね。ここでは格式高さを醸し出す為に「適合性」と訳します。

 

satisfactoryは満足系の形容詞である事はすぐに分かりましたが、ここでは規約関係の文章である為辞書も参考にして「普通の」と翻訳です。

 

infringementは「侵害」という意味の英検1級レベルの名詞です。前にも出たような気がしますが、どうしても法律英語は覚えにくいですね苦笑

 

要はありのままも情報を我々は提供しますが、それが絶対的に儲けに繋がるとは限りませんよという事ですかね。

 

The information on the Site has been prepared for information purposes only and is subject to change without notice. The information on the Site should not be interpreted as a guarantee, commitment, condition or offer by Divine or any of its subsidiaries or affiliates.「当サイト上の情報は情報目的にのみ準備され、通知無しに変更されます。当サイトの情報はディヴァインないしはどんな子会社やアフィリエイトによっても保障・責任・条件或いは提供として解釈されません。」

 

interpretは何か見覚えがある、停止する系だったかなと思いきや、「解釈する」という意味で英検2級レベルでした。外国語は自分で使ったり、日常的に増えたりしないとドンドン忘れていってしまうのをここでも痛感です。

 

要するに、自分でサイト上の情報は理解して下さいねと言いたいのでしょう。

 

Divine takes no responsibility for any errors or inaccuicies that may be contained in the documents.「ディヴァインはどんな過失も文書に含まれる不正確な箇所についても責任を取りません。」

 

accuracyが正確系の名詞かなと思い、inaccuariciesは「不正確系」であると推測しました。自分で調べたらそれで正解で、これもレベルの高い部類の単語でした。

 

これは何かあった時の言い逃れに使いそうな規約文です。

 

Divine shall not be liable whatsover for any indirect, special, consequential, punitive or incidental loss, or for any loss of data, loss of income, non-realisasion of anticipated income or savings, loss of profit, economic or financial loss arising from the use of The Site, whether based on intentional misconduct, tort, contract or any other legal theory.「ディヴァインは間接的・特定・結果的・懲罰的ないしは偶然の損失、どんなデータの損失も、収入の損失も、予測される収入か貯蓄の不実現も、利益の損失も、当サイトの利用から起きる経済的もしくは財務的な損失に関しても、意図的な非行・不法行為・違反であれその他法理論に基づいたものであれ、責任を負いません。」

 

anticipateは「予想系」の動詞で英検2級レベルでした。意味が思い出せなかったものの、道理で何か学んだ覚えがあるなと思いました。

 

whetherは「~かどうか、~か~」の副詞でここではorがある事から「~であれ~であれ」と訳します。

 

misconductはmis「間違った」+conduct「行為系」というのは連想できました。ここでは「非行」と訳します。英検1級レベルの名詞です。

 

tortは「不法行為」という意味の名詞です。レベルが高い法律英語かと思います。

 

とにかくどんな損失に対してもDivineは責任を取らないよと言いたいという事です。業者として大丈夫?と不安になりそうです。

 

長くなる為、一旦ここで区切りを付けます。

 

何かありましたら、ご連絡ください。

 

ws.formzu.net

Divineの公式サイトの日本語訳を載せます10 プライバシーポリシー編1

f:id:yutaherrmizuno:20210727100323j:plain


前から話しているように、Divineの公式サイトには正規の日本語訳のページがありません。ERAやそれらの前身には日本語版の項目があったにも拘わらずです。

www.divine496.com


私自身、このサイトを見ていて英文自体は難しすぎではないものの、日本語に翻訳するなど情報処理で頭が疲れてしまいました。被害者の方はもっと困惑していたかと思います。

 

今回も私は日本語に自力で翻訳してDivineに関する情報開示に役立てればと思い、公式サイトの対訳記事を作成です。簡素ながらも自分の解説も入れる関係で、いくつかの記事に分割します。「これ位分かるし」という英文の箇所もあるかと思う方も「自動翻訳を使えば良いだろ」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、ご容赦ください。何故なら、自力で訳す事によりDivineの公式サイトの文面がNO-VAのものと同様にいかに不可解な程に抽象的でいい加減かが明らかになり、現状では少しでも自然な日本語訳をするには生身の人による翻訳の方が分かりやすい為です。誤訳があれば、修正するよう仰ってください。

 

今までの対訳はこちらです。

 

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

 

 

今回はプライバシーポリシーのページを翻訳します。なお、その項目はトップページを下までスクロールしなければその項目にたどり着けません。しかもそのトップページ自体がランディングページの形式となっていて、上の項目をクリックしてもその説明文にしか移動できません。要するに、肝心な約款類は簡単に見られないようになっています。ここにも悪徳業者としての一面が垣間見えます。

 

それでは始めます。

 

Calncellation Policy「取り消し方針」

 

Management of Personal Information「個人情報の取り扱い」

 

This privacy policy principle provides the privacy policy of the Company and does not apply to local sites.「このプライバシーポリシーの原則は、弊社のプライバシーポリシーを提供し、ローカルサイトには適用されません。」

 

要するにDivineのプライバシーポリシーはDivineでしか通用しない、その他のサイトでは通用しませんよ、と言いたいのでしょう。Divineの提携先などの事を言っているものと思われます。

 

When you access or link to local sites, please check the privacy policies that the local sites issued and understand the policies applying to the personal information and data processed by the local sites.「ローカルサイトにアクセスかリンクする際、そのサイトが発行するプライバシーポリシーを確認し、そのサイトが処理する個人情報とデータに適用されるポリシーを把握して下さい。」

 

processは名詞で「過程」なのは容易に分かります。ですが、動詞として用いてしかもデータや個人情報を目的語としている為、ここでは「~を処理する」という意味になります。私も辞書使って初めてその用法を知りましたよ。動詞として使うなら「辿る系」の意味合いかなとまでしか類推できませんでした。

 

For pursoses of site security and to ensure the availability of the site to all users, Divine system is equipped with the network traffic monitoring software programmes to identify unauthorized attempts to upload or alter information or cause damages.「サイトの安全の目的と全ての利用者へのサイトの利用を保障する為に、ディヴァインシステムは情報をアップロード或いは変える若しくは損害を起こす無許可の攻撃を特定しする為の、ソフトウェアプログラムを監視するネットワークトラフィックを備え付けています。」

 

うーん、正直読みにくいです。

 

 Uploading or modifying information about our services without permission is strictly prohibited and may be punished by law.「我々のサービスに関して許可無く情報をアップロード若しくは変更する事は厳格に禁じられ、法律により罰されます。」

 

え?もし仮に私がハッキングとかをやって情報を改変したりしたら、ベトナムの裁判所でも利用するのでしょうか?(笑)

 

Divineの管轄法がベトナムであるのは、規約の対訳でも述べた通りです。

 

antinova.hatenablog.jp

 

Divine encrypts information using the industry-standard SSL(Secure Socket Layer) technology, which prevents your personal information from being intercepted.「Divineは産業標準のSSL(安全ソケット層)の技術を用いています、それは個人情報が傍受されるのを防ぎます。」

 

encryptは「暗号化する」という意味の動詞で、英検1級以上の単語です。Divineの対訳で初めて知りました。

 

interceptはinter「相互の」+cept「受け取る」から外の人間も内部の人間もお互いに受ける意味合いである事は推測できました。ですが、その単語の基本的な意味は「横から取る」で、英検準1級レベルの動詞でした。ここでは情報を目的語としている為「傍受する」と訳します。要するに流出しない様にSSLを用いてるという事です。layerは「層」という意味で英検2級レベルの単語です。ええと、確か「層」って意味だったよな?と学んだ事を何とか思い出しました。

 

 The Company has taken all reasonable steps in order to ensure that your personal information is protected.「個人情報が守られるよう確立する為に全ての合理的な段取りを弊社は取りました。」

 

あれ?何で現在完了形なの?現在形でも良いじゃんと思ってしまいます。ここも素人臭いです(笑)

 

Automatically Collected and Stored Information「自動的に集積され蓄積された情報」

 

When you navigate through the Site, view pages or download information during your visit, certain information about your visit is automatically collected and stored.「当サイト内を巡って、ページを見る若しくは訪問中に情報をダウンロードする時、それに関する特定の情報は自動的に集積され、蓄積されます。」

 

navigateは他動詞でも自動詞でも「案内する」が主な意味ですが、「航行する」意味も含まれています。ここでは、目的語が無い事から後者の意味でサイト内を通してという副詞句がある事から、「サイト内を巡る」と訳しました。

 

それと、一つの分でinformationなどを繰り返すのはどうかと思いました。言語的に言ってくどいですし、私ならthat certain thingとまとめます。それでも素人臭い作文かもしれませんが。

 

This information will not lead to any personal identification. The Company only automatically collects and stores the following information about your visit.「この情報はどんな個人情報特定にも繋がりません。弊社は訪問に関する次の情報に関してのみ自動的に収集し、蓄積します。」

 

1. The internet domain (e.g. "abc.com" if you use a private Internet access account) and IP adress ( a number automatically assigned to your computer when you surf the net) from which you accessed the Site.「例えばインターネットドメイン(個人的なインターネットのアクセス口座を使う場合のabc.com)及び当サイトにアクセスしたIPアドレス(ネットサーフィンをする際にコンピューターに自動的に配分された数)」

 

2. The type of browser and operating system used to access the Site.「当サイトへアクセスするために使われたブラウザの型と扱っているシステム」

 

3. The date and time you accessed to the Site, the page you visited, and if you followed a link from another website, the adress of the website.「当サイトにアクセスした日時、訪問したページ、その他ウェブサイトからリンクをフォローした場合のウェブサイトのアドレス」

 

The Company uses these information to improve the experience for visitors by understanding the number of visitors to the Site and the types of technology they use.「弊社は当者への訪問者の数と利用している技術の型を理解する事により、訪問者への経験を向上させる目的でこれらの情報を利用します。」

 

要するに「訪問履歴は自分達のサイトやサービスの向上に役に立つよう利用します。」と言いたいのでしょう。よくある決まり文句ですね。

 

We do not track or record any personal information about visitors or their visit history.「我々は訪問者ないしはその履歴についてのいかなる個人情報を追跡も記録もしません。」

 

長くなる為、ここで一旦終了にします。

 

何かありましたら、以下のフォームにご連絡ください。

 

ws.formzu.net

 

『隷従への道』の漫画版とその動画も見てERAやDivineもレイジュウへの道を連想させた件

f:id:yutaherrmizuno:20210223170720j:plain

久々の啓発系のネタです。今回はこの『隷従への道』を絡めてERAとDivineについて話していきたいと思います。この著作に関しては過去に2回このブログで取り上げています。そちらも併せてご覧になって頂けると幸いです。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 『隷従への道』が出版されてベストセラーになるのに伴い、1950年に漫画仕立ての要約がLook magazineに掲載されました。それは動画化され、その日本語訳と佐々木健さんによるナレーションも出ています。

なお、佐々木さんはデール・カーネギーの『人を動かす』という著作の朗読もしていて、オーディブルご用達の声優でもあります。オーディブルデール・カーネギーについては別記事でも述べています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

これが上記の動画です。

youtu.be

ハイエク本人の本や以前の記事では難解だという方はこちらを視聴なさるのがおススメです。更に分かりやすく趣旨が述べられていて、頭に入りやすいかと思います。何もここで述べられている事は、ERAやDivine以外の怪しいビジネス等にも言えると思います。

 

それではこの動画の内容の解説に入ります。

 

1. 戦争が計画経済を強いる

 

計画経済のきっかけは何も戦争だけでないです。何故なら、東日本大震災の様な大きな有事でも統制をしなくてはならない状況となる為です。現在のコロナ騒動にも当てはまります。

 

でっち上げられた若しくは煽られた危機感を当てはめると良いかもしれません。

 

これをERAやDivineの人も普通にやっています。LINEなどでやり取りをする際には、親身になって不平不満を聞き出して誘導していきます。

 

実際、NO-VAの時もコロナ禍を利用した勧誘を行っていました。こちらに載せています。

 

antinova.hatenablog.jp

 ERAやDivineに当てはめると、その現役会員はもこうした有事を利用して、それを乗り越えさせるという名目で財産や人脈といった総動員可能なものを使わせます。

 

それを示すERA及びDivineの現役会員の行動をここでお見せします。

 

 

 

2. 多くの人が安定した計画を望む

 

戦争中は敵国の脅威という有事に対処して、一早く平和が訪れないかという気持ちになります。そこで安定した計画経済、分かりやすく言えば言ったら国からの経済的保障を望みます。職のない人には生活保護、コロナで収入が無くなった人には何かしらの援助をです。

 

ERAやDivineの場合は現状の労働収入だけでなく、時勢に乗っかって副業をやり、その報酬体系に基づいた権利収入を得ていこうではないかと呼びかけます。なお、NO-VA時代の報酬体系はこちらです。

 

antinova.hatenablog.jp

 ERAに関してはこちらを参照にして下さい。

 

antinova.hatenablog.jp

 Divineに関しては報酬体系が分かりません。それについてご存知の方がいらっしゃったら、最後の情報提供フォームに送信して下さると助かります。私の予想では、NO-VAと変わらないはずです。

 

戦争が終わりそうになると平和と経済活動についての議論が当然生まれます。我が国もそうでした。戦争時の計画者は、それが終わった後もその権力に固執して既得権益にしがみつこうとします。

 

ERAとDivineの会員も勧誘や払い込みをドンドン下の人に行わせてグループを作り、稼げるかも?っと錯覚すると、その立ち位置を守ろうと躍起になります。ビジネスで自分が動けなくても継続的収入を!となるのは言うまでもありません。

 

3. 議員は「理想郷」を約束する

 

これは安定的な国民の生活を保障する為の謳い文句となっています。それぞれの人々に対する理想を実現する為にあれやこれやの計画を行おうとします。何も共産主義国家だけに当てはまる事ではありません。下手したら、日本にも当てはまります。

 

ERAやDivineの場合は、黒幕やその取り巻きの上層部の人達が自分たちに都合がいいように報酬体系や組織図を計画し、時には利益を最大限にする為に会員の紐づけまで変えます。それを隠して自分下の中層部リーダー末端会員に権利収入とその為の目標や計画を語り、いかに自分達のビジネスが時代の波に乗れているか話します。中層部のリーダーも上の人のコピーで同じ事を下の人に言います。

 

上層部についてはこちらを参照にしてください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

4. しかし、理想郷計画は統一できない

 

戦争時は「敵の敵は味方」という論理だけで国民はまとまっていましたが、いざその敵が居なくなった時には、まとまる理由が無くなりお互いにいがみ合います。国際連合は日本を敵国条項で敵国扱いしていますが、いざ日本が経済不況など腐敗が進み過ぎて滅亡した場合、国際連合は手を組む理由が無くなって自国の利益ばかりを追求しようとしますから、対立が対立を生んで米中戦争どころではない第3次、いや第4次大戦が生じるかもしれませんね。

 

ERAとDivineに関しても新規の会員を勧誘して支払いをさせ、結果的に世界売り上げの名目などで自分達のビジネスの発展やら収益やらに繋がるという意味では会員達はまとまります。ですが、いざ自分の利益をより追求するとなった場合、権益争いが生じていがみ合いが発生します。そんな実情は私の所にも届きましたし、私以外の人もネットで書き込んでいました。私も過去にネタにしています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

5. 市民にも不満がある

 

寄せ集めの一時的な妥協案では、一般国民は納得できません。人々は多種多様で趣味趣向も人それぞれですから、何が必要とされるのかは違います。国がコミュニケーションがそこまで得意でない人に、接客業を勧めるのは無理があります。逆に元々接客業で黙って淡々と作業するのが嫌な人に、倉庫内で延々と仕分け作業をやらせるのは酷な事です。

 

ERAやDivineにおいても、営業力(セールス能力)が無くネットワークビジネスへの適性が無い者に対しても平然と勧誘をして稼がせるように上の人は指導しています。これは結局の所、黒幕が自分で稼ぐ為の計画の一環に過ぎません。

 

6. 議員は強行することを嫌った

 

人は誰しも自分の理想があり、他人の理想を押し付けられる事を嫌がります。しかしながら、共産主義国はなるべく多くの人を納得させられるように、全員の収入を一定にして全ての会社を国の管轄下において生産量や利益に統制を加えました。

 

ERAやDivineの場合は、上の人が理想的な収入を得たり見栄えを良くしたりするために、みんなで楽しくやっていき居心地が良い環境を作ろうとしています。下の人が自分と同じように行動して理想を追求できるようにするためにです。そのようなクラブ性の楽しさは以前、記事にしています。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

antinova.hatenablog.jp

 

antinova.hatenablog.jp

 

 

 Divineの人はわざわざ屋台船で会食を行っています。

 コロナ何て茶番の詐欺まがい見たなものだという抵抗の意味があれば、私は賛同できます。しかし、これは単に会員をハメる為の一環である為、許せないです。

 

7. 全ての人に計画を押し付けようとする

 

同じ思考をするように、国は都合の良いように教育などの政策を施行をし、広告を出していきます。コロナやその対策に関しても国が大々的にネットで流して、それらについての考えを統一的なものにしようとします。

 

それと同じでERAやDivineの上の人達は外の世界を閉ざして、勧誘の為のノウハウやら考え方・法律面での知識などを教え込ませて、自分達に都合の良いように中間層以下の人達を動かし、統一的な洗脳をしていきます。黒幕には便利な道具です。

 

それを如実に表したTwitterでの告発もあります。

 

 

8. 騙されやすい人から飲み込まれる

 

コロナを理由に各国では集会を避けるよう呼びかけましたね。その対策にワクチンを各国の政府は薦めてもいますね。ですが、その感染率についてはマスコミなどは報道して啓発しようとしてないです。

 

我が国の場合は経済の教育についても、最低限の事しか教えていないと言えます。しっかりとした金融教育を日本では行わないですし、FLMに在籍してそれを知り、「確かにそうだ」と思いました。これに関してはDivineの前里拓斗さんも指摘していて私もさすがに賛同できます。彼については過去に述べました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

ですが、ERAとDivineは2年に1回ほどの頻度で会社名も商材も変えていて、社会経験の少ない情報弱者を狙い目に高額な入会金のぼったくりを行っています。その歴史はこちらを参照にして下さい。

 

antinova.hatenablog.jp

 

9. 議員は消えていく

 

コロナ問題に関して政治家たちは対策を講じて、取り繕っていますが日本の菅総理をはじめ次々とボロが出ています。

 

ERAとDivineの会員のリーダー陣達も借金まみれである事を隠しながら、ハイブランドを買っては稼げているアピールで浪費を行い、それを間近で見た人達の中には違和感を感じます。その結果、このビジネスは稼げない!だから辞めて別のビジネスなり元の会社員をやるなりして真っ当に稼ごう!と下の人や中層部、下手したら上層部の一部が洗脳から目覚めます。そうするとリーダー層や末端層の間でも混乱が生じ、組織崩壊が次々起きていきます。下の人達は失望するわけです。その告発についても既に述べました。

 

antinova.hatenablog.jp

 

10. 強者に権力は与えられた

 

自分達や今までの政治家ではどうにもならないと思い、別の強硬派の政治家に期待が寄せられます。今の日本の場合は菅総理に期待する人も一定数います。ワクチンの件で一定の評価をしている人もいますからね。昔のドイツの事例で言えば、大恐慌で超不景気になった際ヒトラーに期待が寄せられました。

 

黒幕の場合は、NO-VAの時まで全会員をちゃんとまとめる方法として笠井さんと井上さんをまとめ役に据えました。そして他のリーダー陣は彼らの犬となり、末端もそれに続きます。NO-VAが行政処分を食らってこの二人が活動停止になると、ERAとDivineは新たなトップリーダーに期待し、各リーダーもそれに従います。

 

11. 政党が国家を支配する

 

戦前のドイツの事例で言えばナチスヒトラーが正にそれです。世界恐慌で不景気になってた上に、第1次大戦で戦勝国への賠償金の支払いで苦しんで混乱していた所に、ナチスとその指導者ヒトラーが現れ、その政党にドイツ国民は飲まれて行きました。

 

日本も既存の自民党やら民主党やらの政治家に期待が出来なくなって、その結果として新たな独裁的な者に全ての権利を委ねようとなるかもしれません。今この時にこの人に期待するしかないと言わんばかりにです。

 

ERAやDivineに関しても、今は新事業で稼ぎやすい時期だからこの波に乗ろう、期待しようと煽られてそのビジネスにハマっていく事になります。NO-VAにいた者やそうでない新規のカモも含めてです。

 

12. 少数派の弾圧が政党の結束を強める

 

現代の事例で言えば、国際連合敵国条項で日本が敵国扱いされていますが、敵国になっていない多数派の国々の結束を強くして日本に対する搾取を繰り広げようとしています。分担金は現状では日本が世界トップクラスで支払ってますからね。

 

それと我が国のコロナ禍を事例に取ると、そのワクチンを疑問視する少数派に対して、その接種を肯定する多数派がワクチンパスポートなる証明書を支持する事が挙げられます。

 

13. 指導者の計画に反対する事は自殺行為だ。秘密警察は冷酷だ。

 

現在の日本を例にとると、コロナ対策に関してひたすら日本政府の行う政策に従い、マスコミの報道に過敏になります。ワクチン接種でワクチンパスポートが無ければ生きづらきなってしまいますし、ワクチン接種に反対する人を冷たく見たり、酷く非難します。

 

ERAやDivineに関しても、それに対して疑問を呈したり不安になった人を現役の会員が多数の圧力でねじ伏せようとします。そうしてそのビジネスの為に自由を犠牲にして、洗脳されて行きます。

 

14. あなたの仕事は計画されている

 

上の人は下の人の適性の力の事を考慮に入れずに仕事を割り当てます。

 

コロナショックを例にとると、飲食業などがそれを理由に休業に追い込まれたり廃業になっています。それが過敏になる必要が無いにも拘わらずです。しかも、その人達の適性を考えずに金銭やら職業支援を行おうとしています。

 

ERAやDivineにおいても、売り込みや営業の能力が無い会員にに勧誘をひたすら行わせたり、ギャンブルとの相性を考えずに会員にゲームをやらせています。

 

15. あなたの賃金は計画されている

 

コロナ禍の日本においては、各国民の所得状況・打撃状況を鑑みずに定額10万円の給付金しか国民1人辺りに出さなかったり、はたまた稼げている者などに対しては多くの税金を払わせようとして日本国憲法の本質的平等の名の下、分配が行われていますしそれが徹底されようとしています。もちろん、税金制度が複雑な為、非効率的です。FP2級の勉強をしてつくづく思いました。その件は以下の記事でも述べてます。

 

antinova.hatenablog.jp

 

ERAやDivineでは、黒幕お手製の報酬体系に則って会員は動いていき、報酬が下の者に与えられていきます。それから、時として上層部に都合の良いように入会金が分配されます。特例報酬も含めてです。

 

16. あなたの思考は計画されている

 

コロナを盾にして日本政府もマスコミも偏向報道を行い、コロナに関する正しい判断能力を失わせていきます。そして、ワクチンを結果的に強要していく社会を形成していきます。

 

ERAやDivineも上層部達にに都合の良い情報だけを下の会員にだけ流して、洗脳をしていき時として稼げていると嘘をつきます。当然、今後の会員になりそうな情報弱者を相手にもそうします。

 

17. あなたの娯楽も計画されている

 

コロナを理由にして娯楽やスポーツも制限が加わり、経済面をはじめとして統制がなされていきます。外に行かなくても自分の思い通りに、日常を過ごす事の出来るムーンショット目標の実現が達成されようとしていきます。

www8.cao.go.jp

 

ERAやDivineにおいては、上の人が自分の好きな事や自分らしさの発揮を切り捨てさせてまでして、お金持ちアピールや楽しいアピールをさせ、会食やスポーツ・高額な買い物をさせてそれを各種SNSに投稿させます。

 

18. あなたの懲罰も計画されている

 

会社に雇われていない状況にあっても、稼ぐ力のない人たちはAI社会の進行によりそれに適合できない人達、日本政府と渡り合えない人たちは社会に対する反逆と見なされ、生きる事が出来なくなり、死んでいきます。

 

ERAやDivineの人も多額の借金やら過度な労働と上辺だけの娯楽に疲れると、そのビジネスをやっていけなくなり、完全に破綻して全てを失い搾取されて終わります。

 

こうして考察する事で、ERAとDivineの会員が洗脳されて黒幕に都合の良い霊獣に成り下がり、隷従への道まっしぐらである事が分かりますね。

 

これを読んでERAやDivine、そしてそれと関わる業者や詐欺まがいやおかしなビジネスには手を出さないようにしてください。

 

以上で今回の記事を締め括ります。

 

何かありましたらご連絡ください。

 

ws.formzu.net

Divineの返金連絡メールの対訳

f:id:yutaherrmizuno:20210727100323j:plain

相変わらず、ERAとDivineの被害が後を絶ちません。幸い、私に限らず色んな人に相談が相次いでいるようで、何回も会社名を変えて更に運営側の実態が不透明であれば尚更不安になり、辞めたくなるものですよ。詳しい歴史はこちらをご覧ください。

 

antinova.hatenablog.jp

 

しかも海外の業者であるという示しを付ける為に、全部英語です。日本人を相手にしているのであれば、日本語で対応しろよと呆れてしまいます。真っ当な競合他社はそうしているにも拘らずです。Divineの公式サイトも全て英語となっていた為、私は対訳記事を作成しています。その始まりはこちらです。

 

antinova.hatenablog.jp

 

 さて、今回は読者様の情報提供によりDivineの返金連絡のメールの内容が分かりました。

 

スクショで載せます。

 

f:id:yutaherrmizuno:20210818101549p:plain

一枚目

f:id:yutaherrmizuno:20210818101608p:plain

二枚目

Notification of Receipt of Refund Request「返金申請の領収書の通知」

 

This is Divine Support.「Divineのサポートです。」

 

Your withdrawal refund request has been accepted.「退会の返金申請は受諾されました。」

 

We wll start withdrawal procedure, but please note that it is not immediate and will take about one week (excluding Saturday, Sunday and holidays) to be complete.「我々は退会手続きを始めます、ですが完了させるには早急ではなく約1週間(土曜日・日曜日・休日を除く)掛かる事にご注意下さい。」

 

to be completeでも一応通じますが、人の手によって退会手続きが完了させられるのですから、to be completedの方が適切では?と思いました。

 

Please note that you can not log in to the site anymore after the withdrawal procedure is complete.「退会手続きの完了後、当サイトにはこれ以上ログインできない事にご注意下さい。」

 

【Refund Procedure】「返金手続き」

 

・Once the withdrawal  procedure is completed, we will process the refund within two weeks, but it may take a few more days to receive the refund in the designated account.「一度退会の手続きを完了させると、我々は2週間以内に返金に取り掛かりますが、指定の口座で返金額を受け取るには更に数日掛かるでしょう。」

 

・The refund will be made after deducting the refund fee.「返金額から控除された後、返金は実行されるでしょう。」

 

返金はしっかりと行われたという事例は聞きますが、deductは習った事がありません。de「下」+duct「引っ張る」という類推までしか出来ませんでした。そこで辞書を使って調べたところ、「控除する・差し引く」という意味で出ました。しかも英検1級レベルです。こうして訳していると、一つ一つの単語の節句の意味を理解して、その単語が基本的には何を意味するているかを類推するのが英語においても大事だと実感します。我々日本人が漢字の一文字の基本的な意味を覚えるのと同じで、英単語を覚えるには何か漢字を一文字当てるのも大切であると改めて感じます。lossが漢字一文字で「失」と表せると言う様にです。

 

それから、退会手続きをして初めてやっと手数料が差し引かれて返金されるという事実を知る事になります。私自身、かつてのFLMで返金に関しての説明がちらっとありましたが、そのやり方もその手数料の説明もありませんでした。これも立派な事実不告知ですし特商法違反です。この法律については以下の記事で述べました。

 

antinova.hatenablog.jp

antinova.hatenablog.jp

 

 

・If you request a withdrawal refund without resistering your account details specified for your refund, the refund processing will be put on hold, so please register the account details as soon as possible.「返金用に指定した口座の詳細を登録せずに退会返金を請求する場合、返金手続きは保留されるでしょう、その為できる限り口座の詳細を登録して下さい。」

 

put on holdは「保留される」と予測しましたが、辞書で調べてもその意味で出てきています。give upの様な熟語の類といったところでしょうか。

 

【!!NOTE!!】「!!注意!!」

 

退会及び返金に関わるメールであれば態々!!を過剰に付ける必要はありませんよね?(笑)こんなの素人の作文だと指摘する方の気持ちが分かります。

 

①You will not be able to re-register for 90 days after you have cancelled your membership.「会員資格の取り消し後90日間、再登録は出来ません。」

 

Please note that you will not be able to request a refund again even within 20 days from the re-registration date as you will be deemed to have fully understood the system and Membership Agreement.「システムと会員規約を完全に理解したものと見なされる際、再登録日から20日以内であっても、返金を請求できない事にご注意下さい。」

 

これ、英作文自体がおかしいかなと思いました。asは前後か同じ意味である事を示す単語でそこから「~として」や「~の際」という意味に派生しています。asをandに変えれば、「再登録日から20日以内であっても、返金を請求できない上にシステムと会員規約を完全に理解したものと見なされます。」という意味になり、筋が通ります。どうせなら、when you re-registered the Membership of Divineが前に来た方が意味を捉えやすいです。

 

②The partner site and Wallet-related sites are not managed by us. If you wish to cancel your membership of the sites, please contact the support each site by yourself.「提携サイトとウォレット関係のサイトは我々によって管理されていません。そのサイトの会員資格を取り消すと望む場合、ご自身でそれぞれのサイトのサポートと連絡して下さい。」

 

③Once you have cancelled your membership, you can not use the inquiry in the site anymore. If you have not received your refund by the due date, etc..., please contact us at our support email.「一度会員資格を取り消した場合、これ以上当サイトでの照会を利用できません。期日までに返金を受領できなかった場合などがあれば、我々のサポートの電子メールで連絡して下さい。」

 

超基本的な事ですけど、atは「何か一点において」という意味合いの前置詞です。at homeが良い例です。電子メールという手段で連絡するようお願いするのであれば、byが適切なはずです。

 

④If you can log in to the Divine site, please check the Contact Us page in the site as the withdrawal application is incomplete and the procedure has not been completed yet.「Divineサイトにログインできる場合、返金申請が未完了でその手続きがまだ完了していないとして当サイトのContact Usページを確認してください。」

 

asの前にはwe deem youが入らないと意味が通らないのでは?と再び思いました。"If you can log in to the Divine site, we deem your withdrawal application and the procedure  incomplete yet. Please check the Contact Us page in the site."(「Divineサイトにログインできる場合、我々は退会申請とその手続きが未完了であると見なします。当サイトでのContact Usページを確認してください。」)の方が意味が通りやすいと感じてしまいました。

 

以上で返金処理メールの対訳記事を終えます。

 

何かありましたら、ご連絡ください。


ws.formzu.net